お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

手取り18万円の家賃目安|月収や一人暮らしの毎月の生活費も紹介!

手取り18万円の女の子のイメージイラスト

手取り18万円の家賃目安はどのくらい?月収だといくらの人?という疑問を解決します!収入に合ったお部屋を探すコツや、毎月の生活費目安、手取り18万円の人はどのくらいの家賃のお部屋に住んでいるか、貯金のために家賃を抑える方法も紹介します!

手取り18万円の家賃目安は6万円

手取り18万円で一人暮らしする場合、家賃目安は約6万円です。この家賃目安は、手取りの3分の1で計算しています。

一般的な家賃目安は年収の3分の1と言われていますが、保険料や年金などが控除されて手元に残るお金が少ないので、すでに控除されている手取りで家賃目安を考えるべきです。

手取り18万円で家賃6万円を超えると、家賃を支払い続けるのが難しくなり、一人暮らしを諦めるか、家賃が安いお部屋に引っ越さなければいけません。

ちなみに家賃は、毎月支払う管理費・共益費を含めた「総家賃」で考えるべきです。

もし家賃のみで考えてしまうと、生活費から無理矢理やりくりをして管理費・共益費を出さなければいけません。

目安家賃を超えると生活が厳しくなる

手取り18万円で家賃目安を超えると、食費や交際費を節約しないと満足に貯金できないうえに、無駄遣いした月は赤字になってしまう場合が多いです。

以下の表は、家賃目安の6万円で生活した場合と、目安より1万円高い7万円のお部屋で生活した場合の生活費の比較です。

家賃6万円の場合 家賃7万円の場合
食費 32,000円 32,000円
水道光熱費 10,000円 10,000円
交際費・娯楽費 30,000円 30,000円
通信費 10,000円 10,000円
日用品・消耗品代 8,000円 8,000円
交通費 8,000円 8,000円
合計 158,000円 168,000円

家賃を1万円上げただけでも、かなりギリギリになります。家賃7万円のお部屋に住んでしまうと、急な出費に対応できないうえ、貯金ができません。

家賃目安内の6万円に収めたとしても約2.2万円ほどしか手元に残らないので、毎月決まった金額の貯金は難しいです。

手取り18万円前後の家賃目安早見表

手取り18万円に近い人の家賃目安を早見表にしました。昇給などを考えて、近い給料の家賃目安も把握しておきましょう。

青い文字をタップすると、それぞれの家賃の生活についての解説に移動できます。

家賃目安
手取り16万円 53,000円
手取り17万円 57,000円
手取り18万円 60,000円
手取り19万円 63,000円
手取り20万円 67,000円

▶未公開物件が無料で見られる!
おすすめのお部屋探しサイトはこちら

手取り18万円になるのは月収が約23万円の人

毎月の手取り額が18万円になるのは、月収が23万円前後の人です。年収に換算すると約276万円です。

下記の例のように、給与からは税金や保険料、年金などが引かれます。あくまで例なので、多少、金額に前後はあります。

月収23万円の控除額と手取り額の例
厚生年金保険料 22,000円
健康保険料 12,000円
雇用保険料 570円
所得税(源泉徴収税額) 4,600円
住民税 6,700円
月の手取り額 184,130円

※東京都豊島区の正規雇用会社員の例

月収と手取り額を混同して、月収18万円の人が家賃6万円の物件に住んでしまうとお金が足りなくなるので、必ず確認しておくべきです。

ちなみに、新卒社会人は1年目は住民税がかかりません。そのため、2年目から引かれる住民税を差し引いた分から、家賃や生活費を計算するようにしましょう。

でないと、2年目からなぜか給料が下がった、生活費がなぜか足りなくなったと勘違いしてしまいます。

収入にあったお部屋を探すコツ

ネット上の不動産屋「イエプラ」なら、スキマ時間にチャットやLINEで「予算★万円だけど合うお部屋はあるか」など、要望を送るだけでピッタリのお部屋を探してくれます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

わざわざ不動産屋に行く時間が無い、スタッフと対面で話すのが苦手、一人暮らしが初めてで何もわからないから気軽に相談したいという人にもおすすめです。

イエプラでお部屋を探す

手取り18万円の場合の月々の生活費目安

手取り18万円の場合の月々の生活費目安を紹介します。

家賃 60,000円
食費 35,000円
水道光熱費 10,000円
交際費・娯楽費 40,000円
通信費 10,000円
日用品・消耗品代 10,000円
交通費 10,000円
合計 175,000円

生活費の内訳の中で、交通費以外の項目について紹介します。合わせて節約方法も紹介するので、出来ることから試してみてください。

食費は3.5万円以内

食費を月3.5万円以内に収めるためには、基本1日3食自炊しなければいけません。

ただし、高級食材や料理に使わない無駄な食材を買わなければ、無理矢理節約レシピで料理する必要はありません。

また、たまにの外食ができるだけの余裕があります。ただし1食1,000円を超える外食は、出費が跳ね上がるので控えたほうが良いです。

水道光熱費は1万円以内

一人暮らしの水道光熱費平均は、水道代が約2,000円、電気代が約5,000円、ガス代が約3,000円ほどなどで、無駄遣いしなければ月1万円以内に収まります。

水道代は、シャワーの出しっぱなしや、浴槽にお湯を張る回数を減らせば、月1,600円ほどです。

電気代は、エアコンの温度を夏は26度、冬は20度に固定したり、タップ式延長コードで使わない家電のスイッチをオフにすれば、月4,000円ほどになります。

ガス代は、もともとのガス料金が安い「都市ガス」のお部屋を選びましょう。プロパンガスより月2000円ほど安くなります。

入居後にガス会社を変えたい場合は?

