お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

賃貸の初期費用を内訳まで徹底解説!相場と安くする5つのコツも大公開!

賃貸契約の初期費用を調べる女の子のイラスト

賃貸契約にかかる初期費用を徹底解説します!初期費用が心配な人向けに、初期費用を抑えるコツを5つ紹介します。

家賃が変わると初期費用にどのくらい影響するかも、内訳まで比べて詳しく解説します。項目ごとに、使い道や相場まで説明します。

初期費用を交渉するときに気を付けるポイントも紹介します。ぜひ参考にしてください!

初期費用とは契約のために先払いする費用

賃貸の「初期費用」とは、契約するために払う費用のことです。家賃や敷金・礼金・仲介手数料などの合計金額で、一般的に、契約してから支払うのがルールです。

ただし、賃貸業界では入居審査を通過した後、契約よりも先に支払うのが通例です。お金を支払うことで、契約する意思を大家さんに伝えるイメージです。

支払方法は、銀行振込が一般的です。契約前に払うのが心配な人や、クレジットカードを使いたい人は、早めに不動産屋に相談しましょう。

初期費用の相場は家賃の4.5~5ヶ月分

初期費用の相場は、家賃の「4.5~5ヶ月分」が目安です。

物件によって、相場から前後します。項目により最終的に受け取る人が違い、それぞれが金額を決めているからです。

例えば、敷金礼金は大家さんが決めています。家賃1ヶ月分が相場ですが、物件によっては敷金礼金が無い募集もあります。

「家賃4.5~5ヶ月分」の内訳

初期費用の相場である「家賃4.5~5ヶ月分」について、内訳を表にまとめました。

敷金 家賃0~2ヶ月分
礼金 家賃0~2ヶ月分
前家賃(翌月家賃) 家賃1ヶ月分
日割り家賃 入居日によって変動
仲介手数料 家賃1ヶ月分+税
火災保険料 8,000~15,000円
鍵交換費用 15,000~20,000円+税
保証会社利用料 家賃0.5~1ヶ月分
その他費用 不動産屋によって変動

不動産屋は、正式な請求書を作る前に、見積もりを出してくれます。高いと思ったら、理由を必ず確認しましょう。

マル秘イエプラバナー

初期費用の内訳と実例

電卓イメージ写真

国土交通省の令和2年度住宅市場動向調査での、東京・愛知・大阪近郊の家賃は、平均で約7万円(70,983円)でした。

三大都市周辺の平均家賃「約7万円」と家賃「10万円」の実例を比べて、賃貸の初期費用を具体的に解説します。管理費は込みで、家賃の他の条件は、以下のとおりです。

初期費用合計 家賃4.5~5ヶ月分(目安)
敷金 1ヶ月
礼金 無し
前家賃(翌月家賃) 4月分
日割り家賃 3月20日~(12日分)
仲介手数料 家賃1ヶ月分+税
火災保険料 15,000円
鍵交換費用 15,000円+税
保証会社利用料 家賃0.5ヶ月分
24時間サポート 15,000円+税

家賃7万円の初期費用は約31.5~35万円

家賃7万円の5ヶ月分は「35万円」なので、実例の条件なら相場に収まりました。ただし、礼金が1ヶ月分あると相場を超えてしまいます。

初期費用合計 327,096
敷金 70,000円
礼金 0円
前家賃(4月分) 70,000円
日割り家賃(3/20~) 27,096円
仲介手数料 77,000円
火災保険料 15,000円
鍵交換費用 16,500円
保証会社利用料 35,000円
24時間サポート費用 16,500円

家賃10万円の初期費用は約45~50万円

家賃を「10万円」に変えて、比較してみました。家賃3万円の違いで、合計金額が約12万円変わります。

相場の家賃5ヶ月分(50万円)には収まりましたが、やはり礼金があると相場を超えます。

初期費用合計 446,700
敷金 100,000円
礼金 0円
前家賃(4月分) 100,000円
日割り家賃(3/20~) 38,700円
仲介手数料 110,000円
火災保険料 15,000円
鍵交換費用 16,500円
保証会社利用料 50,000円
24時間サポート費用 16,500円

