お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

賃貸の初期費用を抑える方法!安くなる5つのコツを大公開!

交渉をしている女性と不動産屋のイラスト

賃貸のお部屋を借りる時に支払う初期費用について徹底解説します!

初期費用にはどんな項目が含まれているのか、相場はどれくらいなのか詳しくご紹介します。

引っ越しはしたいけど初期費用はどのくらい?想像以上に高かったから安くする方法は?と気になっている人はぜひ参考にしてください!

賃貸の初期費用に含まれる項目

賃貸の初期費用を安く抑えるためには、費用の項目を理解しておくべきです。どの項目が安くなりやすいか知るためです。

初期費用に含まれる項目を家賃60,000円の例でまとめてみました。金額の相場も合わせて記載しているので参考にしてください。

家賃6万円の場合 金額の相場
敷金 30,000~60,000円 家賃0.5~1ヶ月分
礼金 30,000~60,000円 家賃0.5~1ヶ月分
前家賃 60,000円 家賃1ヶ月分
日割り家賃 30,000円
(15日入居の場合)
入居日によって変動
鍵交換費用 16,500円 15,000~20,000円+税
火災保険料 15,000円 15,000~20,000円
(建物構造などによって変動)
仲介手数料 66,000円 家賃0.5~1ヶ月分+税
保証会社利用料 60,000円 家賃と管理費の合計
50~100%
その他の費用 サービスによる サービスによる

初期費用の項目ごとに何に使われるのかを詳しく解説します。

敷金

敷金とは、退去時にお部屋の修繕や原状回復などの工事費用が発生する場合に備えて、あらかじめ預けておくお金のことです。

また、家賃滞納や債務の未払いなどがあった場合も敷金から充当されます。

敷金は退去時に費用を精算して、残金があれば返金されます。しかし、契約書に「償却」や「敷引き」と記載されている場合は返金されません。

敷金の金額はお部屋の広さや間取りによってことなりますが、家賃の0.5~1ヶ月分を初期費用と支払うことが多いです。

礼金

礼金とは、お部屋を貸してくれる大家さんに対して、お礼の意味を込めた費用です。敷金とは異なり、退去時に返金もされません。

礼金は、大家さんが金額を設定するため相場がありません。しかし、家賃の0.5~1ヶ月分が一般的です。

新築や人気のエリアにあるお部屋は礼金を高く設定しても入居希望者が集まるので、家賃の1.5~2ヶ月分とされることがあります。

前家賃

前家賃とは、お部屋に入居開始する月の翌月分を支払う費用のことです。前家賃を支払えば、入居した月に翌月分の家賃を請求されません。

ただし、お部屋によっては15日より前が入居日であれば前家賃がかからない場合もあります。

日割り家賃

日割り家賃とは、入居開始日から月末までの家賃を日割り計算した費用のことです。

例えば家賃70,000円のお部屋に3月15日に入居した場合は、以下のように計算します。

70,000円÷31日=約2,258円(1日当たりの家賃)
31日-15日=16日(日割り家賃が必要な日数)
2,258円×16日=36,128円(日割り家賃)

日割り家賃は不動産屋によって、計算方法がことなります。

月ごとの日数に合わせて計算する「実日数割」や、月の日数に関係なく30日で計算する「30日割」です。

鍵交換費用

鍵交換費用とは、前の入居者が利用していた鍵を、新しい入居者が利用する鍵に交換するための費用です。

鍵交換費用は15,000~20,000円が相場です。ピッキングをされずらい防犯性の高い鍵だと費用が高くなります。

火災保険料

火災保険料とは、火事や台風、雷などの自然災害で建物や家具に損害を受けた場合に、補償してくれる保険の費用です。

火災保険料はお部屋の広さや間取りによってことなりますが、2年間で15,000~20,000円です。

大家さんや不動産屋が指定する保険会社に加入することが契約条件になっている場合がほとんどです。自分で決めた保険に入ったり、無保険でお部屋を契約はできません。

仲介手数料

仲介手数料とは、お部屋の紹介から契約までをおこなってくれた不動産仲介業者に支払う費用です。

仲介手数料は宅地建物取引法で「上限は家賃1ヶ月+税」と決まっているので、それ以上請求されることはありません。

不動産屋が管理している物件や、大家さんと直接契約した場合は仲介手数料はかかりません。

保証会社利用料

保証会社利用料とは、連帯保証人の代わりの役割を果たしてくれる会社を利用するための費用です。

保証会社は大家さんに対して、家賃や債務の代位弁済(立替払い)してくれます。

万が一、入居者が家賃滞納をした場合でも、リスクは保証会社が負うので、大家さんは安心して貸し出せます。

利用料は保証会社によってことなりますが、家賃と管理費の合計50~100%を初期費用として支払うケースがほとんどです。

その他の費用(お部屋によってことなる)

