お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

あしたでんきの評判や口コミ!メリットデメリットや切り替え時の料金など大公開!

「あしたでんき 評判」のアイキャッチ

あしたでんきの評判や口コミを、切り替えた人の意見をもとにご紹介します!

電気料金や切り替えの流れ、メリットとデメリットなども解説します。

電力自由化をきっかけに、新電力に切り替えを検討している人は参考にしてください。

あしたでんきとは

あしたでんきのバナー

基本料金 標準プラン:0円
たっぷりプラン:3,000円
サービス特徴 ・標準プランの基本料金が0円
・初期費用と解約金が無料
・料金プランがシンプルでわかりやすい
・電気量料金の単価が一律固定
・たっぷりプランは電気量料金の単価が安い
・スマホで使用量がいつでも確認できる
・東京電力グループで安心
公式サイト https://ashita-denki.jp/

あしたでんきとは、TRENDE株式会社(トレンディ株式会社)が運営する新電力サービスです。

TRENDE株式会社は、東京電力ホールディングスのグループ会社なので安心感があります。

あしたでんきの1番の魅力は、料金プランがシンプルでわかりやすいところです。

どちらのプランを選んでも電力料金は一律固定なので、使用量を気にする必要がありません。

あしたでんきの評判は良い

あしたでんきの評判は良いです。とにかく料金が安くて節約できると、費用面に関する評判が良いです。

その他は「東京電力のグループ会社なので安心感がある」「カスタマーサポートが丁寧」という声がありました。

評判や口コミ評価は「Twitter」「独自アンケート」「価格.com」を基に判断しています。2020年1月~12月で、新しく投稿・回答されたものに絞っています。

良い 悪い どちらでもない
合計 146 20 516
Twitter 118 8 500
アンケート回答 25 10 15
価格.com 3 2 1

以下で、Twitter・アンケート結果・価格.comでの生の声を紹介します。

Twitterでの口コミは良い

Twitterでの口コミを調べてみると、主に料金についての満足度が高いです。従来の電力会社よりも毎月1,000~3,000円程度安くなったという人が多いです。

料金だけでなく「カスタマーサポートが丁寧」「東京電力のグループだから安心」といった料金以外の満足度も高めでした。

アンケートによる口コミは料金に関する満足度が高い

独自アンケートで「世帯人数」「満足度5段階評価」「月いくら節約になったか」「利用してみての感想」を聞いた結果、全体的に満足度が高いです。

毎月の料金の安さはもちろんですが、解約金が料金で助かるといった声も多かったです。

プランが非常にシンプルなので契約するときにわかりやすいという評価もありました。

とにかく料金が安い
女性のアイコン安い新電力数社で切り替えを迷っていましたが、あしたでんきにして正解でした。標準プランを使ってるんですが、基本料金が0円なのでそれだけでもかなり節約になります。我が家の場合は、前年の電気代と比べて2,500円ほど節約できました。電力料金が一律固定なので、毎月の使用量を気にしなくていいのも助かっています。(20代前半/2人暮らし)
電気代が年間12,000円以上抑えられた
男性のアイコン毎月の電気の使用量が普段400kwh前後だったのですが、月で最低でも1,000円以上抑えられています。こまめな節約をするよりも、電力会社を変える方が効果的です。(30代前半/4人暮らし)
解約金が無料!
男性のアイコン新電力会社がありすぎてぶっちゃけどれを選んだらいいのかわかっていませんでした(笑)SNSで知人があしたでんきにしたって言ってて調べてみたら、解約金や初期費用が無料だったのでとりあえず契約してみました。嫌になったらすぐ別の会社に乗り換えられるのは良いですね。今のところ、前よりは安くなってるのでしばらく使い続けるつもりです!(20代後半/1人暮らし)
料金プラン選びに迷わなかった
女性のアイコン新電力会社を比較していたときに、どの会社も変わった料金プランばかりでなにを選んでいいのかわかりずらくて困っていました。あしたでんきは2つの料金プランだけで、一般的な家庭は「標準プラン」一択って感じです。基本料金の有無と電力量料金しか違いがないので、プランによって損することはありませんでした。(20代後半/3人暮らし)

価格.comでの口コミは良い

価格.comでの口コミを調べてみると、基本料金に関する満足度が高いです。あしたでんきは標準プランの基本料金が0円なので、どのアンペア数にしても料金が変わらないからです。

