お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

家賃交渉のやり方と成功させるコツ!相場と値切るタイミングを徹底解説!

交渉が成立した様子のイラスト

家賃交渉はできるの?更新時に家賃交渉できるって本当?という疑問にお答えします!

家賃を値切るための6つのコツや、交渉をお願いする最適なタイミングまで徹底解説します。

交渉成功例と失敗例、家賃以外で初期費用を安くする方法も合わせて紹介しているので、是非参考にしてください。

この記事は、不動産屋「家AGENT」池袋店の阿部さんにも内容を監修してもらいました。

阿部さん

「家AGENT」池袋店の店長で、賃貸業界歴5年以上です。管理職になる前の年間接客件数は380~400件と経験豊富です。お部屋探しに関して、設備や費用などの悩みも的確にアドバイスしています。

家賃交渉は誰でもできる

家賃交渉は誰でもできます。不動産屋にとって、交渉を持ちかけられるのは日常茶飯事なので遠慮せずチャレンジしてみましょう。

交渉したからといって、入居審査に悪影響を与えることもありません。

仮に交渉に失敗したとしても、家賃の金額に納得できればそのお部屋に住めるので安心してください。

そもそも家賃はどのように決められるのか?

一般的に家賃は、周辺の似たような間取りの物件と比較して大家さんや管理会社が決めます。

家賃を決めるときに比較される主な条件は以下の通りです。

・間取り(部屋数)
・お部屋の広さ(専有面積)
・日当たり
・階数
・築年数
・お風呂とトイレが分かれているか
・エアコンやコンロなどの設備
・オートロックなどの防犯設備
・駅からの距離
・周辺の買い物環境
・周辺の公共施設

家賃が高すぎても入居者は集まりませんし、反対に安くしすぎると大家さんの収入が減ってしまうため、適正家賃を見極めた上で決められています。

そのため、家賃交渉をするには周辺の似たような物件と比較して、値下げしてもらえる根拠を提示する必要があります。

家賃交渉を成功させるための6つのコツ

家賃交渉の成功率を上げるためのコツを6つ紹介します。以下を抑えれば交渉成立する可能性が上がるので、是非試してみてください。

・不動産屋を味方につけて交渉してもらう
・下げて当然という態度をとらない
・値下げしてほしい金額を明確にする
・周辺の相場など交渉材料を用意しておく
・交渉が通ったら必ず契約すると伝える
・申込書や書類に不備がないようにする

