お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

イエプラで契約すれば外出不要って本当?お部屋を借りるまでの流れを徹底解説!

イエプラで契約する女性

イエプラで契約すれば外出不要って本当?という疑問を解決します!一般的な賃貸契約の流れも詳しく説明します。お部屋探しから契約まで心配な人は必見です。

お部屋探し~契約手続きまでに準備する持ち物や「IT重説」についても解説します。ぜひ参考にしてください。

賃貸契約までの流れ

賃貸契約するまでには、一般的に以下のような流れがあります。お部屋を決めた後も手続きがあるので、引っ越したい時期から逆算して動く必要があります。

①お部屋探しの相談
②お部屋の内見
③入居申し込み
④入居審査
⑤契約手続き・初期費用の支払い
⑥鍵の受け取り

お部屋が決まっても、賃貸契約を結ぶのは入居審査に通ってからです。通常は、何度か不動産屋に行く必要があります。工程をまとめられないと、以下の図のようになります。

お店に4回行く場合の流れ図

お店に行けない人のために、不動産業界も工夫しています。スマホやPCを使った「オンライン対応」を活用すれば、以下のように、外出せず手続きすることも可能です。

オンライン対応で来店回数を減らした流れ図

注意点として、すべての工程をオンラインでは対応できないお部屋もあります。

例えば「⑥鍵の受け取り」は、お店に行くのが通常です。不動産屋が鍵を用意できるのは家賃の発生する日(またはその前日)だからです。郵便事故を防ぎたい事情もあります。

お店に行く時間が作れなくて困っている人は、不動産屋に早めに相談してみてください。状況によって、大家さんや管理会社に交渉して柔軟なスケジュールを組んでくれます。

マル秘イエプラバナー

契約がオンライン対応できないケース

契約をオンライン対応する場合、書類は郵送でやりとりします。不動産屋からは、手元に書類が届いた段階で「IT重説」という、契約内容の説明があります。

オンライン対応では契約できないケースがあるので、3つ紹介します。

①契約書を郵送で受け取れない場合
②引っ越しまでの日数が少ない
③管理会社に行って契約が必要

以下で、1つずつ説明します。

①契約書を郵送で受け取れない場合

契約手続きでは、不動産屋から重要事項の説明を受けます。オンライン対応する場合、手元に書類が届いていないと説明が受けられません。法律で手順が決まっています。

契約書を郵送でやりとりする際に、住所と居所が異なる人は要注意です。旅行などで契約書を受け取れない場合は、手続きができません。

②引っ越しまでの日数が少ない

郵送には数日かかるので、引っ越しまで日数が少ないと、来店をお願いされます。

不動産屋が鍵を用意できるのは、契約手続きが完了してからです。初期費用の支払いを確認して、不備の無い契約書を大家さんに届けてからでないと、鍵の用意はできません。

③管理会社に行って契約が必要

物件の大家さんや管理会社によって、手続きの流れが変わります。お部屋を紹介した不動産屋ではなく、物件の管理会社で契約するケースもあります。

管理会社で契約のオンライン対応をしていない場合は、事務所で契約する必要があります。

オンライン対応が相談できる不動産屋

オンライン対応の相談は、チャット不動産屋の「イエプラ」がおすすめです。わざわざお店に行かなくても、チャットやLINEで気軽に連絡ができます。

深夜0時まで、プロの不動産屋スタッフが返信の対応をしています。お部屋探しから内見まではもちろん、契約もオンライン対応しています。

「契約もオンラインが良い」「なるべく外出は減らしたい」などの、細かい相談も可能です。使い方によっては、鍵の受け取りまで、お店に行く必要がありません。

不動産業者専用の検索サイトでお部屋を探してくれます。スーモなどには載っていない未公開物件もあるので、物件の選択肢が多く、希望にピッタリのお部屋が見つかりやすいです!

イエプラボタンバナー

お部屋の申し込みに必要な書類

お部屋を借りる手続きでは、申し込みと契約の際に書類を提出します。申込の際に書類が足りないと、審査が遅れて入居も後ろ倒しになってしまいます。

必要になる書類は、大家さんや管理会社によって異なります。以降で紹介するものを揃えておけば、ほとんどのお部屋で対応できます。

賃貸は早いもの勝ちです。準備が足りないと、他の人にお部屋をとられるリスクも高くなります。あらかじめ準備をしておきましょう。

申し込みに必要な書類

必要書類をイメージしたイラスト

申し込みに必要な書類は「本人確認書類」と「収入証明書」が一般的です。

オンライン対応の場合は、スマホ写真やPDFの画像データで提出します。以下で、必要書類の種類を紹介します。

本人確認書類の種類(いずれか1つ)
・運転免許証
・健康保険証
・パスポート
・住民基本台帳カード
・学生証(大学生)
・在留カード(外国籍)

顔写真を求められる場合もあります。その場合は、履歴書などに貼るような証明写真があれば大丈夫です。

収入証明書の種類(該当するもの)
・直近の源泉徴収票
・直近の給与明細3ヶ月分
・住民税決定通知書
・課税証明書
・確定申告書(個人事業主など)
・内定通知書(内定者)
・預金通帳(無職の場合など)

