お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

賃貸と購入どちらが得?メリットデメリットを徹底解説!

賃貸と購入どちらが良いか迷っている人

「賃貸と購入どっちが得なの?」という疑問にお答えします!購入と賃貸どちらが得なのか、メリットとデメリットを比較して徹底的に解説します。

持ち家が向いている人と、賃貸が向いている人それぞれの特徴も、詳しく解説します。知識をつけて、自分の人生設計に合うベストな選択をしましょう。

この記事は、ファイナンシャルプランナーの、岩井勇太さんに監修してもらいました!

監修 岩井 勇太
チャット不動産イエプラ メディア事業部
ファイナンシャル・プランナー
宅地建物取引士

専門知識と経験を活かして、最適な物件選びから、長期的にみて損しないライフプランのサポートまでおこなっています。一人暮らしからファミリー世帯まで、幅広くリピートを獲得しています。

家は可能なら購入したほうが良い

家はマンション・戸建てに関わらず、可能なら購入したほうが良いです。賃貸だと、どれだけ家賃を払っても資産にならないからです。

賃貸は定年を目安に、借りられるお部屋が減ります。死亡のリスクや家賃滞納を心配されて、入居審査に通るお部屋が減るからです。

老後の住まいを考えると、購入したほうが安心です。ただし、ライフスタイルや人生設計、価値観は人により異なります。

メリットやデメリットをよく理解しておいて、買い時は逃さないようにしましょう。

購入と賃貸のメリット特徴比較

購入と賃貸、それぞれのメリットを、まとめて比較します。

メリットの特徴比較
購入するメリット ・家が資産として手元に残る
・ローン完済後は1ヶ月の出費が少ない
・賃貸より設備などのグレードが高い
・より広いお部屋にできる
・自分好みにリフォームもできる
・退去費用がかからない
・社会的な信用力が高まる
賃貸のメリット ・住み替えがしやすい
・ローンを組まなくて良い
・購入するより気がラク
・修繕費用は故意過失のみ負担が原則

購入するメリットは多く、住宅ローンを完済すれば家が資産として手元に残ります。

賃貸は住んでいる限り家賃を払うので、長期的に考えると損するケースも多いです。

購入と賃貸のデメリット特徴比較

購入と賃貸のデメリットも以下で比較します。

デメリットの特徴比較
購入のデメリット ・住み替えがしづらい
・ローンの返済が大変
・所有者が払う税金や維持費がある
・賃貸より修繕費用の出費がある
賃貸のデメリット ・老後の住まいに不安が残る
・貸す側の収益のため家賃が割高
・理想の物件が見つからない
・自由にリフォームできない
・引っ越すたびに初期費用がかかる

購入すると、再度の引っ越しは大変です。家は一生で1番大きな買い物なので、計画的に進める必要があります。

それぞれのメリットとデメリットについては、以降でさらに詳しく説明していきます。

購入すると資産が残せる

物件を購入すると、資産が残せるのが最大のメリットです。賃貸では、家賃をいくら払っても退去後に残るものがありません。

購入のメリットを5つ紹介するので、参考にしてください。

①ローンを完済すれば老後が安心
②賃貸より物件のグレードを高くできる
③家族が安心して暮らせる
④売却と賃貸も可能
⑤自分の好みの内装にもできる

①ローンを完済すれば老後が安心

ローンを完済すると、月々の負担がかなり減ります。持ち家の維持費を、表にまとめました。各項目について、後ほど詳しく解説します。

相場
固定資産税 物件評価額の1.4%程度/毎年
都市計画税 物件評価額の0.3%程度/毎年
管理費+修繕積立金 合計3万円程度/毎月
建物の修繕費 実費(箇所による)

