お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

手取り19万円の家賃目安はいくら?一人暮らしの毎月の生活費例も紹介!

手取り19万で一人暮らしするなら家賃はいくら?のイメージイラスト

手取り19万円だったら家賃はいくらにするべき?家賃目安をオーバーしたら生活できない?という疑問を解決します!

本来あるべき理想の生活費内訳や、実際にどんな生活になるのかも詳しく解説していきます。

手取り19万円の家賃目安は約6.3万円

手取り19万円の家賃目安は約6.3万円です。これは「手取り金額の3分の1」です。

手取り19万円になるのは、月収約24万円・年収約290万円の人です。総支給・月収で考えてしまうと、税金や保険料などの差し引き分が足りなくなります。

23区内で家賃6.3万円の物件を探すとなると、建物が古かったり面積が狭かったり都心から離れていたりします。

また、3点ユニットバスの物件が多いので「絶対バストイレ別が良い!」などのこだわりは捨てたほうが良いです。

ちなみに、管理費・共益費を含めた「総家賃」で予算を決めてください。どちらも家賃引き落とし日にまとめて支払うお金です。

家賃6.3万円だとギリギリの生活になる

手取り19万円で家賃6.3万円のお部屋に住むと、毎月の生活費がギリギリです。

なるべく安いスーパーで買い物をしたり、節約ごはんを作って食費を浮かせたりしないといけません。

また、冠婚葬祭や体調を崩した際の医療費など、急な出費には対応できません。

以下は、家賃6.3万円と7.5万円の生活費比較です。家賃以外の内訳は同じ金額にしています。

家賃6.3万円の場合 家賃7.5万円の場合
食費 35,000円 35,000円
水道光熱費 10,000円 10,000円
交際費・娯楽費 40,000円 40,000円
スマホ・ネット代 12,000円 12,000円
日用消耗品代 8,000円 8,000円
交通費 10,000円 10,000円
合計 178,000円 190,000円
貯金・予備費 12,000円 0円

手取り19万円なら家賃7.5万円のお部屋にも住めなくはないですが、少しでも使い過ぎたらすぐに赤字になります。

貯金をしたり余裕のある生活を送るなら、目安の6.3万円以内に家賃を抑えたほうが良いです。

実際は限界まで家賃を抑える人が多い

家賃目安が手取りの3分の1とは言っても、実際は限界まで抑えている人のほうが多いです。

毎月の固定費をできるだけ抑えておかないと、イレギュラーで発生した出費に対応できないからです。

同窓会のお誘いや友人の結婚式、飲みの誘いやスマホの故障など、いつどんな形でお金が掛かるかわかりません。

ギリギリの生活だとちょっとした出費でも生活できなくなるので、余裕が欲しいなら家賃を「手取りの4分の1」に抑えたほうが良いです。

▶未公開物件が無料で見られる!
おすすめのお部屋探しサイトはこちら

家賃6.3万円の物件に住んだ人の生活費例

手取り19万円で家賃6.3万円のお部屋に住んだ人の生活費をシミュレーションしてみました。

自炊派と外食派に分けて、生活費を紹介していきます。

自炊派は毎月の生活費が約16.8万円

自炊派の人は、毎月の生活費を16.8万円に抑えられます。

手取り19万円の人でも、毎月2万円以上は貯金ができる計算です。

家賃 63,000円
食費 25,000円
水道光熱費 10,000円
交際費・娯楽費 40,000円
スマホ・ネット代 12,000円
日用消耗品代 8,000円
交通費 10,000円
合計 168,000円
予備費・貯金 22,000円

普段から自炊をする人でも、食費を2.5万円に抑えるのはかなり大変です。

近所のお店を調べてスーパーと八百屋を使い分けたり、特売セールの日にまとめ買いをしたり、できる限りの工夫をしたほうが良いです。

食費を浮かせられれば、そのぶん貯金にまわしたり友達と遊びに行ったりもできるので、余裕のある生活ができます。

外食派は毎月の生活費が約19万円

外食派の人は、毎月の生活費が約19万円です。

一切余裕がないので、貯金ができないどころか生活費が足りなくなる恐れもあります。

家賃 63,000円
食費 47,000円
水道光熱費 8,000円
交際費・娯楽費 40,000円
スマホ・ネット代 12,000円
日用消耗品代 8,000円
交通費 10,000円
合計 188,000円
予備費・貯金 2,000円

