お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

エネワンでんきの評判や口コミ!メリットデメリットや切り替え時の料金など大公開!

「エネワンでんき 評判」のアイキャッチ

「エネワンでんきに切り替えたらどれくらい節約できる?」「他の新電力会社との違いは?」という疑問に答えます!

結論、エネワンでんきは「電力使用量が多い家庭」におすすめの電力会社です!

この記事では、実際に契約した人から寄せられた評判や口コミをもとに、実際どれくらい安くできるのか・サービス内容は良いか悪いか解説していきます。

電力自由化をきっかけに、新電力に切り替えを検討している人はぜひ参考にしてください!

エネワンでんきとは

エネワンでんきのバナー

基本料金 825円(東京エリア30A)
オススメ世帯 電気使用量が多いファミリー
サービス特徴 ・301kWh以上の従量料金が安い
・電力使用量が多い家庭向け
・対応エリアは全国(離島除く)
・太陽光発電システムを9ヶ所建設
・LPガスとのセット割がある
・運営会社は創立70年の老舗
オール電化プラン なし
セットプラン なし
解約違約金 0円
支払い方法 クレジットカードのみ
公式サイト http://www.saisan.net/saisan/pps2/

エネワンでんきとは、LPガス会社「株式会社サイサン(ガスワングループ)」運営する新電力会社です。2020年9月時点で契約者数24万件突破するほど人気があります。

全国9ヶ所に太陽光発電所を建設、バイオマス発電にも取り組むなど自然エネルギーに力を入れ始めています。

でんきプランは、基本料金と301kWh以上の従量料金が、地域電力会社より安く設定されています。電力使用量が多い家庭向けです。

月の電気使用量が多い家庭におすすめ

エネワンでんきは、月の電気使用量が多いファミリー世帯向けの電力会社です。

特に月300kwh以上使う家庭は、電気を使えば使うほどお得になるのでおすすめです。

以下で、エネワンでんきが向いている人の特徴をまとめました。

・地域電力のまま
・シンプルプランのところが良い
・LPガス(ガスワン)を契約している
・ウォーターサーバーを契約している
・光回線など色々なサービスと一本化したい
・太陽光発電発電など自然エネルギーに興味がある
・運営会社がしっかりしているところが良い

エネワンでんきはウォーターサーバーやLPガスなど様々なサービスを展開しています。

セットでお得なプランもあるので、サービスをできるだけ一本化したいという家庭にもおすすめです。

もっと電気代を節約したいという人は、基本料金0円+従量料金が一律な「Looopでんき」をおすすめします。

エネワンでんきの評判は今後に期待

エネワンでんきの評判は、今後に期待したいところです。その理由は、ネット上で口コミを調べたところ、CMや埼玉政財界人チャリティ歌謡祭についてしかなかったからです。

電気代の評判が少なく、判断できませんでした。電力より、LPガス(ガスワン)のほうが有名のようです。

評判や口コミ評価は「Twitter」「独自アンケート」「価格.com」を基に判断しています。2020年1月以降の新しく投稿・回答されたものに絞っています。

良い 悪い どちらでもない
合計 3 1 46
Twitter 0 0 41
アンケート回答 2 0 4
価格.com 1 1 1

以下で、Twitter・アンケート結果・価格.comでの生の声を紹介します。

Twitterの口コミは電気代についての投稿がない

Twitterの口コミは電気代についての投稿がありませんでした。CMに泉ピン子さんを採用している、ラッピング電車の外装が変わっていたなどの呟きが多かったです。

また、埼玉政財界人チャリティ歌謡祭に毎年出場しているらしく、その件の話題ばかりでした。

アンケートによる口コミは普通

クラウソーシングサイトの「ランサーズ」で、0円でんきを利用している人の口コミと評価を調査しました。

調査期間は2021年1月~3月で、実際に0円でんきを利用している人に限定しています。

利用してみた感想を聞いた結果、LPガスを契約している家庭はお得になったと感じるようです。

男性のアイコン
料金の安さとキャンペーンが決め手

男性 / 30代  

切り替え前

東京電力 従量電灯B

切り替え後

エネワンでんき エネワンBプラン

電力供給エリア

東京電力

世帯人数

1人

電力使用量

12月/161kwh

切り替え時期

2020年7月

総合評価
2番目に良い評価
料金満足度
2番目に良い評価
切り替えのしやすさ
2番目に良い評価
切り替えて良かったと感じた点
料金が低くキャンペーンを実施していたので契約しました。劇的に安くなったわけではありませんが、普通に使えてちょっと安くなったのは良い点だと思います。
切り替えて不満に感じた点
キャンペーンをもっとやってほしいと思いますが、それ以外では特に悪いと感じるような事はありません。

