お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

家賃5万円の初期費用はいくら?敷金礼金なしや限界まで削った費用例も紹介!

家賃5万円だと初期費用はどれくらい?のイメージイラスト

家賃5万円の初期費用はいくら?一人暮らしの初期費用は20万円あれば足りるの?という疑問を解決します!

家賃5万円の初期費用目安や、項目ごとの内訳、初期費用を抑えるコツも紹介します。

礼金なし、敷金礼金なし、限界まで削った場合の3パターンの初期費用シミュレーションもあるので、ぜひ参考にしてください。

家賃5万円の初期費用目安は約22.5~25万円

家賃5万円のお部屋の初期費用は約22.5~25万円です。初期費用の相場は、家賃4.5~5ヶ月分と言われています。

住むお部屋によって違いますが、おおよその内訳は以下の通りです。

敷金 家賃1ヶ月分
礼金 家賃1ヶ月分
仲介手数料 家賃1ヶ月分+税
保証会社利用料 家賃0.5~1ヶ月分
火災保険料 約15,000円
鍵交換費用 約15,000円
前家賃 家賃1ヶ月分
日割り家賃 入居日によって変動

項目については、のちほど解説します。

家賃に対する初期費用目安一覧

初期費用目安を、家賃別にまとめたので参考にしてください。

家賃4万円 約18~20万円
家賃5万円 約22.5~25万円
家賃6万円 約27~30万円
家賃7万円 約31.5~35万円
家賃8万円 約36~40万円

住むお部屋によって初期費用が変動するので、あくまで目安としてください。

▶初期費用が安い物件たくさん!
おすすめのお部屋探しサイトはこちら

そもそも初期費用ってなに?

初期費用とは、賃貸契約の手続きでかかる費用のことです。賃貸契約を締結させるときに必要になります。

それぞれの項目について、どんな費用なのか簡単に解説していきます。

敷金

敷金とは、大家さんに一時的に預けておくお金のことで、相場は家賃の1ヶ月分です。

敷金は、退去時の修繕費用や滞納してしまった家賃の支払いなどに充てられます。

他の費用とは違って大家さんへの預け金なので、修繕費用がかからない、家賃を滞納していない、といった場合は、退去時に返金されます。

礼金

礼金とは、入居する物件の大家さんに「入居させてくれてありがとう」という意味を込めて支払うお金のことです。

ほとんどの礼金は家賃1ヶ月分ですが、人気のお部屋は2ヶ月分だったり、逆に人気がないお部屋は礼金なしの場合があります。

仲介手数料

仲介手数料とは、お部屋の紹介や書類の作成など、部屋探しのサポートに対して不動産屋や仲介会社に支払う手数料のことです。

仲介手数料の相場は「家賃1ヶ月分+消費税」ですが、不動産屋によっては半額~無料のところもあります。

仲介不動産屋を通さずに大家さんと直接契約する場合は、仲介手数料は不要です。

保証会社利用料

保証会社利用料とは、連帯保証人の代わりになる会社を利用する費用のことです。

利用料は保証会社によって違いますが、初回の利用料が家賃0.5~1ヶ月分、1年後に更新料として1万円前後かかる場合が多いです。

ちなみに、連帯保証人のみで入居できるお部屋は、保証会社利用料は必要ありません。

火災保険料

火災保険料とは、火事や落雷で燃えた建物や家具を補償してくれる保険の費用です。火災保険に加入せずに入居できる物件はほぼありません。

平均相場は1.5万円ほどですが、保険内容や保険会社によって金額が変わります。

どの保険に加入するかは大家さんや不動産屋が指定していることがほとんどですが、まれに自分で選べる場合もあります。

鍵交換費用

鍵交換費用とは、前の入居者が使用していた鍵から自分が使用する鍵に交換する費用のことです。

鍵交換費用の相場は、一般的なディスクシリンダーキーの場合1.5万円ほどですが、ディンプルキーやカードキーのような特殊な鍵は2万円以上かかります。

前の入居者が同じ鍵で入室できないようにするための費用なので、新築の物件の場合は必要ありません。

前家賃

前家賃とは、家賃発生月の翌月の家賃のことです。4月に入居した場合、5月分の家賃が前家賃となって、初期費用に含まれます。

基本的に、家賃の1ヶ月分が相場ですが、大家さんによっては家賃2ヶ月分と決められているところもあるので、契約前に確認しましょう。

日割り家賃

日割り家賃とは、入居した日から月末までの日数で1ヶ月分の家賃を割った費用のことです。

例えば家賃7万円のお部屋に3月15日に入居した場合は、以下のように計算します。

70,000円÷31日=約2,258円(1日当たりの家賃)
31日-15日=16日(日割り家賃が必要な日数)
2,258円×16日=36,128円(日割り家賃)

計算方法は、大家さんや管理会社によって微妙に違うので、事前に確認しましょう。

一般的には「実日数割」「30日割」「31日割」と呼ばれる、いずれかで計算されます。

▶日割り家賃の計算方法の詳細はこちら

初期費用のシミュレーション

礼金なし、敷金・礼金なし、限界まで削った場合の3パターンで初期費用のシミュレーションを紹介します。

日割り家賃は入居日によって変動があるので、今回は15日入居で統一しています。入居日によっては、最大家賃1ヶ月分必要です。

礼金なしの場合は約26万円

礼金なしの場合は、家賃1ヶ月分の費用しか安くなりません。そのため、諸々の経費を細かく計算すると約26万円です。

敷金 50,000円
礼金 0円
仲介手数料 55,000円
保証会社利用料 50,000円
火災保険料 15,000円
鍵交換費用 15,000円
前家賃 50,000円
日割り家賃(15日入居) 25,792円
合計 260,792円