初期費用を抑えるためには、物件を選ぶ段階で賃貸条件に気を付けることが大切です。

自分でお部屋を探すより、不動産屋に相談したほうが早いです。予算と希望条件を伝えれば、理想に近い物件を提案してくれます。

初期費用は家賃を基に計算する

初期費用をもっとも簡単に抑える方法は、家賃が安い物件を選ぶことです。賃貸の初期費用の多くは、家賃をもとに計算するからです。

ただし、家賃が安いお部屋は住みにくかったり事故物件だったりと、安さの理由が隠れている可能性があります。

初期費用を抑えて探すなら、不動産屋のアドバイスを受けたほうが良いです。質の悪い物件は避けて、予算と希望の条件に合う、住みやすいお部屋を提案してくれます。

店舗に行かなくてもお部屋は探せる

チャット不動産の「イエプラ」なら、わざわざお店に行かなくても、チャットやLINEでプロの不動産屋スタッフに相談できます。

不動産業者だけが見れるデータベースを使っているので、家にいながら、店舗で探すのと同じように、物件の紹介をしてもらえます。

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してもらえます。家賃を抑えても、条件に合うお部屋が見つかりやすいです。

深夜0時まで対応しているので、忙しくてお店に行く時間がとれない人にもおすすめです!

イエプラボタンバナー

初期費用は項目ごとに使い道が異なる

初期費用は、項目ごとに使い道が異なります。表にまとめたので、参考にしてください。

使い道
敷金 滞納や退去費用に備えて、貸主に預けるお金。余れば退去時に返金される。
保証金 敷金に近い費用。返金の有無や使い道は、契約内容によって異なる。
礼金 貸主に、お部屋を貸してくれるお礼に支払うお金。
前家賃 入居日の翌月家賃。物件によっては翌々月まで、初期費用で支払う。
日割り家賃 入居月の家賃。実日数、30日、31日のいずれかで、日割り計算する。
仲介手数料 契約するお部屋を紹介した不動産屋に支払う報酬。
火災保険料 入居中の火災などに備えた保険を利用するため、保険会社に支払う費用。
鍵交換費用 前に住んでいた人の使っていた鍵を、交換するための費用。
保証会社利用料 家賃の保証会社を利用する場合、保証会社に支払う費用。
その他の費用 害虫駆除代や24時間サポート費用など、オプションの費用。

以下で、1つずつ詳しく説明します。

敷金

敷金とは、家賃滞納や退去時の原状回復費用に備えて、退去まで大家さんに預けるお金です。相場は家賃の0~2ヶ月分で、1ヶ月のお部屋が多いです。

ペットを飼うときは、もともとの条件に1ヵ月分足すのが一般的です。退去費用が高額になり、払えずに揉めるケースが多いからです。

退去時に借主負担の費用は差し引かれ、余ると返金されます。ただし、敷金償却(敷引き)の場合は、返金されないので要注意です。

▶敷金に関する詳しい解説はこちら

保証金

保証金とは、滞納などに備えて支払う「敷金に近い費用」です。関西地方や、事務所の契約で見かける項目です。

請求書に「保証金」があるときは、不動産屋に使い道を必ず確認してください。契約書の記載によって「原状回復に充てるか」「返金するかどうか」など、扱いが異なるからです。