給与所得者は、運転免許証と源泉徴収票があれば、ほとんどのお部屋で審査できます。

審査の途中で、追加で提出を求められることもあります。書類が1つでも揃わないと、入居審査が進まないので要注意です。

申し込みに必要な情報

良いお部屋を見つけたらすぐ申込書を書けるように、申し込みに必要な情報もメモしておきましょう。

申し込みに必要な情報
・名前、生年月日、旧住所、電話番号
・職業、会社情報、勤続年数
・毎月の手取り収入、税込の年収
・緊急連絡先(連帯保証人)の情報

首都圏では、連帯保証人を立てずに保証会社を使うのが一般的です。連帯保証人を立てない場合でも、親族に緊急連絡先になってもらう必要があります。

親族には、連帯保証人と緊急連絡先どちらでも引き受けてくれるように、あらかじめ相談しておきましょう。緊急連絡先(連帯保証人)は、お勤めの両親か兄弟姉妹が望ましいです。

審査に必要な情報は、自分と同じ項目を聞いておけば安心です。また、本人確認の電話連絡が入ることを伝えておいてください。場合によっては、書類の提出も必要です。

必要な対応は不動産屋が案内してくれるので、しっかり対応しましょう。お願いされたことを対応しないと、審査にも影響します。

賃貸契約の手続きに必要な書類

契約手続きの際には、申し込み~審査で提出した書類と、住民票の提出を求められることが多いです。

オンライン対応の場合は、契約書を返送する際に、必要書類を同封して送り返します。原本が必要かどうかと、コピーの白黒・カラーの指定は必ず確認しましょう。

契約の際に必要書類が足りないと、鍵の用意が遅れてしまうので要注意です。

契約時の必要書類
・申し込み~審査で提出した書類のコピー
・住民票の写し(取得3ヶ月以内の原本)
・印鑑登録証明書(取得3ヶ月以内の原本)
・車検証(駐車場を借りる場合)
・印鑑(実印、銀行届出印など)

住民票や印鑑登録証明書などの役所で取得する書類は、用意しなくても良い場合もあります。

取得に費用がかかるので、提出を求められたらすぐ取りにいけるかどうかで、先に用意しておくかどうか決めましょう。

連帯保証人の必要書類

連帯保証人を立てる場合、連帯保証人の書類も必要になります。一般的に、契約手続きの際に「印鑑登録証明書(取得3ヶ月以内の原本)」の提出を求められます。

契約がオンライン対応でなくても、連帯保証人とは郵送でやりとりするのが通例です。書類の記入と、実印での押印が基本です。

連帯保証人を立てる場合は、より日数が必要になることを覚えておいてください。

IT重説とは?

IT重説をしている人のイラスト

「IT重説」とは、契約をオンラインで対応する際に必要な手続きです。宅地建物取引士という国家資格を持ったスタッフから、テレビ通話で「重要事項説明」を受けます。

重要事項説明は、従来は「対面して・口頭で」実施することが法律で義務付けられていました。2017年10月から、賃貸ではオンライン対応ができるようになっています。

手元に書類があり、双方向で確実にやりとりができるIT環境が必要です。宅地建物取引士は、宅地建物取引士証を画面に映して、本人確認をします。

IT重説では「重要事項説明書」という書類を読み合わせます。説明後は各書類に署名と捺印をして、必要書類とあわせて送り返す流れです。

▶重要事項説明書ついて詳しくはこちら

よくあるIT重説に関するQ&A

IT重説に関するQ&Aをまとめました。よくある質問のため、参考にしてください。

Q1.スマホとパソコンどちらが良い?
Q2.IT重説の対応が可能な時間は?
Q3.IT重説の所要時間は?
Q4.書類の返送が間に合わなかった場合は?
Q5.鍵は郵送してくれるの?

Q1.スマホとパソコンどちらが良い?

できればパソコンが良いです。場合によっては画面共有して、書類を説明するからです。

通信環境が安定していて画面が見やすい手段で臨みましょう。スマホを使用するなら、充電が切れないように気を付けてください。

Q2.IT重説の対応が可能な時間は?

IT重説の受付時間は、宅地建物取引士の対応できる時間帯です。お店の営業時間に関わらず、スケジュール調整が必要なため要注意です。

特に1~3月の繁忙期は、どのスタッフも外出が増えます。早めの予約が必要です。

Q3.IT重説の所要時間は?

質問が特に無ければ、30分程度で終わります。書類が多いお部屋や、質問が沢山あると40分~1時間以上かかる場合もあります。

事前に書類一式に目を通して、質問したい内容をまとめておくとスムーズです。気になる点はしっかり質問しましょう。

Q4.書類の返送が間に合わなかった場合は?

書類の返送が到着期日に間に合わないと、鍵を受け取れる日程は後ろ倒しになります。

期日は、余裕を持った日程で設定している場合もあります。返送が遅れてしまう事情があれば、まずは相談してみてください。

Q5.鍵は郵送してくれるの?

鍵はお店に受け取りに行くのが一般的です。家賃の発生する日(またはその前日)に不動産屋に届くため、契約者に送ると引っ越し日に間に合わないからです。

外出が難しい事情があれば、郵送で渡せるケースもあります。鍵を郵送で渡すのが基本のお部屋や、電子キーの場合もあるので、早めに確認しましょう。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

チャットでお部屋を探す


follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識