お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

シン・エナジーの評判や口コミ!メリットデメリットや切り替え時の料金など大公開!

「シン・エナジー 評判」のアイキャッチ

「シン・エナジーに切り替えたらどれくらい節約できる?」「そもそもどんな電力会社なの?」という疑問に答えます!

結論、シン・エナジーは「電気をあまり使わない一人暮らし」におすすめの電力会社です!

この記事では、実際に契約した人から寄せられた評判や口コミをもとに、実際どれくらい安くできるのか・サービス内容は良いか悪いか解説していきます。

電力自由化をきっかけに、新電力に切り替えを検討している人はぜひ参考にしてください!

シン・エナジーとは

シン・エナジーのバナー

基本料金 471~1,716円
オススメ世帯 電気使用量が多いファミリー
サービス特徴 ・初期費用、解約費用が0円
・ライフスタイルに合うプランが豊富
・電気使用量が少なくてもお得
・JALのマイルが貯まる
・独自のキャンペーンを実施している
・自然エネルギーなので環境に優しい
・2020年1月時点で契約者数1,000万件突破
オール電化プラン なし
セットプラン ガス
解約違約金 0円
支払い方法 クレジットカード/口座振替
公式サイト https://www.symenergy.jp/

シン・エナジーとは、シン・エナジー株式会社(旧:洸陽電機)が運営する新電力会社です。

太陽光発電・地熱発電・水力発電など、再利用可能な自然エネルギーを得意とする企業です。

従来の地域電力と同じで、基本料金・変動従量料金が設定されていますが、昼に電気代が安くなる・夜に電気代が安くなるなど、自分のライフスタイルに合うプランを選択できます。

電気をあまり使わない一人暮らしにおすすめ

シン・エナジーは、電気をあまり使わない一人暮らし世帯におすすめの電力会社です。

基本料金や従量料金が、従来の地域電力より約10%安いので、とにかく安いところが良いという人にも向いています。

その他、以下の特徴に当てはまる人にもシン・エナジーがおすすめです。

・ライフスタイルに合うプランにしたい
・解約手数料0円なところで試してみたい
・オール電化の家庭ではない
・評判が良い電力会社にしたい
・JALのマイルを貯めたい
・原発ではなく自然エネルギーが良い

電気の使用量に応じてJALのマイルが貯まるので、マイルを集めている人にもお得です。

ただし、2021年1月時点で、北海道エリアの対応はしていません。今後、対象エリアに含まれる可能性がありますが、現時点では別の電力会社にしましょう。

シン・エナジー

シン・エナジーの評判はかなり良い

シン・エナジーの評判は、かなり良いです。ほかの新電力会社と比較しても、電気代が安いと好評です。

また、電力使用量が可視化できる、キャンペーンで1ヶ月分の電気代がさらに割引になったという声もありました。

評判や口コミは「Twitter」「独自アンケート」「価格.com」を基に判断しています。2020年1月以降に新しく投稿・回答されたものに絞っています。

良い 悪い どちらでもない
合計 176 12 148
Twitter 138 9 122
アンケート回答 31 2 24
価格.com 7 1 2

以下で、Twitter・アンケート結果・価格.comでの生の声を紹介します。

Twitterでの口コミはかなり良い

Twitterでの口コミを調べてみると、電気代への満足度が高いです。

従来の地域電力から電気代が安くなるうえ、ほかの新電力会社と比較してもかなり安いという声が多かったです。

ただ、電力使用量が少ない家庭だと電気代が従来とほぼ変わらないという声もありました。

アンケートによる口コミはかなり良い

クラウソーシングサイトの「ランサーズ」で、シン・エナジーを利用している人の口コミと評価を調査しました。

調査期間は2021年1月~3月で、実際にシン・エナジーを利用している人に限定しています。

回答の中には、ほかの新電力会社から乗り換えて、電気代をさらに節約できたという人がいました。公式が「業界トップクラスの安さ」と謳っているだけあります。

 