入居後に「ガス会社を変更したい!」と思ったときは、ネット上の一括見積もりサービスを使うのがおすすめです。

【ガスチョイス】というサイトは、都市ガスとプロパンガスの両方に対応した比較サイトです。見積もりだけでなく、切り替え費用も無料なので、一度使ってみると良いでしょう。

2020年5月31日までは、最大30,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施しているので、より費用を抑えられます。詳しくは、下記の公式サイトを確認してください。



交際費・娯楽費は4万円以内

交際費2万円、娯楽費2万円ほどの目安です。これ以上になってしまうと、食費や日用消耗品代など、別の費用を削らなくてはいけません。

営業経費などで会社が費用を負担してくれない飲み会は行かない、少しでも迷ったものは購入しないなど、無駄遣いはしないようにしてください。

通信費は1万円以内

通信費はスマホ代7000円、インターネット代3000円ほどです。ただし、家賃と同じでスマホは毎月同じ金額が必要な固定費なので、できるだけ抑えましょう。

大手キャリアから格安SIMに変更するだけで、スマホ代を4000円ほど削れます。また、通話はLINEなどの無料アプリを使うようにして、通話料が1番やすいプランを選びましょう。

インターネット代金は、スマホとセットになっているプランを選べば月8,000円ほどまで通信費を抑えられます。

ネット料金を安く抑えるおすすめの方法は?

「インターネット回線の利用料金を安く抑えたい!」と考えている人は、一括見積もりサービスを使うのがおすすめです。

【光コラボ比較ナビ】というサイトは、新規契約と乗り換えの両方に対応した、ネット回線の比較サイトです。無料で、100種類以上のサービスのなかから1番安いプランを探してくれます。

2020年5月は、最大12,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施しているのもおすすめポイントです。詳しくは、下記の公式サイトを確認してください。



日用品・消耗品代は1万円以内

日用品・消耗品は、シャンプ&リンスなどのアメニティや、トイレ製品、洗濯用品などの必需品で、1万円以内に収めましょう。

とくに女性は化粧品や衛生用品で高くなりがちなので、ブランド物を買わないなどの工夫をしてください。

手取り18万円の人にどれくらいの家賃に住んでいるか聞いてみた

実際に、手取り18万円の人にそれくらいの家賃のお部屋に住んでいるかアンケートを取ってみたので一部紹介します。

ほとんどの人が、家賃目安である6万円でも生活が苦しいと回答していました。

家賃3.8万円のワンルーム
男性のアイコンシャワーあびて寝れたらそれで良いので、希望エリアの最安値の物件で契約しました。料理が苦手なので、松屋やマクドナルドとか外食が多いんですけど、特に無理なく生活してます。貯金額は月2万ずつくらいです。(男性/10代後半)
家賃5.5万円の1K
困り顔の女性のアイコン家賃5.5万円の物件に住んでますけど、食費をどうにか調整しないと毎月ピンチになります。幸いお酒が飲めないので、飲み会代とかはほとんどかかってないですけど、それでも洋服とか化粧品とか買わないといけないのでキツいです。(女性/20代前半)
家賃6.2万円のワンルーム
困り顔の女性のアイコンだいたい目安通りの家賃6.2万円のお部屋を選びましたが、化粧品とかの消耗品でお金が消えるので、正直しんどいです。友達にご飯行こうって誘われても、ほとんど断っています。(女性/20代前半)
家賃6.8万円の1K
困り顔の男性のアイコン通勤面のみ重視していたら、家賃6.8万円の物件になりました。満員電車の地獄から逃げれたのは良いですけど、毎月の支払がギリギリで、給料日前1週間ほどはカップ麺生活になってます。休みの日には何もできない…(泣)(男性/20代前半)

手取り18万円で貯金するなら家賃を抑えるべき

手取り18万円で貯金をしたいと考える人は、希望するお部屋の条件を避け、家賃を限界まで抑えないと貯金できません。

駅徒歩20分以上・築年数30年以上・3点ユニットバス・木造アパートの上限であれば、家賃4万円台まで抑えられます。

東京都内であれば、23区外の八王子市・調布市・町田市などでワンルーム・1Kのお部屋が見つかります。23区内なら足立区・練馬区に絞って探しましょう。

家賃4万円ほどまで抑えられれば、毎月2万円の貯金が可能です。ただし、食費や娯楽費などの生活費も1度見直す必要があります。

また、敷金や礼金が0円のお部屋や、仲介手数料が安い不動産屋を選べば、引っ越しに必要な初期費用も抑えられます。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識