 

女性のアイコン
元々ガス会社で契約をしていたので

女性 / 30代  

切り替え前

東京電力 従量電灯B

切り替え後

エネワンでんき エネワンBプラン

電力供給エリア

東京電力

世帯人数

4人

電力使用量

1月/556kwh

切り替え時期

2018年1月

総合評価
3番目に良い評価
料金満足度
3番目に良い評価
切り替えのしやすさ
2番目に良い評価
切り替えて良かったと感じた点
ガス、電気をセットにして少しだけ割引になる点。Pontaカードを登録でき使用量に対してポイントが貯まるのも嬉しい。
切り替えて不満に感じた点
セット割にしてるが200円と微々たるものなのでもう少しセット割を増やしてもらいたい。 使用時間とかライフスタイルにあったプランがなかった。

 

困り顔の女性のアイコン
割引はあるけど物足りない

女性 / 30代  

切り替え前

東京電力 従量電灯B

切り替え後

エネワンでんき エネワンBプラン

電力供給エリア

東京電力

世帯人数

4人

電力使用量

12月/540kwh

切り替え時期

2018年4月

総合評価
3番目に良い評価
料金満足度
3番目に良い評価
切り替えのしやすさ
2番目に良い評価
切り替えて良かったと感じた点
毎月の電気代は安くなりました。ガス電気を引き落としを一緒にできるので管理がしやすくなりました。
切り替えて不満に感じた点
料金設定のプランはあまりなく、もう少し基本料を安くなればいいと思います。セット割はあるのですが割引き料金をもう少し増やしてもらいたい。

 

女性のアイコン
切り替えがスムーズで助かった

女性 / 20代  

切り替え前

東京電力 従量電灯B

切り替え後

エネワンでんき エネワンBプラン

電力供給エリア

東京電力

世帯人数

3人

電力使用量

12月/430kwh

切り替え時期

2020年12月

総合評価
2番目に良い評価
料金満足度
2番目に良い評価
切り替えのしやすさ
1番目に良い評価
切り替えて良かったと感じた点
なんとなく新電力の切り替えは面倒くさそう…と思っていたのですが、スマホだけで契約できて簡単でした。電気代も安くなったし、概ね満足です。
切り替えて不満に感じた点
特に現状不満はないですが、時間帯によって料金が安くなるようなプランがあったらいいなと思います。

 

女性のアイコン
逆に高くなった

女性 / 20代  

切り替え前

東京電力 従量電灯B

切り替え後

エネワンでんき エネワンBプラン

電力供給エリア

東京電力

世帯人数

1人

電力使用量

1月/120kwh

切り替え時期

2020年12月

総合評価
3番目に良い評価
料金満足度
4番目に良い評価
切り替えのしやすさ
1番目に良い評価
切り替えて良かったと感じた点
切り替え手続きがスムーズな点。一度申し込めばあとは何もしなくていいので楽でした。
切り替えて不満に感じた点
料金がそこまで安くならず、逆に高くなる月がありました。解約金がかからないので、乗り換えを検討しています。

 

