お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

リミックスでんきの評判や口コミ!メリットデメリットや切り替え時の料金など大公開!

「リミックスでんき 評判」のアイキャッチ

リミックスでんきの評判や口コミを、切り替えた人の意見をもとにご紹介します!

電気料金や切り替えの流れ、メリットとデメリットなども解説します。

電力自由化をきっかけに、新電力に切り替えを検討している人は参考にしてください。

リミックスでんきとは

リミックスでんきのバナー

基本料金 地域電力会社の基本料から最大5%オフ
サービス特徴 ・従量料金も最大5%オフ
・低圧電力の場合は一律2%オフ
・基本料金が0円のプランもある
・仮想通貨付与プランがある
・スマートメーター交換が無料
・解約手数料が0円
公式サイト https://denki.remixpoint.co.jp/

リミックスでんきとは、仮想通貨などを扱っている「株式会社リミックスポイント」が運営する電力小売業者です。

東証二部に上場しているうえ、経済産業省資源エネルギー庁の省エネ補助金コンサルをおこなっているため、かなり安定している企業です。

リミックスでんきは「電気代の5%を割引プラン」「5%相当をビットコインで還元するプラン」「基本料0円使い得プラン」の3つなので、シンプルでわかりやすいです。

少ない電力量でも電気代が安くなるので、家にる時間が少ない一人暮らしにもおすすめです。

リミックスでんきの評判はやや良い

リミックスでんきの評判は、やや良いです。

地域電力より電気代が安い、ほぼリアルタイムで電気使用量が確認できるのが良いという声があります。

評判や口コミ評価は「Twitter」「独自アンケート」「価格.com」を基に判断しています。2020年1月以降に新しく投稿・回答されたものに絞っています。

良い 悪い どちらでもない
合計 22 8 42
Twitter 11 2 29
アンケート回答 11 6 13
価格.com 0 0 0

以下で、Twitter・アンケート結果・価格.comでの生の声を紹介します。

Twitterでの口コミはやや良い

Twitterで口コミを調べてみると、初回請求書で千円ほど節約できたという声が多かったです。

ただし、切り替えたばかりで今後が楽しみという声が多かったので、ほかの新電力会社との比較はしにくいです。

アンケートによる口コミは良い

独自アンケートで「世帯人数」「満足度5段階評価」「月いくら節約になったか」「利用してみての感想」を聞いた結果、従来より節約できたので満足しているという声が多かったです。

電気使用量が少なくても節約できた
女性のアイコンもともと、家には寝に帰るだけの生活なので、電気代がもったいないなって思っていました。一人暮らしでもお得になると聞いて、リミックスでんきと契約。初回で734円、2回目で812円の節約に。割と満足しています。(20代後半/1人暮らし)
新プランだとかなり得!
男性のアイコン11月から基本料0円のプランが始まるということで、契約してみました。エアコンつけっぱなしにしていることが多いので、基本料金が0円って結構大きいです。あと、たくさん使っても電気代の設定料金が高くならないのも良いです。(30代前半/2人暮らし)
キャンペーンに惹かれて契約
男性のアイコン契約するとAmazonギフト券がもらえるキャンペーンをしてたので便乗してみました。解約金が0円らしいので、ダメだったらほかに乗り換えればいいかな、って。現時点で従来の電気代より安くなっているので、継続でいいかなって思ってます。(20代前半/1人暮らし)

価格.comでの口コミはなし

価格.comでリミックスでんきの口コミを調べてみたところ、2021年1月4日の時点でまだ投稿されていませんでした。

リミックスでんきのメリット

リミックスでんきを利用するメリットは、以下の8つです。

・電気代が最大5%安くなる
・低圧電力でも電気代が2%安くなる
・使い得プランは基本料が0円
・仮想通貨付与プランがある
・スマートメーター交換が無料
・初期費用、解約金が0円
・リアルタイムで電力使用量が確認できる
・生活に必要な情報がコラムでまとまっている

以下で各メリットについて紹介していきます。

電気代が最大5%安くなる

通常プランの場合、従来の地域電力会社よりも電気代が最大5%安くなります。

以下は、東京電力の従量電灯Bの電気代との費用比較です。

東京電力 リミックスでんき
~120kWhまで 約19.88円 約18.88円
121kWh~300kWhまで 約26.48円 約25.15円
301kWh~ 約30.57円 約29.04円