入居するお部屋の不動産屋によっては「24時間サービス」や「部屋の抗菌消毒サービス」など、その他の費用がかかる場合があります。

お金を支払う前には初期費用の明細を確認して、なんのための費用か不明な場合は不動産屋に聞いてみましょう。

その他の費用のなかには、必須である項目と外せる項目があります。不要と感じたサービスは外してもらうべきです。

マル秘イエプラバナー

賃貸の初期費用を抑える5つのコツ

賃貸物件を契約する際に必要な、初期費用を安く抑えるための5つのコツをご紹介します。

少しでも費用を安くしたいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

・敷金や礼金がかからない物件にする
・フリーレント期間のある物件にする
・なるべく月初を入居日にする
・不動産屋の閑散期を狙う
・仲介手数料が安い不動産屋を探す

敷金や礼金がかからない物件にする

賃貸契約の初期費用を抑えるためのもっとも簡単な方法は、敷金や礼金がかからない物件にすることです。

敷金や礼金は家賃の2~3ヶ月分が必要になる場合があります。家賃70,000円で敷金・礼金が1ヶ月分ずつの物件なら、140,000円も初期費用がかかります。

敷金や礼金がかからないお部屋を見つけるためには、最寄り駅から10分以上離れた場所で探すようにしましょう。

フリーレント期間のある物件にする

フリーレントとは、入居後の一定期間の家賃が無料になることです。

フリーレント期間は、2週間~1ヶ月程度になっていることが多いです。前家賃や日割り家賃分がそのまま無料になることもあります。

フリーレントは、なかなか入居希望者が集まらない場合のキャンペーンとして設けられるケースがほとんどです。費用が安くなることを優先せず、住み続けられるお部屋か考えてから契約しましょう。