価格.comでの口コミは普通

価格.comでの口コミは普通です。良い意見も悪い意見も同数でした。

申し込みがラク、電気代が安くなったという人もいれば、電気代が高いという人もいました。電力使用量が少ない家庭だと、やや不満を覚えるようです。

【重視したポイント・決め手】
値段

【開始手続きやサポート対応について】
スムーズに対応してもらった

引用:価格.com

【重視したポイント・決め手】
知り合いに言われた

【開始手続きやサポート対応について】
事前申し込みだったので、スムーズに交換したと思う。 申し込みもガスを使っているので、簡単だったので良かったと思う。

【総合的な感想】
請求がまとまって、楽になった。 知り合いからの、依頼だったが、替えて良かったと思う。 安くなっているみたいだし。

引用:価格.com

【開始手続きやサポート対応について】
嘘が多く、もともと電気代が、高い

【総合的な感想】
手数だけ増えた。ここまで、宣伝をするなら何もしないで、値下げしろ。

引用:価格.com

エネワンでんきのメリット

エネワンでんきに申し込みするメリットは、以下の6つです。

・基本料金が地域電力会社より安い
・301kWh以上の従量料金が安い
・LPガスとセット割がある
・対応エリアが全国(離島除く)
・太陽光発電システムを9ヶ所建設
・運営会社が創立70年の老舗で安心

基本料金が地域電力会社より安い

エネワンでんきは、基本料金が地域電力会社より安く設定されています。

以下は、東京電力とエネワン電気の基本料金比較です。

東京電力 エネワンでんき
30A 858円 825円
40A 1,144円 1,100円
50A 1,430円 1,375円
60A 1,716円 1,650円

基本料金だけでも、従来より月30~65円安くなります。ただし、10~20Aの契約プランはありません。

301kWh以上の従量料金が安い

エネワンでんき、3011kWh以降の従量料金が地域電力会社よりも安く設定されています。

以下は、東京電力とエネワンでんきの従量料金比較です。

電力使用量 東京電力 エネワンでんき
1~120kWh 19.88円 19.88円
121~300kWh 26.46円 26.46円
301kWh以上 30.57円 26.91円

料金比較からわかるように、電力使用量が多い家庭ほどお得になります。

LPガスとセット割がある

エネワンでんきはガスとセットでお得になる
運営会社の株式会社サイサンは、埼玉に本社を置くLPガス会社です。そのため、同社のLPガスと一緒に申し込むとセット割が適用されます。

「エネワンでんき+LPガス(ガスワン)」で、月200円の割引です。ただし、東京ガス(都市ガス)の家庭は申し込みできません。

ほかにもウォーターサーバーや光回線、灯油販売などでもセット割があります。

対応エリアが全国(離島除く)