外食派の人でも生活はできますが、牛丼屋などの安いお店を選んだり、ランチをワンコインで済ませたりしないと生活が厳しいです。

料理をしないので水道・ガスなどの光熱費は安くなりますが、抑えられる金額は微々たるものです。

自炊をしたくない人は、食費以外の費用も削らないと余裕のある生活はできません。

家賃を抑えると生活費が多めに確保できる

毎月の固定費である家賃を抑えられれば、生活費が増えるので一人暮らしがラクになります。

ただ、家賃の安さだけを重視すると住みにくいお部屋に当たることがあるので、不動産屋に相談して理想のお部屋を見つけましょう!

ネット上の不動産屋「イエプラ」なら、来店しなくともスマホからチャットやLINEで相談するだけで、自分好みのお部屋が探せます。

不動産業者専用のサイトからスタッフが探してくれるので、SUUMOやHOME’Sに載っていない未公開物件も紹介してくれます。

「家賃〇万円以下で駅に近い物件はある?」「家賃が安いエリアが知りたい!」など気軽に相談できます。深夜0時まで営業しているので、寝る前のちょっとした時間でも問い合わせできます。

イエプラはこちらから

家賃が安いお部屋の探し方

以下の3つのことに気を付けてお部屋を探すと、相場よりも安いお部屋が見つかりやすいです。

・家賃相場が低いエリアを狙う
・各駅停車の駅を狙う
・駅徒歩や築年数などの条件を緩和する

家賃相場が低いエリアを狙う

安い物件を探すなら、家賃相場が低いエリアを狙ったほうが良いです。

東京23区内なら「葛飾・足立・練馬・板橋」の家賃相場が低いので、できるだけ家賃を抑えたい人におすすめです。

各駅停車の駅を狙う

各停しかとまらない駅は人気がないので、急行が停まる駅より家賃相場が安いことが多く狙い目です。

とくに「快速」や「特急」がある路線だと人気の差が激しく、各停駅の周辺に安い物件が多いです。

駅徒歩や築年数などの条件を緩和する

物件へのこだわり条件を緩和するだけでも、安いお部屋はたくさん出てきます。

駅徒歩10分以内で探してるところを15分以内にしたり、鉄筋が理想だけど木造もOKにしてみるだけで安い物件はかなり増えます。

とくに、リフォーム済みの物件は新築のようなキレイさでも築年数が古く表示されてしまうので、築年数に気を取られると良い物件を見落としやすいです。

毎月の生活費を抑える方法

毎月の生活費を抑えるために、簡単にできる節約方法をいくつか紹介します。一人暮らしの人は、是非試してみてください。

・都市ガスのお部屋を選ぶ
・コスパの良い食材で自炊をする
・エアコンの温度を一定に保つ
・格安SIMのスマホに変更する
・タップ式のコンセントにして待機電力を抑える

都市ガスのお部屋を選ぶ

プロパンガスではなく、都市ガスのお部屋を選びましょう。都市ガスは公共料金なので、金額が一定なうえ、急な値上がりはありません。

以下の表は、都市ガスとプロパンガスの料金の違いをまとめたものです。、一人暮らしの人が平均的に使用する1ヶ月のガスの量(5㎥)で計算しています。

都市ガス プロパンガス
1㎥あたりの料金 314円 504円
5㎥使用した場合 1,570円 2,520円
基本料金 750円 1,574円
月額合計 2,320円 4,094円

コスパの良い食材で自炊をする

コスパの良い食材で自炊をすれば、1食300円ほどに収められます。とくに使い勝手の良い、安い食材の一部をまとめました。

もやし:1袋10~20円
豆腐:1パック20~30円
パスタ麺:1袋100~200円
納豆:3パックセット50~150円
鶏胸肉:100g70円
ひき肉:100g60円
キャベツ:半玉200円
じゃがいも:1個25~35円
人参:1個35~45円
たまご:1パック100~200円

