お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

鈴与のでんきの評判や口コミ!メリットデメリットや切り替え時の料金など大公開!

「鈴与のでんき 評判」のアイキャッチ

鈴与のでんきの評判や口コミを、切り替えた人の意見をもとにご紹介します!

電気料金や切り替えの流れ、メリットとデメリットなども解説します。

電力自由化をきっかけに、新電力に切り替えを検討している人は参考にしてください。

鈴与のでんきとは

鈴与のでんきのバナー

基本料金 535~1,648円
サービス特徴 ・初期費用や解約金が0円
・電力使用量が多い人向けのプランがある
・オール電化向けのプランも始まる
・ガスとのセット割引がある
・WEBでの申し込みが簡単
・ポイントを貯められる
・安心と信頼の販売実績がある
公式サイト https://c-denki.suzuyoshoji.co.jp/

鈴与のでんきは「鈴与商事」が提供している電力サービスです。静岡県に本社があり、200年以上もの歴史がある総合商社です。

120年におよぶ、ガソリンやLPガスなどのエネルギー事業に加え、2016年より家庭向けとして「鈴与のでんき」が始まりました。

2014年から企業向け電力サービスを提供していて、全国で約1,700社の企業に利用されている実績があります。

鈴与のでんきの評判は少ないが良い

鈴与のでんきの評判をネット上で調べたところ、サービス内容に対しての口コミはほとんど見つかりませんでした。

ただし、独自アンケートでは「安くなった」「セット割りでお得になった」という好評がいくつかありました。

2020年1月以降の新しく投稿・回答されたものは「独自アンケート」だけです。

良い 悪い どちらでもない
合計 4 1 23
Twitter 0 0 20
アンケート回答 4 1 3
価格.com 0 0 0

以下で、アンケートに回答してもらった口コミを紹介します。

Twitterでの口コミはほとんどない

Twitterで見つけた口コミの大半は、テレビCMのことや「パルちゃんでんき」についてでした。

また、鈴与商事のガスやウォーターサーバーに対する口コミもいくつかありました。

ちなみに「パルちゃんでんき」とは、電気料金の一部をサッカーチーム「清水エスパルス」に強化支援金として届けられるファン向けの電力サービスで、こちらも鈴与商事が運営しています。


アンケートによる口コミは良い

独自アンケートで「世帯人数」「満足度5段階評価」「月いくら節約になったか」「利用してみての感想」を聞いた結果、好評な口コミがいくつかありました。

ただし、セット割りで契約したガスの不満や、あまり変わらなかったという声もありました。

電気料金が安くなた!
女性のアイコン静岡ではお馴染みの鈴与がでんきを始めたので切り替えました!前よりは安くなるって書いてあったからそこまで調べずに切り替えたんですけど、毎月300円くらい安くなってました!そのままにしておくよりは全然良いですね!(20代前半/1人暮らし)
ほかの割引も使うとかなりお得
男性のアイコン電気代だけだとそんなに変わらないんですけど、クレジットのポイントやガスのセット割引を使って総合的に見るとかなりお得ですね。スマイルパーソナルでガソリン代を払えばさらにポイントも貯まるから便利です。(30代前半/3人暮らし)
あんまり変わらない
困り顔の女性のアイコンうちの契約しているアンペア数だとあんまりお得になりませんでした。ネットの料金計算ではかなり安くなるみたいな書き方だったから、ちょっと納得いってないですね。(20代後半/2人暮らし)

価格.comでは口コミがない

価格.comで鈴与のでんきの口コミを調べてみたところ、2021年1月26日の時点でまだ投稿されていませんでした。

鈴与のでんきのメリット

鈴与のでんきに切り替えるメリットは、主に以下の7つです。

・電気代を抑えられる
・今まで通りのプラン設定だからわかりやすい
・オール電化向けのプランが始まる
・初期費用や解約金が0円
・ガスとのセット割引がある
・クレジットでTポイントを貯められる
・契約前に相談に乗ってもらえる