エネワンでんきの対応エリアは、離島を除く全国です。北海道や沖縄でも契約可能です。

ただし、北海道エリアはグループ会社の「いちたかガスワン」との契約になります。

また、沖縄エリアは2021年1月現在、電話申込のみです。今後、Web対応もする予定とのことです。

太陽光発電システムを9ヶ所建設

全国各地に「エネワンソーラーパーク」という、太陽光発電システムを建設しています。2021年1月時点で、9ヶ所あります。

エネワンソーラーパーク寄居だけでも、一般家庭約770世帯の年間電力使用量の約278万Kwhを発電しているそうです。

自社で発電することで、電力買取価格を抑えられます。

運営会社が創立70年の老舗で安心

株式会社サイサンは2021年で創立70年です。売上高790億超えと、企業としてはかなり安定しています。

そのため、突然電力の供給ができなくなった、倒産するなどの心配はありません。

また、ガスエネルギーや省エネ関係など、電気だけではなくエネルギー全般に強い会社です。

エネワンでんきのデメリット

エネワンでんきにはデメリットもあるので、事前にきちんと把握しておきましょう。

・電力使用量が少ないとお得感がない
・オール電化向けのプランがない
・1年未満の解約は違約金が発生する
・沖縄はWeb申し込みができない

電力使用量が少ないとお得感がない

電力使用量が少ない家庭だと、割引率が低いのでお得感がありません。

その理由は、1~300kWhまでの従量料金が、地域電力会社と同じ価格だからです。

家には寝に帰るだけ、土日でも日中は照明をつけない、パソコンやテレビゲームを使用しないという人は、地域電力会社のままが良いです。

オール電化向けのプランがない

オール電化向けのプランが無いので、契約すると割高になりやすいです。

オール電化の家に住んでいる人は、従来通りの地域電力のままにするか、別の新電力の会社を選びましょう。

ちなみに、従来の地域電力会社のオール電化プラン(2011年以前)を契約している人は、そのままのほうがお得です。

新電力会社のオール電化プランより、割引率が高いからです。

1年未満の解約は違約金が発生する

エネワンでんきは、自己都合による1年未満の解約の際、3,000円+税の違約金が発生します。

自己都合の内容は、他社に乗り換える、やっぱり地域電力に戻したいなどです。

供給エリア外に引っ越しをするなど、やむを得ない解約の場合は違約金はかかりません。

沖縄はWeb申し込みができない

沖縄エリアは、2021年1月時点でWeb申し込みを受け付けていません。

各種お問い合わせのフォームからもしくは、エネワンサービスセンターに連絡をしなければいけません。

お問い合わせフォームの場合も、折り返し電話での確認が入るようなので、最初から電話で問い合わせたほうがスムーズです。

Web申し込みより手間がかかるので、面倒な人は別の新電力会社を探したほうが良いです。

切り替え前との料金比較

従来の地域電力とエネワンでんきに切り替えた際、どれくらいお得なのかを解説します。

一人暮らし・二人暮らし・三人暮らしの平均電気使用量を基に、2020年12月分の電気代(40アンペア固定)を比較しています。計算は各公式サイトのシミュレーションを使用しました。

一人暮らしの電気代比較

統計局家計調査2018年度によると、一人暮らしの電気使用量平均は「約189kWh/月」です。

以下で、エリアごとに従量電灯B(地域電力)とエネワンでんきの電気代を比較しています。

従量電灯B
(10~60A)
エネワンでんき
北海道エリア 約6,212円 約5,947円
東北エリア 約5,312円 約5,253円
東京エリア 約5,469円 約5,313円
中部エリア 約5,372円 約5,279円
北陸エリア 約5,463円 約4,557円
関西エリア 約5,837円 約4,437円
中国エリア 約6,396円 約4,583円
四国エリア 約5,890円 約4,638円
九州エリア 約5,710円 約4,780円
沖縄エリア 約5,318円 約7,964円

ほとんどのエリアで、地域電力会社よりもやや電気代を抑えられます。

ただし、沖縄エリアのみ料金体系が特殊なので、一人暮らしだと割高になります。

沖縄エリアは、最初の300kWhまで「定額7,964.81円」だからです。一人暮らしの人は、別の新電力会社がおすすめです。

二人暮らしの電気代比較

統計局家計調査2018年度によると、二人暮らしの電気使用量平均は「約326kWh/月」です。

従量電灯Bとエネワンでんきを比較した結果、どのエリアも電気代をやや抑えられます。

従量電灯B
(10~60A)
エネワンでんき
北海道エリア 約10,445円 約9,726円
東北エリア 約9,784円 約8,765円
東京エリア 約9,270円 約8,952円
中部エリア 約8,867円 約8,600円
北陸エリア 約8,168円 約7,529円
関西エリア 約8,508円 約7,855円
中国エリア 約9,840円 約8,176円
四国エリア 約9,140円 約7,984円
九州エリア 約9,526円 約7,877円
沖縄エリア 約9,618円 約8,725円

とくに北陸・四国・九州エリアは、割引率が大きいのでお得です。

二人暮らしで電力使用量が多い家庭は、ぜひエネワンでんきを検討してみてください。

三人暮らしの電気代比較

統計局家計調査2018年度によると、三人暮らしの電気使用量平均は「約378kWh/月」です。

以下で従量電灯Bとエネワンでんきを比較した結果、どのエリアも電気代を抑えられます。

従量電灯B
(10~60A)
エネワンでんき
北海道エリア 約12,181円 約11,292円
東北エリア 約11,486円 約10,166円
東京エリア 約10,903円 約10,351円
中部エリア 約10,330円 約9,917円
北陸エリア 約9,511円 約8,675円
関西エリア 約9,591円 約9,213円
中国エリア 約11,227円 約9,575円
四国エリア 約10,445円 約9,739円
九州エリア 約11,114円 約9,110円
沖縄エリア 約11,342円 約10,246円