男性のアイコン
300~1,000円ほど安くなった

男性 / 40代  

切り替え前

関西電力 

切り替え後

シン・エナジー きほんプラン

電力供給エリア

関西電力

世帯人数

1人

電力使用量

12月/178kwh

切り替え時期

2021年1月

総合評価
1番良い評価
料金満足度
1番良い評価
切り替えのしやすさ
1番良い評価
切り替えて良かったと感じた点
電気代が毎月300〜1000円ほど安くなった。毎日の昼夜の電力消費量や、毎月、別プランで支払った場合の予測金額などがホームページ上で見られて便利です。
切り替えて不満に感じた点
シンプルで良いと思うが、プランの選択肢が他社よりあまりない気がする。それ以外にとくに気になる点はない。

 

男性のアイコン

電気を使わない人にはお得

男性 / 20代  

切り替え前

関西電力 従量電灯B

切り替え後

シン・エナジー きほんプラン

電力供給エリア

関西電力

世帯人数

1人

電力使用量

12月/10kwh

切り替え時期

2020年10月

総合評価
1番良い評価
料金満足度
1番良い評価
切り替えのしやすさ
1番良い評価
切り替えて良かったと感じた点
電気をほとんど使わない人にとってはとても良いプランだと思う。電気料金の負担を減らすことが出来たのでとても満足している。
切り替えて不満に感じた点
現時点では電力使用量が少ないため、電気料金は安く保つことが出来ているが、電力使用量が増えると料金は高くなると思う。あと、サポートセンターの電話がなかなか繋がらない。

 

女性のアイコン
キャンペーンがお得!料金シミュレーションも分かりやすい

女性 / 30代  

切り替え前

関西電力 

切り替え後

シン・エナジー 生活フィットプラン

電力供給エリア

関西電力

世帯人数

3人

電力使用量

12月/600kwh

切り替え時期

2019年12月

総合評価
2番目に良い評価
料金満足度
2番目に良い評価
切り替えのしやすさ
2番目に良い評価
切り替えて良かったと感じた点
単月で見るとあまり料金が変わった感じはしないですが、キャンペーンなどの恩恵などがあり、初年度は年間通して安くなると感じでいます。料金シミュレーションの時に関西電力の料金表も確認できる点も便利でした。
切り替えて不満に感じた点
電力会社を切り替えて悪かった点はありませんが、切り替えることで、煩わしい手続きが増えることが唯一悪かった点です。

 

男性のアイコン

使用量と料金が見られるwebサイトが便利

男性 / 40代  

切り替え前

東京電力 従量電灯B

切り替え後

シン・エナジー 【昼】生活フィットプラン

電力供給エリア

東京電力

世帯人数

2人

電力使用量

2月/253kwh

切り替え時期

2017年12月

総合評価
2番目に良い評価
料金満足度
2番目に良い評価
切り替えのしやすさ
3番目に良い評価
切り替えて良かったと感じた点
料金が安くなった点。また、webサイトで毎月の使用料や料金、毎日どの時間帯に多く使用しているのか等、確認・把握しやすくなった点。
切り替えて不満に感じた点
当時切り替え希望が多く、混み合っていたため、あまりスムーズではありませんでした。ただ、遅すぎるわけでもないので普通かと思います。

 

女性のアイコン
JALマイラーにピッタリ

女性 / 30代  

切り替え前

関西電力 

切り替え後

シン・エナジー きほんプラン

電力供給エリア

東海電力

世帯人数

2人

電力使用量

1月/381kwh

切り替え時期

2017年6月

総合評価
1番良い評価
料金満足度
1番良い評価
切り替えのしやすさ
1番良い評価
切り替えて良かったと感じた点
料金も確実に安くなったし、毎月の電気料金に応じてJALのマイルも貯まるのでJALマイラーにとってもありがたい電力会社です。
切り替えて不満に感じた点
ガスなど他のサービスとセットになっているプランが無いので、まとめて支払いを済ませたい場合には少しデメリットかもしれません。

価格.comでの口コミも高評価が多い

価格.comでの口コミを調べてみると、電気代の安さと、マイルポイントが貯まるという2点でかなり満足度が高いです。

ただ、電気の切り替えまでに約1ヶ月ほど時間がかかるという口コミが多かったです。急いで切り替えたい人には不向きのようです。

【総合的な感想】
思い切って、電力会社を替えてよかったと思った。なぜなら、環境にやさしい電力を利用したかったから。電気代も安くなって、ポイントも貯まっていくので、うれしいです。