基本料金含めた電気代から割り引かれるため、さらに節約できます。

男性のアイコン一人暮らしだとそんなに電気代の節約にならないかなって思っていたんですけど、地域電力よりもトータルで安くなるってことなので契約しました。実際に、一人暮らしでそんなに電気を使わない自分でも、月に200~300円ほど節約になっています。(20代後半/1人暮らし)

低圧電力でも電気代が2%安くなる

低圧電力の場合、新電力会社でも安くなるプランがほぼありません。ですが、リミックスでんきは低圧電力でも一律2%オフになります。

東京電力 リミックスでんき
~120kWhまで 約19.88円 約19.48円
121kWh~300kWhまで 約26.48円 約25.95円
301kWh~ 約30.57円 約29.95円

業務用の冷蔵庫やエアコンがある、家の一部がテナントという人は1度試してみると良いです。

女性のアイコン家の1階がテナントなので低圧電力契約をしていました。新電力に変えても法人プランじゃないと安くならないと思っていたんですが、リミックスでんきは一律で安くなりました!2%でも結構でかいですよ。(30代後半/3人暮らし)

使い得プランは基本料が0円

2020年11月から開始された「使い得プラン」は、基本料金が0円です。

そのうえ、電気代が一律に設定されています。東京電力エリアの場合は、1当たりkWhあたり26.30円です。

電力使用量が多い家庭ほど、電気代を抑えられます。ただ、最初の120kWhまでは割高なので一人暮らしには不向きです。

女性のアイコン彼の実家から引き取ってきたペットがいるので、エアコンを年中つけっぱなしにしています。電気代がもったいないと思いつつ、仕方ないとあきらめてたんですけど、使い得プランのおかげでかなり節約になりました!初回請求時でも500円ちょっと節約になっています。(20代前半/2人暮らし)

仮想通貨付与プランがある

リミックスでんきの運営元である株式会社リミックスポイントは、仮想通貨交換所の運営を行っている企業です。

そのため、電気代の割引分を仮想通貨として付与するプランを実施しています。従来の電気から割引になる金額分、ビットコインで還元してくれます。

割引額は通常プランと同じで、最大5%分です。低圧電力も同じく一律2%分のビットコインが付与されます。

男性のアイコン仕事上、ビットコインをプラットフォームとして使用しています。そこから関心を持ち、ビットコインで投資しています。電気代を抑えられるのもそうですけど、ビットコインで還元されるということに魅力を感じて契約しました。(30代前半/1人暮らし)

スマートメーター交換が無料

まだスマートメーターの取り付けを行っていない場合、スマートメーターの交換を無料でおこなってくれます。

スマートメーターの取り付けには立ち合い不要ですが、地域電力会社によっては5~15分ほど停電する可能性があります。

電子機器などで停電が不安な人は、事前に地域電力会社に確認しておくと良いです。

女性のアイコンよくわかってなかったんですが、電力会社を変えたらメーターを専用のモノに変えなきゃいけないと言われ、躊躇していました。けど、リミックスでんきは、取り換えが無料ってことで契約しました。初回請求がまだなので、いくら安くなったか楽しみです。(20代前半/1人暮らし)

初期費用・解約金が0円

リミックスでんきは、契約時の初期費用や解約時の手数料が0円です。

契約期間は1年単位ですが、途中で契約を解除しても違約金がかかりません。

新電力への切り替えのハードルがかなり低いので、とりあえず試してみたいという人におすすめです。

女性のアイコン初期費用や解約金が不要ってことで契約しました。電気代が安くなれば継続予定、変わらないならほかの電力会社に変更しようかな、って思っています。乗り換えのハードルは、スマホの機種変より低いですね。(20代後半/1人暮らし)

リアルタイムで電力使用量が確認できる

マイページの「使用実績」から、30分単位で電力使用量が見れます。

ほぼリアルタイムで更新されるので、ちょっと電気を使いすぎたと感じた場合はすぐに確認できます。

また、昼と夜の電力使用量を比較したり、曜日別や週別で電力の使用量を把握できます。

女性のアイコンリアルタイムで電気使用量が可視化されるので、多い日は何が原因だろうって考えるようになりました。あと、グラフも表示されるので、一目でどのくらいの差があるかわかりやすいんですよね。見てるだけでも暇つぶしになります。(30代前半/2人暮らし)

生活に必要な情報がコラムでまとまっている

リミックスでんきコラム」という、別サイトに生活に必要な情報がまとまっています。

新電力に関してはもちろん、生活費や節約方法、不動産管理についての情報があります。

とくに新電力に関しては、専門の会社が書いているのでわかりやすいです。

女性のアイコン新電力について検索していたら、リミックスでんきのコラムにたどり着きました。電力自由化の目的や、新電力の仕組みなどがわかりやすく記載されていたので、又聞きの知識を付けずに済みました。(20代後半/1人暮らし)

