お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

手取り30万円の家賃目安はいくら?一人暮らしの生活費をタイプ別で紹介!

手取り30万円の家賃目安はいくら?のイメージイラスト

手取り30万円の家賃目安はどのくらい?月収だといくら?貯金はできる?という疑問を解決します!収入に合ったお部屋を探すコツや、手取り30万円の人のタイプ別の生活費のシミュレーション、生活費の節約方法、家賃を抑えるコツも紹介します!

手取り30万円の家賃目安は10万円

手取り30万円の人は、手取りの3分の1である「10万円」以内が理想の家賃目安です。

手取りの3分の1を超えてしまうと、食費や娯楽費を削らないと生活できなくなるうえ、貯金が一切できません。

また、冠婚葬祭や病気などで急な出費があった月は、お金が足りなくなり生活が苦しくなります。酷いときには、モヤシやカップ麺生活をしなければいけません。

家賃10万円に収めれば毎月約5万円は貯金できる

手取り30万円の人は、目安である家賃10万円に収められれば、毎月5万円、1年で60万円ほどの貯金が可能です。

以下は、一人暮らしの平均生活費で1ヶ月の支出を計算したものです。

家賃 100,000円
食費 45,000円
水道光熱費 12,000円
娯楽費・交際費 50,000円
通信費 12,000円
交通費 10,000円
日用品・消耗品代 15,000円
合計 244,000円
貯金・予備費 56,000円

さらに貯金したい人は、家賃や食費を抑えるべきです。また、貯金額はしないのでその分を娯楽費に回すなど、自分の生活スタイルに合わせて計算してみてください。

手取り30万円前後の家賃目安早見表

手取り30万円に近い人の家賃目安を早見表にしました。昇給などを考えて、近い給料の家賃目安も把握しておきましょう。

青い文字をタップすると、それぞれの家賃の生活についての解説に移動できます。

家賃目安
手取り28万円 93,000円
手取り29万円 97,000円
手取り30万円 100,000円
手取り31万円 103,000円
手取り32万円 107,000円

▶未公開物件が無料で見られる!
おすすめのお部屋探しサイトはこちら

手取り30万円になるのは月収が約38万円の人

毎月の手取りが30万円になるのは、月収38万円前後ある人です。年収は約456万円です。

下記の例のように、給与からは税金や保険料、年金などが引かれます。

月収38万円の控除額と手取り額の例
厚生年金保険料 34,000円
健康保険料 18,000円
雇用保険料 1,150円
所得税(源泉徴収税額) 10,380円
住民税 16,000円
月の手取り額 300,470円

※東京都豊島区の正規雇用会社員の例

月収と手取り額を混同して、月収30万円の人が家賃10万円の物件に住んでしまうと貯金が少なくなるので、必ず確認しておくべきです。

ちなみに、新卒社会人は1年目は住民税がかかりません。そのため、2年目から引かれる住民税を差し引いた分から、家賃や生活費を計算するようにしましょう。

でないと、2年目からなぜか給料が下がった、生活費がなぜか足りなくなったと勘違いしてしまいます。

収入にあったお部屋を探すコツ

ネット上の不動産屋「イエプラ」なら、スキマ時間にチャットやLINEで「予算〇万円だけど合うお部屋はあるか」など、要望を送るだけでピッタリのお部屋を探してくれます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

わざわざ不動産屋に行く時間が無い、スタッフと対面で話すのが苦手、一人暮らしが初めてで何もわからないから気軽に相談したいという人にもおすすめです。

イエプラはこちらから

手取り30万円の生活費シミュレーション

手取り30万円の人がどんな生活を送っているのか聞いてみたので、毎月の生活費シミュレーションを一緒に紹介します。

今回紹介するタイプは、以下の3名です。

・節約を意識していない平凡な男性
・飲み会が多く食費や交際費がかさむ男性
・貯金を多くするようにしている女性

節約を意識していない平凡な男性

施工管理(30代前半)
男性のアイコン・東京都墨田区に在住
・家賃9.6万円の1DK
・自炊と外食半々
・特に節約も貯金も意識していない
家賃 96,000円
食費 55,000円
水道光熱費 12,000円
娯楽費・交際費 60,000円
通信費 14,000円
交通費 15,000円
衣類・日用消耗品代 15,000円
合計 267,000円
貯金・予備費 33,000円

墨田区に在住の男性は、特に節約も貯金も意識せず毎月を過ごしているそうですが、結構ゆとりのある一人暮らしが送れています。

食事は、自炊するときもありますが、面倒になったり友人に誘われると外食するそうなので、月5.5万円ほどです。

娯楽・交際費も月5万円ありますが、それでも毎月3万円ほど残るので、予備費として貯金しています。

無駄遣いしない、適正家賃内に収めることさえすれば、毎月貯金できるほど余裕があります。

飲み会が多く食費や交際費がかさむ男性

SES営業(20代後半)
男性のアイコン・東京都練馬区に在住
・家賃6.8万円の1K
・ほぼ外食
・会社の付き合いで飲み会が多い
家賃 68,000円
食費 80,000円
水道光熱費 10,000円
娯楽費・交際費 90,000円
通信費 15,000円
交通費 15,000円
衣類・日用消耗品代 10,000円
合計 288,000円
貯金・予備費 12,000円