【開始手続きやサポート対応について】
電力自由化による、変更を検討するにあたって、自分の住所地で変更できる会社が少なかった。その中で、平和堂電気の広告を店舗で見つけ、検索したら気に入ったので、申し込みをした。申し込みは、ネットで簡単にでき、申込完了後、返事があり、スムーズにできたと思う。

引用:価格.com

【総合的な感想】
電気代は変わらないけどポイントが付くからまだいいかな。

【開始手続きやサポート対応について】
切り替えまでに時間がかかった

引用:価格.com

【総合的な感想】
東京電力よりも電気代金が安くてプランがわかりやすく、またネットでスムーズに進められて切り替えも楽で便利でした。ネットで電気料金の比較化できるためいくら使用したのかすぐ分かるので見やすくて世知電しやすいため。

【開始手続きやサポート対応について】
約一か月で東京電力からの切り替え進みネットで簡単に申込みができたのでスムーズに手続きが済んでよかった。また東京電力から切り替わる際も特に立会いなど必要なく、切り替わる工事の予定日を事前にお知らせしてくれ完了した際も案内があり、切り替わりがわかりやすかった。

引用:価格.com

シン・エナジーのメリット

シン・エナジーに切り替えるメリットは、主に以下の7つです。

・ライフスタイルに合わせたプランが豊富
・電力使用量が少なくても節約になる
・初期費用、解約費用が0円
・JALのマイルが貯まる
・独自のキャンペーンを実施している
・30分単位で電力使用量を確認できる
・自然エネルギーを使用している

