お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

家賃7万円で一人暮らしするなら手取りはいくら必要?どんな生活ができる?

家賃7万円でツラくない生活ができる手取りの目安は?のイメージイラスト

家賃7万円のお部屋に住むなら手取りはいくら必要?という疑問を解決します。

月収目安や、手取りいくらだとギリギリ家賃7万円のお部屋に住めるのか、手取りに対する家賃目安も紹介します。

また、手取り16万円・19万円・22万円の人の生活費例や、東京都内だとどんなお部屋があるのか、家賃や生活費を抑える方法も紹介しているので参考にしてください。

家賃7万円にするなら手取りはいくらあると良い?

家賃7万円のお部屋に住むなら、手取り21万円以上あると良いです。

手取り金額は保険料や年金、税金などが引かれるので月収の目安は24.5万円ほどです。

手取り21万円あれば、家賃を引いても残り14万円あるので、無理に節約せずとも一人暮らしができます。

手取り21万円以下でも家賃7万円のお部屋に住めますが、節約しないと冠婚葬祭や病気などの急な出費に対応できません。

手取り18万円でも住めるがギリギリの生活

手取り18万円でも家賃7万円のお部屋に住めますが、毎月かなりギリギリの生活になります。

家賃 70,000円
食費 30,000円
水道光熱費 10,000円
交際費・娯楽費 35,000円
通信費 10,000円
日用品・消耗品代 10,000円
交通費 8,000円
合計 173,000円
貯金・予備費 7,000円

手取り18万円だと、1日3食コスパの良い食材で自炊をしないと、月の食費が3万円に収まりません。

娯楽費も多めに確保できないので、衣類を購入したり友人と外食にも行けずに我慢を強いられる生活になります。

家賃目安は手取りの3分の1にすべき

家賃目安は「手取りの3分の1」にすべきです。月収で考えると、保険料や年金、税金などが引かれるため生活費が足りなくなります。

以下で、手取りに対する家賃目安をまとめてあるので参考にしてください。

手取り17万円 約57,000円
手取り18万円 約60,000円
手取り19万円 約63,000円
手取り20万円 約67,000円
手取り21万円 約70,000円
手取り22万円 約73,000円
手取り23万円 約77,000円
手取り24万円 約80,000円

また、家賃は管理費・共益費込の「総家賃」でお部屋を探すべきです。管理費・共益費も家賃と一緒に毎月請求されます。

▶初期費用が安い物件たくさん!
おすすめのお部屋探しサイトはこちら

家賃7万円の手取り別生活費例

手取りごとに家賃7万円のお部屋に住むとどんな生活になるのか、生活費例を元に紹介します。

手取り16万円は限界まで節約しないと無理

手取り16万円で家賃7万円のお部屋に住むなら、限界まで節約しないと無理です。

家賃 70,000円
食費 27,000円
水道光熱費 8,000円
交際費・娯楽費 30,000円
通信費 8,000円
日用品・消耗品代 7,000円
交通費 7,000円
合計 157,000円
貯金・予備費 3,000円

月の食費が2.7万円以下に収めるためには、もやしやキャベツなどコスパの良い食材で、節約レシピをフル活用しないといけません。

また、エアコンは温度を一定にするかなるべく利用しない、お風呂は短時間のシャワーで済ませる、使わない家電のコンセントを抜くなど節約を徹底する必要があります。

手取り16万円の人は、毎月の固定費である家賃を抑えたほうが、ストレスが少ないです。

手取り19万円は予定外の出費があるとキツい

手取り19万円は、冠婚葬祭や医療費、会社の飲み代など急な出費があると、生活費がギリギリになります。

家賃 70,000円
食費 35,000円
水道光熱費 8,000円
交際費・娯楽費 35,000円
通信費 10,000円
日用品・消耗品代 8,000円
交通費 10,000円
合計 176,000円
貯金・予備費 14,000円