不動産屋を味方につけて交渉してもらう

仲介業者が管理会社に家賃交渉している
家賃交渉は、お部屋を紹介した不動産屋を通しておこないます。入居するまでの窓口なので、味方につけて交渉してもらいましょう。

不動産屋も人間なので良いお客様には「良いお部屋を見つけてあげたい」「少しでも費用を安くしてあげたい」と交渉を頑張ってくれるからです。

味方についてもらうと言っても、不動産屋に菓子折りを持っていったり、別料金を払うなどの特別なことをする必要はありません。

来店の予約時間を守る、連絡はこまめに取るなど、基本的なことができていれば大丈夫です。

下げて当然という態度をとらない

「下げて当然」という態度をとらずに、丁寧にお願いしましょう。

タメ口で話したり、えらそうにしていて態度が悪いと、入居後のトラブルを心配されて申し込みを断られる場合があります。

値下げしてほしい金額を明確にする

家賃交渉は、具体的な金額を伝えると成功率が上がります。「とにかく安くしてほしい」などの抽象的な伝え方では、いくら値下げすれば納得するのかわからないからです。

値下げ交渉する女の子

ちなみに、家賃の交渉は2,000~3,000円で伝えるのが常識の範囲内です。

「ずっと空室が続いている」などの理由で値下げする根拠があれば、5,000~6,000円の交渉でも通る可能性はあります。

周辺の相場など交渉材料を用意しておく

家賃には相場があり、周辺の同じような物件も参考に決められています。また、階数や室内の設備によっても変わります。

相場に対して妥当な家賃なら、交渉しないほうが良いです。予算オーバーと判断され、審査に落ちやすくなるからです。

周辺の家賃をネットで調べたり、不動産屋に似たような物件を見せてもらったりして、材料を用意してから交渉しましょう。

交渉が通ったら必ず契約すると伝える

交渉するときは「家賃が2,000円安ければ必ず契約する」など、キャンセルする心配はないとアピールするようにしましょう。

不動産屋は契約しそうにないお客さんの交渉には乗ってくれません。頑張って交渉したのに契約してもらえなかったら、手間や時間が無駄になってしまうからです。

管理会社に交渉している仲介業者

ただし、同じお部屋を気に入ったライバルの存在には要注意です。交渉しない人のほうが優先されるケースがあるからです。

交渉が通らない物件のほうが多いので、あくまでダメもとで通ったらラッキーと考えたほうが良いです。

予算が心配な人は、最初から安くて住みやすいお部屋を紹介してもらいましょう。

申込書や書類に不備がないようにする

提出する申込書や書類に不備がないようにしましょう。不動産屋や大家さんに好印象を持ってもらったほうが、家賃交渉に有利だからです。

項目に空欄や誤字脱字があるとスムーズにすすめられず、手間がかかってしまいます。

入居審査は申込書を見て判断するため、間違いがないように書きましょう。免許証のコピーや住民票などの添付書類も忘れずに持って行ってください。

家賃交渉には具体的な根拠やデータが必要

仲介業者が管理会社に交渉材料を見せている

家賃交渉するには、値下げしてもらうための具体的な根拠やデータが必要です。ただ「値下げしてほしい」とお願いするだけでは断られる可能性が高いからです。

以下の条件に当てはまる数が多い物件は、交渉しやすいので参考にしてください。

・空室期間が2~3ヶ月以上ある
・駅から徒歩20分以上と遠い
・周辺施設に問題がある
・築年数が古いのに周辺の家賃と変わらない
・エリアの家賃相場よりも高い
・物件の設備と家賃が見合っていない

