お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

家賃8万円のお部屋に住むなら手取りはいくら必要?都内で一人暮らしはきつい?

家賃8万円でツラくない生活ができる手取りの目安は?のイメージイラスト

家賃8万円のお部屋に住むなら手取りはいくら必要?という疑問にお答えしていきます。

性別や年齢ごとの平均手取り額を元に、生活費の内訳や実際の生活の様子を解説します。

また、生活費を抑える方法や東京都内で家賃相場が低く住みやすい地域も紹介していきます。ぜひ参考にしてください!

この記事の内容は、ファイナンシャル・プランナーの岩井さんに監修していただきました。

監修 岩井 勇太
ファイナンシャル・プランナー
宅地建物取引士

日本FP協会認定のFP。お金に関する知識を活かし、一人暮らしからファミリー世帯まで幅広い世帯の生活費を算出しています。宅建士の資格も取得しており、お客様の収入に見合った家賃を提案するなど、生活設計についてのトータルサポートをおこなっています。

家賃8万円のお部屋に住む人の手取り目安

家賃8万円のお部屋に住むなら、手取りは24万円以上が望ましいです。一般的に家賃の目安は手取り額の3分の1以下とされています。

会社員の給料は額面の金額から、厚生年金などの保険料や税金が「控除」という仕組みで天引きされています。

実際に手取り24万円の収入を得るには、額面上は31万円が必要です。厚生年金保険料や健康保険料などの控除額を下記にまとめました。

月収31万円の控除額と手取り額の例
厚生年金保険料 29,280円
健康保険料 15,744円
雇用保険料 930円
所得税(源泉徴収税額) 7,070円
住民税 12,7955円
控除額合計 65,979円
月の手取り額 244,021円

※東京都内の一人暮らしの正規雇用会社員の例

厚生労働省から発表されている令和元年賃金構造基本統計調査によると、男性の額面平均が33.8万円、女性の額面平均は25.1万円です。

岩井さんのアイコン 岩井
手取りが24万円以上になる年齢階級は男性で35~39歳、女性ではどの年代でもありません。平均的な収入の若い世代の人が、家賃8万円のお部屋に住むのはかなり厳しいです。

実際は限界まで家賃を抑える人が多い

家賃が手取りの3分の1以内に収まっていれば普通に生活できますが、実際にはもっと家賃を抑えてる人のほうが多いです。

わざわざ収入に合わせて家賃を上げるよりも、必要最低限の物件に余裕をもって住んだほうが貯金ができ、ゆとりのある生活を送れます。

余裕のある生活を送るためには手取りの4分の1を目安にお部屋を探してみてください。

「手取り3分の1」と「手取り4分の1」の家賃目安を一覧にしました。お部屋探しの参考にしてください。

手取りの3分の1 手取りの4分の1
手取り13万円 約43,000円 約32,500円
手取り14万円 約47,000円 約35,000円
手取り15万円 約50,000円 約37,500円
手取り16万円 約53,000円 約40,000円
手取り17万円 約57,000円 約42,500円
手取り18万円 約60,000円 約45,000円
手取り19万円 約63,000円 約47,500円
手取り20万円 約67,000円 約50,000円
手取り21万円 約70,000円 約52,500円
手取り22万円 約73,000円 約55,000円
手取り23万円 約77,000円 約57,500円

生活費を多めに確保したい、貯金を少しでもしたいという人は、家賃目安を上限金額として考えると良いです。

マル秘イエプラバナー

手取り額ごとの生活費シミュレーション

3種類の手取り額を例にして、家賃8万のお部屋に住んだときの生活費をシミュレーションしました。

実際の生活の様子や割合の多い年齢層も紹介していくので、ぜひ参考にしてください。

手取り18万円は節約しないと厳しい

手取り18万円で家賃8万円のお部屋に住むなら、日々の節約が重要になります。

厚生労働省が発表している令和2年度 賃金構造基本統計調査によると大卒の初任給の平均額は22万6,000円で、都内で一人暮らしをしている場合は手取り額が約18万円になります。

