家賃はいくらまで払える?収入別の適正家賃と生活費の目安を解説!

家賃やお金のこと

早川

この記事の監修:早川
「イエプラ」営業担当

この記事の監修:早川
「イエプラ」営業担当

お金と電卓と家

家賃はいくらまでに抑えるべきかを解説します。家賃別の1ヶ月の生活費シミュレーションや、適正家賃を超えてしまった場合の支出額の差についても紹介します。

家賃は手取り額の1/4~1/3以内に抑える

家賃の目安は額面ではなく、実際に口座に振り込まれる「手取りの金額」で考えるようにしましょう。

給料は税金や保険料が差し引かれるので、額面全額もらえるわけではありません。

額面で家賃を決めてしまうと考えていると生活が圧迫されたり、家賃が払えなくなったりして最悪の場合は強制退去になります。

手取り額ごとの家賃目安一覧

手取りに対する家賃の適切な割合の目安は1/4~1/3以内と言われています。

手取り額ごとの家賃目安をまとめました。青い文字をタップするとそれぞれの金額別の一人暮らしの実態をご覧いただけます。

家賃はあくまでも目安です。生活スタイルによって目安は変わるので、後で紹介するシミュレーションを参考にしてください。

手取り金額 家賃目安
15万円 37,000~50,000円
16万円 40,000~53,000円
17万円 42,000~56,000円
18万円 45,000~60,000円
19万円 47,000~63,000円
20万円 50,000~66,000円
21万円 52,000~70,000円
22万円 55,000~73,000円

理想の家賃は手取り額の1/3以内

家賃の理想は手取り額の1/3以内です。

手取り額の1/3以内に抑えられていれば結婚式の出席や、通院などの急な出費にも対応できて、余裕を持った生活が送れます。

さらに家賃を1/4に抑えられれば、食費や交際費、貯金に回せるお金が増えるので、生活がラクになります。

ただし、家賃を下げれば下げるほど部屋のグレードも下がるので、外に出かけるよりも家にいる時間が長い人は1/4に抑えるべきではありません。

自分の生活スタイルに沿って決めることをおすすめします。

家賃別1ヶ月の生活費シミュレーション

お金と電卓
1ヶ月の生活費を、理想の家賃内に収まっている人と収まっていない人に分けてシミュレーションしてみました。

手取り額が18万円の場合

項目 家賃目安に収まっているAさん 家賃目安に収まっていないBさん
家賃 60,000円 80,000円
食費 30,000円 30,000円
水道光熱費 12,000円 12,000円
スマホやネット代 10,000円 10,000円
衣類や日用品 25,000円 25,000円
交際費・娯楽費 20,000円 20,000円
合計 157,000円 177,000円

Aさんは理想の家賃内に抑えられているので、月に23,000円ほど余裕があります。

余った生活費は基本的に貯金にまわしていて、年間27万円ほど貯金できています。急なお葬式への参列や、結婚式への出席も貯金を切り崩す必要がありません。

家賃目安より20,000円ほど高い部屋に住んでいるBさんは、毎月3,000円ほどしか余裕がありません。

貯金はまったくできず、急な飲み会などの出費があると生活費がマイナスになってしまい、貯金を切り崩しながら生活しています。

節約できる生活費は家賃だけではないので、どうしても家賃目安よりも良い部屋に住みたいのであれば、生活スタイルと相談して無理のないように生活を送りましょう。

手取り額が22万円の場合

項目 家賃目安に収まっているAさん 家賃目安に収まっていないBさん
家賃 73,000円 93,000円
食費 30,000円 30,000円
水道光熱費 12,000円 12,000円
スマホやネット代 15,000円 15,000円
衣類や日用品 20,000円 20,000円
交際費・娯楽費 25,000円 25,000円
合計 175,000円 195,000円

手取り22万円の場合は、家賃目安内に収まっていれば月45,000円ほど余裕があるので、年間54万円は貯められます。

家賃目安内に収まっていない場合でも、25,000円ほどの余裕があるのでなんとか貯金もできますが、急な出費に備えてもう少し毎月の生活費に余裕がほしいところです。

家賃設定を間違えると毎月の支出額に大きな差が生まれる

家賃目安を超える部屋を選んでしまうと、毎月の支出に大きな差が生まれます。以下に家賃目安から超過した金額と支出の差をまとめましたので参考にしてみてください。

目安を超過した金額 居住年数 支出の差
5,000円 2年(24ヶ月) 175,000円
10,000円 2年(24ヶ月) 240,000円
15,000円 2年(24ヶ月) 360,000円
20,000円 2年(24ヶ月) 480,000円

家賃は固定費なので、1度決めてしまうと次の更新までなかなか変更ができません。更新時に家賃の安い部屋に引っ越すとしても、引っ越し費用や初期費用がかかってしまいます。

仮に毎月5,000円ほど家賃目安より高い部屋に住むと、2年間で175,000円の支出が増えてしまいます。

条件にあった部屋探しも大切ですが、自分の収入に見合う部屋を選ばないと貯金できませんので、慎重に決めましょう。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

まとまった時間がなくても、移動中の電車や自宅にいてもお部屋を紹介してもらえて便利です!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラを詳しく知る
 

イエプラ

あなたにおすすめの関連記事

裏ワザという文字
不動産屋しか知らないはずの物件をネットで見れる裏ワザ!【もちろん無料】

 

部屋探しサイト
おすすめの部屋探しサイト一覧!【賃貸】

 

チャット不動産屋「イエプラ」のロゴ
イエプラの口コミ・評判|SUUMOやHOME’Sと比べるとどう?

 

万力で挟まれている硬貨と電卓
賃貸の初期費用を抑えるカンタンな方法って!?

 

ソファに寝そべってスマホを操作する女性
不動産屋に一度も行く必要なし!?内見も契約もWEBで済ませる時代です!

 

東京のビル群
東京で評判の良い不動産屋さんはここ!

 

調査している探偵
おとり物件とは?50の不動産屋の調査で判明した悪質な実態!【釣り物件】

 

綺麗な内装のリビングルーム
ネットにない賃貸の未公開物件のたった1つの探し方【非公開物件】

 

東京の風景
東京都内の住みやすい街!おすすめの区や駅はどこ?【一人暮らし】

 

一人暮らしのお部屋
初めての一人暮らし|始めるまでの11ステップと部屋探しのポイント

 

鍵とお金を渡す手
無職で賃貸契約する方法と審査を通過しやすくするコツ

 

不動産屋の立ち合い
【メリットたくさん】土日ではなく平日に内見すべき5つの理由

 

バナー

Roochについて チャットでお部屋を紹介する来店不要のネット不動産屋「イエプラ」が運営する、部屋探しの疑問や街の情報について紹介しているサイトです。

家AGENT+

follow us in feedly