お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

手取り16万円で一人暮らしできる?家賃目安や1ヶ月の生活費例を紹介!

手取り16万の人の家賃のイメージイラスト

手取り16万円で一人暮らしをしようとしている人向けに、家賃目安をまとめました。

家賃目安と1万円予算をオーバーした場合の生活費例比較や、外食派の人と毎月2万円貯金する人の生活費例も紹介します!

実際に手取り16万円で一人暮らしをしている人の実体験や、家賃が安いお部屋を探すコツもあるのでぜひ参考にしてください。

手取り16万の家賃目安は約5.3万円

手取り16万円で一人暮らしする場合、家賃目安は5.3万円ほどです。この家賃目安は、手取りの3分の1で計算しています。

一般的な家賃目安は年収の3分の1と言われていますが、保険料や年金などが控除されて手元に残るお金が少ないので、すでに控除されている手取りで家賃目安を考えるべきです。

手取り16万円で家賃5.3万円を超えてしまうと、食費や娯楽費を削らないと一人暮らしを続けられません。

また、家賃は、管理費・共益費を含めた「総家賃」で考えるべきです。もし、家賃のみで考えてしまうと管理費・共益費分のお金が足りず、生活費を限界まで切り詰めなくてはいけません。

とくにマンションタイプのお部屋を借りる場合は、管理費・共益費が設定されていることが多いのでキチンと確認しておきましょう。

目安家賃を超えると生活が厳しくなる

手取り16万円の人は、目安家賃の5.3万円を超えてしまうと食費や娯楽費など諸々の生活費を切り詰めないと、一人暮らしできません。

家賃5.3万円の場合 家賃6.3万円の場合
食費 30,000円 30,000円
水道光熱費 8,000円 8,000円
交際費・娯楽費 30,000円 30,000円
通信費 8,000円 8,000円
日用品・消耗品代 8,000円 8,000円
交通費 8,000円 8,000円
合計 145,000円 155,000円

家賃目安の5.3万円でも貯金ができないほどギリギリなので、家賃を1万円上げると、病院代や冠婚葬祭などの急な出費に対応できません。

そのため家賃目安の上限を5.3万円とし、それ以下で借りれるお部屋を探すべきです。

手取り16万円前後の家賃目安早見表

手取り16万円に近い人の家賃目安を早見表にしました。昇給などを考えて、近い給料の家賃目安も把握しておきましょう。

青い文字をタップすると、それぞれの家賃の生活についての解説に移動できます。

家賃目安
手取り15万円 50,000円
手取り16万円 53,000円
手取り17万円 57,000円
手取り18万円 60,000円
手取り19万円 63,000円

▶未公開物件が無料で見られる!
おすすめのお部屋探しサイトはこちら

手取り16万円になるのは月収が20万円前後の人

毎月の手取り額が16万円になるのは、月収が20万円前後の人です。年収に換算すると約240万円です。

下記の例のように、給与からは税金や保険料、年金などが引かれます。あくまで例なので、多少、金額に前後はあります。

月収20万円の控除額と手取り額の例
厚生年金保険料 18,000円
健康保険料 11,000円
雇用保険料 570円
所得税(源泉徴収税額) 3,700円
住民税 6,700円
月の手取り額 160,030円

※東京都豊島区の正規雇用会社員の例

月収と手取り額を混同して、月収16万円の人が家賃5.3万円の物件に住んでしまうとお金が足りなくなるので、必ず確認しておくべきです。

ちなみに、新卒社会人は1年目は住民税がかかりません。そのため、2年目から引かれる住民税を差し引いた分から、家賃や生活費を計算するようにしましょう。

でないと、2年目からなぜか給料が下がった、生活費がなぜか足りなくなったと勘違いしてしまいます。

手取り16万円の場合の月々の生活費目安

手取り16万円の場合の月々の生活費目安を紹介します。あくまで一人暮らしでかかる平均費用なので、人によって変動があります。

家賃 53,000円
食費 30,000円
水道光熱費 10,000円
交際費・娯楽費 30,000円
通信費 10,000円
日用品・消耗品代 10,000円
交通費 10,000円
合計 153,000円

手取り16万円の人は、3食自炊をして食費を抑えたり、エアコンの温度を一定にする、ガスの基本料金が安い都市ガスのお部屋にするなどで水道光熱費を抑えましょう。

また、スマホ代・インターネット代は、スマホと一緒に契約をするか、ポケットWi-Fiを同時契約して月1万円以下にしたほうが良いです。

以下で、自炊できない外食派の人と、月2万円貯金した場合の生活費目安も紹介します。家賃はすべて、手取り16万円の目安である5.3万円で統一しています。

自炊できない外食派の人の生活費目安

自炊できない外食派の人は、食費が5万円近くかかります。

代わりに、水道光熱費や交際費・娯楽費、通信費などの生活費を削らなくてはいけません。

家賃 53,000円
食費 50,000円
水道光熱費 8,000円
交際費・娯楽費 20,000円
通信費 8,000円
日用品・消耗品代 8,000円
交通費 10,000円
合計 157,000円