カレーやシチュー、お好み焼き、ハンバーグ、ポトフなどは、上記の食材メインで作れます。

エアコンの温度を一定に保つ

エアコンの温度設定を夏は26度、冬は20度で固定するだけで、年間で約15,000円も電気代を節約できます。

エアコンは設定温度を1度変えるだけで、13%も電力の消費量が変わります。どうしても温度を変えたい場合は、なるべく長時間、同じ温度設定にしましょう。

格安SIMのスマホに変更する

大手の携帯会社だと利用料金は6,000円以上かかりますが、格安SIMであれば3,000円前後まで固定費を下げられます。

キャリアにこだわりがある人は、契約中のプランを見直して、電話代や通信料を安いものにすれば1,000~2,000円は節約できます。

タップ式のコンセントにして待機電力を抑える

タップ式の延長コンセントにして、使用していない家電製品の電源をオフにしてください。毎月150~300円ほど、電気代を節約できます。

とくに消費電力が多い、テレビ・ブルーレイレコーダー・パソコン・ドライヤーは、寝ている時間だけでもオフにすべきです。

手取り19万円で一人暮らししている人の体験談

実際に手取り19万円で一人暮らししてる人の体験談を集めました。

どんなお部屋に住んでいるのか、毎月の生活はどんな感じになるのか、ぜひ参考にしてみてください。

家賃6.1万円のワンルーム(豊島区)
女性のアイコン家賃6.1万円のワンルームに住んでます。家賃保証が少しだけ出るから職場の近くに住みました。本当は1Kくらいの広さが良かったけど、職場の周辺は家賃相場が高いから仕方ないですね。節約しながらたまに貯金できるくらいの生活です。(20代前半/女性)
家賃7.2万円の1K(世田谷区)
男性のアイコン下北沢が大好きでよく遊びに行ってたので、歩ける距離で家を探しました!下北沢までは徒歩20分以上掛かっちゃうんですけど、2つ隣の東松原までは徒歩4分で行けるので何かと便利ですね!ただ、家賃が結構高めなので毎月かなり節約してます。(20代後半/男性)
家賃5.6万円のワンルーム(板橋区)
女性のアイコン不動産屋のスタッフに「とにかく家賃を抑えたい」と伝えたら、板橋区を勧められたので今の物件にしました。安い割りには駅から歩いて10分くらいだし、築浅ではないけど古すぎないしちょうど良い感じです。お風呂とトイレは一緒だけど、一人暮らしだからあんまり気にならないですね。家賃が手取りの4分の1くらいに抑えられてるから貯金もできるし、生活にはだいぶ余裕があります。(女性/30代前半)

家賃が目安の6.3万円以内に抑えられてる人は、貯金ができるくらいの生活を送れています。

逆に家賃目安を超えてしまった人は、常に節約を意識しないと生活がままならない状況のようです。

家賃を抑えて余裕のある生活をするか、理想のために我慢しながら生活するか、よく考えてから自分に合った家賃の部屋を探しましょう。

一人暮らしするまでに必要な費用目安

一人暮らしするまでに必要な費用目安は以下の通りです。家賃6.3万円なら最低50万円は準備しておきましょう。

賃貸の初期費用 家賃4.5ヶ月~5ヶ月分
引っ越し費用 約5~7万円
家具家電購入費 約10~15万円

賃貸の初期費用は、敷金・礼金や仲介手数料など、お部屋を借りる際に必要なお金で、一般的に家賃の4.5ヶ月~5ヶ月分と言われています。

引っ越し費用は、引っ越し業者の利用料や自分で引っ越した際のレンタカー代です。家具家電購入費は、新居に設置する家具や家電を新しく購入した際の費用です。

引っ越し業者は相見積もりで決める

引っ越し業者は「相見積もり」と言って、複数の業者から見積を貰もらい、比較して1番安いところを選ぶと良いです。

業者同士がお客を獲得するために価格競争をするので、正規の値段よりもかなり値下げしてもらいます。

また「A社は〇円だったので、同じくらいの金額でやってもらえないか」など、金額の交渉もしやすくなります。

とくに「引越し侍 」は一括見積もりサイトの中でも提携業者数が多いのでおすすめです。2020年10月現在で約310社と提携しています。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識