新築や、立地が良くて人気の物件は家賃交渉に応じなくても入居希望者が集まるため、交渉自体受け付けていないことも多いです。

闇雲に交渉しても失敗してしまうので、家賃相場や周辺環境など、交渉の材料を出来る限り多く集めておきましょう。

空室期間が2~3ヶ月以上ある

空室が2~3ヶ月続いているお部屋や、同じ建物で空きが多い物件は、交渉が通りやすいです。

ほとんどの大家さんは、ローン返済など毎月の出費があります。空室だと家賃収入がなくマイナス収支になるので、家賃を下げても入居者を決めたい場合が多いです。

ちなみに空室状況は、不動産屋に聞けば確認してもらえます。

駅から徒歩20分以上と遠い

駅から徒歩20分以上かかるなどアクセスの悪い物件は、人気がないため家賃の交渉が通りやすいです。

その他にバス停から遠いなど、立地に問題がある物件は交渉の余地があります。

周辺施設に問題がある

「物件の前にお墓がある」「病院や高速道路が近くてサイレンなどの騒音が気になる」など、周辺施設に問題がある場合は交渉の余地があります。

まわりにどんな施設があるのかを確認してみて、交渉できる材料を探してみましょう。

築年数が古いのに周辺の家賃と変わらない

築年数が古い和室などで家賃が高ければ、下げてもらえる可能性は高いです。

人気がないお部屋なのに家賃が高めなら、近くにある似た物件を引き合いに出すと交渉が通りやすいです。

エリアの家賃相場より高い

人気の有無に関わらず、周辺の似た物件と比べて家賃が高いなら、交渉材料にできます。

ただし、家賃を決める際は周辺の物件も参考にしているので、相場とかけ離れた家賃の物件はなかなか見つかりません。

築浅やデザイナーズマンション、設備が充実した物件など、家賃が高くても妥当なケースもあるので、不動産屋に調べてもらうと良いです。

物件の設備と家賃が見合っていない

エアコンの型が古い、モニターが無いインターフォンなど、設備が微妙なのに家賃が高い物件は、交渉が通りやすいです。

家賃交渉が通らなくても、設備を新しいものに交換してもらえるケースもあります。

入居前に相談したほうが確認しやすく、検討してもらえる可能性が高いので、気になる部分は早めに伝えてください。

マル秘イエプラバナー

家賃交渉しやすいタイミング

家賃交渉をお願いするときはタイミングが重要です。交渉する時期などで、交渉の成功率が大きく変わるので参考にしてください。

・交渉が通りやすいのは閑散期の4~8月
・繁忙期の1~3月と9~10月は難しい
・入居申込の前に交渉するべき
・入居審査中も交渉自体はできる

交渉が通りやすいのは閑散期の4~8月

4~6月の空き物件

交渉が通りやすいのは、4~8月の閑散期です。特に4~6月はお部屋を探している人が少ないため、契約すること自体を交渉材料にできます。

4~6月に空室のお部屋は、次の繁忙期である9~10月まで埋まらないか、最悪は1~3月まで空室のままです。

家賃交渉が通りやすい時期なので、少し家賃上限を上げて探すのもアリです。

不動産屋も交渉に時間をかけられるので、成功率が高いです。注意点として、閑散期は良い物件ほど埋まっている傾向があります。

▶お部屋探しに最適な時期を徹底解説した記事

繁忙期の1~3月と9~10月は難しい

お部屋を探している人が多い繁忙期は、交渉がほとんど通りません。交渉に応じなくても入居希望者がすぐに見つかるからです。

特に1~3月の進学・就職シーズンと、9~10月の転勤シーズンはお部屋を探す人が多く、交渉は難しいと思ったほうが良いです。以下で時期ごとの特徴を紹介します。

時期 特徴 交渉可否
1~3月 もっとも忙しい繁忙期
進学・就職シーズンで忙しい
交渉は難しい
4~8月 閑散期で交渉向き
忙しさが落ち着いている
6月がもっとも安い
9~10月 第二の繁忙期
転勤シーズンで忙しい
交渉は難しい
11~12月 繁忙期前の準備で少し忙しい
募集が増え始める
交渉はやや難しい

引っ越しに締切がなければ、交渉の通りやすい4~8月や、転勤シーズンの落ち着く11~12月にお部屋を探すのも一つの手です。

入居申込の前に交渉するべき

家賃交渉のベストなタイミングは「入居申込の前」です。「○○円下がれば申し込みます」と不動産屋に伝えると、大家さんや管理会社に確認してくれます。

阿部さんのアイコン 阿部
悩まれていたお客様が「家賃を2,000円下げたら絶対契約する」と約束してくれたので、無理を承知3,000円で下げてもらえないか管理会社に何度も交渉しました。その結果、希望通り3,000円下げてもらえてお客様にも満足いただけました。

入居審査中も交渉自体はできる

申し込んだ後に交渉もできますが、ほとんどの場合は「言うのが遅い」「申し込む前に言ってほしい」と嫌がられます。

家賃や敷金礼金などの、条件に納得したうえで申し込むのがマナーとされています。後出しするよりも、あらかじめ伝えたほうが交渉は通りやすいです。

女性のアイコン お客様
「家賃を下げてくれないならキャンセルする」って、契約直前にゴネれば簡単に交渉が通る気がするのですが…。
阿部さんのアイコン 阿部
その方法はおすすめしません。契約の直前に交渉を後出しすると、大家さんへ悪印象を与えてしまいます。入居後のトラブルまで心配されるので、条件に納得したうえで申し込むべきです。

