お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

賃貸の退去費用を徹底解説!費用の相場や安くする方法を公開!

10549386083381

退去費用っていくらかかるの?そもそもどういう費用なの?という疑問を解決します!

間取り別の退去費用の平均金額や実例とともに「退去費用とは何か」を解説していきます。

安く抑える方法も紹介するので、退去費用が高額になりそうで不安という人はぜひ参考にしてください!

退去費用に関する解説漫画

退去費用とは

退去費用とは、「原状回復費用」と「室内のクリーニング費用」の2つを合わせたものです。

退去費用は、入居時に預けた敷金から清算されます。金額が敷金以下だった場合、差額が返金されます。

敷金から退去費用が精算される図

敷金なしの物件に住んでいた場合、退去時に費用を直接請求されます。

間取り別の退去費用の相場

退去費用は、間取りや室内の状況によって大きく金額が変わります。そのため、明確な「相場」は存在しません。

無人契約機検索サイト「アトムくん」がおこなったアンケート調査によると、間取りごと退去費用の平均額は以下の通りです。

間取り 退去費用の平均
ワンルーム、1K、1DK、1LDK 49,980円
2K、2DK、2LDK 79,924円
3DK、3LDK、4K、4DK、4LDK 90,139円

出典:https://www.fnn.jp/articles/-/25377

退去費用は、お部屋の数が多くなるほど高くなります。

室内の状態が悪いと退去費用が高くなる

退去費用が高くなる原因の例

室内の壁や床、設備の状態が悪いと、退去費用が高くなります。具体的には、上の図のような「入居者がわざと付けた傷・汚れ」や「使い方を誤ったせいで壊れた設備」がある場合です。

故意過失による部分の修理費用は、入居者が負担しなければいけないからです。

逆に、こまめに掃除し、室内や設備を適切に使っていれば、退去費用を安く抑えられます。

原状回復費用とは

退去費用に含まれる原状回復費用とは、住んでいたお部屋を借りた時の状態に戻すための修繕費用です。

原状回復費用は、入居者だけでなく大家さんも負担します。どちらが何を負担するかは、国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」で以下のように定められています。

入居者が負担する費用は、故意や過失(わざと、うっかり)によって壊れたり汚れた部分です。経年劣化や普通に使っていて壊れたり汚れたりした部分は、大家さんが負担します。

以下は、ガイドラインによって定められている負担区分の一例です。

入居者の負担 大家さんの負担
・引っ越し作業でついた傷
・冷蔵庫下のサビ
・フローリングの色落ち
・フローリングのワックス
・家具の設置によるへこみ
・床や畳の日焼け
・台所の油汚れ
・結露によるカビ
・水漏れによる腐食
・タバコなどのヤニ、臭い
・くぎ穴、ネジ穴
・落書き
・電気ヤケによる黒ずみ
・画鋲やピンなどの穴
・設備設置による穴、跡
・クロスの日焼け

・ペットのつけた傷、臭い
・落書き
・破損していない網戸の張り替え
・地震等の災害で破損したガラス
・熱割れにより破損した網入りガラス
設備
建具
・キッチンの油汚れ、すす
・水回りの水垢、カビ
・設備の破損、故障
・エアコンの内部洗浄
・機器の寿命による設備の故障

原状回復費用の負担が入居者か大家さんになるかは、汚れや損耗・毀損、の程度によってもことなります。

退去費用が高額にならないためにも、普段から室内の掃除をしておきましょう。

原状回復費用の相場

原状回復の補修費用の相場は以下の通りです。

補修する内容や工事が必要な部分の広さによって金額がことなります。

工事内容 相場
クロスの張替え(㎡) 800~1,000円
フローリングの張替え(㎡) 2,000~3,000円
襖の張替え(枚) 1,500~2,500円
網戸の張替え(枚) 2,000~3,000円
水垢やカビの除去(浴室) 10,000~25,000円
油汚れの除去(キッチン) 15,000~25,000円
汚れの除去(トイレ) 5,000~10,000円

壁紙やフローリングの費用は、張替えが必要な広さ(㎡)によって計算されます。全面的に張替えが必要な場合は、金額が高くなります。

また、特殊な材料や薬品を必要とする原状回復も、その分の費用が追加されます。

原状回復費用が高額になりやすい設備や箇所

原状回復費用が高額になりやすく、特に注意すべき設備や箇所の修繕費用をまとめました。

費用を安く抑えたい人は、以下の箇所・設備は丁寧に扱いましょう。

修繕費用の目安
キッチンの油汚れの清掃 15,000〜25,000円
壁の下地ボードの取り替え 25,000~60,000円
壁紙の張り替え(全面/6畳) 30,000~40,000円
柱の修繕 10,000~40,000円
カーペットの張り替え 40,000~60,000円
フローリングの張り替え 80,000~120,000円