各メリットについて、もう少し詳しく解説していきます。

ライフスタイルに合わせたプランが豊富

シンエナジーの生活スタイルに合わせた料金プラン

シン・エナジーは、契約者のライフスタイルに合わせたプランが豊富です。

平日の9時~18時の電気代が安くなる「【昼】生活フィットプラン」や、毎日22時~翌日8時までの電気代が安くなる「【夜】生活フィットプラン」があります。

また、電力使用量が少ない家庭や、時間帯・曜日問わず電力を使う家庭向けの「きほんプラン」や、電力をたくさん使う家庭向けの「プランC」なども用意されています。

シンエナジーのプラン診断

公式HPにはどのプランが自分に合うかわからない人向けの診断があるので、よりお得なプランを選びやすいです。

電力使用量が少なくても節約になる

電気使用量が少なくてもお得になる

シン・エナジーの基本料金は、従来の地域電力の従量電灯Bプランよりも約10%安いです。

電気使用量によって変わる、従量料金も従来より1~9%ほど安く設定されています。

そのため、電力使用量が少ない家庭でも、従来の地域電力会社の電気代より安いです。

例えば、東京電力で契約中の一人暮らしの人が、シン・エナジーの基本プランに変更した場合は、年間2,000~2,500円お得です。

初期費用・解約費用が0円

シンエナジーは初期費用と解約手数料が0円

契約時の初期費用や、解約時の手数料が無料です。契約期間内に解約した場合の、違約金もかかりません。

シン・エナジーに切り替えたけど節約にならなかったと感じたら、0円で解約手続きができるので、新電力への切り替えのハードルがかなり低いです。

解約手続きに関しては、住所が変わらないのであれば、乗り換える新電力会社で申し込みするだけで全て代行してくれます。

JALのマイルが貯まる

シンエナジーはJALのポイントが貯まる
JALマイレージバンクの会員は、クレジットカード払いにすることでマイルを貯められます。200円=1マイル換算です。

マイフの付与は、電力使用付きの約2ヶ月後に付与されます。また、貯まったマイルを使って電気代の精算も可能です。

なお、必ずシン・エナジーの公式サイトから申し込みしましょう。代理店で契約した場合、マイルの付与特典が受けられません。

抽選キャンペーンを実施している

シン・エナジーは、定期的に抽選キャンペーンを開催しています。

マイページにある「福引チャレンジ!」や「抽選チャレンジ!」のボタンをタップし、ゲームを開始すればキャンペーンに参加できます。

当たりが出た場合は、対象月の電気代が割引になります。過去のキャンペーンだと、最大1万円分の電気代が割引になっています。

30分単位で電力使用量を確認できる

マイページで30分単位の電力使用量が確認できます。グラフになっているので、一目で変化を把握しやすいです。

30分置きにリアルタイムで更新されるので、今電気を使いすぎたのでは?と思ったときに、すぐに確認できます。

また、月別や、デイ・ライフ・ナイトといった時間帯区分別も、電力使用量を比較できます。

自然エネルギーを使用している

シン・エナジーの電力は、再利用可能な自然エネルギーです。主に、太陽光発電・地熱発電・水力発電・バイオマス発電から電力を集めています。

原発だと燃料となる石炭・天然ガス・石油などは、ほぼ海外からの輸入です。ですが、自然エネルギーは国内で賄えるので、価格の高騰の影響は少ないです。

なお、自然エネルギーを使った電力ですが、各家庭への供給は従来の送電網を使っているため、品質はほぼ同じです。

シン・エナジー

シン・エナジーのデメリット

シン・エナジーでんきのデメリットは、以下の5つです。

・ほかのライフラインとのセットがない
・切り替えまでに時間がかかる
・オール電化だと割高になりやすい
・紙の検針票は手数料がかかる

ほかのライフラインとのセットがない

シン・エナジーは、水道やガス代のセットプランがありません。

光熱費の請求を1本化したい、セットでさらにお得に契約したいという人には不向きです。また、その他のセットプランもありません。

切り替えまでに時間がかかる

Twitterや価格.comの口コミを見ていると、地域電力からシン・エナジーへの電気の切り替えまでに約1か月間かかるようです。

申し込みから解約手続きで約1週間、スマートメーターの取り付けで約1週間、電力の切り替え手続きで約1週間はかかります。

切り替え作業はすべて、シン・エナジー側で代行してくれるので、申込者は切り替わるのを待つのみで大丈夫です。

オール電化だと割高になりやすい

オール電化向けのプランが無いので、契約すると割高になりやすいです。

実際、シン・エナジーの公式サイトにも、おすすめしない旨が記載されています。

シン・エナジーのよくある質問のスクリーンショット

オール電化の家に住んでいる人は、従来通りの地域電力のままにするか、別の新電力の会社を選びましょう。

紙の検針票は手数料がかかる

ペーパーレス化の為、基本はWeb明細となっています。ただ、確定申告などで紙媒体が欲しい人向けに、1枚110円(税込)で発行しています。

1年分発行すると、それだけで1,320円かかります。電気代を節約できたとしても、プラマイゼロになる場合があります。

それでも毎月紙でほしいという人は、マイページから発送の有無の変更しましょう。

切り替え前との料金比較

従来の地域電力とシン・エナジーに切り替えた際、どれくらいお得なのかを解説します。

一人暮らし・二人暮らし・三人暮らしの平均電気使用量を基に、2020年12月分の電気代(40アンペア固定)を比較しています。計算は各公式サイトのシミュレーションを使用しました。

一人暮らしの電気代比較

統計局家計調査2018年度によると、一人暮らしの電気使用量平均は「約189kWh/月」です。

以下で、エリアごとに従量電灯B(地域電力)とシン・エナジーのきほんプランの電気代を比較しています。

従量電灯B
(10~60A)
シン・エナジー
北海道エリア 約6,212円 -
東北エリア 約5,312円 約5,358円
東京エリア 約5,469円 約3,728円
中部エリア 約5,372円 約3,866円
北陸エリア 約5,463円 約4,363円
関西エリア 約5,837円 約4,471円
中国エリア 約6,396円 約4,902円
四国エリア 約5,890円 約4,625円
九州エリア 約5,710円 約5,036円
沖縄エリア 約5,318円 約5,462円

とくに「東京電力」「中部電力」「中国電力」「四国電力」の人は、シン・エナジーに切り替えるとお得です。

「東北電力」と「沖縄電力」は、12月の電気代がやや高めですが、1年のトータルで見ると2,000円ほど節約できます。

北海道は2021年1月時点でまだ対応していません。北海道在住の人は、別の新電力会社を選んだほうが良いです。

男性のアイコン家には寝に帰るだけで、もともと電気代が月2千円くらいです。けど、もうちょっと安くなると聞いて、試しに契約してみました。初月213円、2ヶ月目は180円くらいかな…。ほかの新電力の会社だと、自分みたいな人は割高になりやすいので満足しています。(20代前半/1人暮らし)

