お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

手取り20万円で一人暮らしはきつい?家賃目安や貯金額について紹介!

手取り20万円の家賃のイメージイラスト

手取り20万円の家賃目安を紹介します!家賃をいくらに収めれば一人暮らししてもきつくないのか、毎月いくら貯金できるのかも紹介します。

自炊派と外食派の生活費例比較や、手取り20万円の人向けの節約方法もあるので、ぜひ参考にしてください。

手取り20万円で一人暮らしするなら家賃は6.7万円

手取り20万円の場合、家賃目安を手取りの3分の1である「6.7万円」以内に収めれば、生活費を切り詰めなくても一人暮らしできます。

家賃6.7万円以上のお部屋を選んだ場合、食費や娯楽費を削らないといけなくなるうえ、冠婚葬祭や職場の飲みなどの急な出費の時にお金が足りなくなってしまいます。

東京23区であれば足立区・練馬区・葛飾区など、大阪市内であれば平野区・住吉区・住之江区などの家賃相場が低いエリアを選べば、余裕のある暮らしができます。

ちなみに、駅徒歩10分~15分ほど離れた場所や、築年数が古めのアパートで探せば、さらに家賃が安いお部屋が見つかりやすいです。

手取り20万円前後の家賃目安早見表

手取り20万円に近い人の家賃目安を早見表にしました。昇給などを考えて、近い給料の家賃目安も把握しておきましょう。

青い文字をタップすると、それぞれの家賃の生活についての解説に移動できます。

家賃目安
手取り18万円 60,000円
手取り19万円 63,000円
手取り20万円 67,000円
手取り21万円 70,000円
手取り22万円 73,000円

▶未公開物件が無料で見られる!
おすすめのお部屋探しサイトはこちら

手取り20万円あれば毎月3万円の貯金が可能

手取り20万円あれば、毎月3万円ほどの貯金ができます。ただし、無駄遣いは一切できません。

下記に、手取り20万円の生活費例をまとめてみました。あくまでも目安なので、生活スタイルによって必要な生活費が変わります。

家賃 67,000円
食費 30,000円
水道光熱費 10,000円
娯楽費・交際費 30,000円
通信費 10,000円
交通費 10,000円
衣類・日用消耗品代 13,000円
合計 170,000円

毎月の出費が17万円なので、残りの3万円を貯金に回せる計算です。

毎月3万円の貯金をするためには、3食自炊をして食費を3万円以内に抑える、飲みや友人と遊びに行く回数を減らして娯楽費を3万円以内に抑えなくてはいけません。

ちなみに、水道光熱費は一人暮らしだと毎月約1万円かかるので、頑張って節約しようと考えても限度があります。

手取り20万円になるのは月収25万円前後の人

毎月の手取りが20万円になるのは、月収25万円前後ある人です。年収は約300万円です。

下記の例のように、給与からは税金や保険料、年金などが引かれます。

月収25万円の控除額と手取り額の例
厚生年金保険料 23,000円
健康保険料 12,800円
雇用保険料 900円
所得税(源泉徴収税額) 4,700円
住民税 6,700円
月の手取り額 201,900円

※東京都豊島区の正規雇用会社員の例

月収と手取り額を混同して、月収18万円の人が家賃6万円の物件に住んでしまうとお金が足りなくなるので、必ず確認しておくべきです。

ちなみに、新卒社会人は1年目は住民税がかかりません。そのため、2年目から引かれる住民税を差し引いた分から、家賃や生活費を計算するようにしましょう。

でないと、2年目からなぜか給料が下がった、生活費がなぜか足りなくなったと勘違いしてしまいます。

手取り20万円だと我慢も必要になる

手取り20万円で一人暮らしするためには、無駄使いを徹底的になくさなければいけないので、我慢が必要になります。

下記に、普通に生活していた場合の毎月の生活費を、自炊派と外食派に分けてシミュレーションしてみました。貯金することを考えてると、ギリギリの生活になります。

自炊派 外食派
家賃 67,000円 67,000円
食費 30,000円 50,000円
水道光熱費 10,000円 10,000円
交際費・娯楽費 30,000円 30,000円
通信費 10,000円 10,000円
交通費 10,000円 10,000円
衣類・日用消耗品代 13,000円 13,000円
合計 170,000円 190,000円

手取り20万円で無理なく一人暮らしをするなら、次に紹介することを我慢しましょう。

車やバイクの所持

車やバイクは我慢すべきです。ガソリン代やメンテナンス代など諸々の費用が掛かり、原付バイクで毎月約5~8千円ほど、軽自動車で毎月2万円ほどの出費になります。

また東京都内であれば、駐車代が高くなるのでさらに出費が多くなり、毎月の家賃を支払う余裕がなくなる可能性があります。

月2回以上の飲み会

友達や会社での自腹の飲み会は、月2回以内に抑えないと、毎月の出費が多くて一人暮らしできなくなります。

飲み会1回につき5~8千円消費してしまうので、もし月2回以上の飲み会に参加した場合は、毎日の食費や娯楽費をギリギリまで削らなくてはいけないハメになります。

衝動買いは厳禁

手取り20万円の人は、衝動買いは厳禁です。とくに、ストレスが溜まると無性に買い物がしたくなる人は、要注意です。

あれもこれも買ってしまうと、お金がいくらあっても足りません。本当に必要なものだけに絞って購入し、無駄な出費は徹底的に省きましょう。

浪費癖がある人は、その日に使っても良いお金のみ持ち歩くなど、工夫してください。

ギャンブルやスマホゲームの課金

パチンコや競馬、スマホゲームの課金は絶対しないようにしましょう。

1度で出ていくお金が多いうえ、負けず嫌いの人は依存症になりやすくすぐにお金が無くなります。下手をすれば、家賃を払えない事態に陥るので一人暮らしどころではありません。