とくに東北・九州エリアの人は、電気代をかなり節約できます。

エネワンでんきより電気代を抑えたいなら「Looopでんき」や「0円でんき」などの基本料金0円の新電力会社を探してみてください。

基本料が0円の代わりに、従量料金が一律なので、電力使用量が多い家庭ほどお得です。

エネワンでんきの料金プラン

エネワンでんきの料金プランは、基本的に一般家庭向けか事業者向けしかありません。

地域電力会社のプランによってすぐ選べます。

エネワンAプラン

エネワンAプランは、関西・中国・広島・四国エリアの電灯Aを契約している人向けです。

1契約あたり、最初の11kWhまでは料金が固定に設定されています。以下は関西エリアの料金表です。

料金(税込)
最初の11kWhまで(1契約) 297.01円
12~120kWh(1kWhあたり) 20.31円
121~300kWh(1kWhあたり) 24.68円
301kWh以上(1kWhあたり) 26.11円

中国エリアは、広島だけやや最低料金が高いので注意してください。

エネワンBプラン

エネワンBプランは、地域電力の電灯B相当です。一般家庭向きなので、契約アンペアは30~60Aのみです。

以下は、東京エリアの料金表です。

項目 設定価格(1kWh)
基本料金(1契約) 30A 825.00円
40A 1,100.00円
50A 1,375.00円
60A 1,650.00円
~120kWh 19.88円
121~300kWh 26.48円
301kWh~ 26.91円

 

エネワンCプラン

エネワンCプランは、店舗や大家族向けの電灯C相当です。以下は、東京エリアの料金表です。

料金(税込)
基本料金1kVAあたり 275,00円
12~120kWh(1kWhあたり) 19.88円
121~300kWh(1kWhあたり) 26.48円
301kWh以上(1kWhあたり) 26.91円

 

エネワンSプラン

エネワンSプランは、東京エリア限定です。Cプラン同様に店舗や大家族向けです。

料金(税込)
基本料金1kVAあたり 275,00円
従量料金1kWhあたり 25.47円

 

エネワン動力プラン

エネワン動力プランは、地域電力の低圧電力相当です。業務用エアコンや冷蔵がある商店・飲食店など向けです。

以下は、東京エリアの料金表です。

項目 設定価格(1kWh)
基本料金(1kWあたり) 1032.27円
夏季電力量 ~90kWhまで 17.20円
91kWh以上 21.38円
他季節の電力量 ~90kWhまで 15.63円
91kWh以上 21.38円
省エネ割引(月[契約電力×50]kWh以下に適用)1kWhあたり -50.00円

 

エネワンでんきの申し込み方法

エネワンでんきの申し込み方法は「Web」と「電話」の2パターンあります。

以下はWeb申し込みの流れです。

①公式サイトから仮申し込みをする
②メールに記載のある専用URLにアクセス
③契約者情報を記入
④規約に同意

ただし、2021年1月現在はWeb申し込みを停止しています。エネワンサービスセンターに電話をし、必要書類を郵送してもらいましょう。

申し込み時に必要なもの

手続きには「地域電力会社からの検針票」と「クレジットカード情報」が必要なので、あらかじめ準備してください。

検針票の見本

検針票は、直近のモノがあると良いです。契約会社情報・契約プラン・アンペア数・電力使用量・供給地点番号・お客様番号が最低でも必要です。

クレジットカードは、支払い方法入力時に必要です。

契約者情報として入力するもの

契約者情報として入力するものは、ほかの新電力会社と同じです。

・電力会社の管轄エリア
・契約中の電力会社
・契約中の検針票に記載があるお客様番号
・電力の供給地点特定番号(22桁)
・現在の契約プラン
・氏名、カナ、生年月日
・住所
・電話番号
・希望する契約プラン