二人暮らしの電気代比較

統計局家計調査2018年度によると、二人暮らしの電気使用量平均は「約326kWh/月」です。

以下で従量電灯Bとシン・エナジーのきほんプランを比較した結果、どのエリアも電気代が安くなります。

従量電灯B
(10~60A)
シン・エナジー
北海道エリア 約10,445円 -
東北エリア 約9,784円 約8,418円
東京エリア 約9,270円 約6,126円
中部エリア 約8,867円 約6,174円
北陸エリア 約8,168円 約7,239円
関西エリア 約8,508円 約6,562円
中国エリア 約9,840円 約7,352円
四国エリア 約9,140円 約6,840円
九州エリア 約9,526円 約8,378円
沖縄エリア 約9,618円 約9,459円

沖縄電力エリア以外の地域は、電気の使用量が多いほど節約できます。沖縄エリアは、夏のほうが電気代が安くなる傾向にあります。

さらに費用を抑えたい場合は、基本プラン以外のものを選びましょう。プランについては後ほど解説します。

三人暮らしの電気代比較

統計局家計調査2018年度によると、三人暮らしの電気使用量平均は「約378kWh/月」です。

以下で従量電灯Bとシン・エナジーのきほんプランを比較した結果、シン・エナジーのほうがかなりお得です。

従量電灯B
(10~60A)
シン・エナジー
北海道エリア 約12,181円 -
東北エリア 約11,486円 約9,574円
東京エリア 約10,903円 約7,075円
中部エリア 約10,330円 約7,070円
北陸エリア 約9,511円 約8,056円
関西エリア 約9,591円 約7,389円
中国エリア 約11,227円 約8,285円
四国エリア 約10,445円 約7,713円
九州エリア 約11,114円 約9,711円
沖縄エリア 約11,342円 約10,921円

ほとんどのエリアが、年間15,000万円~20,000円ほど電気代の節約ができます。

とくに「東京電力」「中部電力」「四国電力」のエリアは、月3千円近くも電気代が安いです。

半年で1万円以上節約になった。
女性のアイコン半年間、エクセルで電気代の計算をしてきたんですけど、関電と比較すると約1.3万円の節約に。あしたでんきのシミュレーションと比較しても、めっちゃ安くて嬉しくなりました。(30代前半/3人暮らし)

シン・エナジーの料金プランと費用目安

シン・エナジーが取り扱う料金プランと、プラン別の費用目安を紹介します。

きほんプラン

きほんプランは、電力使用量が少ない・曜日や時間帯関係なく電力を使う人向けです。

基本料金は、地域電力会社よりも約10%安く設定されています。

東京電力
(従量電灯B)
きほんプラン
基本料金30A 約858.0円 約768.34円
基本料金40A 約1,144.0円 約1,024.45円
基本料金50A 約1,430.0円 約1,280.56円

従量料金(1kWh)も、1~9%ほど安いです。

東京電力
(従量電灯B)
きほんプラン
~120kWhまで 約19.88円 約19.67円
121kWh~300kWhまで 約26.48円 約24.78円
301kWh~ 約30.57円 約27.71円

 

【昼】生活フィットプラン

【昼】生活フィットプランは、在宅勤務・子育てやペットのために24時間エアコンを使用など、平日の昼間に電気を多く使う人向けのプランです。

平日の9時~18時の電気代が通常よりも安く設定されています。以下は、東京電力エリアの料金目安です。

項目 設定価格(1kWh)
基本料金 30A 約471.90円
40A 約629.20円
50A 約786.50円
60A 約943.80円
デイタイム(平日9時~18時) 約21.05円
ライフタイム(平日8時~9時、18時~22時、休日8時~22時) 約26.09円
ナイトタイム(毎日22時~翌8時) 約20.98円
初月で3千円も節約できた!
女性のアイコン2~3ヶ月前に、過去最高の電気代を記録したのでシン・エナジーに変更しました。昼プランにしたんですけど、現時点で初月が約3千円、先月で2千円弱の節約になっています。電力使用量が可視化されるので、もう少し削ってみようと思います!(30代後半/4人暮らし)

 

