お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

手取り17万円の家賃目安はいくら?一人暮らしするとどんな生活になる?

手取り17万円の家賃のイメージイラスト

手取り17万円だと家賃はいくらにすべき?家賃目安をオーバーしても一人暮らしできる?という疑問を解決します!

どんなお部屋に住めるのか、手取り17万円の人の月収はいくらか、手取り17万円の理想の生活費内訳や、貯金や節約についても紹介します!

手取り17万で一人暮らししている人の生活費実例も紹介するので、ぜひ参考にしてください!

手取り17万円の家賃目安は5.7万円

手取り17万円の家賃目安は「5.7万円」です。これは、手取りの3分の1の金額です。

目安金額を超えてしまうと、食費や娯楽費などを削らないと一人暮らしできません。また、冠婚葬祭や傷病時の急な出費に対応できません。

家賃6万円だとギリギリ

手取り17万円で家賃6万円のお部屋に住んでしまうと、生活費がギリギリです。

以下は、家賃5.7万円と6万円の生活費比較です。家賃以外の内訳は同じ金額にしています。

家賃5.7万円の場合 家賃6万円の場合
食費 30,000円 30,000円
水道光熱費 10,000円 10,000円
スマホ・ネット代 12,000円 12,000円
日用品・消耗品代 8,000円 8,000円
交際費 10,000円 10,000円
娯楽費 30,000円 30,000円
交通費 10,000円 10,000円
合計 167,000円 170,000円

家賃6万円のお部屋だと生活費がギリギリなので、家計簿などで10円単位で調整しないと難しいです。少しでもオーバーすると、家賃を払えなくなります。

手取り17万円に近い人の家賃目安一覧

手取り17万円に近い人の家賃目安を早見表にしました。昇給などを考えて、近い給料の家賃目安も把握しておきましょう。

青い文字をタップすると、それぞれの家賃の生活についての解説に移動できます。

家賃目安
手取り18万円 60,000円
手取り19万円 63,000円
手取り20万円 67,000円
手取り21万円 70,000円

▶初期費用が安い物件たくさん!
おすすめのお部屋探しサイトはこちら

家賃5.7万円だとどんなお部屋に住める?

家賃5.7万円だと、どんなお部屋に住めるのか簡単にまとめてみました。東京23区内・23区外と千葉や埼玉に分けて紹介します。

東京23区の場合

東京23区内の場合、駅徒歩10分以内で家賃5.7万円のお部屋を探すとワンルーム・1Kの間取りが主でした。

ただ、家賃相場が高い千代田区・中央区・港区・品川区では、家賃5.7万円以下見つけにくいです。

エリアを絞るなら、足立区・葛飾区・荒川区・江戸川区・練馬区・豊島区など、23区内でも家賃相場が低いエリアがおすすめです。

東京23区外の場合

東京23区内の場合、駅徒歩10分以内で家賃5.7万円のお部屋を探すとワンルーム~2LDKの間取りが見つかります。

住む場所にもよりお部屋の広さはバラバラで、広いところだと専有面積が40~45㎡ほどです。

都心へ出るのに時間をかかっても良いので、広いお部屋に住みたいという人に向いています。

ただし、アパートタイプが多いので防音性は期待しないほうが良いです。

千葉や埼玉の場合

千葉や埼玉の場合、駅徒歩10分以内で家賃5.7万円のお部屋を探すとワンルーム~2Kの間取りが見つかります。

東京寄りの場合は、ワンルーム・1Kと単身向けのお部屋が多いです。東京から離れると1LDKや2DKなど広いお部屋が見つかりやすいです。

お部屋の広さに拘らないのであれば、1Kで家賃4万円台のお部屋も探せます。

家賃を抑えると生活費が多めに確保できる

毎月の固定費である家賃を抑えられれば、生活費が増えるので一人暮らしがラクになります。

ただ、家賃の安さだけを重視すると住みにくいお部屋に当たることがあるので、不動産屋に相談して理想のお部屋を見つけましょう!

ネット上の不動産屋「イエプラ」なら、来店しなくともスマホからチャットやLINEで相談するだけで、自分好みのお部屋が探せます。

不動産業者専用のサイトからスタッフが探してくれるので、SUUMOやHOME’Sに載っていない未公開物件も紹介してくれます。

「家賃〇万円以下で駅に近い物件はある?」「家賃が安いエリアが知りたい!」など気軽に相談できます。深夜0時まで営業しているので、寝る前のちょっとした時間でも問い合わせできます。

イエプラはこちらから

手取り17万円の月収(総額)はどのくらい?

毎月の手取りが17万円になるのは、月収22万円前後ある人です。年収は約264万円です。

下記の例のように、給与からは税金や保険料、年金などが引かれます。

月収22万円の控除額と手取り額の例
厚生年金保険料 23,000円
健康保険料 11,000円
雇用保険料 660円
所得税(源泉徴収税額) 4,500円
住民税 6,700円
月の手取り額 約174,140円

※東京都豊島区の正規雇用会社員の例

月収と手取り額を混同して、月収18万円の人が家賃6万円の物件に住んでしまうとお金が足りなくなるので必ず確認しておくべきです。

ちなみに、ほとんどの新卒社会人は1年目の住民税はありません。前年度の所得が少ないからです。

そのため、2年目から引かれる住民税を差し引いた分から、家賃や生活費を計算しましょう。住民税を把握しておかないと、いきなり給料が減ったと勘違いします。

手取り17万円の理想の生活費内訳

手取り17万円の理想の生活費内訳は以下です。残りの6%は予備費として考えてください。

生活費内訳 理想的な割合
家賃 56,000円 33%
食費 34,000円 20%
水道光熱費 8,500円 5%
スマホ代 10,000円 6%
日用品・消耗品代 8,500円 5%
交際費 17,000円 10%
娯楽費 25,000円 15%