食費が付き5万円ならば、月30日として1日1,600円ほどに抑えないといけません。

チェーンの牛丼屋やファーストフード店で1食500円以内に抑えたり、スーパーや薬局などで安い冷凍食品やカップ麺を購入する生活になります。

もちろん、食費でお金が無くなるので貯金は一切できないと考えましょう。

毎月2万円貯金したい人の生活費目安

毎月2万円ほど貯金したい人は、1日3食で食費を抑えたり、交際費・娯楽費を削らなくてはいけません。

家賃 53,000円
食費 27,000円
水道光熱費 8,000円
交際費・娯楽費 20,000円
通信費 10,000円
日用品・消耗品代 8,000円
交通費 10,000円
合計 136,000円
貯金 20,000円

友人や恋人と外に出かける回数を減らしたり、会社付き合いの飲みや食事はほぼ行けません。

また、趣味に使えるお金が少ないので、かなり貧層な生活になります。

どうしても将来のために貯金したい人は、給料が上がるまでは我慢を強いられる生活になるので、覚悟しておきましょう。

貯金をするなら家賃を極力抑えるべき

手取り16万円で貯金をしたいと考える人は、希望するお部屋の条件を避け、家賃を限界まで抑えないと貯金できません。

駅徒歩20分以上・築年数30年以上・3点ユニットバス・木造アパートの上限であれば、家賃4万円台まで抑えられます。

東京都内であれば、23区外の八王子市・調布市・町田市などでワンルーム・1Kのお部屋が見つかります。23区内なら足立区・練馬区に絞って探しましょう。

家賃4万円ほどまで抑えられれば、毎月2万円の貯金が可能です。ただし、食費や娯楽費などの生活費も1度見直す必要があります。

自分に最適な家賃のお部屋を探す方法

最適な家賃相場で無理なく生活できるお部屋を探すなら、チャット不動産屋「イエプラ」がおすすめです。

スキマ時間にチャットやLINEで「予算〇万円だけど合うお部屋はあるか」「家賃相場が低いエリアで探したい」など、要望を送るだけでピッタリのお部屋を探してくれます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

イエプラはこちらから

手取り16万円の人にどれくらいの家賃に住んでいるか聞いてみた

実際に、手取り16万円の人にそれくらいの家賃のお部屋に住んでいるかアンケートを取ってみたので一部紹介します。

手取り16万円の人は、家賃目安の家賃5.3万円前後でもカツカツの生活との回答が多かったです。

家賃3.6万円の1K
女性のアイコン通勤に時間がかかりますが、町田市で駅徒歩20分の物件で家賃3.6万円を見つけて即決しました。おかげで、無理に食費とか化粧品代を削らなくても、無理なく一人暮らしできてます。まぁ、貯金は給料が上がるまであきらめてますけど…苦笑(女性/20代前半)
家賃5.5万円のワンルーム
困り顔の女性のアイコン家賃5.5万円の物件で暮らしていますが、食費を工夫しないと生活が厳しいです。なるべく安い食材ばかりで料理してるので、時々無性に焼肉に行きたくなります。洋服とか化粧品も定期的に買えないので、在庫処分品の服とか、キャンメイクとかプチプラを愛用してます。(女性/20代後半)
家賃6.2万円の1K
困り顔の女性のアイコン家賃6.2万円ですけど正直後悔しているので、早くお金をためて引っ越ししたいです。友達と遊びに行けないので、付き合い悪いって言われる始末です。自炊も毎日しないといけないので、自分の時間が全然とれません。(女性/20代前半)
家賃4.8万円のワンルーム
困り顔の男性のアイコン家賃を抑えて4.8万円の物件にしたけど、毎月の生活がキツいです。営業職なので付き合いの飲み会にも行かなきゃいけないし、スーツも買わなきゃいけないのでギリギリの生活をしています。幸い、先輩とごはんに行ったときは奢ってもらってるので、食事には困ってないです。(男性/20代前半)

