お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

手取り22万の一人暮らし!家賃目安や月の貯金額はどれくらい?

手取り22万円の女の子のイメージイラスト

手取り22万円で一人暮らしの家賃目安はどれくらいなのか、手取り22万円前後の家賃目安早見表や、生活費モデルを大公開!どれくらい貯金できるのか、節約するための3つのポイント、お部屋探しのときの注意点も紹介します!

手取り22万の家賃目安は7.3万円

手取り22万円で一人暮らしする場合、家賃目安は7.3万円くらいです。8万円~9万円まで家賃を上げると、生活費が家賃で圧迫されて、貯金しづらいです。

家賃の目安は手取りの3分の1です。家賃を手取りの3分の1である7.3万円に抑えれば、節約しなくても貯金ができるくらい、お金に余裕のある生活ができます。

▶家賃目安の考え方の解説はこちら

▶未公開物件が無料で見られる!
おすすめのお部屋探しサイトはこちら

同じくらいの手取りの家賃目安早見表

手取り22万円に近い手取りの、家賃目安の早見表です。昇給なども考えて、近い手取りの家賃目安も把握しておきましょう。青い文字をタップすると、手取りごとの家賃目安についての詳細を見ることができます。

月の手取り 家賃目安
21万円 70,000円
22万円 73,000円
23万円 77,000円
24万円 80,000円

手取り22万円の生活費モデル

実際に、手取り22万円で一人暮らしをしている方の生活費を紹介します。

こちらの方は、家賃が少し高いお部屋に住んでいます。その分、自炊したり飲み会を控えたりして、食費を抑えています。

家賃 73,000円
食費 30,000円
水道光熱費 12,000円
スマホやネット代 15,000円
衣類や日用品 20,000円
交際費・娯楽費 20,000円
合計 170,000円

▶300人に聞いた生活費の内訳はこちら

節約すれば毎月5~6万円貯金できる!

節約すれば、毎月5~6万円は貯金できます。1年間続けられれば、70万円前後は貯まります。

ボーナスは予定外の出費のために貯めておくべき

予定外の出費があったときのために、ボーナスは貯金しておくべきです。入院や冠婚葬祭など、急な出費は意外と多いです。

貯金するには定期預金がおすすめ

定期預金とは、一定の金額を自動的に貯金する方法なので、「定期預金分は使えない」という前提で生活費をやりくりできます。

定期預金はすぐには引き落とせない仕組みなので、つい使ってしまう、という事態の予防になります。

節約するための3つのポイント!

手取り22万円の人が節約して、旅行などにお金を使ったり、貯金したりするための方法を3つご紹介します。

①毎月かかる固定費を安くする
②家計簿をつけて無駄な出費を減らす
③外食ではなく自炊を増やす

①毎月かかる固定費を安くする

家賃やスマホ代など、月々固定でかかる費用の見直しは、節約するのにかなり効果的です。手取り22万円の場合、7.3万円ほどが適性の家賃ですが、6万円に抑えれば、月々1.3万円の余裕が見込めます。

スマホ代は、大手キャリアから格安SIMに乗り換えれば、約8,000円ほど安くなる場合があります。ただ、電話が使えなくなったりすることがあるので注意が必要です。

家賃を抑えたうえで質が良いお部屋を探すなら、不動産屋専用の物件情報サイトからお部屋を探してくれるネット営業の不動産屋「イエプラ」がおすすめです。

イエプラはこちらから

②家計簿をつけて無駄な出費を減らす

家計簿をつければ、何にどれくらいお金を使ったのかが分かるので、無駄な出費を減らしやすいです。

③外食を減らして自炊を増やす

食費を抑えるためには自炊が一番良いです。毎日コンビ二で買う人は、毎日自炊している人に比べ、食費が2倍くらいかかります。

お部屋探しでは条件を絞り過ぎないようにするべき

少しでも家賃を抑えるためには、お部屋の条件を絞り過ぎないことが重要です。条件を絞れば絞るほど、家賃はどんどん高くなります。

家賃7.3万円だと1DKの部屋は築年数が古い

東京23区内で家賃7.3万円の部屋だと、1DK以上のお部屋のほとんどは、築年数が30年以上経っています。都心から電車で1時間以上離れれば、1DKや1LDKでも、築年数が浅くてきれいなお部屋があります。

一人暮らしするまでに必要な費用目安

一人暮らしするまでに必要な費用目安は以下の通りです。家賃4万円なら最低33万円、家賃7万円なら最低46.5万円は必要です。

賃貸の初期費用 家賃4.5ヶ月~5ヶ月分
引っ越し費用 約5~7万円
家具家電購入費 約10~15万円

賃貸の初期費用は、敷金・礼金や仲介手数料など、お部屋を借りる際に必要なお金で、一般的に家賃の4.5ヶ月~5ヶ月分と言われています。

引っ越し費用は、引っ越し業者の利用料や自分で引っ越した際のレンタカー代です。

家具家電購入費は、新居に設置する家具や家電を新しく購入した際の費用です。

一括見積もりサイトで料金が安い業者を選ぶ

引越し費用は、1社のみに絞るよりも、複数の業者から見積もりをもらって比較したほうが費用を抑えられます。

その理由は、引越し費用には定価がないこととオプションが追加されているからです。

業者によっては料金が倍以上も変わるので、一括見積もりサイトを利用してたくさん見積もりを集めましょう。

特に「引越し侍」は一括見積もりサイトの中でも提携業者数が多いのでおすすめです。2020年10月現在で約310社と提携しています。

家電は新生活応援キャンペーンなどのセットを買う

新年度に向けて一人暮らしする人は、電気屋が1月~3月あたりに「新生活応援セット」などの名目で売り出しているセット品を買いましょう。

洗濯機・冷蔵庫・電子レンジの3点セットや、洗濯機・冷蔵庫・電子レンジ・炊飯器・掃除機の5点セットなどで売り出しています。

安いものだと3点で4万円、5点セットで4.5万円ほどです。また、電気屋によっては組み換え自由なセットを用意していることもあります。

また、電気屋によっては新居までの送料が無料になるキャンペーンをしているところもあります。送料無料であれば、購入店から新居まで直発送してもらいましょう。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識