審査に悪影響が出ないように、タイミングには注意しましょう。

家賃交渉は不動産屋が担当してくれる

値引き交渉の相手は大家さんですが、実際に交渉のやり取りをするのは不動産屋の担当です。自分で「礼金を値下げしてほしい」と直談判するわけではありません。

家賃を決めているのは、物件の大家さんや管理会社です。最終的な決定権は大家さんにあり、家賃交渉が通るかどうかは大家さん次第です。

お部屋は大家さんにとって大切な資産です。苦労して考えた家賃を安く見積もられて良い気分にならない人もいます。交渉が通らなくても、背景に理解は必要です。

取引様態で交渉成功率は変わる

交渉で重要なのは、大家さんと不動産屋の関係性です。取引様態によって、交渉の成功率が変わってくるからです。

取引様態が「媒介」となっていれば大家さんと不動産屋が直接契約しています。ある程度の関係性が築かれているので、成功しやすいです。

一方、取引様態が「仲介」の場合は、大家さんと直接の契約がありません。物件の紹介はできますが、値引き交渉できるほど関係性が築かれていない可能性が高いです。

交渉をお願いするときは取引様態を確認して、どこの不動産屋に頼むか判断するようにしましょう。

交渉に強い不動産屋に頼むのがおすすめ

家賃など初期費用の交渉は、大家さんや管理会社とのつながりや、営業マンの経験によって左右されます。

そのため、交渉に強い不動産屋や経験豊富な営業マンを探して頼むのが効率的です。

ネット上の不動産「イエプラ」は経験豊富な営業マンが多数在籍しており、初期費用の交渉に力を入れています。

チャットやLINEでやり取りするので、対面では「値下げしてほしい」と言いにくい人も気軽に相談できます。

深夜0時までリアルタイムで相談できるので、忙しくて不動産屋に行く時間がない人も是非利用してみてください。

イエプラボタンバナー

更新時でも家賃交渉ができる

借りるときよりも、お部屋を更新するタイミングのほうが、家賃交渉がうまくいく確率が高いです。大家さんにとって、次の入居者を探すのはお金も時間もかかり大変だからです。

「家賃負担を少なくしたい」という理由で引っ越しを考えているなら「更新するので家賃を下げてもらえませんか?」と、早めに管理会社に交渉してみましょう。

大家さんが自分で管理している物件なら、大家さんに直接交渉する形で大丈夫です。

阿部さんのアイコン 阿部
更新が近づいたらダメもとで交渉してみたほうが良いです。空室がいくつかある物件なら、長く住む予定と伝えると通りやすいです。

更新のタイミングでも交渉のコツはほぼ同じ

住み始めよりも快適ではない部分を、あくまで丁寧に相談してみると良いです。

大家さんが「空室になるより住み続けてもらうほうがお得」と考えれば、交渉が通る可能性が上がります。

住み心地の変化を交渉材料にすると良い

以下で、更新時の交渉材料を紹介します。特に「近所の環境の変化」は理解を得やすいです。

更新時に家賃を交渉する際の材料
・建物に雨漏りなどの不具合が多い
・他のお部屋の募集家賃がやけに安い
・他に似たような家賃の安い物件がある
・エアコンなどの設備が古くなってきた
・近所のスーパーやコンビニがなくなった
・マンションが建って日当たりが悪くなった
・入居後に近所にパチンコ屋ができてうるさい
・近くに高いビルが建って電波環境が悪くなった
・駐車場などの共用部分が目の前で騒音がすごい
・管理が行き届いていないので管理費分を交渉する