リミックスでんきのデメリット

リミックスでんきのデメリットは、以下です。

・オール電化向けのプランがない
・水道やガス代とのセットプランがない
・明細書発行手数料が発生する

オール電化向けのプランがない

オール電化向けのプランがないので、オール電化の家庭の場合はリミックス電気に乗り換えれません。

従来の地域電力会社を継続するか、オール電化に対応している新電力会社を探しましょう。

困り顔の男性のアイコン新居がオール電化なので、おすすめされたリミックスでんきにしようと思ってたんですけど、タイププランが無くて断念しました。オール電化家庭の電気代の5%ってめちゃくちゃでかいと思ったんですけどね…。(30代後半/3人暮らし)

水道やガス代とのセットプランがない

リミックスでんきは、水道やガス代とのセットプランがありません。

光熱費の請求を1本化したい、セットでさらにお得に契約したいという人には不向きです。また、その他のセットプランもありません。

困り顔の女性のアイコンめんどくさいので、ライフラインを一本化したかったんですよね。リミックスでんきの料金体系、いいな~って思ってたんですけど、ほかの新電力の会社にしました。(20代後半/1人暮らし)

明細書発行手数料が発生する

リミックスでんきは基本、Web明細です。紙媒体の明細書発行する場合は、手数料として「1枚220円(税込)」が発生します。

毎月紙の検針票を発行すると年間2,640円必要になるので、電気代を節約してもお得感は少ないです。

また、発行依頼から1~2週間ほどかかるので、急いでほしいという人には不向きです。

困り顔の女性のアイコン私も旦那も在宅務なので、家の一部を確定申告で経費計上しています。その際、光熱費の控除に紙媒体の検針票が必要なんですよね。毎月発行依頼かけるのも面倒ですし、お金がもったいないです。(30代後半/2人暮らし)

切り替え前との料金比較【エリア別】

リミックスでんきの料金は通常の「電気代割引プラン」だと、最大で5%オフです。

基本料金+従量料金の総額から割引されるため、電力使用量が少ない一人暮らしでも電気代の節約につながります。

従来の地域電力とLoopでんきに切り替えた際、どれくらいお得なのかを解説していきます。

一人暮らし・二人暮らし・三人暮らしの平均電気使用量を基に、2020年12月分の電気代(40アンペア固定)を比較しています。計算は各公式サイトのシミュレーションを使用しました。

一人暮らしの電気代比較

統計局家計調査2018年度によると、一人暮らしの電気使用量平均は「約189kWh/月」です。

以下で、エリアごとに従量電灯B(地域電力)とリミックスでんきの電気代を比較しています。

従量電灯B
(10~60A)
リミックスでんき
北海道エリア 約6,212円 約6,011円
東北エリア 約5,312円 約5,032円
東京エリア 約5,469円 約5,087円
中部エリア 約5,372円 約5,428円
北陸エリア 約5,463円 約4,376円
関西エリア 約5,837円 約5,682円
中国エリア 約6,396円 約5,962円
四国エリア 約5,890円 約5,540円
九州エリア 約5,710円 約4,629円
沖縄エリア 約5,318円 -

中部エリア以外は、どの地域も電気代を節約できます。とくに北陸・九州エリアは、一人暮らしでも千円近い節約ができます。

中部エリアは、年間を通してみると電気代が安くなりますが、冬と夏は従来の地域電力とほぼ同じ~100円ほど高くなります。

沖縄エリアは対応していないので、地域電力会社のままか新電力会社にすべきです。

二人暮らしの電気代比較

統計局家計調査2018年度によると、二人暮らしの電気使用量平均は「約326kWh/月」です。

以下で従量電灯Bとリミックスでんきを比較した結果、どのエリアも従来より電気代が安くなります。

従量電灯B
(10~60A)
リミックスでんき
北海道エリア 約10,445円 約10,111円
東北エリア 約9,784円 約8,425円
東京エリア 約9,270円 約8,634円
中部エリア 約8,867円 約8,548円
北陸エリア 約8,168円 約7,246円
関西エリア 約8,508円 約8,492円
中国エリア 約9,840円 約9,152円
四国エリア 約9,140円 約8,540円
九州エリア 約9,526円 約7,703円
沖縄エリア 約9,618円 約-円