食費・娯楽費ともに各3.5万円しか確保できないので、無駄遣いは厳禁です。

コンビニのホットスナックや、友人との外食、衣類などの衝動買いをしてしまうと、あっという間にお金が足りません。

また、手取り19万円は基本的に貯金できないと考えたほうが良いです。

手取り22万円は無理に節約しなくても良い

手取り22万円もあれば、無理に節約せずとも一人暮らしが可能です。

家賃 70,000円
食費 40,000円
水道光熱費 10,000円
交際費・娯楽費 40,000円
通信費 10,000円
日用品・消耗品代 10,000円
交通費 10,000円
合計 190,000円
貯金・予備費 30,000円

食費が4万円も確保できるので、たまにの外食はできます。貯金しない人なら、もう1万円食費にまわして自炊と外食を半々にしても良いです。

水道光熱費や通信費、交通費も1万円は確保できるので、無理して節約しなくても生活できます。

都内で家賃7万円だとどんなお部屋に住める?

都内で家賃7万円だと、一人暮らし向けのワンルーム・1Kのお部屋が探せます。

ただ、都心部である千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区・渋谷区は、築年数が古いアパートばかりなので、防犯性がやや低いです。

マンションタイプや築年数浅めのお部屋を探したいのであれば、練馬区や江戸川区などやや都心から離れた場所がおすすめです。

また、23区外であれば駅徒歩10分以内、築年数10年以内でも1DKや2Kとやや広めの間取りが見つかります。

家賃7万のお部屋に住んでいるのは30代男性が多い

家賃7万円のお部屋には、手取り約29万円の30代男性が多く住んでいる傾向にあります。地方では家賃7万円で少し広めのお部屋に家族で住んでいることが多いです。

一方、学生やOLの方、20代社会人の方は、家賃5~6万円のお部屋に住んでいることが多いです。

家賃が安いお部屋の探し方

虫眼鏡で家の置物を探すイメージ画
少しでも家賃が安いお部屋を探したい人向けに探し方をまとめました。ぜひ参考にしてください。

家賃相場が低いエリアを選ぶ

家賃相場が低いエリアを選べば、都内の主要駅周辺よりも家賃を1万円近くも抑えられます。

練馬区・板橋区・葛飾区・江戸川区・足立区は23区内でも家賃相場が低いです。

また、八王子市・調布市・町田市など23区外でお部屋を探せば、さらに家賃を抑えられます。

駅徒歩と築年数の条件は緩和する

駅徒歩の距離と築年数はできる限り緩和しましょう。駅徒歩5分と駅徒歩15分を比べると、家賃相場が5千円ほど違います。

また、築年数が古くてもリフォームされて内装が綺麗なお部屋があります。狙い目なのは、1980年代に流行った1DK・2DKの間取りです。

希望条件に優先順位をつけておく

お部屋探しの希望条件に優先順位をつけましょう。理想のお部屋が見つからなければ、優先順位の低い条件を緩和してください。

可能であれば、家賃以外に譲れない条件2つほどまで絞ると良いです。より多くのお部屋が見つかるので、家賃を限界まで抑えられます。

簡単にできる生活費節約5選

毎月の生活費を抑える方法も5つ紹介します。無理に意識しなくてもできることばかりです。

電力会社を選んで電気代を抑える

電気代は、電気の供給会社を選ぶだけでライフスタイルを変えずに利用料を抑えられます。

2016年4月1日から始まった電力自由化により、消費者が自由に電気代の安い会社が選べるようになりました!

電力会社によって、料金プランや割引キャンペーンがことなります。自分のライフスタイルに合った新電力に乗り換えるべきです。

一人暮らしの電力使用量では、月1,000円ほど節約になり年間10,000円以上お得になることがあります。

以下の記事では、新電力会社のおすすめランキングをご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

▶節約ならおすすめの新電力会社チェック!
 