家賃交渉を断られたら、管理費を交渉するのも手です。管理が行き届いていない部分を指摘すると、交渉に応じてもらえます。

▶管理費について徹底解説した記事はこちら

ただし、家賃滞納や生活マナーの問題があると交渉は難しいです。大家さんずっと住み続けてもらいたいに良い入居者だと思ってもらえるように普段から過ごしましょう。

更新時に家賃を値上げされるケースもある

更新の際に、周辺の地価上昇などの理由で家賃を値上げされるケースがあります。

お部屋の価値は、時間が経つと減るのが通常です。しかし、人気の物件では入居後に上がる可能性もあるので注意しましょう。

更新の際にかかる費用まで意識して、なるべく家賃が安い物件を見つけられるとベストです。

家賃交渉した人の成功例と失敗例

当サイトRoochが実施したアンケートをもとに、家賃交渉の成功例と失敗例をいくつか紹介します。

交渉が成功するかどうかは、ケースバイケースです。交渉する際の参考にしてください。

家賃交渉の実例
・空室が多いので交渉してみた
・スーパーが閉店したので交渉してみた
・設備の不備があったので交渉した
・代わりに礼金を値引いてもらえた

空室が多いので交渉してみた

家賃 :76,000円 ⇒ 73,000円

物件を見に行って空室数を数えました
男性のアイコン同じマンションの違う部屋がいくつも募集していたので「もしかして空室ばかりの物件なのでは?」とアタリをつけました。それからは、不動産屋に連絡する前にまず1人で物件を見に行き、空室状況を確認しました。もちろん部屋には入れませんが、カーテンの数と集合ポストの状態を見れば、入居率はほとんど分かります。あとは内見のタイミングでちょっと交渉するだけで、3,000円安くしてもらえました!(男性/20代後半)

築20年の物件で、1ヶ月ほど空いているお部屋でした。交渉がわりと通りやすい6~7月に内見と契約を済ませています。

空室の多い物件は、時間をかけて交渉できるのがメリットです。交渉中に他の人にお部屋をとられても、別の空き部屋に切り替えられるからです。

スーパーが閉店したので交渉してみた

家賃 :80,000円 ⇒ 78,000円

更新時に電話で交渉!
女性のアイコン家の近くにあったスーパーが閉店し、買い物するのに20分以上歩かないとならなくなり不便になってしまいました。ただ、物件自体は気に入っていたので更新時に「スーパーが閉店して不便になってしまったので家賃を値下げしてほしい」と伝えたところ、これからも住み続けてほしいからと2,000円値下げしてもらえました。言ってみるもんですね~!(女性/20代後半)

お部屋の更新のタイミングで家賃交渉をしたケースです。

「お店が閉店して不便になった」「大きなマンションが建って日当たりが悪くなった」などの理由があれば、値下げしてもらえる可能性が高いです。

更新時に交渉する場合は、更新の手続きをする前に交渉しましょう。手続き後だと「金額に納得して更新したはずだ」と言われ、交渉を断られてしまいます。

設備の不備があったので交渉した

家賃 :62,000円 ⇒ 交渉失敗
設備 :クローゼットにガタつき

入居前に修繕されるという話になりました
困り顔の男性のアイコン内見時にクローゼットの金具が壊れているのを見つけました。ドアが上手く開け閉めできなかったんです。ただ、自分はそもそも衣類が少ないので「故障したままで良いから、代わりに家賃を1,000円下げてくれませんか?」と交渉しました。仲介の不動産屋はそのまま大家さんに伝えてくれましたが、結果はNOでした。「故障は入居前に修繕するから値下げはできない」とのことでした。(男性/20代前半)

大家さんに値引く理由がなければ、家賃交渉は難しいです。交渉が通らないときは、話を進めるかどうか1日後には回答する必要があります。

ライバルが現れた場合に備えて、交渉が通っても通らなくても話を進めるのかは、不動産屋と決めておくべきです。

回答が遅れると、契約の意思が固いライバルにお部屋をとられる可能性があります。

代わりに礼金を値引いてもらえた

家賃 :82,000円のまま
礼金 :家賃2ヶ月分 ⇒ 家賃1ヶ月分

スタッフさんからアドバイスをもらいました
女性のアイコン「すごく気に入った物件だけど、生活するには家賃が少し高い」と不動産屋さんに話したところ、家賃交渉できるかどうか、真剣に相談に乗ってくれました。「ほかのお部屋との兼ね合いもあるから家賃交渉は難しいと思います。けど、礼金が相場よりも高いので、安くできないか交渉してみましょう」という話になりました。交渉の結果、大家さんが礼金を1ヶ月分減らしてくれました。(女性/20代前半)

大家さんにとって家賃は影響が大きく、交渉が通るケースは少ないです。

交渉が通らなくても、妥協案を出してもらえる場合があります。その際は引き際を見極めて、お部屋がとられる前に判断しましょう。

マル秘イエプラバナー

家賃交渉が通らないときは初期費用を交渉してみるべき

家賃交渉を失敗したら、初期費用を交渉してみましょう。礼金などの一時金を安くできれば、トータルで損しない場合もあります。

主な契約期間である2年(24ヶ月)スパンで考えて、毎月の家賃がいくら下がったのと同等かを表にまとめました。

初期費用の値引き 24ヶ月で割った金額
30,000円 約1,250円
50,000円 約1,600円
70,000円 約3,000円
90,000円 約3,750円