ローンを完済した後の維持費は、毎年ある税金と、分譲マンションなら毎月の管理費+修繕積立金くらいです。

毎月の維持費は家賃を支払うより安く、老後が安心です。家賃が高いのは、持ち家の維持にかかるコストまで計算して、採算がとれる金額にしてあるからです。

賃貸物件の維持にかかるコストも、以下にまとめました。

相場
家賃 地域の家賃相場/毎月
管理費(共益費) 家賃の5~10%/毎月
更新料 家賃の1ヶ月分/2年毎

賃貸では、住み続ける限り家賃はほとんど一定です。多くの物件では2年ごとに更新料がかかりますし、更新の際に家賃が上げられるケースもあります。

家賃と住宅ローンの返済額が毎月同じ額なら、以下グラフのように、将来的に逆転します。

賃貸と購入のトータルコスト比較図

長生きする前提で考えると、いずれ負担が減る持ち家のほうが安心して暮らせます。

②賃貸より物件のグレードを高くできる

同じ金額を出すなら、借りるよりも買うほうが、グレードの高い物件に住めます。戸建ては広いですし、分譲マンションは長く住む前提で作られているからです。

賃貸マンションは、数年で入居者が入れ替わる前提で作られています。立地の良さや建築コストを重視しているので、設備や広さが充実している物件は少ないです。

広くてお部屋の多い家に住みたい人は、家賃で出費を重ねる前に、購入も考えましょう。建築コストをかけた住みやすい賃貸物件は、家賃も割高だからです。

③家族が安心して暮らせる

ファミリーのイラスト

持ち家は家族が安心して暮らせます。配偶者や子供の未来に備えて、自分に万が一があっても住む場所を残せます。

ほとんどの民間住宅ローンでは「団体信用生命保険」に加入させられます。ローンを残して債務者が死亡しても、要件を満たせば保険会社が残債務を支払ってくれます。

賃貸だと、同じ状況で残された家族は、収入がなくても家賃を支払っていく必要があります。

④売却と賃貸も可能

ローンを完済すれば、物件の使い方の自由度が高いです。自分で住まずに貸したり、売却したりできる財産として手元に残ります。

資産価値の下がり方は、物件によって大きく異なります。例えば、人気エリアの物件は借り手がつくので、築20~30年でも需要があります。

いずれ売却や賃貸に出すことも考えておくと、将来の備えにできます。

⑤自分の好みの内装にもできる

完成物件の購入や賃貸では間取りやデザインが決まっています。購入であれば、建築する前に自分好みの間取りや設備を相談できます。

ただし、新築のオーダーメイドだと高額なのがネックです。

おすすめは中古購入+リノベーション

コストを抑えて新築同様のお部屋に住みたい人には、中古マンションをリノベーションして、自分好みのお部屋を作る方法があります。

リノベーションとは、骨組み以外すべて新しく作り変えて、お部屋を生まれ変わらせる方法のことです。

「リノベる」なら、物件探しから内装のデザイン、購入までワンストップで対応できます。実際にショールームを見ながら、気になることが質問できるので安心です。

リノベるのトップページ

購入代金とリフォーム代金は、通常なら別々でローンを組む必要があります。リノベるは一体型ローンが組めるので、手間も少なく負担が抑えられます。

予算からの相談でも、実現したい暮らしからの相談でも、理想のマイホームへのアドバイスがもらえます。

家の購入には入念な下調べが必要

家の購入は大きな買い物なので、入念な下調べが必要です。デメリットと言える内容を、以下で6つ紹介します。

①住み替えが大変
②法律や規約で工事を制限される場合がある
③固定資産税・都市計画税がかかる
④管理費と修繕積立金・駐車場代がかかる
⑤ローンの支払いが負担
⑥購入時にまとまった現金が必要