壁紙の張り替えは高額なので注意が必要です。たばこを吸う人やペットを飼う人は特に高額になりやすいです。

なお、上記の金額は業者によって異なります。あくまで目安として参考にしてください。

マル秘イエプラバナー

室内のクリーニング費用とは

退去費用に含まれるクリーニング費用とは、専門業者による室内の清掃費用のことです。

室内クリーニングは、入居者が日常的におこなう清掃とはことなり、専門業者によって主に以下の清掃がおこなわれます。

・壁紙や床の清掃
・床のワックスがけ
・エアコンの内部清掃
・水回りの清掃
・換気扇の清掃

室内クリーニングは、次の入居者に良い印象をもってもらうことが目的でおこなわれます。

大家さんによって、どこまで室内クリーニングをするかことなりますが、お部屋が広くなるほどクリーニング費用が高くなります。

室内クリーニング費用の相場

室内のクリーニング費用は、お部屋の広さによって金額が変わります。

以下は、間取り別のクリーニング費用の相場です。同じ間取りでも面積によって金額が変わるので、あくまで目安として見てください。

クリーニング費用
ワンルーム、1K 15,000~30,000円
1DK、1LDK 30,000~40,000円
2DK、2LDK 30,000~70,000円
3DK、3LDK 50,000~85,000円
4DK、4LDK 70,000~100,000円

室内クリーニング費用は、時期によってもことなります。

賃貸業界の繁忙期(1~3月)は、退去する人が多くなるので清掃業者も人件費を上げています。

また、清掃業者の手配や、クリーニングの内容は大家さんや管理会社が決めています。二重に費用がかかるため、勝手に安い業者を手配するのはやめましょう。

どうしても自分自身で業者を選びたい場合は、大家さんや管理会社に相談しましょう。

退去費用をなるべく安く抑える方法

退去費用をできるだけ安く抑える方法を7つ紹介します。

いずれも実践しやすいので、できるだけ全て実践してみましょう。

・最初からあった傷や汚れを記録しておく
・できるだけ室内に傷をつけない
・室内の設備は大切に扱う
・毎日念入りに掃除をする
・室内でたばこを吸わない
・退去立ち合い前に自分で掃除する
・管理会社に直接交渉する

最初からあった傷や汚れを記録しておく

入居前・当日に、自分がつけていない傷や汚れを発見した場合、必ず記録しておきましょう。

写真を撮り、不動産屋に報告すればOKです。

不動産屋によっては、お部屋の鍵と一緒に「現況確認書」を渡されます。現況確認書には、お部屋の間取りが記載されているので、該当箇所にどんな傷やへこみがあるか記入できます。