▶保証金に関する詳しい解説はこちら

礼金

礼金とは「お部屋を貸してもらうお礼」として大家さんに払うお金です。敷金・保証金と違い返金される可能性はありません。

相場は家賃の1ヶ月分ですが、礼金0円の物件も増えてきています。初期費用が抑えられる物件のほうが、入居者がすぐ決まるからです。

新築などの人気物件では、費用が高くても住みたい人が多いので、礼金が2~3ヶ月分の募集もあります。

▶礼金に関する詳しい解説はこちら

前家賃

前家賃とは、家賃が発生する月の翌月家賃を、前もって支払うことです。4月に入居するなら、5月分が前家賃です。

物件によっては、翌々月まで前払いする必要があります。見積もりをもらった際に、念のため確認しておいたほうが良いです。

▶前家賃についての詳しい解説はこちら

日割り家賃

日割り家賃とは、家賃が発生する月の、月末までの家賃のことです。例えば、家賃7万円のお部屋に3月20日に入居した場合は、以下のように計算します。

1日当たりの家賃:70,000円÷31日=約2,258円
日割り家賃の日数:(3/20~3/31)12日分
日割り家賃:2,258円×12日分=27,096円

例では、実際の日数で割る「実日数割」で計算しています。計算方法は、契約内容によって異なります。必ず1日分を÷30日で計算する「30日割」の契約も多いです。

家賃の発生する日(契約開始日)は、申し込みから10~14日が目安です。大家さんや管理会社に指定されますが、交渉次第で前後できます。

▶日割り家賃についての詳しい解説はこちら

仲介手数料

仲介手数料とは、不動産屋に支払う報酬です。相場は「家賃1ヶ月分+消費税」です。不動産屋によっては、仲介手数料を安くしてお客さんを集めています。

ちなみに、不動産屋を通さずに大家さんと直接契約できるなら、仲介手数料はかかりません。そのような募集は少ないので、選べる物件の幅は狭まります。

▶仲介手数料に関する詳しい解説はこちら

火災保険料

火災保険料とは、保険に入るための費用です。火災保険は「家財保険」「少額短期保険」など呼び方が会社によって異なります。

火事など万が一の事態に備えるため、必ず加入を求められます。もし保険に加入していない人が火災を起こしたら、隣人や大家さんに大きなリスクがあるからです。

大家さんや管理会社が指定した保険を使うのが一般的です。部屋の広さや間取りによって金額が変わります。相場は、2年分掛け捨てで1.5万円程度です。

▶火災保険についての詳しい解説はこちら

鍵交換費用

鍵交換費用とは、前の入居者が使用していたものと別の鍵に交換する費用のことです。まれに新築でも請求されます。工事用の鍵から、渡す鍵に交換する場合などです。

値段の相場は、防犯性の高さによって異なります。1.5万円+税くらいだと一般的で、ディンプルキーなどの特殊な鍵は、2~3万円以上かかるケースもあります。

▶鍵交換費用についての詳しい解説はこちら

保証会社利用料

保証会社利用料とは、家賃保証会社を利用する費用のことです。保証会社とは、連帯保証人の役割を引き受けてくれる会社です。

初回保証料の相場は、家賃の0.5~1ヶ月分です。以降は、一年ごとに1万円程度の更新保証料を払うか、千円前後の月額保証料を払って継続します。

保証会社によって、料金システムが異なります。審査の途中で保証会社が変わったら、必ず不動産屋に料金を確認しましょう。

▶保証会社に関する詳しい解説はこちら

その他の費用

その他の費用として、消臭消毒サービスや害虫駆除サービスなどの室内作業や、トラブル対応の24時間サポートなどがあります。

事務手数料などの名目は、何に使われるのかをよく確認しましょう。使い道が不明な費用は、交渉すれば外してもらえる可能性が高いです。

初期費用を安く抑える5つのコツ

札束

初期費用を安く抑えるコツを、5つ紹介します。

①そもそも家賃を安く抑える
②敷金礼金が無い物件にする
③月末か月初に入居する
④フリーレント付き物件を選ぶ
⑤キャンペーン中の物件にする

①そもそも家賃を安く抑える

初期費用は、家賃をもとに計算する項目が多いです。家賃を下げれば、初期費用も自然に抑えられます。

駅からの徒歩時間や設備を妥協すれば、家賃の安い物件が見つかりやすいです。

②敷金礼金が無い物件にする

敷金礼金が無い「ゼロゼロ物件」は、1ヶ月ずつある物件と比べて、家賃2ヶ月分もの初期費用が抑えられます。

気に入るゼロゼロ物件が見つからないときは、敷金1ヶ月で探しましょう。敷金なら退去費用に充てられるので、払っても損はありません。

家賃が高めにしてある可能性も考えて、周辺の同レベルの物件と比較して見極めましょう。

③月末か月初に入居する