実際に電気を使った分だけの請求なので、使わない月はかなり料金が抑えられます。

〇良いところ
 ①解約ペナルティなし。
 ②料金
、 ピタ電(解約料あり)の次くらい スマ電は、使用量に応じて同じくらい安くて助かります。
 ③アンペア数が関係ない
  単身先は、不在もしくは、気候がよく電気を使わないと基本料金がないので、電気代がかなり安い。アンペア数は、変える必要がなくなりました
 ④シンプル
  余計なポイントがなく、シンプルです。既存の電力会社は、サイト見に行ってポイントが貯まりますが煩わしかった。
 ⑤安定
  親会社が東電なので、つぶれなさそうです。会社がつぶれて電力が止まることはないけど、ややこしいのは勘弁。
 ⑥使わないと安い
  単身先は、不在もしくは、気候がよく電気を使わないと基本料金がないので、電気代がかなり安い。

引用:価格.com

某格安電力会社からの切り替えでした。
申し込みから二ヶ月ほどかかりましたが
問題なく利用できています。

固定料金がないのが嬉しいです。

引用:価格.com

あしたでんき、電気代の節約をしようということで、悩んだ結果に東電の子会社という安心感と変な勧誘電話も無さそうなので契約しました。
なんと言ってもアンペアを倍にしても料金変わらずと言うのが嬉しいものだと思いました。

引用:価格.com

あしたでんきのメリット

あしたでんきに切り替えるメリットは主に以下の9つです。

・標準プランの基本料金が0円
・契約手数料や初期費用が0円
・解約金と違約金が0円
・電気量料金の単価が一律
・料金プランがシンプルでわかりやすい
・申し込みがウェブ上で完結する
・スマホやPCで電気の使用状況が把握できる
・東京電力ホールディングスの子会社で安心
・カスタマーサポートが丁寧

プランについては後ほど解説するので、それ以外のメリットについて紹介していきます。

標準プランの基本料金が0円

あしたでんきは「標準プラン」の基本料金が0円です。

従来の電気料金は必ず「基本料金」が発生し、電気を使っても使わなくても一定の料金を支払わなければなりません。

一方、あしたでんきは使った分の電気代だけの支払いなので、その分節約できます。

ただし「たっぷりプラン」の場合は基本料金が3,000円かかります。その分、電力量料金の単価が下がるのであしたでんきがお得なことに変わりはありません。

男性のアイコン基本料金が0円なので、使った分だけ支払えばいいのは魅力的ですね。年に何回か出張が入って家にほとんどいない時があるので、そういう時は電気代がほとんどかかりません。全然使わないのに1,200円も基本料金を支払ってたのがもったいなかったです。もっと早くあしたでんきに切り替えたかったですね~。(20代後半/1人暮らし)

契約手数料や初期費用が0円

あしたでんきは、電力会社を切り替える際の契約手数料や初期費用は一切かかりません。

スマートメーターが設置されていない場合、あしたでんきに切り替えるタイミングで設置工事が行われますが、工事費も無料です。

設置工事に関して業者から連絡は来ますが、工事の立ち会いは必要ありません。

男性のアイコンあしたでんきに切り替える時は、なんだかんだ工事費や事務手数料がかかると思っていましたが、本当に1円も払わずに電気代が安くなったので驚きました。スマートメーターも無料で取り付けてくれました。(20代後半/2人暮らし)

解約金と違約金が0円

あしたでんきは、契約の途中で解約する場合でも解約金や違約金は一切かかりません。

あしたでんきの契約期間は1年単位の自動更新ですが、いつ解約しても解約金はかからないので気軽に申し込みできます。

解約に関しては、電話やメールなどの面倒な手続きは必要ありません。乗り換え先の電力会社が全て代行してくれるからです。

お金も手間もかからないので、新電力サービスをどこにするか迷っている人はお試し感覚で始めてみるのもアリです。

男性のアイコン電力会社の切り替え手数料が0円だったので、気軽に申し込みました。また、解約したいときも無料と書いてあったので、あしたでんきが合わなくてもすぐに変更できるのが安心です。(20代後半/1人暮らし)

電気量料金の単価が一律

あしたでんきは電気料金の単価が一律に設定されています。

従来の電気料金は、使う電力量によって単価が値上がりしていくシステムです。

例えば、120kWhまでは19.88円、120~300kWhまでは26.48円というように使えば使うほど単価が高くなってしまいます。

あしたでんきなら、どれだけ電気を使っても単価が変わらないので使えば使うほどお得になります。特に電気をたくさん使う夏や冬は、節約に効果的です。

東京エリアの料金目安は、標準プランは一律26.00円、たっぷりプランは一律21.50円です。費用に関しては後ほど詳しく解説します。

女性のアイコン今までは使った電気の量によって単価が上がっていたので、エアコンをガンガン使う夏は電気代がとんでもないことになっていました。あしたでんきは使った電気の量に関係なく、単価が固定されているので安心して使えています!(20代前半/1人暮らし)