手取り18万円の人の生活費例
家賃 80,000円
食費 30,000円
水道光熱費 8,000円
交際費・娯楽費 30,000円
通信費 10,000円
日用品・消耗品代 7,000円
その他 10,000円
貯金・予備費 5,000円
合計 180,000円

食費は月3万円なので、1食約330円計算です。モヤシやキャベツなど安い食材で毎食自炊しなければ、あっという間に予算オーバーします。

水道光熱費も月8千円ほどしか確保できないので、湯舟に浸からずにシャワーで済ませる、こまめに家電製品のコンセントを抜くなど徹底した節約が必要です。

その他の項目には電車やバスなどの交通費や、美容室代など月ごとに変動する費用を割り当てています。

常日頃から節約を意識し、かなりストレスを強いられる生活になります。手取り18万円の人は家賃を抑えたお部屋を検討してください。

手取り20万円は予定外の出費があると赤字

手取り20万円は、通院などで予定外の出費がある月は生活費が赤字になります。

厚生労働省が発表している令和2年度 賃金構造基本統計調査によると25~29歳男性、30歳以上の女性の平均手取り額が約20万円です。

手取り20万円の生活費例
家賃 80,000円
食費 35,000円
水道光熱費 10,000円
交際費・娯楽費 40,000円
通信費 10,000円
日用品・消耗品代 7,000円
その他 20,000円
貯金・予備費 8,000円
合計 220,000円

食費はやや多めの3.5万円確保できますが、外食の機会が多いとすぐに予算オーバーします。手取り18万円同様に1日3食自炊すべきです。

水道光熱費や交通費、娯楽費などは少し多めに確保できます。

貯金はほとんどできませんが、日々の生活には余裕が生まれます。

手取り23万円は節約せずとも生活できる

手取り23万円もあれば、節約を特に意識しなくても生活ができます。

厚生労働省の令和2年度 賃金構造基本統計調査によると30歳~34歳男性の平均手取り額が約23万円です。

手取り23万円の生活費例
家賃 80,000円
食費 45,000円
水道光熱費 10,000円
交際費・娯楽費 40,000円
通信費 13,000円
日用品・消耗品代 7,000円
その他 20,000円
貯金・予備費 25,000円
合計 230,000円

食費を月4.5万円確保できるので、自炊と外食半々にするなど都合に合わせて調整できます。

また、通信費が1.3万円あるので速度の速いインターネット回線の契約も可能です。

最適な家賃の目安や家計のバランスは個人のライフスタイルによって変わります。自分に合った無理の無い生活をしてください

家賃を抑えると生活費を確保できる

毎月の固定費である家賃を抑えれば、節約を意識せずとも生活費を多めに確保できます。

ただし、安すぎる物件には壁が薄く騒音トラブルが起きやすいなどの理由があります。家賃が安くて質が良い物件を探すには、チャット不動産「イエプラ」がおすすめです!

SUUMOやHOME’Sに載っていない未公開物件を紹介してくれるので物件の選択肢が広く、快適に暮らせるお部屋を選べます!

専門のスタッフが深夜0時までチャットやLINEで対応してくれるので、寝る前のちょっとした時間でも家賃や間取り、買い物環境などについて相談できます!