ちなみに、今紹介したことをすべてやってしまうと毎月24~28万円近くの出費になり、自分の手取り額を超えてしまいます。一人暮らしをするなら、絶対に我慢すべきです。

生活費を抑えるなら家賃が安いお部屋にすべき

生活費を抑えるなら、毎月決まって支払う必要がある家賃を先に抑えるべきです。安いお部屋に住んでしまえば、毎月の固定費自体抑えられるので、無理に節約する必要はありません。

日々の出費を抑える節約は、人によっては面倒でストレスを感じたり、うまくいかずに止めることが多いので、固定費である家賃を安く済ませて、快適な生活を送りましょう。

家賃が安いお部屋を探すなら「イエプラ」はおすすめ

一人暮らし向けの、家賃が安くて質が良い物件を探すには、チャット不動産「イエプラ」がおすすめです!

イエプラは、SUUMOやHOME’Sに載っていない未公開物件を紹介してくれるので、物件の選択肢が広く、快適な一人暮らしが送れるお部屋を選べます!

また、プロのスタッフが深夜0時までチャットやLINEで対応しているので、寝る前のちょっとした時間であっても、家賃や間取り、買い物環境などについて相談できます!

イエプラでお部屋を探す 

手取り20万円の人がやるべき5つの節約

豚の貯金箱と紙幣と硬貨
手取り20万円の人がやるべき節約を、5つ紹介します。すべての節約をおこなえば、娯楽費や貯金額を増やせるうえ、生活に余裕が出ます。

・なるべくコスパの良い食材で自炊する
・都市ガスの物件を選んでガス代を抑える
・スマホのプランを見直すか格安SIMに変更
・エアコンの温度を一定にして電気代を抑える
・タップ式コンセントにして待機電力を減らす

なるべくコスパの良い食材で自炊する

コスパの良い食材で1日3食自炊すれば、毎月の食費を3万円以下に収めることができます。

小麦粉・キャベツ・卵だけで簡単にできるお好み焼きは1食約60円ほど、じゃがいも・人参・玉ねぎ・豚肉で作るカレーは1食約300円ほどです。

コスパの良い食材例
もやし:1袋10~20円
豆腐:1パック20~30円
パスタ麺:1袋100~200円
納豆:3パックセット50~150円
鶏胸肉:100g70円
ひき肉:100g60円
キャベツ:半玉200円
じゃがいも:1個25~35円
人参:1個35~45円
たまご:1パック100~200円

また、特売品を狙ったり、業務用スーパーでまとめ買いすれば、数百円ほど出費を抑えられます。日々の節約が大切なので、少しでも安いスーパーで食材を買いましょう。

都市ガスの物件を選んでガス代を抑える

プロパンガスではなく、都市ガスの物件を選べば毎月1,500円ほどガス代を抑えられます。

都市ガス プロパンガス
1㎥あたりの料金 314円 504円
5㎥使用した場合 1,570円 2,520円
基本料金 950円 1,574円
月額合計 2,520円 4,094円

スマホのプランを見直すか格安SIMに変更

スマホのプランを見直すか格安SIMに変更すれば、毎月の通信代を約2,000~4,000円ほど抑えられます。

契約中のプランを、電話代や通信料を安いものにすれば1,000~2,000円は節約できます。大手キャリアから格安SIMに変更できれば、毎月4,000円ほどスマホ代を抑えられます。

また、お部屋にネット環境を整えている場合は、在宅中にWi-Fiの利用に切り替えることでスマホの通信料を減らせます。

エアコンの温度を一定にして電気代を抑える

エアコンの温度を夏は26度、冬は20度に固定すれば、毎月約1,200円も電気代を節約できます。

エアコンの温度は1度変更するだけで、13%も消費電力が増えると言われているので、どうしても温度を変更したい場合は、長時間同じ温度設定にしましょう。

タップ式コンセントにして待機電力を減らす

タップ式の延長コンセントにして、使用していない家電製品の電源をオフすれば、毎月150円ほどの電気代を節約できます。

とくに消費電力が多い、テレビ・ブルーレイレコーダー・パソコン・ドライヤーは、寝ている間だけでも良いので、オフにしましょう。

いちいち消すのが面倒、月150円ほどなら別に良いと思いがちですが、1年で1,800円、5年で9,000円になるので、こまめな節約が大切です。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちら
3部門でNo.1 3部門でNo.1
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識