申し込みがウェブ上で完結する

あしたでんきは申し込みが非常に簡単です。

スマホやPCからいつでもどこでも簡単に申し込みできて、紙の書類や印鑑、契約確認の電話の面倒なやりとりもありません。

質問フォームに沿って必要な情報を入力するだけなので、最短10分で完了します。

電話や、対面でのやりとりに抵抗がある人でも気軽に利用できます。申し込み方法に関しては後ほど詳しく解説します。

女性のアイコンとにかく申し込みがカンタンでしたね。入力フォームに沿って情報を入力するだけなので、10分足らずで申し込み完了でした。申込用紙や印鑑もいらないし、スタッフとの電話もないのでコミュ障な私でも問題なく手続きできました。(20代後半/1人暮らし)

スマホやPCで電気の使用状況が把握できる

あしたでんきを使うと、マイページから電気の使用状況がいつでも把握できます。

時間別・日別・月別の電力使用量がグラフで表示されるので、これまでの紙の検針票よりもわかりやすいです。

過去の使用量との比較も簡単にできるので、節電の目安にもなります。

電力使用量だけでなく、毎月の請求金額の履歴も確認できるので、家計管理もしやすいです。

女性のアイコン家計の見直しをきっかけにあしたでんきに切り替えました。マイページでいつでも電気代や使用量が確認できるのところが気に入っています。紙だとイマイチわかりにくいですが、グラフで可視化されるのでどれだけ節約できたかが一目瞭然です。家計簿もスマホアプリでつけているので、管理もラクになりました。(20代後半/3人暮らし)

東京電力ホールディングスの子会社で安心

あしたでんきを運営している「TRENDE株式会社」は、東京電力ホールディングスが立ち上げた企業です。

TRENDE株式会社の役員構成や主要株主は「東京電力ベンチャーズ株式会社」「出光興産株式会社(出光昭和シェル)」「伊藤忠商事株式会社」など名だたる大企業ばかりです。

大手電力会社から、いきなり知らない新電力会社に変えるのは抵抗があるという人でも安心して切り替えできるでしょう。

女性のアイコンいろんな電力サービスがありますが、知らない会社が多くてなかなか信頼できる会社が見つかりませんでした。ママ友に相談したら、東京電力のグループ会社である「あしたでんき」をおすすめされました。知らない会社でしたが、東電のグループ会社なら倒産の心配やトラブルもなさそうかなと思ったので思い切って契約しました。(20代後半/2人暮らし)

カスタマーサポートが丁寧

Twitter上の口コミや、独自アンケートでは「カスタマーサポートが丁寧だった」という意見がありました。

問い合わせメールの文章が丁寧、回答のスピードが早い、電話の言葉遣いもしっかりしていると評判です。

万が一トラブルが起こってしまっても、あしたでんきならスピーディーかつ丁寧な対応が期待できます。

女性のアイコン契約後にわからないことがあったので、カスタマーセンターに電話で問い合わせました。スタッフの対応や言葉遣いも丁寧だったのが印象的でした。「料金が安い=対応がずさん」なのかなって先入観があったんですけど、あしたでんきはそんなことありませんでした。(20代後半/1人暮らし)

あしたでんきのデメリット

メリットだけではなく、デメリットもあるので事前にきちんと把握しておきましょう。

・使用電力量が少ないと割高になる
・ガスなど他サービスとのセット割引がない
・オール電化向けのプランがない
・支払い方法はクレジットカードのみ
・ポイント付与などの特典がない
・供給エリアが限られている

使用電力量が少ないと割高になる

あしたでんきは1kWhあたりの電気量料金が固定なので、元々使用電力量が少ない人は割高になる可能性があります。

例えば東京エリアであしたでんきの標準プランを使うと、1kWhあたり一律26.00円です。東京電力の場合、0~120kWhまで19.88円です。

120Kwh以下しか電気を使わない人は、基本料金が0円だとしても節約にならない可能性が高いです。

公式サイトの料金シミュレーションでどれだけ節約になるのかわかるので、気になる人は試してみてください。

ちなみに毎月の使用電力量が300kWh以上であれば、あしたでんきに切り替えると確実に節約できます。

困り顔の女性のアイコン基本料金が0円で電気代が安くなるって聞いて契約しましたが、今までの電気代とほとんど変わらなかったです。むしろ月によっては割高になってしまいました。申し込みも解約も手数料はかからないですけど、なんだか損した気分です。(30代前半/1人暮らし)

