お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

敷金礼金って毎月支払う費用なの?月々に支払う費用はなにがある?

毎月支払う費用がわからない女の子のイラスト

敷金礼金は毎月支払う費用なの?という疑問にお答えします!

毎月支払う必要がある費用と契約時にのみ支払う費用について、シミュレーションを交えながらリアルな目安を紹介していきます。

引っ越し初心者の方に向けてお得なお部屋探し情報もお伝えします。よければ参考にしてください!

この記事は、不動産屋「家AGENT」池袋店の阿部さんにも内容を監修してもらいました。

阿部さん

「家AGENT」池袋店の店長で、賃貸業界歴5年以上です。管理職になる前の年間接客件数は380~400件と経験豊富です。お部屋探しに関して、設備や費用などの悩みも的確にアドバイスしています。

敷金礼金は毎月支払う費用ではない

敷金礼金は、賃貸の契約時に一度だけ支払う費用です。毎月支払う必要はありません。

敷金は、退去時のお部屋の修復や家賃の滞納に備えて大家さんに預けておくお金です。最終的に余った金額は戻ってくるので支払っても損をすることはありません。

礼金は「お部屋を貸してくれてありがとう」という意味を込めた大家さんへのお礼金です。敷金のように返金されることはありません。

阿部さんのアイコン 阿部
敷金礼金、仲介手数料など契約時に不動産屋に払う費用を初期費用と呼びます。駐車場や保証会社を利用する場合は、さらに高額になります。

敷金と礼金についてさらに詳しく解説していきます。

「敷金」はお部屋に何かあったときの担保金

敷金とは退去時のお部屋の原状回復や家賃を滞納したときの補填に使われるお金のことで、何かあったときの担保金のようなものです。

2020年4月に改定された債権法によって「敷金を充てて良い費用」や「残った敷金の扱い」などのガイドラインが明確に定められました。

通常の賃貸での相場は家賃1ヶ月分です。ペットと一緒に住めるアパートなど、お部屋が傷みやすい物件は家賃2ヶ月分の敷金を請求される場合が多いです。

敷引といって退去時にお金が余っていても、借り主にお金が戻らない契約の形態もあります。ペットを飼う人が集まる物件のほとんどは敷引契約です。

「礼金」は大家さんにお礼として支払うお金

礼金とは、入居の際のお礼を込めて大家さんに支払うお金です。大正時代に発祥した文化が現代でも残っていると言われています。

相場は家賃1ヶ月分の物件が多いです。敷金のように滞納の補填をしてくれたり、余った金額が戻ってくることはありません。払い切りのお金です。

阿部さんのアイコン 阿部
礼金を0.5ヶ月分、もしくは0円に設定することでお客さんを集めている物件もあります。お探しの際はぜひご相談ください!

また、敷金とは違い法律などでのガイドラインがはっきりとは決まっていません。関西など礼金自体が文化として根付いていない地域もあります。

マル秘イエプラバナー

契約時に支払う初期費用の相場

敷金礼金や仲介手数料など、お部屋の契約時に一度だけまとめて支払うお金を「初期費用」と呼びます。普通の賃貸での相場は家賃4.5~5ヶ月分ほどです。

初期費用の内訳と相場をまとめました。

敷金 家賃1ヶ月分
礼金 家賃1ヶ月分
仲介手数料 家賃1ヶ月分+税
前家賃 家賃1ヶ月分
日割り家賃 入居日によって変動
保証会社利用料 家賃0.5~1ヶ月分
火災保険料 約15,000円
鍵交換費用 約16,500円

基本的に契約時にのみ払う費用ですが、保証会社利用料と火災保険料は1~2年ごとに10,000~15,000円の更新料がかかることが多いです。

以下の、家賃60,000円の条件だと初期費用だけで約337,500円の初期費用が必要になります。

シミューレーションの条件
・家賃60,000円
・保険会社利用料家賃1ヶ月分
・1日に契約(日割り家賃0円)