ちなみに、フリーレントは交渉で付けてもらえる可能性があります。気になるお部屋があったら不動産屋に相談してみてください。

なるべく月初を入居日にする

不動産屋によっては入居日が月初であれば、入居開始月の翌月分(前家賃)を入居開始月の月末まで待ってもらえることがあります。

支払う総額は変わりませんが、初期費用を少しでも抑えたい人は、なるべく月初に入居することをおすすめします。

不動産屋の閑散期を狙う

不動産屋の閑散期(6~8月)を狙ってお部屋探しをすることも、初期費用を抑えるコツです。

大家さんは「空室が続くよりは安くしてでも入居してもらったほうが良い」と考えるため、引っ越す人が少ない閑散期は交渉が成功しやすいです。

逆に繁忙期の1月~3月と9月~10月は、何もしなくても入居者が決まるため初期費用の交渉すらできないことがあります。

仲介手数料が安い不動産屋を探す

仲介手数料は「上限が家賃1ヶ月+税」と決められていますが、無料~半額でお部屋を紹介してくれる不動産屋もあります

ホームページなどに仲介手数料が掲載されているので、不動産屋に行く前にいくらかかるのかを確認してみましょう。

ただし、紹介してもらえるのは不動産屋が管理している物件や、大家さんから紹介料(広告料)がもらえる物件だけなどに限られる場合があります。

費用の交渉は不動産屋が担当してくれる

値引き交渉の相手は大家さんですが、実際に交渉のやり取りをするのは不動産屋の担当です。

交渉で重要なのは、大家さんと不動産屋の関係性です。取引様態によって、交渉の成功率が変わってくるからです。

取引様態が「媒介」となっていれば大家さんと不動産屋が直接契約しています。ある程度の関係性が築かれているので、成功しやすいです。

一方、取引様態が「仲介」の場合は、大家さんと直接の契約がありません。物件の紹介はできますが、値引き交渉できるほど関係性が築かれていない可能性が高いです。

交渉をお願いするときは取引様態を確認して、どこの不動産屋に頼むか判断するようにしましょう。

交渉に強い不動産屋は費用を抑えやすい

礼金など初期費用の交渉は、大家さんや管理会社とのつながりや、営業マンの経験によって左右されます。

そのため、交渉に強い不動産屋や経験豊富な営業マンを探して頼むのが効率的です。

ネット上の不動産「イエプラ」は経験豊富な営業マンが多数在籍しており、初期費用の交渉に力を入れています。

チャットやLINEでやり取りするので、対面では「値下げしてほしい」と言いにくい人も気軽に相談できます。

イエプラボタンバナー

初期費用の交渉する際の注意点

初期費用を安く抑える交渉する際の注意点を3つご紹介します。交渉の成功率にも関わってくるので、試してみてください。

交渉できたら「必ず契約する」と言う

交渉する際に「初期費用の交渉ができたら必ず契約します」と不動産屋に伝えてください。

「お部屋を本当に気に入った客なら、長く住み続けてくれるかも」と考えて、初期費用を安くしてでも住んで欲しいと思うことがあります。

大家さんは「すぐ出ていきそうな人」よりも「初期費用が多少低くても、長く住んで家賃を払ってくれる人」を好みます。

項目と金額を具体的に言う

初期費用のどの項目を、いくら下げてほしいのか具体的に言いましょう。

たとえば「礼金を1ヶ月分から無料に下げてくれたら入居する」「仲介手数料が半額になれば予算に収まるので契約する」などです。

何でも良いから初期費用を下げて欲しいと伝えると、不動産屋のスタッフが大家さんや管理会社にどうやって伝えれば良いのか悩んでしまうので失敗しやすいです。

もちろん、あまりに高額な値下げ交渉は失敗するので、現実的な金額を明示しましょう。

初期費用の交渉にこだわりすぎない

初期費用の交渉にこだわりすぎると、大家さんや不動産屋に悪い印象を与えてしまい入居を断られることがあります。

値下げしてもらって当然のような態度はとらず、丁寧にお願いする気持ちを持って交渉しましょう。

どうしても初期費用が予算オーバーしてしまった場合には、家賃を下げてお部屋を探すようにしましょう。

初期費用は、家賃をもとに敷金や礼金などが計算されているからです。

初期費用が安くならなかったら設備の取り付けを提案してみる

交渉して初期費用が安くならなかった場合でも、提案次第でトータルでかかる費用が安くなる場合があります。

敷金や礼金などの値引きをしてもらえなかった場合は、入居後に用意しようと思っていた設備を取り付けてくれるか提案してみましょう。

値引きは無理でも、エアコンやガスコンロ、ウォシュレットなどを不動産屋が取り付けてくれる可能性があります。

設備を買って取り付けまで不動産屋でおこなってもらえれば、トータルの費用は安く抑えられます。

引っ越し費用も節約すべき

引っ越しをする人のイラスト
荷物を運搬してもらう引っ越し費用も初期費用と考えて、なるべく節約するべきです。

通常期(2~5月)に複数の引っ越し会社から見積もりをもらったり、キャンペーンを利用するなどして費用を抑えましょう。

荷物量や移動距離、引っ越し時期などによっても金額が変わりますが平均で約30,000~70,000円です。

引越し侍」の相場を基に、荷物が少なめの単身者が引っ越しをする際の料金目安をまとめたので参考にしてみてください。

距離 通常期(5~2月) 繁忙期(3~4月)
~15km未満
(東京~東京)
平均27,000円 平均35,640円
~50km未満
(東京~神奈川)
平均30,000円 平均44,000円
~200km未満
(東京~静岡)
平均41,750円 平均61,000円
~500km未満
(東京~大阪)
平均54,000円 平均90,000円
500km以上
(東京~九州地方)
平均65,940円 平均100,000円

参考:https://hikkoshizamurai.jp/price/timing/

就職や入学で引っ越す人が多い繁忙期(3~4月)は、引っ越し費用がかなり高くなるので避けるべきです。

閑散期と比べて、繁忙期は約30,000~50,000円も高くなることがあります。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

チャットでお部屋を探す


follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について