ガスなど他サービスとのセット割引がない

あしたでんきは他の新電力サービスがおこなっているような、ガスとのセット割引などがありません。

電気とガスの支払いをまとめたい人は、他の新電力会社の利用をおすすめします。

困り顔の男性のアイコンあしたでんきに変えて電気代はとても満足してるのですが、支払いが電気とガスでまとめれないのは不満です。支払いもバラバラなので、家計簿をつけるときもちょっと面倒くさいです。セット割があるほうがお得になるみたいなので、乗り換えるのもアリかな~って思ってます。価格以外のサービスがもっと充実してくれたらいいんですけどね…。(20代後半/2人暮らし)

オール電化向けのプランがない

あしたでんきは、オール電化向けのプランはありません。

オール電化向けのプランとは、主に夜間や早朝など電気の需要が少ない時間の料金が割引になるサービスのことです。

時間帯によって料金が変わるので、生活スタイルに合わせてプランを選べば料金の節約が期待できます。

あしたでんきはいつ使っても一律固定の料金なので、場合によっては今までよりも料金が高くなってしまうかもしれません。

困り顔の男性のアイコンオール電化向けのプランがないのが惜しいです。現在新築の戸建てを建設中なんですが、オール電化住宅なのであしたでんきだと割高になりそうなので解約を予定しています。プランがシンプルでわかりやすいのはいいんですが、もう少しバリエーションがほしいです。(30代後半/4人暮らし)

支払い方法はクレジットカードのみ

あしたでんきは、支払い方法がクレジットカードのみです。口座振替やコンビニ支払いなどは一切利用できません。

クレジットカードがない人は申し込む際にクレジットカードの作成が必要になります。

利用可能なクレジットカードブランドは、VISA、MasterCard、JCB、American Expressの4つです。

困り顔の男性のアイコンクレジットカードがないのであしたでんきの契約ができませんでした。せめて口座振替くらいは利用できてもいいんじゃないかなと思いましたね……。わざわざクレジットカードを作るのも面倒なので、別の電気会社にしました。(20代後半/2人暮らし)

ポイント付与などの特典がない

あしたでんきは、電気代の支払いに応じたポイントの付与や他サービスの割引などの特典はありません。

ポイント付与があれば、提携しているお店や電気代の支払いにポイントを使えるメリットがあります。

あしたでんきはサービスにお金をかけないことで業界トップクラスの料金価格に還元しているので、電気代以外でも得したいという人には不向きです。

ちなみにクレジットカード払いによるカードのポイントは貯まるので安心してください。

困り顔の男性のアイコン新電力はポイントが付くのが当たり前だと思っていたので、ポイントが付かないのは驚きました。楽天でんきが同じ料金システムで楽天ポイントが付くので、変更を検討しています。(20代後半/1人暮らし)

供給エリアが限られている

あしたでんきの供給エリアは限られています。契約できるエリアとできないエリアをまとめたので、自分が住んでいるエリアを確認してみてください。

契約できるエリア
・東北電力エリア
・東京電力エリア
・中部電力エリア
・関西電力エリア
・中国電力エリア
・九州電力エリア
契約できないエリア
・北海道電力エリア
・北陸電力エリア
・四国電力エリア
・沖縄電力エリア
・離島
困り顔の男性のアイコン四国在住なのであしたでんきに切り替えられませんでした。シンプルなプランが魅力的なので契約したかったんですが…(泣)全国展開してくれないかなぁ…。(20代後半/2人暮らし)

切り替え前との料金比較

従来の地域電力会社とあしたでんきに切り替えた際、どれくらいお得になるのかを解説していきます。

一人暮らし・二人暮らし・三人暮らしの平均電気使用量を基に、2020年12月分の電気代(40アンペア固定)を比較しています。計算は各公式サイトのシミュレーションを使用しました。

