お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

家賃滞納はいつまでセーフ?支払えない場合はどうなる?

お金

家賃滞納はいつまでセーフ?支払えない場合はどうなる?という疑問を解決します。家賃滞納から強制退去になる流れや、遅延損害金について、払えない場合の対処方法、保証会社と使っているとどうなるかなど、家賃滞納に関して細かく紹介します!

家賃滞納はいつまでセーフ?

家賃滞納はいつまでなら大丈夫かという明確な期限はありませんが、連帯保証人や家族にバレたくないのであれば「1ヶ月以内」です。

家賃滞納は、滞納した翌日から請求が始まりますが、まずは契約者本人に催促の電話・郵送で催促状が届きます。

そのため、1ヶ月以内に滞納した家賃の支払いを済ませれば、連帯保証人や家族にバレません。

ただし、1ヶ月以内に家賃を支払えばいい、というわけでもありません。

家賃滞納に気づいた時点で、すぐに管理会社や大家さんに事情を説明して滞納分を支払わないと、今後住み続けることが難しくなったり、新しいお部屋を借りれなくなります。

以下で、家賃滞納をするとどういう順番で連絡が入るかなど、詳しく説明していきます。

▶自分にピッタリなお部屋をチャットで探そう!

家賃滞納を放置すると最悪強制退去

家賃滞納を放置すると、最悪「強制退去」になり、お部屋に住み続けられなくなります。

以下の画像は、家賃滞納から強制退去までの流れと、目安期間を記載したものです。

家賃滞納から強制退去までの流れ

滞納翌日~1ヶ月以内に契約者本人に催促連絡が入ります。本人が滞納分の支払いに応じなかった場合は、次に連帯保証人に催促連絡、内容証明で通告、最終的に強制退去となります。

本人に催促の連絡が入る

家賃の支払いが数日~1週間くらい遅れると、管理会社や大家さんから催促の電話が入ります。

何かの理由で支払えないなら、きちんと電話に出て「どうしても払えない理由」と「いつまでに支払えるか」を伝えましょう。

大家さんは滞納した人の敵ではなく、家賃を払えるように一緒に考えてくれる味方です。督促状を出したり裁判するより、滞納した人がきちんと家賃を払える状況になったほうがお互いのためになるからです。

電話に出なかった、折り返しがなかった場合は郵送で催促状が届くので、必ずポストを確認してください。

連帯保証人に本人に催促の連絡が入る

本人が滞納分の支払いに応じなかった場合、滞納してから1~2か月後に連帯保証人に催促の連絡が入ります。

連帯保証人が家賃を立て替えるか、連帯保証人から本人に支払うよう動いてほしいという内容の連絡です。

動きが早い管理会社や大家さんの場合は、本人と連絡が取れなくなって2~3週間ほどで連帯保証人に連絡が行く場合もあります。

内容証明郵便で契約解除予告状が届く

家賃を滞納したまま3ヶ月ほど経つと、内容証明郵便で「契約解除予告状」が届きます。

契約解除予告状には「〇月×日までに滞納している家賃を支払わなければ賃貸契約を解除します」のような内容が記載されています。

内容証明郵便は受け取り記録が残る公的な証明書類なので、訴訟を起こす一歩手前だと認識しておきましょう。

裁判所経由で強制退去させられる

再三の催促にも応じなかった場合、滞納から約6ヶ月で「強制退去」となります。

滞納から3ヶ月過ぎると、まずは裁判所へ請求申し立て、その後に裁判所で少額訴訟の手続きがおこなわれるため約2ヶ月かかります。

そのため、滞納から約5ヶ月ほどで裁判所経由で強制退去命令、1ヶ月の立ち退猶予期間を経て、6ヶ月後に強制退去となります。

1ヶ月以内に立ち退かないと、お部屋にある家具や持ち物が全て撤去され、お部屋の鍵を差し替えられて住めないようになります。

また、裁判で家賃滞納分の支払いを命じる判決が出ていた場合は、立ち退きに合わせて、預金や給与、部屋の中にあった現金・骨董品・金券などの資産が差し押さえられる可能性があります。