家賃の発生日が月末なら「日割り家賃」が抑えられます。また、月初に入居すれば交渉次第で「前家賃」を初期費用から外せます。

家賃が発生する日は、大家さんや管理会社が決めています。後ろに延ばせる限度は、申し込みから14日が目安です。しかし、可能な限り交渉してもらいましょう。

④フリーレント付き物件を選ぶ

フリーレントとは、大家さんが決めた1~2ヶ月分の期間、家賃が無料になる契約のことです。基本的に「短期解約違約金」とセットです。

短期解約違約金とは、早く退去するとかかる費用です。相場は「1年未満の解約で家賃1ヶ月分」です。2ヶ月分の場合もあるので、契約内容の確認は必須です。

⑤キャンペーン中の物件にする

初期費用は〇〇円パックなど、キャンペーンで安くなっているケースがあります。仲介手数料が無料などのキャンペーンもあります。

入居希望者の少ない時期にならないと、キャンペーンで安くなっている物件は少ないです。

大切なのは、不動産屋に予算を正確に伝えて、早めに探し始めることです。費用が抑えられる物件は人気があり、埋まるのも早いです。

初期費用を交渉する際の5つのポイント

予算がない人

気に入った物件が予算オーバーなら、交渉してみるのも手です。交渉のポイントを、5つまとめました。

①保証会社の費用は交渉できない
②不要な費用は最初に交渉する
③火災保険と鍵交換費用はチャレンジ可能
④大家さんが受け取る費用の交渉は要注意
⑤仲介手数料の交渉は最後にすべき

まずは、不要なサービスの費用を外す交渉から進めましょう。もっとも成功率が高いです。

火災保険は、大家さんや管理会社が許可すれば別の保険が使えます。鍵交換費用は、国土交通省のガイドラインでは貸主負担が望ましいとされており、交渉の余地はあります。

大家さんが受け取る敷金礼金や家賃の交渉は、控え目にしたほうが良いです。強気で交渉すると、大家さんや管理会社の判断で入居を断られてしまいます。

仲介手数料は不動産屋の主な収入源です。会社によって決まりがあるので、基本的に値引きは難しいです。採算がとれる範囲内なら、値引いてもらえる可能性はあります。

項目ごとに交渉の通りやすさが異なる

交渉の難易度をまとめました。どの費用が安くできるかは、物件によります。不動産屋に相談する際の参考にしてください。

交渉の難易度
敷金 大家さんによる
礼金 交渉しやすい
前家賃 大家さんによる
日割り家賃 大家さんによる
仲介手数料 交渉しやすい
火災保険料 大家さんによる
鍵交換費用 大家さんによる
保証会社利用料 交渉できない
その他の費用 交渉しやすい

ちなみに、1~3月の繁忙期や、人気のある物件では、特に交渉が通りにくいです。交渉の無い入居希望者が、すぐに見つかるからです。

支払い方法を分割にすれば予算オーバーでも払える

予算がどうしても足りない場合は、クレジットカードで分割払いする方法があります。

ただし、不動産屋によってはクレジット決済ができない可能性があります。予算が心配なら、最初に確認しておきましょう。

一括払いしかできない場合もあるので、カード会社に、後から支払い回数を変えられるか確認しておきましょう。

▶初期費用分割払いの詳しい解説はこちら

引っ越し費用と家具家電の購入費も必要

引っ越しの初期費用のイメージイラスト

賃貸の初期費用の他に、引っ越し業者の料金と、家具家電や日用品の購入費もかかります。

引っ越し業者は単身でも5~6万円はかかりますし、新品の家具家電を揃えると、10~20万円は必要です。

自分で荷物を運んだり、使えるものは持って行ったりと、工夫が必要です。

▶引っ越し業者の費用の詳しい解説はこちら

賃貸の初期費用を安く抑えられると、家具家電に使える予算が増えます。新生活の質を上げるためにも、賃貸の初期費用はなるべく抑えたほうが良いです。

初期費用を抑えたいなら担当者を味方にすべき

初期費用を抑えたいなら、家賃相場や最新情報に詳しい不動産屋を味方にすべきです。親身になって探してくれる担当者に、お得なお部屋を紹介してもらいましょう。

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、チャットやLINEでプロの不動産屋に気軽に相談できます!対面では言いづらいことでも相談しやすいです。

SUUMOやHOMESにはない未公開物件もありますし、一都三県で広域に紹介してもらえます。

基本的に、どのお部屋でも初期費用がクレジット決済できます。交渉の経験も豊富で、予算に収まる住みやすい物件を見つけてくれます!

イエプラボタンバナー

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について