一人暮らしの電気代比較

統計局家計調査2018年度によると、一人暮らしの電気使用量平均は「約189kWh/月」です。

以下で、エリアごとに従量電灯B(40A)とあしたでんきの電気代を比較しています。どのエリアもあしたでんきのほうが料金が安いです。

従量電灯B
(10~60A)
あしたでんき
北海道エリア 約6,212円 -
東北エリア 約5,312円 約4,928円
東京エリア 約5,469円 約4,530円
中部エリア 約5,372円 約4,363円
北陸エリア 約5,463円 -
関西エリア 約5,837円 約4,437円
中国エリア 約6,396円 約4,654円
四国エリア 約5,890円 -
九州エリア 約5,710円 約4,590円
沖縄エリア 約5,318円 -

特に中国エリアは、毎月約1,700円も節約できます。年間で考えると約20,400円もお得になるので、光熱費を抑えたい人は是非あしたでんきへの乗り換えを検討してみてください。

二人暮らしの電気代比較

統計局家計調査2018年度によると、二人暮らしの電気使用量平均は「約326kWh/月」です。

以下で、エリアごとに従量電灯B(40A)とあしたでんきの電気代を比較しています。どのエリアも1,000~1,500円程度あしたでんきのほうが安いです。

従量電灯B
(10~60A)
あしたでんき
北海道エリア 約10,445円 -
東北エリア 約9,784円 約8,501円
東京エリア 約9,270円 約7,813円
中部エリア 約8,867円 約7,526円
北陸エリア 約8,168円 -
関西エリア 約8,508円 約7,654円
中国エリア 約9,840円 約8,028円
四国エリア 約9,140円 -
九州エリア 約9,526円 約7,918円
沖縄エリア 約9,618円 -

ただし、関西エリアは約850円と他エリアに比べて抑えられる金額が少なめです。あしたでんき以外の新電力サービスのほうがお得になる可能性があります。

三人暮らしの電気代比較

統計局家計調査2018年度によると、三人暮らしの電気使用量平均は「約378kWh/月」です。

以下で、エリアごとに従量電灯B(40A)とあしたでんきの電気代を比較しています。

従量電灯B
(10~60A)
あしたでんき
北海道エリア 約12,181円 -
東北エリア 約11,486円 約9,857円
東京エリア 約10,903円 約9,060円
中部エリア 約10,330円 約8,727円
北陸エリア 約9,511円 -
関西エリア 約9,591円 約8,875円
中国エリア 約11,227円 約9,309円
四国エリア 約10,445円 -
九州エリア 約11,114円 約9,181円
沖縄エリア 約11,342円 -

特に中国エリアと九州エリアは約1,900円と他エリアと比べると抑えられる金額が多いです。

あしたでんきは電気量料金の単価が一律固定なので、電気を大量に使う家庭ほど節約に効果的です。

あしたでんきの料金プランと費用目安

あしたでんきで取り扱っている、一般家庭向けの料金プランを解説します。

2020年12月現在でプランは2つで、どちらを選んでも電力料金は一律です。内容もシンプルでわかりやすいので、どのプランを選べばいいのか迷うことがありません。

標準プラン

「標準プラン」は基本料金が0円で、使った分だけ請求されるシンプルなプランです。月に300kWh以上使う一人暮らしや、2~4人で暮らす家庭に向いています。

標準プランの地域別の電気量料金の単価は以下の通りです。

基本料金 従量料金(1kWh)
北海道エリア 0円 -
東北エリア 26.00円
東京エリア 26.00円
中部エリア 26.00円
北陸エリア -
関西エリア 22.00円
中国エリア 24.00円
四国エリア -
九州エリア 23.00円
沖縄エリア -

たっぷりプラン

「たっぷりプラン」は基本料金が3,000円かかりますが、その分電力量料金の単価が安くなるプランです。

例えば、東京エリアで標準プランを使うと1kWhあたり26.00円ですが、たっぷりプランの場合は21.50円です。

月に700kWh以上使うなら、基本料金を払ったとしてもお得になります。5人以上の大家族や、ペットを飼っていて1日中電気を使う人に向いています。

たっぷりプランの電気量料金の地域別の単価は以下の通りです。

基本料金 従量料金(1kWh)
北海道エリア 3,000円 -
東北エリア 21.50円
東京エリア 21.50円
中部エリア 21.50円
北陸エリア -
関西エリア 17.50円
中国エリア 19.50円
四国エリア -
九州エリア 18.50円
沖縄エリア -

あしたでんきに向いている人の特徴

あしたでんきに向いている人の特徴をまとめました。当てはまる数が多い人は、是非あしたでんきを検討してみてください。

・基本料金が0円の新電力プランを探している
・月に300kWh以上電気を使う
・スマホやPCで電気代を管理したい
・解約金0円でいろいろな新電力を試したい
・無名の電力会社との契約に抵抗がある
・手厚いカスタマーサポートがほしい