とくに北陸・九州エリアの人は、かなり電気代を抑えられるのでおすすめです。

中部・関西エリアは「使い得プラン」のほうが節約に繋がるので、検討してみてください。プランに関しては、後ほど解説します。

リミックスでんきは、沖縄エリアは対応していません。

三人暮らしの電気代比較

統計局家計調査2018年度によると、三人暮らしの電気使用量平均は「約378kWh/月」です。

以下で従量電灯Bとリミックスでんきを比較しました。

従量電灯B
(10~60A)
リミックスでんき
北海道エリア 約12,181円 約11,790円
東北エリア 約11,486円 約9,871円
東京エリア 約10,903円 約10,144円
中部エリア 約10,330円 約9,954円
北陸エリア 約9,511円 約8,403円
関西エリア 約9,591円 約9,659円
中国エリア 約11,227円 約10,438円
四国エリア 約10,445円 約9,795円
九州エリア 約11,114円 約8,990円
沖縄エリア 約11,342円 -

関西エリア以外は、どのエリアも電気代の節約に繋がります。とくに東北・中国・九州エリアは、電気量が多いほどお得です。

関西エリアは、年間を通すと節約に繋がりますが、冬は従来の電気代とほぼ変わりません。

沖縄エリアは対応していないので、電気代を抑えたい人はほかの新電力会社にすべきです。

リミックスでんきの料金プラン

2021年1月時点で、リミックスでんきが取り扱っている3つのプランを紹介します。

電気代割引プラン

電気代割引プランは、従来の電気代から最大5%オフになるお得なプランです。

基本料金+従量料金の総額から割引になるため、一人暮らしからファミリーまで世帯問わずおすすめです。

どれくらい安くなるかは、先に紹介したエリア別の費用比較を参考にしてください。

使い得プラン

使い得プランは、基本料金0円・単一従量単価で、使った分の電気代だけ支払うプランです。

東京電力エリアの場合は「26.3円/kWh」の料金設定です。

2人暮らし以上、在宅ワーカー、赤ちゃんやペットのためにエアコンをつけっぱなしにしている家庭におすすめです。

逆に、一人暮らしで家に寝に帰るだけなど、電気を使わない場合は割高になります。

仮想通貨プラン

仮想通貨付与プランは、従来の電気代から割引になる分の、ビットコインが還元されます。

割引額は、電気代割引プランと同じで最大で5%オフです。低圧電力契約の場合は、一律2%分のビットコインが付与されます。

ただし、ビットコインを受け取るには、株式会社ビットポイントジャパンの口座が必要です。

リミックスでんきに向いている人の特徴

リミックスでんきに向いている人の特徴をまとめました。当てはまる数が多い人は、ぜひリミックスでんきを検討してみてください。

・電力使用量が少ない
・従来の電気代より節約したい
・ビットコインを目当てにしている
・基本料0円のところを探している
・スマートメーターと取り付けを無料でしてほしい
・解約手数料0円なところで試してみたい
・安定している企業で契約したい

ただし、リミックスでんきは沖縄エリアのみ対応していません。沖縄在住の人は、別の新電力会社を探しましょう。

また、2021年1月時点で、北海道・北陸エリアは使い得プランは対象外です。

今後、対象エリアに含まれる可能性がありますが、電気代割引プランから契約変更する際は手数料がかかります。

リミックスでんきの申し込み方法

リミックスでんきの申し込みバナーのスクリーンショット

リミックスでんきは、Web申し込みのみです。公式サイトのオレンジ色のバナーをタップして、専用ページに飛んでください。

公式サイトのオレンジバナーをタップ
②契約者情報の入力をする
③規約事項に同意する
④申し込み完了メールを待つ

上記の4ステップのみで、申し込みできます。

申し込み時に必要なもの

申し込みに必要なモノは「地域電力会社からの検針票」と「口座/クレジットカード情報」の2点です。

検針票は、直近のモノがあると良いです。契約会社情報・契約プラン・アンペア数・電力使用量の4つの情報が最低でも必要です。

口座・クレジットカード情報は、支払い情報を入力する際に必要です。

契約者情報として入力するもの

契約者情報として入力するものは、以下です。

・電力会社の管轄エリア
・個人契約か法人契約か
・現在契約中の電気プラン
・契約中の検針票に記載があるお客様番号
・電力の供給地点特定番号(22桁)
・契約者名義
・メールアドレス
・現在住んでいる家の物件形態
・郵便番号、住所
・電話番号
・口座、クレジットカード情報