家賃遅延損害金が発生する場合もある

家賃遅延損害金とは、家賃の滞納に対する罰金のことです。金額は以下の式で計算されます。

遅延損害金=滞納した家賃(円)×遅延損害金利率(%)×滞納日数(日)÷365日

例えば、家賃6万円の物件で家賃を1ヶ月分滞納し、遅延損害金利率が10%だった場合、6万円×10%×30日÷365日=約493円の遅延損害金が発生します。

滞納日数は家賃支払日の翌日からカウントされ、遅延損害金利率は年利14.6%以内であれば大家さんが自由に設定していいとされています。

遅延損害金は滞納日数1、2日程度では請求されず、2ヶ月以上遅れてしまうと請求される可能性が高いです。

上記の例ですと1ヶ月滞納しても遅延損害金は500円以下なので、金額は小さいですが滞納しないに越したことはありません。

家賃を滞納した・お金を払えない時の対処方法

電話のプッシュボタン

家賃を滞納してしまった、お金がなくて支払日に間に合わない時の対処方法を、3つ紹介します。

優先度が高い順に解説していくので、①は必ずおこなってください。

①大家さんへ連絡・相談する
②親族にお金を借りて家賃を支払う
③住宅救援給付制度を活用する

①大家さんへ連絡・相談する

家賃を滞納してしまったら、すぐに大家さんに家賃が支払えないことを説明して、家賃を支払う意思を伝えてください。

大家さんによりますが、給料日など支払い可能な期日を伝えると、支払いの期日を延ばしてくれることがあります。また、滞納分をすべて支払うことが難しい場合は、分割で支払わせてくれるかもしれません。

②親族にお金を借りて家賃を支払う

自力ではどうしようもない場合は、連帯保証人に連絡して立て替えてもらったり、親族などにお金を借りたりして支払いの目途を立てるべきです。

カードローンを利用するという方法もありますが、借金する相手が大家さんからカード会社に替わるだけです。カードローンのは金利もかかるので、借金を返すのがさらに大変になります。

③住宅救援給付制度を活用する

住宅救援給付制度とは、家賃の滞納で住む場所が無くなる可能性がある人に対する制度です。ただ、この制度を利用する条件として、以下9項目すべての要件に該当しなければなりません。

・離職後2年以内で65歳未満
・離職前は普通に生活できていた
・もう一度就職して働く意思がある
・ハローワークに求職申込みをする予定
・収入が一定金額以下しかない
・預貯金が一定金額以下しかない
・他に職業訓練受講給付金などを受けていない
・暴力団に関係していない

ちなみに、住宅救援給付制度の相談窓口は、お住いの役所の福祉課です。支給期間は原則3~9ヶ月です。

支給金額は住んでいる地域によって異なり、東京23区内の場合、月々53,700円(2018.2.28現在)の給付金を受け取ることができます。

保証会社を利用してると取り立てが厳しい

連帯保証人を立てずに保証会社を利用している場合は、家賃の取り立てがかなり厳しくなります。

その理由は、保証会社は連帯保証人や身内に連絡できず、本人とやり取りをするしかないからです。

そのため家賃を滞納した翌日~1ヶ月以内に、頻繁に電話や書面での催促が来ます。1ヶ月経過すると、管理会社の人が直接取り立てに来ます。

直接訪問をしても滞納分の支払いが取れない場合は、すぐに裁判所への連絡に切り替わるため、最大猶予は「3ヶ月」と考えたほうが良いです。

また、次に保証会社経由でお部屋を借りようと思っても、過去の滞納歴でブラックリストになっている可能性が高く、賃貸物件を借りれなくなってしまいます。

家賃滞納をすると信用情報に傷がつく

カードとお金が入れられた黒財布

家賃滞納をすると信販系の信用情報に傷がつくので、クレジットカードやローンなどで不利になります。

信用情報とは、金融機関が保有する情報で、クレジットカード・ローン・家賃・スマホ分割払いなど様々なお金の支払い状況や利用残高などの情報のことです。

全国銀行個人信用情報センター・CICなどの機関が信用情報を公開しており、審査などの際にこの情報を元に支払い能力があるかを確認します。

過去に家賃滞納していると、滞納履歴を調べられるため将来的にクレジットカードやローンなどで不利になります。

また、信販系といわれる保証会社を利用してお部屋を借りる場合は、保証会社が信用情報を確認できるので審査に落ちる可能性が高いです。

家賃滞納に関するQ&A

家賃滞納に関する疑問を、Q&A形式でまとめました。回答する疑問内容は、以下です。

・家賃滞納分は敷金で補填できないの?
・短期間の家賃滞納を繰り返すとどうなる?
・家賃滞納歴は5年で持効って本当?
・家賃滞納したら無断で鍵交換されるって本当?