敷金・礼金なしの場合は約21万円

敷金・礼金なしの場合は、家賃2ヶ月分も費用を抑えられます。ただし敷金がないお部屋は、別途クリーニング代を請求される可能性が高いです。

敷金 0円
礼金 0円
仲介手数料 55,000円
保証会社利用料 50,000円
火災保険料 15,000円
鍵交換費用 15,000円
前家賃 50,000円
日割り家賃(15日入居) 25,792円
合計 210,792円

限界まで削った場合は約10.5万円

限界まで初期費用を削った場合は、約10.5万円ほどで済みます。

仲介手数料がかからない不動産屋で、敷金・礼金なし物件を探したうえで、連帯保証人のみで契約できるお部屋にしなければいけません。

敷金 0円
礼金 0円
仲介手数料 0円
保証会社利用料 0円
火災保険料 15,000円
鍵交換費用 15,000円
前家賃 50,000円
日割り家賃(15日入居) 25,792円
合計 105,792円

限界まで削った場合はお部屋を選り好みできないため、築年数がかなり古いアパートだったり、洗濯機置き場が外になど不便なことが多いです。

費用を抑えることだけではなく、自分ライフスタイルに合うかどうかも重視してお部屋を探すべきです。

初期費用を抑えるなら家賃の安いお部屋にすべき

初期費用は家賃を元に計算されるため、できるだけ家賃が安いお部屋を探すべきです。

どこに住むべきか、家賃が安くても住みやすいお部屋はどんな感じなのか気になる人は、ネット上の不動産屋「イエプラ」に相談してみましょう。

スマホがあればチャットやLINEですぐに相談できるので、来店不要でどこからでも不安を解消できます。深夜0時まで営業しているので、寝る前のちょっとした時間でも利用可能です。

SUUMOやHOME’Sに載っていない未公開物件を紹介してくれるので、物件の選択肢が広く、快適な一人暮らしが送れるお部屋を選べます!

イエプラはこちらから

初期費用を抑える5つの方法

初期費用を抑える方法を5つ紹介します。全部を網羅するのは困難なので、2つほど当てはまるお部屋を探してみてください。

・敷金、礼金がないお部屋を選ぶ
・仲介手数料が安い不動産屋を選ぶ
・連帯保証人のみで契約できるお部屋を選ぶ
・なるべく月初1日に入居する
・フリーレントがあるお部屋にする

敷金・礼金がないお部屋を選ぶ

敷金と礼金は相場が家賃1ヶ月分なので、敷金・礼金がないお部屋を選べば家賃2ヶ月分の費用が抑えられます。

ただし、敷金は退去時のお部屋の修繕費としての預り金なので、敷金なしのお部屋は別途クリーニング費用が掛かる場合が多いです。

仲介手数料が安い不動産屋を選ぶ

仲介手数料は、法律で最大家賃1ヶ月分+税と決められています。下限の決まりがないので、お店によっては無料~家賃0.5ヶ月分ほどのところもあります。

また、自社管理物件と呼ばれる不動産屋が直接管理している物件は、直接の案内になるため仲介手数料はかかりません。

連帯保証人のみで契約できるお部屋を選ぶ

連帯保証人のみで契約できるお部屋は、保証会社を利用しなくて良いので家賃1ヶ月分の費用が抑えられます。

ただし、首都圏の賃貸物件の8割ほどは保証会社必須になっているので、なかなか良いお部屋を見つけられません。

なるべく月初1日に入居する

1日に入居できれば、従来通りの家賃引き落としになるので前家賃は不要になることが多いです。

不動産屋に入居日を1日にできないか相談してみてください。もしくは、月末に近づけて日割り家賃の支払いが少なくなるよう交渉すると良いです。

フリーレントがあるお部屋にする

フリーレントがあるお部屋にすれば、大家さんが決めた期間の家賃がタダになります。

期間は大家さん次第ですが、数日~2ヶ月ほどの費用が浮きます。退去予定のお部屋と新居の2重家賃を防ぐメリットもあります。

クレジットカードで初期費用を分割できる場合がある

賃貸物件の初期費用の分割は、クレジットカード決済の対応をしている物件であれば分割払いできます。

不動産屋が一括払いにしか対応していない場合でも、カード会社のサービスで「あとから分割」や「あとからリボ」に変更可能です。

分割回数は不動産屋によって違いますが、基本的にクレジットカード会社が対応している分の分割が可能です。

例えば、三井住友VISAカードであれば、3回・5回・6回・10回・12回・15回・18回・20回・24回払いが可能です。

ただし、分割回数が多ければ多いほど、利子が高くなります。また、クレジットカード払いに対応している不動産会社は、全体の3割ほどしかありません。

特定のクレジットカードの発行を求められる場合がある

初期費用の分割に使用できるクレジットカードは、不動産屋が契約しているカード会社のものしか使えないので、持っていない場合は新しく作る必要があります。

新しくクレジットカードを作るとなると、カード会社の審査が必要なので普通の賃貸物件の入居審査の倍ほど時間がかかります。

ちなみにカード会社の審査に落ちると、現金で一括支払いしなくてはいけない場合が多いので、事前に確認しておきましょう。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識