クレジットカードとお金

初期費用を分割払いする方法!現金で分割できる?【賃貸】

家賃やお金のこと

2017年9月10日投稿

イエプラ イエプラ

賃貸の初期費用を分割払いする方法、現金で分割できるのか、分割回数や手数料はどれくらいかかるのか、分割払いのシミュレーション、分割可能な不動産屋などをご紹介します。

初期費用は分割できる

初期費用の分割はクレジットカードで可能です。

クレジットカードでの分割が可能かどうかは、不動産屋が分割払いを受け付けているかどうかで決まります。

分割払いを受け付けている不動産屋でも、カードの種類によっては受け付けてもらえない場合があります。

そのため、分割払いを検討している場合は、不動産屋にまず「自分のカードを利用できるか」を確認する必要があります。

また、初期費用が40万円の場合、クレジットカード1枚で40万円の支払いではなく、2枚で20万円ずつ、3枚で20万円、10万円、10万円など、支払いを分散させることが可能です。

管理会社によっては、1枚のカードにまとめなければならないこともあるので、注意が必要です。

分割払いに対応している不動産屋は少ない

クレジットカードでの分割払いに対応してくれる不動産屋は、非常に少ないのが現状です。

初期費用の分割払いに対応している不動産屋は全体の20%ほどです。一部の大手不動産会社や、地方の個人経営の不動産屋などが分割払いに対応していないことが多いです。

現金での分割はできない

現金で初期費用を分割するのは、残念ながらほぼ不可能です。大家さんとの交渉によっては可能な場合もありますが、ほとんどの場合は断られてしまいます。

分割回数や手数料はカード会社による

分割できる回数や手数料は、不動産屋や物件によって変わるのではなく、使用するカードの種類によって変わります。

主なクレジットカードの分割回数と手数料をまとめましたので参考にしてみてください。

カード名 可能な分割回数 利率
エポスカード 最大36回 15.00%
三井住友VISAカード 最大24回 12.00~14.75%
楽天カード 最大36回 12.25~15.00%
VIASOカード 最大24回 12.25~15.00%
OricoCard 最大24回 12.20~15.00%

初期費用の分割払いシミュレーション

電卓と家の置物
三井住友VISAカードで、33万円の初期費用を分割払いした場合をシミュレーションしてみました。

手数料はあくまで目安なので、詳しくは契約しているクレジットカード会社に相談しましょう。

分割回数 利率 手数料 合計
3回 12.00% 6,016円 336,016円
6回 13.75% 12,647円 342,647円
12回 14.50% 25,708円 355,708円