一人暮らしバナー

家賃が安いお部屋の探し方

以下の5つのことに気を付けてお部屋を探すと、相場よりも安いお部屋が見つかりやすいです。

・家賃相場が低いエリアを狙う
・譲れない条件以外は柔軟に決める
・繁忙期を避けて引っ越す
・各駅停車の駅を狙う
・戸数の少ない物件にする

各項目について詳しく解説していきます。

家賃相場が低いエリアを狙う

家賃相場が低いエリアに条件を絞れば、安い物件の中から自分に合った条件や設備のお部屋を探しやすいです。

東京23区を例にすると家賃相場が低い区は「江戸川区」「葛飾区」「足立区」「練馬区」「板橋区」の5つです。各区の一人暮らし向けの間取りの家賃相場は以下の通りです。

一人暮らし向けの家賃相場
江戸川区 約6.2万円
葛飾区 約6.2万円
足立区 約6.3万円
練馬区 約6.7万円
板橋区 約6.8万円

※ワンルーム・1K・1DKの相場・2021年9月調査

家賃が安ければ敷金礼金も安くなります。引っ越しにお金をかけたくない人は相場の低いエリアに絞りましょう。

岩井さんのアイコン 岩井
東京23区内で家賃を抑えるなら、「練馬区」や「板橋区」がおすすめです。家賃が安いだけでなく、犯罪発生率も低いので女性でも安心して一人暮らしができます。

譲れない条件以外は柔軟に決める

お部屋に求める条件は少なければ少ないほど、家賃が抑えられます。

「駅から◯分以内」「風呂・トイレ別」などの条件が重なる物件は人気があり、家賃が高くてもすぐに空室が埋まります。

自転車を持っている人は、駅徒歩20分の物件を一度検討してみてください。家賃が安く設備が充実した物件に出会えます。

岩井さんのアイコン 岩井
お部屋に求める条件が多すぎると、物件の選択肢が少なくなってしまいます。ライフスタイルに合ったお部屋を探すためにも、まずは不動産屋のスタッフにご相談ください。

繁忙期を避けて引っ越す

新生活に向けて引っ越す人の多い1~3月、人事異動のシーズンの9~10月は不動産屋の繁忙期です。この時期は値下げやフリーレントの交渉がほとんど成功しません。

繁忙期が空けた6~8月、11月上旬は閑散期です。繁忙期に借り手が見つからなかったお部屋が安く出回ることがあります。

初期費用と引っ越し費用の変化を一覧にまとめました。引っ越し時期の参考にしてください。

賃貸物件の初期費用 引っ越し費用
1月 高い 普通
2月 高い 普通
3月 高い 高い
4月 普通 高い
5月 安い 普通
6月 安い 安い
7月 安い 普通
8月 安い 普通
9月 普通 普通
10月 普通 高い
11月 普通 安い
12月 普通 普通

上記の一覧で分かるように、賃貸物件の費用と引っ越し業者費用が1番安くなる時期は「6月」です。

閑散期には敷金礼金がかからない「ゼロゼロ物件」が増えます。引っ越しのタイミングが合う人はぜひ探してみてください。

各駅停車の駅を狙う

各停列車しか停まらない駅は人気がないので、そのぶん家賃相場が低いことが多いです。

とくに「特急」や「快速」が停まる駅のいくつか隣の駅を狙うと、安い物件が見つかりやすいです。

戸数の少ない物件にする

戸数の多い物件は、維持費がかかる防犯設備があることが多く、家賃や管理費が高めに設定されやすいです。

それに比べ、戸数が少ない中低層マンションやアパートは最低限の設備しかない場合が多く、家賃相場も安めです。

なかでも木造アパートは特に家賃が安いです。防犯性や防音性が低く、家賃を下げないと入居者が集まらないからです。

効果の大きい節約4選

毎月の生活費を抑えるために、簡単にできて効果が大きい節約方法を4つ紹介します。

・電力やガスは料金が安い会社に切り替える
・都市ガスのお部屋を選ぶ
・コスパの良い食材で自炊をする
・格安SIMのスマホに変更する

以下では、項目ごとの詳しい説明やおすすめのサービスを紹介していきます。

電力やガスは料金が安い会社に切り替える

電気やガスなどの光熱費は、供給会社を切り替えるだけで安くできます。

一人暮らしの電力使用量では、月1,000円ほど節約になり年間10,000円以上お得になることがあります。

電力会社比較ナビでは、電話で相談するだけで自分の生活に合った一番お得な会社を紹介してくれます。

以下のサイトから申し込むと最大1万円のキャッシュバック特典を受け取れます。開通工事も必要ないので、簡単に切り替えられます。

電力会社比較ナビのバナー

都市ガスのお部屋を選ぶ

プロパンガスではなく、都市ガスのお部屋を選びましょう。都市ガスは公共料金なので、金額が一定なうえ急な値上がりがありません。

以下の表は、都市ガスとプロパンガスの料金の違いをまとめたものです。一人暮らしの人が平均的に使用する1ヶ月のガスの量(5㎥)で計算しました。

都市ガス プロパンガス
1㎥あたりの料金 314円 504円
5㎥使用した場合 1,570円 2,520円
基本料金 750円 1,574円
月額合計 2,320円 4,094円