それぞれの項目ごとに、メリットを詳しく紹介していきます。

電気代を抑えられる

鈴与のでんきは「基本料金」と「従量料金」のどちらも地域電力より安くなるので、電気代を抑えられます。

電力の使用量が多くなるほど従量料金が安くなるので、とくに電気をたくさん使う人に向いています。

あまり電気を使わない人でも必ず安くなる設定なので、気軽に切り替えられます。

今まで通りのプラン設定だからわかりやすい

従来の地域電力と同じタイプの料金プランが用意されているので、どのタイプが自分の生活に合うのかわかりやすいです。

東京電力で例えると、一般家庭向けの「従量電灯B」や、大家庭や事務所向けの「従量電灯C」など、今まで通りのプランが選べます。

商店や工場向けの「低圧電力」もあるので、お店を開いているや企業も利用できます。

オール電化向けのプランが始まる

オール電化住宅向けの新料金プラン「鈴与でナイト」が、2021年2月1日から始まります。

東京電力の「スマートライフプラン」と同じタイプのプランですが、基本料金や夜間の単価が安くなるので夜間蓄熱式機器を持っている人はお得です。

初期費用や解約金が0円

鈴与のでんきへ切り替える際は、費用や工事費が一切掛かりません。

解約や引越しの際も手数料や違約金が発生しないので、利用してみて満足できなければすぐに他社に切り替えられます。

どの料金プランでも損することはない価格設定なので、始める時も辞める時も気軽に手続きできて便利です。

ガスとのセット割引がある

鈴与商事はガスも供給しているので、セットで利用すると「おまとめ割」が適応されて、毎月220円(税込)安くなります。

年間で約2,640円お得になるので、ガスの切り替えも考えている人には大きなメリットです。

また、一緒に切り替えることでガス代も安くなるので、毎月の固定費がさらに抑えられます。

クレジットでTポイントを貯められる

クレジットカードの「Tカードプラス(スマイルパーソナル)」で鈴与の電気代を支払うと、Tポイントが2~5倍も貯まります。

ガス・ウォーターサーバー・ハウスクリーニングなど、鈴与商事が提供しているサービス全般でも同等の倍率で貯まります。

また、鈴与のサービスを複数利用するとボーナスポイントも貯まるので、一緒に切り替えるとさらにお得です。

契約前に相談に乗ってもらえる

切り替え前に料金のことや詳細な説明など、相談に乗ってもらえるサービスがあります。

フリーダイヤルやWEBのほか、希望された人にはスタッフの派遣も行っているので、安心して切り替えができます。

鈴与のでんきのデメリット

鈴与のでんきにはデメリットもいくつかあるので、事前にきちんと把握しておきましょう。

・セット割を使わないと安くなりにくい
・LPガスしかなく高くなることも
・紙の検針票は費用が掛かる
・対応エリアが少ない

セット割を使わないと安くなりにくい

鈴与のでんきの料金プランは、セット割を併用しないとお得感が少ないです。

どの料金プランでも以前より高くなることはほとんどありませんが、電力使用量が少ない人だとあまり変わらないこともあります。

また、ほかのサービスと併用してクレジットカードのポイントを効率よく貯めないと、安さを実感しにくいです。

LPガスしかなく高くなることも

鈴与のでんきはガスとセット割にすると安くなりますが、LPガスしか取り扱いがありません。

LPガスは都市ガスよりも料金が高く設定されているため、セット割を適応させたとしても合計金額が高くなる可能性があります。

すでに都市ガスを利用している人にとっては、セット割はお得になるとは限りません。

紙の検針票は費用が掛かる

検針票や利用明細書を紙の資料で欲しい場合は、毎月50円(税抜)掛かってしまいます。

また、利用明細などの確認はすべてWEBで管理されているので、確認するたびにログインする必要があります。

日頃スマホやパソコンを使わない人にとっては、用紙ですぐに確認できないので面倒に感じます。

対応エリアが少ない

鈴与のでんきは、「中部電力エリア」と「東京電力エリア」のみ対応の電力サービスなので、ほかのエリアに住んでいる人は利用できません。

また、静岡県・愛知県・山梨県・長野県以外の地域に住んでいる人は、WEB申込み(クレジットカード払い)しかできません。

管轄内だとしても、離島の場合は対象外なので利用エリアが限られています。

切り替え前との料金比較【エリア別】

従来の地域電力から鈴与のでんきに切り替えると、どれくらいお得になるのか解説します。

世帯人数ごとの平均電力使用量を基に、2020年12月分の電気代(40A固定)で比較していきます。

ちなみに、料金の計算は各公式サイトのシミュレーションをしました。

一人暮らしの電気代比較

統計局家計調査2018年度によると、一人暮らしの電力使用量の平均は「189kWh/月」です。

以下では、エリアごとの従量電灯Bを利用した金額を想定して比較しています。