初期費用の準備が難しい人は敷金礼金がかからない「ゼロゼロ物件」がおすすめです。

駅から離れたエリアや家賃相場の安い街、不動産屋の忙しさが一段落した4~8月と10月上旬に探してみると見つけやすくなります。

敷金礼金の必要ない物件の探し方

敷金礼金がかからない物件を探すには、物件サイトで自力で探すか不動産屋に相談して見つけてもらうのが一般的です。

しかし、遠方への引っ越しやお仕事で忙しい場合は、サイトで探す時間を確保したり対面での相談を十分にできないのがネックです。

そこでおすすめなのがネット不動産屋の「イエプラ」です。LINEやチャットで「初期費用は◯◯円以下に抑えたい」などと条件を伝えるだけで最適なお部屋を探してもらえます。

大家さんとの交渉の経験が豊富なスタッフが揃っているので、初期費用の値下げにも期待できます!

イエプラボタンバナー

毎月支払う必要のある費用

毎月支払う費用は、家賃+管理費(共益費)で計算される「総家賃」です。

管理費は廊下やエントランスの掃除業者への委託費や、共用部の照明代に使われていることが多いです。

駐車場や保証会社を利用している場合は、運営している各会社へ個人で支払います。

また、物件によっては管理費が最初から家賃に含まれていることがあります。その分家賃は下がるので総家賃は変わらないことが多いです。

毎月支払う費用
・家賃
・管理費
・共益費
・駐車場利用料
・保証会社利用料(月々払いの場合のみ)

契約するお部屋や地域によっては町内会費・24時間サポート・環境維持費などの加入が義務付けられている場合があります。

このような賃貸に関わる固定費は、家計の圧迫を防ぐためにも手取りの3分の1を目安にお部屋選びをしてください。

当然ですが、生活していくには食費や光熱費などもかかります。一人暮らしの平均額は160,000円ほどです。詳しく取り扱った記事を紹介します。ぜひ参考にしてください。

▶家賃や生活費についての詳しい記事はこちら

お部屋を探すときは総家賃で考える

お部屋を探す際は、家賃+管理費(共益費)込みの「総家賃」で考えるべきです。

家賃と管理費は毎月必ず支払う固定費なので、別々で考えてしまうと予算オーバーになりやすいです。

賃貸サイトでは、家賃を安くする代わりに管理費を高く設定していることがあります。なぜなら、お客さんの目に止まりやすくなるようにするためです。

検索するときは「共益費/管理費を含む」にチェックを入れ、総家賃の予算に収まる物件のみが表示されるようにすると良いです。

管理費の相場は家賃の5~10%

管理費の金額は大体家賃の5~10%くらいが相場です。家賃が60,000円なら毎月の総家賃は63,000~66,000円ほどになります。

エントランスやエレベーターなど、共有設備が充実しているマンションは高めです。

一方、共有設備がほとんどない2階建てアパートは管理費が安めに設定されています。

初期費用は家賃を元に計算される

契約時の初期費用は総家賃から管理費を引いた純粋な家賃を元に計算されます。

少しでも初期費用を抑えたい人は総家賃が同じお部屋同士を比べて、管理費の割合が大きい方を選んでください。

阿部さんのアイコン 阿部
実際の初期費用の計算はもう少し複雑です。面倒であれば我々お部屋探しのプロに相談してください。最も簡単で確実に理想のお部屋を探す方法です。

引っ越し初心者は不動産屋に頼るべき

初期費用を抑えて引っ越せるお部屋を自分で探すのはかなり骨が折れます。お部屋探しのプロである不動産屋にお願いした方が確実です。

ネット上の不動産屋「イエプラ」は、来店不要でチャットやLINEから「初期費用を◯万円以下に抑えたい」など希望を送るだけで、スタッフに理想のお部屋を紹介してもらえます。

全国の賃貸情報の8割が集約されている業者専用のデータベース「ATBB」を使って物件を紹介してくれるので、ネット上にない非公開物件も探せます。

深夜0時まで営業しているので、忙しい人や地方から上京を考えている人にもおすすめです。

イエプラボタンバナー

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について