家賃が安いお部屋を探すコツ

手取り16万円の人で極力家賃を抑えたいと考えるならば、以下で紹介する5つの方法を試してみてください。

家賃目安5.3万円よりも、さらに家賃が安いお部屋が見つかりやすくなります。

そもそも家賃相場が低いエリアを選ぶ

お部屋を探すときは、もともとの家賃相場が低いエリアで探しましょう。

東京都内であれば練馬区や葛飾区、名古屋であれば八事や本山、大阪であれば住吉区や平野区などの地域は、家賃相場が低めです。

また、都内に住む予定がある人は、調布市や八王子市など、23区外も視野にいれて探すと、より家賃が安いお部屋が見つかります。

▶東京23区の家賃が安い穴場な街10選はこちら

マンションではなくアパートにする

アパートは、マンションよりも建設コストが安いうえ、エントランスやエレベーターなどの共有部分が少ないので、管理費も安いです。

そのため、マンションよりもアパートのほうが家賃が5千円~1万円も安くなっていることがあります。

限界まで家賃を抑えたいという人は、さらに家賃が安い木造アパートがおすすめです。

木造アパートは、建物の材料である木の値段が鉄骨や鉄筋などと比べるとかなり安く、特殊加工が少ない分、建設コストがかなり安いので、家賃が低めに設定されています。

駅徒歩15分ほどの場所で探す

駅徒歩15分ほどの場所でお部屋を探すと、駅近くよりは家賃が抑えられます。

不動産屋専用サイト「ATBB」で、都内23区のワンルームと1Kの築年数15年以内のお部屋で、駅徒歩の時間ごとに家賃相場を調べてみました。

結果、駅徒歩5分と15分では約1万円の差がありました。下記の金額は、家賃安い順に並び替えたときの30件の平均金額です。

ワンルーム 1K
徒歩5分未満 約5.1万円 約5.6万円
徒歩10分 約4.7万円 約5.2万円
徒歩15分 約4.1万円 約4.9万円

築年数や設備など条件にこだわりすぎない

新築や築年数10年以内、お風呂・トイレ別、浴室乾燥機付きなど、お部屋の条件にこだわりすぎると家賃がかなり高くなります。

そのため、どうしても譲れない条件2~3つほどに絞ってお部屋を探すべきです。

例えば、駅徒歩15分・室内洗濯機置き場のみの条件で探せば、3点ユニットバスのワンルームが4~4.5万円ほどで見つかります。

不動産屋に相談する

家賃が安いお部屋を探したい、家賃を抑えたいのであれば、自分で探すよりもプロの不動産屋に相談したほうが手っ取り早いです。

希望条件を聞いたうえで、より理想に近いお部屋の紹介をしてもらえます。自分では思いつかない妥協案などを、提案されることもあります。

また、多少であれば大家さんや管理会社に家賃交渉をしてくれる可能性もあるので、予算に制限がある場合もダメもとで相談してみましょう。

一人暮らしするまでに必要な費用目安

一人暮らしするまでに必要な費用目安は以下の通りです。家賃4万円なら最低33万円、家賃7万円なら最低46.5万円は必要です。

賃貸の初期費用 家賃4.5ヶ月~5ヶ月分
引っ越し費用 約5~7万円
家具家電購入費 約10~15万円

賃貸の初期費用は、敷金・礼金や仲介手数料など、お部屋を借りる際に必要なお金で、一般的に家賃の4.5ヶ月~5ヶ月分と言われています。

引っ越し費用は、引っ越し業者の利用料や自分で引っ越した際のレンタカー代です。

家具家電購入費は、新居に設置する家具や家電を新しく購入した際の費用です。

一括見積もりサイトで料金が安い業者を選ぶ

引越し費用は、1社のみに絞るよりも、複数の業者から見積もりをもらって比較したほうが費用を抑えられます。

その理由は、引越し費用には定価がないこととオプションが追加されているからです。

業者によっては料金が倍以上も変わるので、一括見積もりサイトを利用してたくさん見積もりを集めましょう。

特に「引越し侍」は一括見積もりサイトの中でも提携業者数が多いのでおすすめです。2020年10月現在で約310社と提携しています。

↓費用を安く抑えたいなら引っ越し侍↓

家電は新生活応援キャンペーンなどのセットを買う

新年度に向けて一人暮らしする人は、電気屋が1月~3月あたりに「新生活応援セット」などの名目で売り出しているセット品を買いましょう。

洗濯機・冷蔵庫・電子レンジの3点セットや、洗濯機・冷蔵庫・電子レンジ・炊飯器・掃除機の5点セットなどで売り出しています。

安いものだと3点で4万円、5点セットで4.5万円ほどです。また、電気屋によっては組み換え自由なセットを用意していることもあります。

また、電気屋によっては新居までの送料が無料になるキャンペーンをしているところもあります。送料無料であれば、購入店から新居まで直発送してもらいましょう。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識