従量電灯B
(40A)
鈴与のでんき
(40A)
東京エリア 約5,469円 約5,359円
中部エリア 約5,372円 約5,292円

毎月100円くらいしか安くならないので、一人暮らしや電力使用量が少ない世帯だとお得感が少ないです。

ちなみに、公式サイトのシミュレーションでは月ごとの金額が出せなかったので、割引額には誤差があります。

二人暮らしの電気代比較

二人暮らしの電力使用量平均は「約326kWh/月」です。

一人暮らしの電気料金と比べると、割引される額が少し増えました。

従量電灯B
(40A)
鈴与のでんき
(40A)
東京エリア 約9,270円 約9,071円
中部エリア 約8,867円 約8,759円

東京エリアでは200円ほど安くなりましたが、中部エリアでは100円くらいしか安くなりませんでした。

年間で計算すると、東京エリアで約2,400円、中部エリアで約1,200円の節約になります。

三人暮らしの電気代比較

三人暮らしの電力使用量の平均は「約378kWh/月」です。

これまで比べた中では1番安くなりました。電力使用量が増えるほどお得になります。

従量電灯B
(40A)
鈴与のでんき
(40A)
東京エリア 約10,903円 約10,667円
中部エリア 約10,330円 約10,212円

お得になりやすい東京エリアでも、差額が300円に届きませんでした。

ただし三人暮らしの場合は、契約アンペア数が40Aより高いことが多いので、上記の表よりお得になる可能性もあります。

鈴与のでんきの料金プラン

鈴与のでんきで取り扱っている、一般家庭向けの料金プランを紹介します。

どれも従来の地域電力と同じ仕組みですが、基本料金や従量料金が安く設定されています。

ちなみに、鈴与のでんきは中部エリアがメインなので、中部電力の料金と比較してみました。

従量電灯B

鈴与のでんきの中では1番スタンダードなプランです。

1~4人暮らし向けのプランで、世帯人数や電力使用量に合わせてアンペア数を選べます。

中部電力 鈴与のでんき
基本料金 20A 572.00円 535.30円
30A 858.00円 807.10円
40A 1144.00円 1070.70円
50A 1430.00円 1357.70円
60A 1716.00円 1648.00円

使用した電力量に応じて、料金が3段階に分かれています。

120kWh以下だとこれまでと変わりませんが、121kWh以上使う人は少しお得になります。

中部電力 鈴与のでんき
電力量料金 ~120kWhまで 21.04円 21.04円
120kWh~300kWhまで 25.51円 25.26円
300kWh~ 28.46円 27.91円

 

従量電灯C

電気をたくさん使う人や、5人以上の大家族向けのプランです。

電力使用量が多いほどお得になるプランなので、オフィスや商店などにも向いています。

単位 中部電力 鈴与のでんき
基本料金 1kVAあたり 286.00円 286.00円
電力量
料金
~120kWh 21.04円 21.04円
120~300kWh 25.51円 25.26円
300kWh~ 28.46円 27.91円

 

Lプラン(従量電灯C)

上で解説した「従量電灯C」と基本料金が同じですが、電力量料金に少し違いがあります。

120kWh以下の料金が少し高くなっていますが、300kWh以上の料金は下がっています。

単位 中部電力 鈴与のでんき
基本料金 1kVAあたり 286.00円 286.00円
電力量
料金
~120kWh 21.04円 22.41円
120~300kWh 25.51円 25.26円
300kWh~ 28.46円 26.48円

 

鈴与でナイト

従来のオール電化プランと料金体系は変わりませんが、それぞれの料金が安くなっているプランです。

夜中の電力量料金が安いので、日中仕事などで外出が多い人や、夜間蓄熱式機器を持っている人に向いています。

単位 中部電力 鈴与のでんき
基本料金 10kVAまで 1487.04円 1387.00円
10kVA超過(1kVAごと) 286.00円 286.00円
電力量料金 平日 10〜17時 38.71円 37.71円
8〜10時
17〜22時
28.52円 27.52円
22~8時 16.30円 16.30円
土日祝 8~22時 28.52円 27.52円
22~8時 16.30円 16.30円

 

鈴与のでんきに向いている人の特徴

鈴与のでんきに向いている人の特徴をまとめてみました。

少しでも当てはまる人は、ぜひ鈴与のでんきを検討してみてください。

・とにかく電気代を抑えたい
・料金プランを調べるのが面倒くさい
・オール電化住宅に住んでいる
・余計な費用を掛けずに切り替えたい
・鈴与グループのサービスをよく利用する
・Tカードプラスを利用している
・清水エスパルス(サッカーチーム)のファン
・切り替える前に相談してみたい