手取り17万円だと貯金は厳しい

手取り17万円で貯金をする場合は、生きるために必要最低限な生活しかできないので、給料が上がるまでは貯金をあきらめるべきです。

貯金するなら、毎日3食すべて自炊して1日の食費を約650円、月の食費を約2万円に抑える必要があります。

ほかに、スマホのSIMを格安SIMに変更して月5千円に抑える、お金を使わない趣味で娯楽費を2万円以下に抑えたりと、かなり我慢を強いられます。

手取り17万円だと節約しなくてはいけない

手取り17万円だと、節約しないと生活が苦しくなって一人暮らしどころではありません。

比較的すぐできる節約方法をまとめたので、ぜひ実践してみてください。

・料金が安い都市ガスのお部屋にする
・格安SIMのスマホに変えるかプランを見直す
・コスパの良い食材で自炊をす
・エアコンの温度は一定にする
・タップ式のコンセントにして使わない家電はオフにする

お部屋選びの段階で「都市ガス」のお部屋を選んでください。都市ガスは公共料金のため基本料が安く、急に値上がりすることもありません。プロパンガスの半分ほどのガス代で済みます。

エアコンの温度設定を夏は26度、冬は20度で固定するだけで、年間で約15,000円も電気代を節約できます。

エアコンは設定温度を1度変えるだけで、13%も電力の消費量が変わると言われています。どうしても温度を変えたい場合は、なるべく長時間同じ温度設定にしましょう。

また、自炊したことない人でも、コスパの良い食材を使って電子レンジで出来る料理をおこなえば、月の食費を3万円以下に抑えられます。

手取り17万で一人暮らししている人の生活費実例

東京で一人暮らしをしている手取り17万円の人に、どういう生活なのか聞いてみました。

物流系勤務の男性:家賃4.6万円

男性のアイコン・練馬区の家賃4.6万円の1K
・自炊派苦手でカップ麺や総菜メイン
・休日は家でゲームをしている
・お酒はあれば飲む程度
家賃 46,000円
食費 25,000円
水道光熱費 12,000円
娯楽費・交際費 30,000円
通信費 10,000円
交通費 10,000円
衣類・日用消耗品代 8,000円
合計 141,000円

住んでいるお部屋は、練馬区にある家賃4.6万円の1Kのアパートです。洗濯機置き場なし・BT一緒の3点ユニットバスですが、4畳のロフトがあるので広いそうです。

駅徒歩10分以内ということこだわりがあったものの、住みたい場所が特になかったため、とにかく安いお部屋を紹介してもらったそうです。

自炊ができないので、カップ麺やスーパーのお総菜メインとのことですが、白米だけは家で炊いているので食費が3万円切っています。

また、新作のゲームを購入する以外は特にお金を使うことがないので、手取り17万円でも余裕のある生活を送っているとのことでした。

一般事務の女性:家賃6万円

女性のアイコン・葛飾区の家賃6万円の1K
・BT別の条件は譲れない
・なるべく自炊を心がけている
・化粧品代がやや悩み
家賃 60,000円
食費 27,000円
水道光熱費 8,000円
娯楽費・交際費 30,000円
通信費 8,000円
交通費 10,000円
衣類・日用消耗品代 15,000円
合計 158,000円

バス・トイレ別の条件はどうしても譲れなかったため、葛飾区の家賃6万円のアパートを選んだそうです。

節約のために料理をはじめ、ほぼ自炊しているため食費が3万円に収まっています。外食は上司のおごりの時以外ほぼ行かないとのことでした。

ナチュラルメイク必須の職場のようで、化粧品代がやや高くついているようです。その代わり、出かける時は定期内にする、衣類は必要なもの以外買わないよう心掛けています。

一人暮らしするまでに必要な費用目安

一人暮らしするまでに必要な費用目安は以下の通りです。家賃4万円なら最低33万円、家賃7万円なら最低46.5万円は必要です。

賃貸の初期費用 家賃4.5ヶ月~5ヶ月分
引っ越し費用 約5~7万円
家具家電購入費 約10~15万円

賃貸の初期費用は、敷金・礼金や仲介手数料など、お部屋を借りる際に必要なお金で、一般的に家賃の4.5ヶ月~5ヶ月分と言われています。

引っ越し費用は、引っ越し業者の利用料や自分で引っ越した際のレンタカー代です。

家具家電購入費は、新居に設置する家具や家電を新しく購入した際の費用です。

一括見積もりサイトで料金が安い業者を選ぶ

引越し費用は、1社のみに絞るよりも、複数の業者から見積もりをもらって比較したほうが費用を抑えられます。

その理由は、引越し費用には定価がないこととオプションが追加されているからです。

業者によっては料金が倍以上も変わるので、一括見積もりサイトを利用してたくさん見積もりを集めましょう。

特に「引越し侍」は一括見積もりサイトの中でも提携業者数が多いのでおすすめです。2020年10月現在で約310社と提携しています。

↓費用を安く抑えたいなら引っ越し侍↓

家電は新生活応援キャンペーンなどのセットを買う

新年度に向けて一人暮らしする人は、電気屋が1月~3月あたりに「新生活応援セット」などの名目で売り出しているセット品を買いましょう。

洗濯機・冷蔵庫・電子レンジの3点セットや、洗濯機・冷蔵庫・電子レンジ・炊飯器・掃除機の5点セットなどで売り出しています。

安いものだと3点で4万円、5点セットで4.5万円ほどです。また、電気屋によっては組み換え自由なセットを用意していることもあります。

また、電気屋によっては新居までの送料が無料になるキャンペーンをしているところもあります。送料無料であれば、購入店から新居まで直発送してもらいましょう。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識