一人暮らしを始めるまでの初期費用は50万円で足りる?

家賃やお金のこと

中村

この記事の監修:中村
「家AGENT」店長

この記事の監修:中村
「家AGENT」店長

図面と家の置物と電卓

一人暮らしを始めるまでの初期費用は50万円で足りる?という疑問を解決します!賃貸契約の初期費用・引っ越し費用・家具家電購入費の内訳や、それぞれの費用を抑えて50万円以内で引っ越しするための方法も紹介します!

一人暮らしの初期費用は50万円だとギリギリ

家の置物と通帳

一人暮らしを始めるまでに必要な費用は「50万円」ほどです。ただし、余裕があるわけではないので、賃貸契約の初期費用や引っ越し費用、家具家電購入費などを節約しなければいけません。

東京の一人暮らし向けのお部屋の家賃相場である7.5万円で計算すると、一人暮らしするまでの費用は下記のような内訳になります。

賃貸契約の初期費用 約33~38万円
引っ越し費用 約5万円
家具家電・日用品購入費 約10万円

ちなみに、都内で家賃7.5万円だと、ワンルームもしくは1Kのお部屋に住めます。広さは18平米(18㎡)で、お風呂やトイレなどを抜いた実際に住む居室は6畳ほどです。

賃貸契約の初期費用や引っ越し費用、家具家電購入費について、詳しく解説していきます。

▶自分にピッタリなお部屋をチャットで探そう!

賃貸契約の初期費用は約33~38万円

不動産重要事項書類

一人暮らしの賃貸契約にかかる費用は、敷金礼金や仲介手数料などの合計で「家賃4.5~5ヶ月分」と言われています。

そのため、東京の一人暮らし用の間取り物件の家賃相場である7.5万円で計算すると、約33~38万円になります。

ただし、実際に賃貸契約にかかる費用相場を細かくまとめると、約33~38万円をオーバーしてしまいます。

敷金 75,000円(家賃1ヶ月分)
礼金 75,000円(家賃1ヶ月分)
仲介手数料 81,000円(家賃1ヶ月分+税)
前家賃 75,000円(家賃1ヶ月分)
日割り家賃 41,140円(15日入居の場合)
保証会社利用料 37,500~75,000円
(家賃0.5~1ヶ月分)
火災保険料 約15,000円
鍵交換費用 約15,000円
合計 約414,640~452,140円

上記の金額は、あくまでも目安です。敷金や礼金がないお部屋や、入居日によって日割り家賃が変わるので、安くも高くもなります。

賃貸契約の初期費用を家賃4.5~5ヶ月分以内に抑えて、トータルでかかる費用を50万円未満にする方法を5つ紹介します。

家賃が安いお部屋を選べば50万円未満に抑えやすい

賃貸契約の初期費用は、家賃を基に計算されているので、家賃が安いお部屋を選べば50万円未満に抑えやすいです。

例えば、家賃5万円なら初期費用は22.5~25万円ほど、家賃6万円なら初期費用は27~30万円ほどになります。

家賃が安いお部屋の探し方
・家賃相場が低いエリアを選ぶ
・駅徒歩10分以上の距離で探す
・新築や築10年以下の物件は避ける
・BT別やオートロックなどの条件を緩和する

ゼロゼロ物件を選べば家賃2ヶ月分安い

敷金と礼金がない「ゼロゼロ物件」なら、家賃2ヶ月分の費用を抑えられます。家賃7.5万円のお部屋なら、初期費用が約15万円安くなります。

ただし、ゼロゼロ物件は元々の家賃が高めに設定されていたり、短期解約に違約金がかかる場合があります。

ゼロゼロ物件のお部屋を選ぶなら、事前に周辺の家賃相場と比較したり、内見時に設備や周辺環境の確認、契約サイン前に契約書の中身の確認を必ずしてください。

仲介手数料が半額以下の不動産屋を選べば家賃0.5ヶ月分安い

仲介手数料が半額以下のお部屋を選べば、家賃0.5ヶ月分ほど初期費用が抑えられます。

もともと仲介手数料を安くしている不動産屋もあれば、時期によってキャンペーンとして安くしている不動産屋もあります。

また、自社管理物件がある不動産屋であれば、管理会社や大家さんとやり取りする必要がないので、仲介手数料が不要です。

フリーレント付き物件なら日割り家賃は不要

フリーレント付き物件は、大家さんが決めた一定期間の家賃がタダになるため、月の途中で入居した場合は日割り家賃が不要です。

フリーレントの期間は大家さんが決めるのでお部屋によってバラバラですが、だいたい0.5~1ヶ月分が無料になるケースが多いです。

入居日を月初にしてもらえば前家賃は不要

大家さんに相談して、入居日を月初にしてもらうことができれば、1ヶ月分丸々の家賃は発生しますが、前家賃は不要です。

月初に入居した場合、1ヶ月分の家賃が大家さんの手元にはいるので、翌月の家賃は通常の家賃引き落とし日に支払うことになります。

引っ越し費用は約5万円

引っ越しにかかる費用は、時期や距離、荷物の量によって変わりますが、約5万円あれば引っ越せます。

以下、価格.comの単身引っ越し料金の相場を基に、引っ越し費用がいくらになるのかまとめてみました。

引っ越す距離 荷物が少ない人 荷物が多い人
~15km未満 平均29,312円 平均38,035円
~50km未満 平均34,276円 平均40,614円
~200km未満 平均44,671円 平均51,961円
~500km未満 平均53,139円 平均63,335円
500km~ 平均54,929円 平均69,632円