電気だけの切り替えでも安くはなりますが、鈴与グループのサービスと併用してTポイントを貯めたほうがお得感があります。

ただし、供給エリアが中部・東京エリアだけなので、ほかのエリアに住んでいる人は利用できません。

ほかのエリアで電力会社に悩んでいる人は、Looopでんきがおすすめです。ネットでの評判が良く、基本料が0円なので電気代は使った分だけです。

また、オール電化プランもあるのでオール電化住宅の人でも利用できます。

鈴与のでんきの申し込み方法

鈴与のでんきに切り替えたいと思った人のために、申し込み方法を紹介します。

公式サイトの「お申し込み」をクリック
②申し込み方法を選ぶ
③必要事項を入力(氏名・住所など)
④鈴与商事のサービス利用状況を入力

申し込み時に必要なもの

利用中の電力会社から届いている「検針票」と「クレジットカード情報or口座情報」が必要なので、あらかじめ準備してください。

スマホを持っている場合は、用意した検針票を撮影して簡単に手続きができます。

契約者情報として入力するもの

契約者情報として入力するものは、以下の通りです。

・申込者の氏名
・申込者の郵便番号
・申込者の住所
・申込者の電話番号
・メールアドレス
・申込者の性別
・申込者の生年月日
・供給地点特定番号
・契約中の電気事業者
・契約中の契約番号
・契約中の氏名
・切り替え後に利用する住所
・契約したい料金プランの選択
・契約中のアンペア数
・利用明細書の郵送希望の有無
・支払い方法の選択
・各規約への同意
・支払い情報の入力

支払い方法は申込方法によって違う

鈴与のでんきの支払い方法は、クレジットカードと口座振替の2種類があります。

ただし、WEB申込の場合はクレジットカードしか対応していません。

口座振替を希望する場合は書面での申込が必要になるので、公式サイトから書類を請求して記入後に返送しないといけません。

申し込み完了後は待つだけ

申し込み完了後にすることはありません。ただ待つだけです。

契約中の電力会社との解約手続きを鈴与のでんきが進めてくれるので、連絡がくるまで待ちましょう。

スマートメーターが取り付けられていない場合は、地域の電力会社から取替え作業の連絡があります。

他の電力会社との比較

鈴与のでんきと、ほかの新電力会社である「シン・エナジー」「Looopでんき」を簡単に比較してみました。

基本料金 1kWh単価 プランの多さ
鈴与のでんき 535~1,648円 変動従量
シン・エナジー 471.9円 変動従量
Looopでんき 0円 単一従量

鈴与のでんきは、クレジットカードでTポイントをたくさん貯めたり、ほかのサービスと併用することでさらにお得になります。

鈴与商事のサービスを普段利用しない人にとっては、お得感が少ないです。

電力使用量が少ないなら「シン・エナジー」

電力使用量が少ないなら「シン・エナジー」がおすすめです。

シン・エナジーの基本料金は、従来の地域電力の従量電灯Bプランよりも約10%安いです。

電力使用量によって変わる、従量料金も従来より1~9%ほど安く設定されています。

そのため、電力使用量が少ない家庭でも、従来の地域電力会社の電気代より安くなります。とくに一人暮らしの人におすすめです。

電力使用量が多い・オール電化物件の人は「Looopでんき」

電力使用量が多いオール電化物件の人は「Looopでんき」がおすすめです。

Looopでんきは「基本料0円+従量料金一律」なので、使った分の電気代のみです。電力使用量が多くても割増料金がないので、とくにファミリーにおすすめです。

また、オール電化向けプランがあります。基本料金が0円で、春と秋の昼の電気代や、夜間の電気代が安いというメリットがあります。

電力自由化とは

電力自由化とは、2016年4月の法改正により、一般家庭や企業などが自由に電力会社や料金プランを選べるようになった制度です。

電力自由化の説明画像

地域の電力会社だけでなく、電力の小売り会社(新電力会社)と契約が可能です。

会社によって基本料金や契約プランが違うため、企業間の価格競争もあり、選択次第では電気代をかなり抑えられます。

新電力会社で取り扱っている電力は、従来の送電線を通って家庭に送られるため、どの会社も電力自体の質は変わりません。

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識