例えば、家賃90,000円の物件で礼金を1ヶ月⇒0円にできる場合、2年間の家賃を3,750円引いてもらえたのと同等です。考え方のひとつとして、参考にしてください。

家賃交渉以外で初期費用を安くする方法

家賃交渉以外で、初期費用を安くする方法を6つ紹介します。特に礼金は初期費用の中でもっとも交渉しやすい費用なので、是非不動産屋に相談してみてください。

・敷金や礼金がないお部屋を選ぶ
・仲介手数料が安い不動産屋に行く
・不動産屋のキャンペーンを狙う
・フリーレント付き物件を選ぶ
・月末か月初に入居する
・連帯保証人のみで契約できるお部屋を選ぶ

敷金や礼金がないお部屋を選ぶ

敷金と礼金の相場は、礼金と同じで「家賃1ヶ月分」です。敷金・礼金なしのお部屋であれば、家賃1~2ヶ月分の費用が抑えられます。

特に、礼金は大家さんにお部屋を貸してもらうお礼として支払うため返金されません。

借りる側にとって支払うメリットはあまりないため、値下げしてもらえないか打診してみましょう。

ちなみに、敷金は家賃滞納や退去時の修繕費用として預けておくお金です。敷金なしで借りると、退去時に支払うお金が高くなるので注意してください。

仲介手数料が安い不動産屋に行く

仲介手数料は、賃貸契約の仲介に入ってくれた不動産屋に報酬として支払うお金のことです。礼金と同じで、返金されることはありません。

仲介手数料は「家賃1ヶ月分+税」が上限ですが、下限は決まっていません。最初から0.5ヶ月~無料の不動産屋もあるので費用を抑えたい人は検討してみてください。

ただし、仲介手数料は不動産屋の主な収入源なので、いきなり値引くのはおすすめしません。

担当者のモチベーションが下がり、他の交渉を頑張ってもらえなくなる可能性があります。

不動産屋のキャンペーンを狙う

「仲介手数料半額キャンペーン」や「契約したらギフト券プレゼント」など、不動産屋独自のキャンペーンを利用するのも手です。

キャンペーンなら自分で交渉しなくても、不動産屋のほうで勝手に特典を付けてくれます。

ただし、消臭消毒などその他のオプションサービスで採算をとっている可能性があります。トータルで考えて本当に安くなっているのか確認しておきましょう。

フリーレント付き物件を選ぶ

フリーレントとは、大家さんが決めた一定期間の家賃が無料になることです。無料になる期間は、0.5~1ヶ月が相場です。

フリーレントは付いていなくても、交渉次第で付けてくれることもあるので相談してみてください。

ただし、基本的にフリーレントは「短期解約違約金」とセットなので注意しましょう。

退去が早いと違約金が発生する仕組みで、1年未満で解約する場合に家賃1ヶ月分が相場です。

月末か月初に入居する

月末に入居した場合、入居日から月末までの日数が少ないので、日割り家賃を抑えられます。

例えば、4月29日に入居した場合は、4月29~30日の2日の日割り家賃のみの支払いで済みます。

月初に入居した場合は、日割り家賃や前家賃が必要ありません。当月分の家賃1ヶ月分の支払いのみなので、初期費用が抑えられます。

▶日割り家賃の詳しい解説はこちら

連帯保証人のみで契約できるお部屋を選ぶ

収入が安定している連帯保証人を立てることで、家賃保証会社を使わなくて良いお部屋もあります。

保証会社の利用料は家賃の0.5~1ヶ月分が相場です。保証会社を利用しない物件なら、利用料分だけ初期費用を抑えられます。

ただし、連帯保証人のみで契約できる物件は少ないです。選べるお部屋が限られてしまうので注意してください。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESで見つからない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で使える更新が早い物件情報サイトを、みなさんが無料で見れるように手配してくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

チャットでお部屋を探す


follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について