①住み替えが大変

購入すると、入居後に騒音トラブルや不満が生じたとしても、気軽に引っ越しはできません。住宅ローンの返済があるからです。

契約時点で説明がない不具合なら、売主に契約不適合責任を追及できます。しかし、トラブルは事前に防ぐことが大切です。

内見や契約の際には、不動産屋に遠慮せず質問して、疑問点を解消しておきましょう。

②法律や規約で工事を制限される場合がある

法律や管理組合の規約によっては、購入しても思い通りに工事できないケースがあります。

法律で建物の高さ制限があるエリアだったり、管理組合の規約でリノベーションが禁止されているケースなどです。

購入前に不動産屋がすべて調べてくれますが、心配があるなら早めに質問してみてください。

土地や建物の登記情報は、法務局に行けば自分でも調べられます。抵当権や借地権など、法律の話も教えてもらえます。

③固定資産税・都市計画税がかかる

購入すると、賃貸とは異なり固定資産税がかかります。市街化区域内の建物の場合は、都市計画税もかかります。物件が高額なほど税負担も大きいです。

固定資産税の金額は、固定資産税評価額×税率(約1.4%)です。都市計画税は、固定資産税評価額×税率(約0.3%)です。

詳しくは、自治体のホームページなどで詳しく確認したほうが良いです。

税率が異なる場合や、新築やバリアフリー住宅の減税措置などもあります。中古なら、売主がすでに課税されているので、金額を教えてもらえます。

④管理費と修繕積立金・駐車場代がかかる

分譲マンションの所有者は、管理組合に収める管理費と修繕積立金の負担があります。駐車場を使う人は、駐車場代もかかります。

管理費は共用部分のメンテナンス費用で、修繕積立金は建物の修理に備えた貯金のようなものです。

東日本不動産流通機構の2020年度の統計によると、首都圏の平均は、管理費が月額12480円、修繕積立金が月額11071円です。

ローン返済中は、月々の返済に2~3万円プラスで必要です。言い方を変えれば、完済後は月2~3万円の出費で済みます。

分譲マンションでは管理の業務にも関わる

マンションを購入すると、管理組合の総会(集会)に出席したり、場合によっては役員を引き受けたりと、賃貸よりもやることが多いです。

戸建ての場合は、管理会社がいないため修繕の手配は自らおこなう手間があります。

⑤ローンの支払いが負担

収入が減っても、ローンの返済額を減らせないデメリットがあります。

ローンの完済までの道のりが長く、ストレスで節約志向になってしまう人も多いです。

購入前はローン商品の仕組みを調べたり、不動産屋のアドバイスをよく聞いたりして、無理のない返済計画を立てましょう。

⑥購入時にまとまった現金が必要

頭金なしの住宅ローンでも、基本的に「物件価格の10%程度」の諸費用がかかります。不動産屋に支払う仲介手数料や、不動産を取得するのに必要な税金などです。

中には、諸費用をローンに含めるサービスもあります。初期費用を減らすと、そのぶんローン返済は長くなるので要注意です。

購入が向いている人の特徴

住まいの購入が向いているのは「長期間同じ地域に住み続ける予定がある人」です。

以下で具体的な特徴をまとめたので、当てはまる数が多い人は購入を検討してみてください。

・転勤や急な引っ越しの可能性が低い
・収入が安定していて毎月貯金もできる
・ローン返済額の試算が家賃と大差ない
・老後が心配で資産形成を検討している
・間取りやインテリアを好みに配置したい
・設備などのグレードが高い物件に住みたい