基本料金が0円で使った分だけの請求なので、シンプルでわかりやすいプランを探している人におすすめです。

また、東京電力のグループ会社なので無名の電力会社との契約に抵抗がある人・サポート体制が充実している会社を探している人も向いています。

あしたでんきの申し込み方法

あしたでんきを契約したいけど、どうやって申し込めばよいか悩んでいる人のために、申し込み方法をまとめました。

公式サイトの「お申し込みはこちら」をタップ
②現在の利用状況を入力する
③プランを選択する
④アカウント登録する
⑤検針票情報を入力する
⑥クレジットカード情報の入力をする

最短10分で申し込み完了できて、手間がほとんどありません。

申し込み時に必要なもの

申し込みには「検針票」と「クレジットカード情報」が必要なので、あらかじめ準備しておきましょう。

検針票の見本

手元に検針票がない場合は、現在利用している電力会社の営業所に電話で確認するか、各電力会社のウェブサイトで確認できます。

契約者情報として入力するもの

契約者情報として入力するものは以下8つです。

入力に必要な情報
・利用エリア
・現在利用している電力会社
・地点番号
・お客様番号
・現在契約しているアンペア数
・契約者情報(氏名・利用場所の住所・電話番号)
・メールアドレス
・クレジットカード情報

支払い方法はクレジットカードのみ

あしたでんきの支払い方法はクレジットカードのみです。対応しているカード会社は、VISA、MasterCard、JCB、American Expressです。

万が一クレジットカードの決済ができなかった場合は、未払いの払込票が登録しているメールアドレスに届きます。支払期限までにコンビニ(ファミリーマート)で支払いましょう。

ハガキや封書は送られてきませんので、注意が必要です。

申し込み完了後は何もしなくて良い

申し込み完了後、1~2週間ほどであしたでんきから供給開始日(電気が切り替わる日)の案内メールが届きます。

スマートメーターがついていない場合は、取付工事が入ります。工事についての連絡が入りますが、立ち会いや費用の支払いはありません。

元々使っていた電力会社への解約手続きも必要ないので、非常に気軽に申し込みできます。

ちなみに、供給開始日の翌々日からスマホやPCでどれだけ電気を使ったか確認できるようになります。

他の電力会社との比較

あしたでんきと、他の新電力会社である「楽天でんき」と「エルピオでんき」を簡単に比較してみました。

基本料金 1kWh単価 プランの多さ
あしたでんき 0円 単一従量
楽天でんき 0円 単一従量
エルピオ
でんき
プランによる プランによる

あしたでんきはどれだけ電気を使っても電気量料金の単価が一律固定なので、毎月電気をたくさん使う人におすすめのサービスです。

ただ、一人暮らしであまり電気を使わない人は割高になってしまう可能性があります。そこで、あしたでんきを検討している人におすすめのその他電力会社を2社紹介します。

楽天をよく利用する人は「楽天でんき」がおすすめ

楽天のサービスをよく利用する人は「楽天でんき」がおすすめです。楽天でんきの使用料200円につき1ポイントもらえるからです。

さらに楽天カードで電気代を支払うと、楽天市場でのお買い物が通常ポイント+0.5倍でポイントがザクザク貯まります。

あしたでんきよりと比べると電力量料金の単価はやや高めですが、その分ポイントが貯まります。貯まったポイントは、買い物だけでなく電気代の支払いにも使えます。

ガスとのセット割なら「エルピオでんき」がおすすめ

エルピオでんき」を運営している「株式会社LPIO」はガスの供給をおこなっている会社なので、電気とガスのセット割が非常にお得です。

スタンダードなものから、定額制プラン、オール電化向けプラン、法人向けプランなど種類も豊富なので、自分に合ったプランが選びやすいです。

クレジットカードだけでなく、口座振替も選べます。クレジットカードを持っていない人にもおすすめです。

電力自由化とは

電力自由化とは、2016年4月の法改正により、一般家庭や企業などが自由に電力会社や料金プランを選べるようになった制度です。

電力自由化の説明画像

地域の電力会社だけでなく、電力の小売り会社(新電力会社)と契約が可能です。

会社によって基本料金や契約プランが違うため、企業間の価格競争もあり、選択次第では電気代をかなり抑えられます。

新電力会社で取り扱っている電力は、従来の送電線を通って家庭に送られるため、どの会社も電力自体の質は変わりません。

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識