【夜】生活フィットプラン

【夜】生活フィットプランは、平日の昼間に働いていて夜に電気を多く使う、休日は出かけることが多いという人向けのプランです。

毎日、22時~翌日8時の電気代が安く設定されています。以下は、東京電力エリアの料金目安です。

項目 設定価格(1kWh)
基本料金 30A 約471.90円
40A 約629.20円
50A 約786.50円
60A 約943.80円
デイタイム(平日9時~18時) 約33.05円
ライフタイム(平日8時~9時、18時~22時、休日8時~22時) 約26.09円
ナイトタイム(毎日22時~翌8時) 約17.98円
女性のアイコン夜しか電気を使わないので、もっと安くならないかな…と思っていました。そこで見かけたのが、シン・エナジーの「夜生活フィット」です。昼の電気代が高くて、夜の電気代が安い。自分にぴったりでした。実際に、月500円くらいは安くなっているかと。(20代前半/1人暮らし)

 

プランB

プランBは、関西電力・中国電力・四国電力の従量電灯Bに相当するものです。業務用の冷蔵庫やエアコンがある、家の一部がテナント、2世帯以上の大家族向けです。

関西電力
(従量電灯B)
プランB
基本料金(1kVAあたり) 約396.00円 約305.56円
~120kWhまで 約17.91円 約17.72円
121kWh~300kWhまで 約21.12円 約19.23円
301kWh~ 約23.63円 約21.37円

 

プランC

プランCは、東京電力の従量電灯Cに相当するものです。業務用冷蔵庫やエアコンがある、家の一部がテナント、2世帯以上の大家族向けです。

東京電力
(従量電灯C)
プランC
基本料金(1kVAあたり) 約286.00円 約281.66円
~120kWhまで 約19.88円 約19.78円
121kWh~300kWhまで 約26.48円 約20.57円
301kWh~ 約30.57円 約22.90円

 

低圧動力ワイド

低圧動力ワイドは、地域電力の「低圧電力プラン」に相当するものです。テナントや倉庫、オフィスなど業務系向けです。

項目 設定価格(1kWh)
基本料金(1kWあたり) 約1,040.93円
夏季電力量 第1段階使用量まで 約17.01円
第1段階使用量超過 約18.68円
他季節の電力量 第1段階使用量まで 約15.48円
第1段階使用量超過 約17.01円
力率割引・割増 ±5%

 

シン・エナジー

シン・エナジーの申し込み方法

シン・エナジーを契約したいけど、どうやって申し込めばよいか悩んでいる人のために、申し込み方法をまとめました。

公式サイトの「今すぐお申込み」をクリック
②氏名、メールアドレスを入力
③仮登録メールのURLをクリック
④契約者情報を入力
⑤規約事項に同意する
⑥アンケートに回答
⑦確認後に支払い情報を入力

引っ越しに伴う新規契約の場合は、同上にネットで申し込んだ後、自分で地域電力会社に解約の電話を入れなければいけません。

契約中のプラン変更の場合は、マイページにて手続き可能です。

申し込み時に必要なもの

手続きには「地域電力会社からの検針票」と「口座/クレジットカード情報」「JALマイレージバンクカード(会員のみ)」が必要です。

検針票は、平成28年度以降のものであれば使用できますが、なるべく直近のものを準備してください。

契約会社情報・契約プラン・アンペア数・電力使用量の4つの情報が最低でも必要です。

口座・クレジットカードは支払い方法入力時に、JALマイレージバンクカードはマイルを貯めるように必要です。

契約者情報として入力するもの

仮登録後に契約者情報として入力するものをまとめました。引っ越し予定で新住所がわからないなど無いように、確認してください。

・電力会社の管轄エリア
・契約中の電力会社
・契約中の検針票に記載があるお客様番号
・電力の供給地点特定番号(22桁)
・現在の契約プラン
・氏名、カナ、生年月日
・住所
・電話番号
・希望する契約プラン
・検針票の郵送を希望するか否か
・支払い方法
・JAKマイレージバンク会員番号