転勤や急な引っ越しが少ない人のほうが、購入に向いています。住宅ローンの融資を受けるためには、住むのが原則だからです。

家を買っても通勤や子供の通学に支障がなければ、購入も検討するべきです。

家賃と同じ金額をローン返済すると、どの程度の物件が購入できるのかは知っておいたほうが良いです。

また、購入なら物件の間取りや設備、インテリアを自由にできます。賃貸だと、軽微なリフォームでも貸主に許可をとる必要があります。

中古+リノベーションだとさらにお得

住まいを購入するなら中古+リノベーションだとさらにお得です。おすすめする理由を、以下にまとめました。

・新築を購入するより安い
・ローンの負担が抑えられる
・エリアが選びやすい
・現地の確認ができる
・理想的なお部屋にできる

マンション販売価格の内訳は、土地の持ち分と建物の代金がほとんどです。中古マンションの売上や経費は、全体の1割程度です。

ただし、新築分譲マンションでは広告宣伝費や経費などがかさむので、物件以外に払う部分が販売価格の2割を占めます。

新築と中古マンション価格の内訳を比較したイメージ図

中古マンションは市場の相場があるので、大幅に費用を抑えられます。

2021年4月発表の全宅連の不動産市場動向調査によると、首都圏の中古マンション平均価格は新築の6割程度でした。

物件探しからリフォームまでがワンストップのリノベるなら、資金計画も立てやすいです。

コストを抑えて理想の家を手に入れたい人は、ぜひショールームの見学を予約して、相談してみてください。

賃貸は気軽に住み替えが可能

賃貸物件のメリットも以下で4つにまとめたので紹介します。

①気軽に住み替えが可能
②ローンを組む必要がない
③設備の交換や修理費用の負担がない
④所有者ならではのストレスがない

①気軽に住み替えが可能

賃貸は気軽に住み替えが可能です。新築に住みたい、家賃が安いお部屋に引っ越したいなどの理由でも、引っ越しできます。

隣人トラブルや、入居してから不満が出た場合に、引っ越しやすいのは大きなメリットです。

②ローンを組む必要がない

ローンを組まないので、収入が下がったら家賃の安い物件に引っ越しできます。休職や転職もしやすいので、定職に就いて安定するまでは、賃貸のほうが良いです。

ただし、家賃は割高なため、生活が安定したら購入も検討したほうが良いです。

③設備の交換や修理費用の負担がない

借りて住むと、普通に使っている設備に不具合があった際は、大家さんの負担で直してもらえます。

ただし、故意(わざと)や過失(不注意)で建物を傷付けると、修繕費用を請求されます。退去時に高額請求されて困るケースもあるので、大切に扱う必要があります。

④所有者ならではのストレスがない

賃貸はあくまで借りているだけなので、所有者ならではのストレスがありません。物件に不満があるなら、引っ越せば良いからです。

購入する場合、建物が無事かどうかのストレスがあります。手抜き工事などで、物件に価値が残らないリスクもあるためです。

賃貸物件は手元に資産が残らない

お金の心配をするカップル

賃貸物件は、資産にならないのが最大のデメリットです。他にも5つまとめたので、以下で紹介します。

①老後の不安が残る
②購入より損するケースがある
③理想に合う物件がない
④隣人の心配がある
⑤引っ越すたびに初期費用がかかる

①老後の不安が残る

賃貸物件は、基本的に一人では借りられません。連帯保証人を立てるか、保証会社を使って審査に通る必要があります。

入居審査は、高齢になるほど厳しくなります。老後の不安が残るのはデメリットです。

また、貸す側に正当な理由があれば、契約更新ができなかったり、立ち退きが必要になる場合もあります。

②購入より損するケースがある

長く住むと、購入するよりも家賃がかさむ場合があります。家を購入していればよかったと、後悔するケースも少なくありません。

首都圏では、更新料として2年毎に家賃1ヶ月分の出費もあります。

家賃・管理費・更新料などは、大家さんの出費も考えて設定されています。賃貸の場合、損をしている可能性も考えたほうが良いです。

③理想に合う物件がない

すでに完成している物件を選ぶと、必ず1つや2つは不満が出ます。なかなか理想通りの物件がないのはデメリットです。

インターネット環境や、冷暖房の数などを変えられないケースもあります。

④隣人の心配がある

賃貸だと入居者の入れ替わりが多く、隣人の心配が増えます。騒音がひどい隣人や、マナーの悪い人がいると大変です。

家賃が高めの物件は入居審査が厳しく、マナーを守れる人が多いです。割高な家賃を払うより購入したほうが、損しない場合もあります。

⑤引っ越すたびに初期費用がかかる

賃貸で必要な初期費用は「家賃の4.5~5ヶ月分」が相場です。家賃が100000円なら500000円はかかると思ったほうが良いです。

内訳には、礼金や仲介手数料などの戻ってこない費用が多く、無駄な出費とも言えます。

賃貸が向いている人の特徴

賃貸が向いているのは「引っ越しする可能性が高い人」です。

以下で、具体的な特徴をまとめました。当てはまる数が多い人は、購入を焦らないほうが良いです。

・転勤や急な引っ越しの可能性が高い
・雇用形態が不安定
・収入に波があり貯金がない
・親の持ち家が相続できる
・家にあまり愛着を持たない

転勤族などの、定住地が決まっていない人には賃貸のほうが便利です。購入と比べて、気軽に引っ越しできます。

購入のためにローンを組むと、返済が15~35年は続きます。収入に波があり貯金がない人は、借金のリスクを抱えるよりも、出ていける賃貸のほうがおすすめです。

賃貸が向いている人も、結婚したり子供ができたりして、マイホームが欲しくなる可能性はあります。購入するメリットも早めに知っておくべきです。

理想的な物件の購入には専門知識が必要

理想的な物件を手に入れるためには、専門的な知識が必要です。手っ取り早いのは、不動産屋の主催する講座に参加する方法です。

リノベるでは、新築や築浅物件と中古マンションの違い・中古マンションのお得なポイントの講座や、資金計画の相談ができるイベントを、定期的に開催しています。

中古マンションの購入とリノベーションを同時にすれば、エリアが豊富に選べますし、負担を大幅に抑えられます。

物件探しからデザイン、工事までワンストップで対応しているので、実際にショールーム見学を予約して、気軽に相談してみてください。

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について