都内までの距離目安は、横浜で約45km、名古屋で約350km、大阪で約500km、福岡で約1,000kmです。

また、引っ越す人が少ない5月~12月の閑散期は、1月~4月に比べて1~2万円ほど値段が安い傾向にあります。

少しでも引っ越し業者にかかる費用を抑える方法を、3つ紹介します。

複数業者に見積もりをもらって安いところを選ぶ

引っ越し業者

複数の引っ越し業者に見積もってもらって、1番安く引っ越せる業者を選びましょう。

口コミやサービス内容でどうしても費用が高い業者にしたい場合は、他社に出してもらった見積もりを見ながら「A社は●●円で安かったです」と交渉してみてください。

引っ越し単身パックがある業者を選ぶ

引っ越し単身パックなど、一人暮らし向けのサービスがある業者を選べば、通常の引っ越し料金より安い料金設定がされています。

ただし、引っ越し業者が保有する台車の中に納まらない場合は、割高になるので注意が必要です。なるべく荷物は断捨離しておきましょう。

フリー便を選べば5,000円ほど安い

引っ越し「フリー便」は、引っ越し業者のトラックやスタッフの都合に合わせるプランのため、料金が5,000円ほど安いです。

引っ越す日は設定できますが、何時に来るかは業者の都合次第になるので、丸1日の予定を空けておく必要があります。

家具家電・日用品購入費は約10万円

一人暮らしのレイアウト

初めての一人暮らしで、家具家電・日用品などを買い揃える場合は合計で「約10万円」ほど必要です。

下記で、入居当日までに用意したほうがよい家具家電・日用品の目安金額をまとめてみました。あくまで最低限必要なものなので、自分の生活スタイルに合わせて購入してください。

ベッド・布団などの寝具 約20,000円
冷蔵庫 約26,000円
電子レンジ 約8,000円
洗濯機 約30,000円
カーテン 約3,000円
トイレ用品 約2,000円
シャンプー・リンスなど 約3,000円
タオル(バスタオル)複数 約3,000円
ゴミ袋 約800円
歯ブラシ・歯磨き粉 約800円
キッチン用品 約3,000円

その他の家具家電や雑貨類は、入居してから徐々に用意すればよいので、慌てて購入する必要はありません。

少しでも家具家電や雑貨などを購入する費用を抑えて、一人暮らしするまでに必要なお金を50万円未満に抑える方法を3つ紹介します。

新生活応援セットで家電を買う

4月の新年度に向けて一人暮らしする人は、電気屋が1月~3月あたりに「新生活応援セット」などの名目で売り出しているセット品を購入しましょう。

ほとんどの電気屋では、洗濯機・冷蔵庫・電子レンジの3点セットや、洗濯機・冷蔵庫・電子レンジ・炊飯器・掃除機の5点セットなどで売り出しています。

安いものだと、3点で4万円、5点セットで4.5万円ほどです。また、電気屋によっては組み換え自由なセットを用意していることもあります。

実家から家具荷電を持ち込めば購入費は不要

新しく家具や家電を購入するのではなく、実家で使っていた家具や家電を持ち込めばその分の費用が浮きます。

ベッドなどの大きい家具を持ち込む場合は、玄関の幅が狭くて持ち込めない場合があるので、内見時にお部屋の採寸をしておきましょう。

小物は100円ショップで揃える

食器や布製のBOX、ハンガーなどの小物類や、掃除用のスポンジや袋などの消耗品は、100円ショップで揃えると費用を抑えられます。

ホームセンターや雑貨屋だと200~300円するものも、すべて100円+消費税で購入できます。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトも無料で見せてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから 
イエプラ

あなたにおすすめの関連記事

裏ワザに驚く女性のイラスト
不動産屋しか知らないはずの物件をネットで見れる裏ワザ!【もちろん無料】

 

探偵のイメージ写真
おとり物件とは?50の不動産屋の調査で判明した悪質な実態!【釣り物件】

 

11月のイメージイラスト
年内に引っ越したいなら11月中には部屋を探しておくべき理由

 

綺麗な内装のお部屋
ネットにない賃貸の未公開物件のたった1つの探し方【非公開物件】

 

東京タワーがある風景
東京で評判の良いおすすめの不動産屋ランキング!

 

電卓と万力で圧縮されている小銭
賃貸の初期費用を抑えるカンタンな方法って!?

 

スマホを持っている手の写真
おとり物件が少ないサイト3選!騙されずにお部屋を探したい人へ

 

家のアイコンを持っている手のイメージ
おすすめの部屋探しサイト一覧!【賃貸】

 

ソファでスマホを操作する女性
不動産屋に一度も行く必要なし!?内見も契約もWEBで済ませる時代です!

 

書類を持って悩んでいる女性
女性の一人暮らしで優先すべき条件とは?物件選びのポイントを紹介

 

不動産屋と握手している写真
【メリットたくさん】土日ではなく平日に内見すべき4つの理由

 

複数の不動産屋が相談している写真
複数の不動産屋を回るのはあり?良い不動産屋を見極めるポイントを大公開!

 

鍵のイメージ写真
家賃交渉で失敗しない人の4つのやり方を大公開!相場やタイミングは?

 

一軒家の積み木
失敗しない部屋探しの9のコツ!良い物件に住むまでの流れを解説!

 

 
バナー

Roochについて チャットでお部屋を紹介する来店不要のネット不動産屋「イエプラ」が運営する、部屋探しの疑問や街の情報について紹介しているサイトです。

家AGENT+

follow us in feedly