支払い方法は口座引き落としかクレジットカード払い

支払い方法は、口座引き落としかクレジットカード払いのどちらかを選択できます。

従来通りが良い、口座を分けて管理したいという人は口座引き落としがおすすめです。

クレジットカードのポイントを貯めたい、支払い忘れを防ぎたいという人はクレジットカード払いにすると良いです。

対応カードは、Visa、MasterCard、American Express、DinersClub、JCBの5種類です。

申し込み完了後は何もしなくて良い

申し込み完了後、2~3週間ほどでメールならびにマイページにて供給開始日のお知らせが届きます。

そのあとで、スマートメーターの取り付け工事を実施、供給開始日に新電力の供給が開始されます。

契約者は申し込み後、シン・エナジーからの連絡を待つだけです。地域電力会社に解約手続きの連絡をする必要はありません。

電力切り替えまでにかかる期間は、2週間~2ヶ月ほどと、やや遅いです。

他の電力会社との評判比較

シン・エナジー以外の他の新電力会社との評判を比較しました。

シン・エナジーではあまり安くならなかった・他の新電力会社の情報も知りたい人は、ぜひ参考にしてください。

表の中のリンクを押すと、各会社の評判や料金プランを詳しく解説している記事に飛びます。

エルピオでんき【とにかく電気代を節約したい人向け】
エルピオでんきのロゴ ・とにかく電気代が安い
・キャッシュバックキャンペーンがお得
・申し込みから使用開始可能までが早い
▶エルピオでんきの評判まとめ
J:COM電力【J:COM回線に契約している人におすすめ】
J:COM電力のロゴ ・電気使用料が多いほど割引
・電気量の多い家庭だとお得
・オール電化にも対応
▶J:COM電力の評判まとめ
Looopでんき【電気使用量が多い世帯向け】
リミックスでんきのロゴ ・電気を使った分の支払いのみ
・太陽光発電関係の割引がある
▶リミックスでんきの評判まとめ
リミックスでんき【電気をあまり使わない一人暮らし向け】
リミックスでんきのロゴ ・電気使用料が少ないほどお得
・仮想通貨付与プランがある
▶リミックスでんきの評判まとめ
あしたでんき【電気使用量が多い世帯向け】
あしたでんきのロゴ ・基本料金が0円
・料金プランがシンプル
・スマホから使用状況を確認できる
▶あしたでんきの評判まとめ
楽天でんき【楽天ポイントを貯めたい人におすすめ】
楽天でんきのロゴ ・楽天ポイントが貯まる、使える
・基本料金が0円
・キャンペーンで楽天ポイントがもらえる
▶楽天でんきの評判まとめ
ENEOSでんき【電気使用量が多い世帯向け】
ENEOSでんきのロゴ ・電気使用量が多いほどお得
・ENEOSカードで電気代が安くなる
・2年以上の利用でさらに料金が安くなる
▶ENEOSでんきの評判まとめ
0円でんき【電気使用量が多い世帯向け】
0円でんきのロゴ ・基本料金が0円
・Amazonギフト券3,000円分もらえる
・電力使用量の多い家庭ほどお得
▶0円でんきの評判まとめ
おうちでんき【ソフトバンクユーザーにおすすめ】
おうちでんきのロゴ ・スマホとセット割プランがある
・初月の電気代が無料
▶おうちでんきの評判まとめ

電気料金がわかりやすいほうが良い人は「あしたでんき」がおすすめ

電気料金がわかりやすいほうが良い人は「あしたでんき」がおすすめです。

あしたでんきの標準プランは、基本料金0円、1kWhあたりの従量料金が固定です。使った分のみの請求なので、電気代を把握しやすいです。

また、あしたでんきは東京電力ホールディングスの子会社なので、サービスや電力の質は従来通りです。

オール電化物件の人は「Looopでんき」がおすすめ

オール電化物件の人は「Looopでんき」の「スマートタイムプラン」がおすすめです。

オール電化の家庭向けプランで、基本料金が0円です。また、春と秋の昼の電気代や、夜間の電気代が安いというメリットがあります。

電力自由化とは

電力自由化とは、2016年4月の法改正により、一般家庭や企業などが自由に電力会社や料金プランを選べるようになった制度です。

電力自由化の説明画像

地域の電力会社だけでなく、電力の小売り会社(新電力会社)と契約が可能です。

会社によって基本料金や契約プランが違うため、企業間の価格競争もあり、選択次第では電気代をかなり抑えられます。

新電力会社で取り扱っている電力は、従来の送電線を通って家庭に送られるため、どの会社も電力自体の質は変わりません。

シン・エナジー
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について