プロパンガスに比べて、都市ガスの方が1ヶ月あたり約2千円近く節約できます。年間ではガス代だけでも約2万円ほどの差が生まれます。

ガス会社は入居後に変更できない賃貸が多いので、お部屋探しや内見の時点で必ず確認してください。

コスパの良い食材で自炊をする

コスパの良い食材で自炊をすれば、1食300円ほどに収められます。使い勝手が良く安く購入できる食材の一部をまとめました。

もやし:1袋10~20円
豆腐:1パック50~70円
パスタ麺:1袋150~200円
納豆:3パックセット50~150円
鶏胸肉:100g70円
ひき肉:100g60円
キャベツ:1玉150円
じゃがいも:1個25~35円
人参:1個35~45円
たまご:1パック100~200円

カレーやシチュー、お好み焼き、ハンバーグ、ポトフなどは上記の食材メインで作れます。

生活費を抑えられるだけでなく、生活力も身につきます。一人暮らしを機にぜひ挑戦してみてください。

SIMやプランの契約を変更する

格安SIMに乗り換え
大手の携帯会社だと毎月の利用料金は6千円以上かかりますが、格安SIMであれば3千円前後まで固定費を下げられます。

キャリアにこだわりがある人でも、契約中のプランを見直して電話代や通信料を安いものにすれば1~2千円は節約できます。

一人暮らしするまでに必要な費用目安

一人暮らしするまでに必要な費用目安は以下の通りです。家賃8万円なら最低でも60万円は準備しておきましょう。

賃貸の初期費用 家賃4.5ヶ月~5ヶ月分
引っ越し費用 約5~7万円
家具家電購入費 約10~15万円

賃貸の初期費用は敷金礼金や仲介手数料など、お部屋を契約する際にまとめて支払うお金です。一般的に家賃の4.5ヶ月~5ヶ月分と言われています。

引っ越し費用は、引っ越し業者の利用料や自分で引っ越した際のレンタカー代です。

家具家電購入費は、新居に設置するカーテンや冷蔵庫を新しく購入した際の費用です。

岩井さんのアイコン 岩井
敷金・礼金や仲介手数料は家賃を元に請求額が決まります。とても大きな出費になるので慎重にお部屋を選んでください。

引っ越し業者は相見積もりで決める

引っ越し業者は複数の業者から相見積もりをもらって1番安いところを選んでください。

業者同士がお客さんを獲得するために価格競争をするので、正規の値段よりも値下げしてもらえることがあります。

また「A社は〇円だったので、同じくらいの金額でやってもらえないか」など、金額の交渉もしやすくなります。

とくに「引越し侍 」は一括見積もりサイトの中でも提携業者数が多いのでおすすめです。2021年9月現在で約320社と提携しています。

初期費用がかからない物件なら生活に余裕が生まれる

敷金礼金、仲介手数料などの初期費用が必要ないお部屋なら、少ない出費での引っ越しができます。浮いたお金を貯金に回せば急な出費にも対応できます。

家賃が安く、初期費用のかからないお部屋を探すならネット不動産屋の「イエプラ」がおすすめです。

不動産屋しか使えない有料の専門データーベースからお部屋を探しているので、SUUMOやHOME’Sに載っていないお部屋を無料で提案してもらえます。

LINEやチャットでの相談を深夜0時まで受け付けているので、忙しくて不動産屋に足を運べない人や遠方に引っ越す人にも大人気です。

イエプラボタンバナー

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について