入居をはじめてから1週間~10日間ほどを過ぎると、傷やへこみはなかったとみなされる可能性があります。不動産屋への報告は早めに対応するようにしてください。

できるだけ床や壁に傷をつけない

室内の壁や床になるべく傷をつけないよう、注意して生活しましょう。

特にフローリングの床は傷がつきやすいので注意です。椅子を引いたり、重い物を落とすとすぐに傷がつきます。

カーペットやラグを敷いたり、椅子の足に保護カバーを付ければ傷を防げます。

また、壁に物を貼る・取り付ける際は、なるべく傷が残らないグッズを使いましょう。シールタイプの「コマンドフック」がおすすめです。

室内の設備は大切に扱う

入居者の故意過失によって壊さないよう、エアコンや給湯器などの室内設備は大切に扱いましょう。

エアコンのフィルター交換をこまめにしたり、給湯器の周りに物を置かなければ滅多に壊れません。

なお、経年劣化による故障を大家さんに報告せず、そのまま放置するのはやめましょう。報告する義務を怠ったとして、修繕費用を請求される可能性があります。

毎日必ず換気・掃除をする

掃除や換気をする人のイラスト
カビやシミが残らないよう、換気と掃除を徹底しましょう。

特に、結露しやすい窓付近・冷蔵庫付近の床や壁は注意です。発生したカビが壁紙の奥まで浸透すると、なかなか落とせません。

定期的にお部屋を換気し、隅々までお部屋を掃除すれば、クリーニング費用も原状回復費用も安く抑えられます。

室内でたばこを吸わない

たばこのヤニによる汚れや臭いを防ぐために、室内でたばこを吸うのは控えましょう。

どうしてもたばこを我慢できない人は、毎日消臭剤を使い、こまめに換気しましょう。少しでも臭いがマシになります。

退去立ち合い前に自分で掃除する

退去立ち合い前に、できるだけお部屋を綺麗に掃除しておきましょう。

水回りや、冷蔵庫・掃除機の下など、普段は掃除しない部分を重点的に掃除すると良いです。

以下は、特に掃除すべきポイントです。

・キッチンの油汚れ
・洗面台や鏡の水垢、黄ばみ
・タイルやサッシの黒ずみ・カビ
・壁紙の汚れ

掃除するタイミングは、家具や段ボールを全て運び出した後がオススメです。

管理会社に直接交渉する

請求された退去費用が高いと感じたら、管理会社に直接連絡し、値下げ交渉してみましょう。

退去費用は多めに見積もった金額で請求されることが多いです。交渉次第で数万円下がることも珍しくありません。

交渉の際には、ただ漠然と「納得がいかない」と伝えるのではなく、国土交通省のガイドラインを持ち出すと効果的です。

ガイドライン上に書いてある内容と照らし合わせ、本当に合っているのかどうか聞けば、対応してくれます。

退去費用は居住年数が長いと安くなる

入居者負担になる傷や汚れであっても、居住している年数が長いと請求金額は安くなります。

壁紙や床材、設備などには「耐用年数」が決まっており、年数が経つほど価値が下がっていくからです。

耐用年数は設備によって変わります。以下は、主な設備の耐用年数です。

耐用年数 設備
5年 流し台
6年 壁紙、カーペット、エアコン、インターホンなど
8年 書棚、たんす、戸棚などの金属製ではない家具
15年 便器、洗面台の給排水設備、金属製の家具など

例えば、修繕に約3万円かかるクロス(壁紙)の耐用年数と負担割合は、以下のグラフのようになります。

耐久年数と負担割合の変化のグラフ

新品のクロスを張り替える場合は100%の負担ですが、3年後(点A)では50%に下がります。

また、6年経過後には0%まで下がるので、入居者はほとんど費用を負担しなくて済みます。

ただし、上記はあくまで目安です。悪質な汚損・破損については、割合が変わる場合があるので注意です。

特約によって入居者負担になることがある

退去費用は、国土交通省のガイドラインによって、入居者と大家さんが負担するべき項目が分けられています。

しかし、賃貸契約ではガイドラインより特約が優先されて、入居者負担になることがあります。賃貸契約の特約は必ず確認するようにしましょう。

入居者が注意すべき特約内容は以下の4つです。

・室内クリーニング特約
・原状回復費用の特約
・敷引き特約
・ペット飼育の特約

それぞれの特約の内容と注意点について詳しく解説します。

室内クリーニング特約

国土交通省のガイドラインでは、室内のクリーニング費用は、大家さんが負担するべきと記載されています。

しかし、入居者が退去時に負担するのがほとんどです。多くの賃貸契約で、クリーニング費用を入居者負担とする「クリーニング特約」が定められているからです。

日常的に掃除をおこなっていても、退去時には室内クリーニングが入るので、契約時にクリーニング費用がいくらになるか確認しましょう。

原状回復費用の特約

原状回復費用を契約時に定めておく特約です。契約書には「退去時の原状回復費用は〇万円とする」などと記載されています。

補修する必要があまりないように見えても、原状回復の費用が請求されてしまいます。

一般には、敷金の金額を原状回復費用の特約として、退去時に敷金の返金がないのがほとんどです。

敷引き特約

敷引きとは、敷金のなかから退去費用を差し引くことです。

特約で敷引きが「家賃1ヶ月」となっている場合は、退去時に敷金から1ヶ月分が差し引かれてしまいます。

原状回復費用の特約と内容は同じですが、いくら差し引かれるかは確認しておきましょう。

ペット飼育の特約

ペット飼育が可能な物件に付いていることが多い特約です。

特約に「ペットによって傷ついた壁や床の修理費、消臭費用を入居者が負担する」などと記載されています。

傷の他にも、臭いについても入居者の負担となる場合があるので注意しましょう。

退去費用のバックレは不可能

退去費用の支払いは、ガイドラインと契約上で義務化されています。そのため、払わずにバックレることはできません。

もし払わないまま放置していると、必ず大家さんか管理会社から連絡が来ます。最悪の場合、裁判に発展します。

ガイドラインを読んでも納得できない・あまりにも高額な費用を請求されている場合は、消費生活センターに相談しましょう。

「消費者ホットライン」に電話をかければ、最寄りの消費生活相談窓口を案内してくれます。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESで見つからない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で使える更新が早い物件情報サイトを、みなさんが無料で見れるように手配してくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

チャットでお部屋を探す


follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について