練馬区に在住の男性は、営業職なので会社や取引先との付き合いで飲みに行くことがかなり多いため、月の食費が8万円前後、娯楽・交際費が9万円前後です。

休日は、家でゲームをしているか寝ているかなので、あまり娯楽費はかかっていません。つまり、ほとんどが交際費で消えています。

ただし、家賃を7万円以下に抑えることで、無理して節約しなくとも手取り30万円には収まっているそうです。

貯金を多くするようにしている女性

WEB広告運用(20代後半)
女性のアイコン・東京都江東区に在住
・家賃7.5万円の1Kのお部屋
・食事はほぼ自炊でたまに外食
・飲み会は月に2~3回ほど
家賃 75,000円
食費 35,000円
水道光熱費 12,000円
娯楽費・交際費 50,000円
通信費 14,000円
交通費 10,000円
衣類・日用消耗品代 15,000円
合計 211,000円
貯金・予備費 89,000円

江東区に在住の女性は、家賃と食費を抑えて、余った分を貯金に回しています。そのため、毎月8万円ほど貯金できています。

食事はまれに外食しますが、ほぼ自炊しているため月3.5万円いないに収まっています。

それ以外の節約は「迷ったものは買わないようにする」ことしか意識してないそうですが、それでも毎月の生活費が約21万円です。

貯金を多くしたい人は、まず毎月必ずかかる家賃を抑え、次になるべく食費を削るようにしてみましょう。

手取り30万円の人がやるべき節約

少しでも生活費を抑えたい人は、これから紹介する方法をすべておこなえば、毎月の出費を抑えられます。

・都市ガスの物件を選んでガス代を抑える
・スマホのプランを見直すか格安SIMに変更
・エアコンの温度を一定にして電気代を抑える

都市ガスの物件を選んでガス代を抑える

プロパンガスではなく、都市ガスの物件を選べば毎月1,500円ほどガス代を抑えられます。

都市ガス プロパンガス
1㎥あたりの料金 314円 504円
5㎥使用した場合 1,570円 2,520円
基本料金 950円 1,574円
月額合計 2,520円 4,094円

都市ガスは公共料金なので、地域ごとで多少値段の差はあるものの、急な値上がりなどがなく値段がかなり安いです。一人暮らしに必要なコンロの火力も、十分にあります。

スマホのプランを見直すか格安SIMに変更

スマホのプランを見直すか、格安SIMに変更すれば、毎月約2,000~4,000円ほど節約できます。

契約中のプランを見直して、使っていない分の電話代や通信代を削れば、毎月1,000~2,000円ほど抑えられます。

キャリアを変更できる人は、格安SIMにすればスマホ代が毎月4,000円ほど安くなります。

また、お部屋のインターネットを、スマホと同時契約にすることで、別々に契約するよりもお得になるケースが多いです。

エアコンの温度を一定にして電気代を抑える

エアコンの温度を夏は26度、冬は20度に固定するだけで、毎月の電気代が約1,200円も節約できます。

エアコンの温度は1度変更するだけで、13%も消費電力が増えると言われています。どうしても温度を変更したい場合は、長時間同じ温度設定にしましょう。

ちなみに寝る時はタイマーより、つけっぱなしのほうが消費電力が少なくお得です。

生活費より家賃を抑えたほうがラク

生活費を抑えるなら、毎月決まって支払う必要がある家賃を抑えるべきです。安いお部屋に住んでしまえば、毎月の固定費自体抑えられるので、無理に節約する必要はありません。

駅徒歩15分ほど・築年数指定なし・室内洗濯機置き場の条件のみで探せば、家賃5万円台のお部屋が見つかります。

東京都内であれば練馬区・葛飾区・足立区、名古屋であれば八事・本山、大阪であれば住吉区・平野区などの地域は、家賃相場が低めです。

家賃を1万円ほど抑えられれば、娯楽費を増やしたり貯金に回せます。無理やり生活費を見直して、節約をする必要がありません。

また、敷金や礼金が0円のお部屋や、仲介手数料が安い不動産屋を選べば、引っ越しに必要な初期費用も抑えられます。

家賃が安いお部屋を探すなら「イエプラ」はおすすめ

一人暮らし向けの、家賃が安くて質が良い物件を探すには、チャット不動産「イエプラ」がおすすめです!

スキマ時間にチャットやLINEで「予算〇万円だけど合うお部屋はあるか」など、要望を送るだけでピッタリのお部屋を探してくれます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

また、プロのスタッフが深夜0時までチャットやLINEで対応しているので、寝る前のちょっとした時間であっても、家賃や間取り、買い物環境などについて相談できます!

イエプラはこちらから
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識