家賃滞納分は敷金で補填できないの?

敷金は、基本的に退去時の原状回復費用のための預かり金なので、滞納分の家賃に回すことはできません。

また、敷金の使い道は管理会社や大家さんが決めることなので、契約者本人が敷金で補填してほしいとお願いしてもできません。

ごくまれに敷金で補填するという場合がありますが、そういうケースは後日別で敷金を請求される可能性があります。ただしレアケースなので、敷金は当てにしてはいけません。

短期間の家賃滞納を繰り返すとどうなる?

短期間の家賃滞納を繰り返すと、管理会社や大家さんとの信頼関係が崩れるため、お部屋に住み続けにくくなります。

場合によっては、毎回遅れているので更新してほしくないと大家さんから直接言われる可能性も少なくありません。

また、管理会社や大家さんは横の繋がりを持っているので、別のお部屋を借りようとした際に不利になる可能性もあります。

毎回家賃支払い日に遅れるようであれば、口座から自動引き落としにして振込忘れのないよう工夫してください。

もしくは、家賃が安いお部屋に引っ越したほうが良いかもしれません。

家賃滞納歴は5年で持効って本当?

一般的には、家賃滞納歴の持効は5年とされています。

ただし、少額訴訟や強制退去を受けている場合は、裁判履歴が残るため判決から10年までは家賃滞納歴が残ります。

そのため家賃滞納の支払い義務から逃れるには、自己破産申し立てをするケースがほとんどです。

家賃滞納したら無断で鍵交換されるって本当?

家賃を滞納したら無断で鍵交換されるケースがあるようですが、賃貸契約書に明記されていても法的には認められません。

過去に無断で鍵交換をしてトラブルになったケースもありますが、管理会社や大家さんの独断で交換することはできないので、すぐに法テラスなどに相談しましょう。

ただし、裁判所から強制退去命令が出たうえ、退去猶予期間を過ぎた場合は法的に鍵を交換される可能性があります。

家賃を滞納しないためにできること

通帳と電卓と家の置物
家賃の滞納は、事前に防げる場合が多いです。家賃を滞納しないために、以下の2つに注意しておきましょう。

収入に見合った部屋を借りる

家賃が収入の3分の1くらいで、連帯保証人や家賃保証会社を利用すれば、賃貸契約を結ぶのは簡単です。

しかし、毎月の出費が多い人や、フリーター、派遣社員などの収入が少ない人は、手取りの3分の1を家賃に充ててしまうと生活がかなり苦しくなります。

家賃を滞納する危険がある人は、収入の4分の1や5分の1に家賃を抑え、生活費に余裕を持たせて滞納のリスクを減らしましょう。

自動口座引き落としで払い忘れを防止

自動引き落としで家賃を支払えば、払い忘れを事前に防げます。契約時に家賃の支払い方法を選べることがあるので、選べる場合は必ず自動引き落としにしましょう。

大家さんによっては、自動引き落としではなく手動での振り込みや現金の手渡しでしか受け付けてくれない場合があります。この場合は、給料が入るのと同時に家賃を引き落として、毎日目につく場所に保管しておくと良いです。

家賃滞納でトラブルになったら専門機関に相談する

家賃滞納でトラブルになったら、焦らず専門機関に相談したほうが的確な意見がもらえます。

相談先 相談方法 受付時間
国民生活センター 電話相談 平日11~13時
日本賃貸住宅管理協会 メール・FAX・郵送 平日10~17時
消費生活センター(各自治体のHP) 電話・窓口相談 平日(※対応時間は役所により異なる)

国民生活センターと日本賃貸住宅管理協会は、問い合わせページのリンクを付けているのでそれぞれのサイトで確認してください。

消費生活センターは、住んでいる地域の自治体ホームページを確認しましょう。

どの機関も相談は無料なので、まずは「家賃滞納に関して困っているので相談に乗ってほしい」と伝えてください。プロの担当が親身に回答してくれます。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識