分割回数が多ければ多いほど、手数料がかかります。

6回払いの場合、手数料だけで1万2千円以上かかります。1万円あれば、新居のインテリアなど別の費用に充てられます。

今すぐにでも引っ越ししなければならない理由がない限り、初期費用を貯金してから引っ越しすることをおすすめします。

初期費用30万円で12回払いの場合

初期費用30万円で、手数料が12%のカード会社なら、12回払いの手数料は3万6千円ですので、33万6千円となります。

初期費用55万円で5回払いの場合

初期費用55万円で、手数料が12%のカード会社なら、6回払いの手数料は約6%になり、3万3千円の手数料がかかります。

初期費用を分割払いするメリット

初期費用を分割払いするメリットを紹介します。

まとまった現金が必要ない

急な引っ越しなどで手元に現金がない場合でも、カードでの分割払いなら負担を分散させることができます。

また、一気に大金を支払わなくて良いので、普段の生活に支障が出にくいです。

クレジットカードのポイントが付く

ほとんどのクレジットカードには、利用した金額に応じてポイントがつきます。

ポイントをそのまま現金として利用できる場合や、ポイント数に応じて商品と交換できるなど、カード会社によって特典は様々です。

普段のお買い物ではそれほど気にならなくても、初期費用のような大きな買い物に利用すると、その分貯まるポイント額も高くなります。

割引が受けられる場合がある

不動産会社によっては、分割払いでクレジットカードを使用すると、割引や特典が受けられる場合があります。

ハウスクリーニング代の割引や、荷造り用段ボール・お米のプレゼントなどいろいろあります。

分割払いを考えているなら、割引や特典の有無を事前に確認しておきましょう。

初期費用を分割払いするデメリット

PCの前で頭を抱える男性
初期費用を分割払いするデメリットを紹介します。

分割手数料が発生してしまう

初期費用を分割払いするときには、分割手数料が発生します。分割回数が多いほど、支払い総額が上がるので、分割する場合は、手数料を最小限に抑えられる2回払いがおすすめです。

支払いが滞ると滞納履歴が残ってしまう

支払いが滞った場合、滞納履歴が残ります。滞納履歴が残ると、入居審査だけでなく、他のローンなどが組めなくなることがありますので、分割払いする場合は滞納しないようにしましょう。

引き落としに間に合うように、余裕をもって口座に入金しておきましょう。

選べる物件が限られてしまう

分割払いを受け付けている不動産屋であっても、分割払いに対応している物件もあれば対応していない物件もあります。

物件の選択肢が限られてしまう場合があるので、覚えておきましょう。

カードを新たに作成しなければならない場合がある

特定の会社のクレジットカード作成が条件の場合があります。

カードの入会審査で通らなければ、現金で払わなければならない可能性があるので注意してください。

対象外の費用もある

不動産屋によっては、仲介手数料など一部の費用が、分割払い対象外の場合があります。

分割払いができたとしても、現金が必要になるかもしれませんので、よく確認しておきましょう。

分割払い以外に初期費用を抑えられる方法

分割払い以外に、初期費用を抑えられる方法を紹介します。

①敷金・礼金が0円の物件にする
②フリーレント付き物件にする
③保証会社の利用不要な物件にする
④仲介手数料が安い不動産屋の物件にする
⑤敷金・礼金を安くしてもらえるように交渉する
⑥家具・家電付き物件にする

①敷金・礼金が0円の物件にする

敷金も礼金も、相場が家賃の1ヶ月分なので、敷金や礼金が0円の物件なら、初期費用を家賃の1~2ヶ月分抑えられます。

ただし、敷金が0円の場合は、退去時に敷金を支払う必要があるので注意しましょう。

礼金が0円の物件には特にデメリットが無く、敷金のように退去時に払う必要はありません。

②フリーレント付き物件にする

フリーレントとは、約1~2ヶ月分の家賃が無料になる契約のことで、大家さんが入居希望者を増やすために付けていることが多いです。

ただ、フリーレント付きの物件で契約期間中に引っ越してしまうと、無料になっていた家賃の支払いを求められることがあるので、すぐに引っ越すかもしれない人にはおすすめできません。