引っ越しに伴い新規契約をする場合は、引っ越し先の電力会社エリア・物件形態・契約者名義・新住所・利用開始希望日・支払い情報が必要となります。

支払い方法は口座引き落としかクレジットカード払い

支払い方法は、口座引き落としかクレジットカード払いのどちらかを選択できます。

従来通りが良い、口座を分けて管理したいという人は口座引き落としがおすすめです。

クレジットカードのポイントを貯めたい、支払い忘れを防ぎたいという人はクレジットカード払いにすると良いです。

対応カードは、Visa、MasterCard、American DinersClub、JCBの4種類です。

申し込み完了後は何もしなくて良い

申し込み確定後から1ヶ月弱で、リミックスでんきに切り替わります。検針日によって左右されますが、最短で12日ほどです。

地域電力会社の解約手続きや、スマートメーターの取り付けなどは、すべてリミックスでんきが代行してくれます。

使い得プランは専用ページでしか申し込みできない

2021年1月時点で「使い得プラン専用ページ」からしか申し込みできません。

申込入力のページで「基本料金0円 使い得 ファミリー・個人プラン」を選択し、あとは必要情報を入力するだけです。

その他は、電気代割引プラン・仮想通貨付与プランと同じです。

他の電力会社との比較

リミックスでんきと、ほかの新電力会社である「シン・エナジー」「Looopでんき」を簡単に比較してみました。

基本料金 1kWh単価 プランの多さ
リミックスでんき 最大5%オフ 変動従量
シン・エナジー 471.9円 変動従量
Looopでんき 0円 変動従量
(オール電化プラン)

リミックスでんきは、従来の電気代よりも最大5%オフになります。そのため、電力使用量が少ない人でも電気代が安いです。

一人暮らしで家にあまりいない、もともと電気を使うことが少ないという人に、とくにおすすめです。

ライフスタイルに合ったプランを選びたいなら「シン・エナジー」

ライフスタイルに合ったプランを選びたいなら「シン・エナジー」がおすすめです。

平日の9時~18時の電気代が安くなる「【昼】生活フィットプラン」や、毎日22時~翌日8時までの電気代が安くなる「【夜】生活フィットプラン」などがあります。

毎月の電気使用量が少ない人でも、さらに電気代を節約できます。

オール電化物件の人は「Looopでんき」がおすすめ

オール電化物件の人は「Looopでんき」の「スマートタイムプラン」がおすすめです。

オール電化の家庭向けプランで、基本料金が0円です。また、春と秋の昼の電気代や、夜間の電気代が安いというメリットがあります。

その他の評判口コミ一覧

この記事でまだ掲載していないリミックスでんきの評判や口コミをまとめてご紹介します。

30分単位でレポートが見られる
女性のアイコンほぼリアルタイムで電気の使用実績が見れるのはいいですね。今まで紙の検針票は金額を見るだけですぐに捨ててしまっていたのですが、リミックスでんきにしてから節電意識が高くなったなって感じます。マイページで契約の変更とか、引っ越し手続きもできるのも便利です。(20後半/3人暮らし)
メールの返信が丁寧で安心できた
男性のアイコン契約についてわからないことがあったのでメールで問い合わせたんですが、返信も翌日には来たし、回答も丁寧でした。知らない会社だし、いきなり契約するのには不安だったので安心できました。サイトをよく見たら東証二部上々のちゃんとした企業だったので良い意味で驚きましたね~。(20後半/1人暮らし)
ポイント付与がないのは残念
困り顔の男性のアイコンポイントがなくビットコインでしか還元されないのは残念です。5%割引も嬉しいけど、個人的には持ってるカードのポイントを貯めたかったです。料金は安くなってるのでそこは満足してます!(20代後半/2人暮らし)
使い得プランで節約できた!
女性のアイコンコロナで夫も私も在宅勤務になり、子どもたちも家でゲームばかりしているので電気代がとんでもない金額になってしまいました。思い切ってリミックスでんきに切り替えたところ、毎月1,600円ほど安くなりました。基本料金0円で、どれだけ使っても単価が変わらないので本当に助かっています。(20後半/4人暮らし)

電力自由化とは

電力自由化とは、2016年4月の法改正により、一般家庭や企業などが自由に電力会社や料金プランを選べるようになった制度です。

電力自由化の説明画像

地域の電力会社だけでなく、電力の小売り会社(新電力会社)と契約が可能です。

会社によって基本料金や契約プランが違うため、企業間の価格競争もあり、選択次第では電気代をかなり抑えられます。

新電力会社で取り扱っている電力は、従来の送電線を通って家庭に送られるため、どの会社も電力自体の質は変わりません。

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識