お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

賃貸の火災保険は絶対入らないといけないの?安く抑える方法は?

賃貸の火災保険は絶対入らないといけないの?のイメージイラスト

賃貸の火災保険は入らないといけないの?という疑問を解決します!指定された保険以外でも加入できるのかどうかや、火災保険料を抑える方法も紹介します!火災保険料以外の項目で賃貸契約の初期費用を抑える方法も合わせて紹介します!

賃貸契約の際の火災保険は基本的に必須

火災保険イメージ
賃貸物件に入居する際は、ほとんどの場合で火災保険への加入が必須です。

法律上は、火災保険の加入は強制ではありませんが、ほとんどの大家さんは火災保険への加入を契約の必須条件にしています。

保険に加入していない入居者が火災などを起こしても保険金がおりないため、お部屋の修繕費用を大家さんが負担することになってしまう可能性が高いためです。

つまり、火災保険に入らなくても法律上の問題は無いが、そもそも大家さんが入居を許してくれないのでほぼ強制加入と同じということになります。

火災保険で保証される内容は?

火災保険で保証される内容は、大きく分けて「自分の家財」と「物件の原状回復費用」です。家具や衣服などの家財が、火事や落雷などの災害で破損した際に補償してくれます。

また、お部屋が火事で焼けてしまったとしても、大家さんに対する「原状回復義務」は残ります。

原状回復とは、退去時に入居した時の状態に戻すことで、保険に入らずに火災に遭ってしまうと、数千万円の費用がかかることもあります。

火災保険に入っていれば、火災が起こった際の原状回復費用も負担してくれるので、入居者にとっても大家さんにとっても、必須の保険です。

▶自分にピッタリなお部屋をチャットで探そう!

指定された保険じゃなくても良い?

火災保険の内容は基本的に大家さんや管理会社が指定している場合がほとんどですが、物件によっては自分で選んだ保険会社に加入できる場合があります。

もし自分でプランや保険会社を選びたい場合は、指定されていない物件を探すか、大家さんや管理会社に交渉してみましょう。まれに、交渉に乗ってくれる場合があります。

ただし、自分で選べるとしても大家さんから「借家人賠償2000万円以上のプランのみ」など、条件を提示されることが多いので、自分の希望通りのプランを選べない可能性は高いです。

火災保険料を抑える2つの方法

火災保険料を抑える方法を2つ紹介します。ただし、2つとも火災保険を自分で選べることが前提なので、指定された保険会社しか利用できない物件では利用できません。

不動産屋に相談して、保険会社を変更できるなら以下の方法を試してみてください。

比較サイトで見積もりを取る

火災保険料を比較できるサイトを利用して、複数の保険会社の見積もりを取りましょう。中から保険料が安い会社を選ぶと良いです。

また、火災保険には、近隣の家に火が燃え広がった場合など、損害を与えた場合の費用を補償する「失火見舞金費用補償特約」などのオプションがついている場合があります。

特約が多いほど保険料は高くなるので、必要な特約以外は外して見積もりを取りましょう。

ネットで申し込む

ネットで販売されている保険は、仲介となる代理店の手数料がかからないため、店頭で契約するよりも安い場合があります。

店頭に行くよりも手間がかかりませんし、クレジットカード払いなら申し込んだその場で契約が完了するので、自分で保険を探すならネットで探すのがおすすめです。

火災保険料以外で初期費用を抑える方法

火災保険の値段を下げるよりも、火災保険以外の初期費用を抑えたほうが入居費用を抑えられることが多いです。以下の項目で、初期費用を抑える方法を4つ紹介します。

礼金なし物件に入居する

礼金とは、入居する物件の大家さんに謝礼の意味を込めて支払うお金なので、礼金が無い物件だとしてもデメリットはありません。

また、礼金は大家さんや管理会社への交渉によって安くしてもらえる場合もあるので、礼金があるけどどうしても住みたいお部屋を見つけた、という人は交渉してみると良いでしょう。

▶礼金の値下げ交渉について詳細はこちら

フリーレントをつけてもらう

フリーレントとは「無料で借りる」という意味で、1~2ヶ月分の家賃が無料になるキャンペーンのことを指します。

初期費用として支払う翌月分の家賃が無料になるので、初期費用を家賃の1ヶ月分近く安くできます。

▶フリーレントについて詳細はこちら

連帯保証人のみで審査できる部屋にする

連帯保証人のみで審査できるお部屋は、保証会社を利用する必要がないので、保証会社の使用料が必要ありません。

ただし、保証会社無しで入居できる物件は年々減少しているので、引っ越したいエリアで連帯保証人のみの物件を見つけるのは難しい可能性が高いです。

初期費用を分割で支払う

不動産屋によっては、初期費用をクレジットカードで支払える場合があります。クレジットカードで支払えば、分割払いにして一度に大金を支払う負担を減らせます。

ただし、不動産屋によって利用できるカードの種類が違います。

そのため、分割払いを検討している場合は、不動産屋にまず「自分のカードを利用できるか」を確認する必要があります。

▶初期費用分割について詳細はこちら

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

最近、流行している、お部屋探しから内見までを店舗に行かずに自宅にいながら完結できるおすすめの不動産屋サービスを2つ紹介します!

①イエプラ

イエプラは、空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を紹介してくれるサービスです。

自分の住みたい部屋を、店舗に行かずに文章でやりとりしながら見つけたい人におすすめです!

②家AGENTオンライン

家AGENTオンラインは、ビデオ通話で物件の紹介から内見まで、すべて自宅で完結できるサービスです。

自分の住みたい部屋を、店舗に行かずに画面越しのスタッフと直接相談しながら見つけたい人におすすめです!

好きな方を利用してみよう

どちらもSUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で使える信頼性の高い物件情報サイトから紹介してくれます。

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋へ行く時間がない人にもおすすめです!

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識