③保証会社の利用不要な物件にする

保証会社を利用しなくて良いお部屋なら、利用料がかからないので最大で家賃の1ヶ月分安くできます。

ただし、保証会社が不要なお部屋では、連帯保証人を立てる必要があります。保証人を立てられない場合は審査できないので注意しましょう。

また、保証会社利用が必要な物件は年々増加していると言われているので、だんだん保証会社不要の物件は探しづらくなっています。

④仲介手数料が安い不動産屋の物件にする

仲介手数料の相場は家賃の1ヶ月分ですが、中には家賃の0.5ヶ月分~無料になる不動産屋があります。

例えば以下の不動産屋は、仲介手数料が安いです。

mini mini(ミニミニ) 家賃半月分+税
いい部屋ネット 無料~家賃半月分+税
エイブル 家賃半月分+税

⑤敷金・礼金を安くしてもらえるように交渉する

大家さんに、敷金・礼金を安くしてもらうように交渉してみましょう。

とくに、礼金は初期費用の中でも交渉して安くしてもらいやすい費用です。

そもそも礼金とは、大家さんに対してお礼の意味を込めて支払う費用のことで、何かの目的のために使われる費用ではありません。

退去費用として使う敷金や、大家さんの収入源である家賃などとは違って、減額しても一時的な収入が減るだけなので、交渉に乗ってくれやすいです。

礼金の相場は家賃の1ヶ月分くらいで、交渉に成功したら0円~0.5ヶ月分くらいになる場合がほとんどです。

⑥家具・家電付き物件にする

家具・家電付き物件なら、最低限の荷物で引っ越し出来るので、初期費用を抑えられます。

家具家電付き物件は「マンスリーマンション」と呼ばれる短期間住むことが前提のマンションが多いです。

家具家電がついているので、家賃が割高になっているので長い目で見ると高くつきます。

初期費用が分割できる不動産屋紹介

大前提として、そもそもクレジットカードで分割払いを対応してくれる不動産屋は、すべての不動産屋の20%ほどで、とても少ないです。初期費用の分割払いを前提に考えるなら、これからご紹介する不動産屋に相談すれば確実です。

イエプラ

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOME’Sに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトも無料で見せてくれます!

不動産屋に行くのがめんどくさい人や、遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人にもおすすめです。

イエプラを詳しく知る
 

ラピスグループ

新宿を本店とし、上野や、六本木などに店舗を構えています。全物件初期費用の分割が可能で、VISA、マスター、JCBなど、殆ど全てのカード利用が可能です。

株式会社Home Way

渋谷に店舗を構えています。自社HPでも初期費用分割の仕組みやメリットを紹介しています。

イエプラ

あなたにおすすめの関連記事

裏ワザという文字
不動産屋しか知らないはずの物件をネットで見れる裏ワザ!【もちろん無料】

 

部屋探しサイト
おすすめの部屋探しサイト一覧!【賃貸】

 

チャット不動産屋「イエプラ」のロゴ
イエプラの口コミ・評判|SUUMOやHOME’Sと比べるとどう?

 

万力で挟まれている硬貨と電卓
賃貸の初期費用を抑えるカンタンな方法って!?

 

ひらめいた男性の人差し指と電球
部屋探しが面倒な人におすすめしたい「チャット不動産屋」とは?

 

ソファに寝そべってスマホを操作する女性
不動産屋に一度も行く必要なし!?内見も契約もWEBで済ませる時代です!

 

東京のビル群
東京で評判の良い不動産屋さんはここ!

 

調査している探偵
おとり物件とは?50の不動産屋の調査で判明した悪質な実態!【釣り物件】

 

綺麗な内装のリビングルーム
ネットにない賃貸の未公開物件のたった1つの探し方【非公開物件】

 

クッキーが乗っているマグカップ
年内最後のチャンス!費用を抑えるなら12月中旬までにお部屋を探すべき理由

 

グレーで統一したオシャレな室内
一人暮らし向けの部屋の間取りを比較|ワンルーム・1K・1DK・1LDK

 

東京の風景
東京都内の住みやすい街!おすすめの区や駅はどこ?【一人暮らし】

 

一人暮らしのお部屋
初めての一人暮らし|始めるまでの11ステップと部屋探しのポイント

 

鍵とお金を渡す手
無職で賃貸契約する方法と審査を通過しやすくするコツ

 

おしゃれな部屋の内装
フリーレントとはどういう意味?ホントにおトクなの?【賃貸】

 

チェックマークを付ける男性の手
賃貸の入居審査とは?通過する7のコツと落ちた人の特徴

 

不動産屋の立ち合い
【メリットたくさん】土日ではなく平日に内見すべき5つの理由

 

一人暮らしでかかる費用は?初期費用や毎月の生活費の実例を大公開!

 

男性が手で立たせているスマホ
ネットでお部屋を探す方法は大きく分けて2通り!おすすめはどっち?

 

バナー

Roochについて チャットでお部屋を紹介する来店不要のネット不動産屋「イエプラ」が運営する、部屋探しの疑問や街の情報について紹介しているサイトです。

家AGENT+

follow us in feedly