上記の情報が最低必要です。引っ越しする場合は、新住所を間違えないようにしてください。

支払い方法はクレジットカードのみ

支払い方法は、2021年1月現在はクレジットカードのみです。

対応カード会社は、Visa、MasterCard、American Express、JCBカードです。

Web申し込みが再開すれば、口座引き落としも選択できます。

申し込み完了後は何もしなくて良い

申し込み完了後は、エネワンでんきから供給開始日の連絡が来るのを待つだけです。

地域電力会社への解約手続きや、スマートメーターの取り付け立ち合いなどは不要です。

電力の切り替えは、検針日に合わせて行われます。そのため、遅くとも1ヶ月ほどで切り替わります。

他の電力会社との評判比較

エネワンでんき以外の他の新電力会社との評判を比較しました。

エネワンでんきではあまり安くならなかった・他の新電力会社も検討したい人は、参考にしてください。

表の中のリンクを押すと、各会社の評判や料金プランを詳しく解説している記事に飛びます。

エルピオでんき【とにかく電気代を節約したい人向け】
エルピオでんきのロゴ ・とにかく電気代が安い
・キャッシュバックキャンペーンがお得
・申し込みから使用開始可能までが早い
▶エルピオでんきの評判まとめ
シン・エナジー【電気をあまり使わない一人暮らし向け】
シン・エナジーのロゴ ・電力使用量が少なくても節約できる
・従量料金が安い
▶シン・エナジーの評判まとめ
J:COM電力【J:COM回線に契約している人におすすめ】
J:COM電力のロゴ ・電気使用料が多いほど割引
・電気量の多い家庭だとお得
・オール電化にも対応
▶J:COM電力の評判まとめ
Looopでんき【電気使用量が多い世帯向け】
リミックスでんきのロゴ ・電気を使った分の支払いのみ
・太陽光発電関係の割引がある
▶リミックスでんきの評判まとめ
リミックスでんき【電気をあまり使わない一人暮らし向け】
リミックスでんきのロゴ ・電気使用料が少ないほどお得
・仮想通貨付与プランがある
▶リミックスでんきの評判まとめ
あしたでんき【電気使用量が多い世帯向け】
あしたでんきのロゴ ・基本料金が0円
・料金プランがシンプル
・スマホから使用状況を確認できる
▶あしたでんきの評判まとめ
楽天でんき【楽天ポイントを貯めたい人におすすめ】
楽天でんきのロゴ ・楽天ポイントが貯まる、使える
・基本料金が0円
・キャンペーンで楽天ポイントがもらえる
▶楽天でんきの評判まとめ
ENEOSでんき【電気使用量が多い世帯向け】
ENEOSでんきのロゴ ・電気使用量が多いほどお得
・ENEOSカードで電気代が安くなる
・2年以上の利用でさらに料金が安くなる
▶ENEOSでんきの評判まとめ
おうちでんき【ソフトバンクユーザーにおすすめ】
おうちでんきのロゴ ・スマホとセット割プランがある
・初月の電気代が無料
▶おうちでんきの評判まとめ

エネワンでんきは、電力使用量が多い家庭向けです。運営がLPガス会社なので、プロパンガスとのセット割があります。

一人暮らしで電力使用量が少ない、オール電化、もっと電気代を抑えたいという人は「シン・エナジー」や「Looopでんき」のほうが良いです。

電力使用量が少ないなら「シン・エナジー」

電力使用量が少ないなら「シン・エナジー」がおすすめです。

シン・エナジーの基本料金は、従来の地域電力の従量電灯Bプランよりも約10%安いです。

電気使用量によって変わる、従量料金も従来より1~9%ほど安く設定されています。

そのため、電力使用量が少ない家庭でも、従来の地域電力会社の電気代より安くなります。とくに一人暮らしの人におすすめです。

電力使用量が多い・オール電化物件の人は「Looopでんき」

電力使用量が多いオール電化物件の人は「Looopでんき」がおすすめです。

Looopでんきは「基本料0円+従量料金一律」なので、使った分の電気代のみです。電力使用量が多くても割増料金がないので、とくにファミリーにおすすめです。

また、オール電化向けプランがあります。基本料金が0円で、春と秋の昼の電気代や、夜間の電気代が安いというメリットがあります。

電力自由化とは

電力自由化とは、2016年4月の法改正により、一般家庭や企業などが自由に電力会社や料金プランを選べるようになった制度です。

電力自由化の説明画像

地域の電力会社だけでなく、電力の小売り会社(新電力会社)と契約が可能です。

会社によって基本料金や契約プランが違うため、企業間の価格競争もあり、選択次第では電気代をかなり抑えられます。

新電力会社で取り扱っている電力は、従来の送電線を通って家庭に送られるため、どの会社も電力自体の質は変わりません。

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識