都市ガスの物件を選んでガス代を抑える

プロパンガスではなく、都市ガスの物件を選べば毎月1,500円ほどガス代を抑えられます。

都市ガス プロパンガス
1㎥あたりの料金 314円 504円
5㎥使用した場合 1,570円 2,520円
基本料金 950円 1,574円
月額合計 2,520円 4,094円

都市ガスは公共料金なので、地域ごとで多少値段の差はあるものの、急な値上がりなどがなく値段がかなり安いです。一人暮らしに必要なコンロの火力も、十分にあります。

コスパの良い食材で自炊をする

コスパの良い食材で自炊をすれば、月の食費を3万円に抑えられます。

おすすめの食材は、モヤシ・キャベツ・タマネギ・ニンジン・豚こま肉・豆腐などです。

小麦粉・キャベツ・卵だけで簡単にできるお好み焼きは1食約60円ほど、じゃがいも・人参・玉ねぎ・豚肉で作るカレーは1食約300円ほどです。

自炊が苦手な人は、耐熱タッパを購入して電子レンジで出来る献立から始めてみると良いです。コンロより短時間で調理できるので、電気代の節約にもなります。

スマホのプランを見直すか格安SIMに変更

スマホのプランを見直すか格安SIMに変更すれば、毎月の通信代を約2,000~4,000円ほど抑えられます。

契約中のプランを、電話代や通信料を安いものにすれば1,000~2,000円は節約できます。大手キャリアから格安SIMに変更できれば、毎月4,000円ほどスマホ代を抑えられます。

また、お部屋にネット環境を整えている場合は、在宅中にWi-Fiの利用に切り替えることでスマホの通信料を減らせます。

エアコンの温度を一定にして電気代を抑える

エアコンの温度を夏は26度、冬は20度に固定すれば、毎月約1,200円も電気代を節約できます。

エアコンの温度は1度変更するだけで、13%も消費電力が増えます。

どうしても温度を変更したい場合は、長時間同じ温度設定すると良いです。

一人暮らしするまでに必要な費用目安

一人暮らしするまでに必要な費用目安は以下の通りです。家賃4万円なら最低33万円、家賃7万円なら最低46.5万円は必要です。

賃貸の初期費用 家賃4.5ヶ月~5ヶ月分
引っ越し費用 約5~7万円
家具家電購入費 約10~15万円

賃貸の初期費用は、敷金・礼金や仲介手数料など、お部屋を借りる際に必要なお金で、一般的に家賃の4.5ヶ月~5ヶ月分と言われています。

引っ越し費用は、引っ越し業者の利用料や自分で引っ越した際のレンタカー代です。

家具家電購入費は、新居に設置する家具や家電を新しく購入した際の費用です。

一括見積もりサイトで料金が安い業者を選ぶ

引越し費用は、1社のみに絞るよりも、複数の業者から見積もりをもらって比較したほうが費用を抑えられます。

その理由は、引越し費用には定価がないこととオプションが追加されているからです。

業者によっては料金が倍以上も変わるので、一括見積もりサイトを利用してたくさん見積もりを集めましょう。

特に「引越し侍」は一括見積もりサイトの中でも提携業者数が多いのでおすすめです。2020年10月現在で約310社と提携しています。

↓費用を安く抑えたいなら引っ越し侍↓

家電は新生活応援キャンペーンなどのセットを買う

新年度に向けて一人暮らしする人は、電気屋が1月~3月あたりに「新生活応援セット」などの名目で売り出しているセット品を買いましょう。

洗濯機・冷蔵庫・電子レンジの3点セットや、洗濯機・冷蔵庫・電子レンジ・炊飯器・掃除機の5点セットなどで売り出しています。

安いものだと3点で4万円、5点セットで4.5万円ほどです。また、電気屋によっては組み換え自由なセットを用意していることもあります。

また、電気屋によっては新居までの送料が無料になるキャンペーンをしているところもあります。送料無料であれば、購入店から新居まで直発送してもらいましょう。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識