お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

敷金礼金とは毎月支払う費用なの?月々に支払う費用ってなにがある?

毎月支払う費用がわからない女の子のイラスト

敷金礼金は毎月支払う費用なの?という疑問に回答します!毎月支払う必要がある費用と契約時にのみ支払う費用について、毎月支払う費用がどれくらいの金額になるのかも合わせて解説します!

敷金礼金は毎月支払う費用ではない

なるほど
敷金礼金は、賃貸の契約時に一度だけ支払う費用なので、毎月支払う必要はありません。

敷金は、退去時の修繕費用や家賃の滞納に備えて事前に大家さんに預けておくお金です。

家賃を滞納せずキレイに部屋を使用し、退去費用が敷金以下の金額で済んだ場合は、残った金額が返金されます。

礼金は「部屋を貸してくれてありがとう」という意味が込められた、大家さんへのお礼金なので返金されることはありません。

▶未公開物件が無料で見られる!
おすすめのお部屋探しサイトはこちら

毎月支払う費用は何?

賃貸契約において、毎月支払わなければならないものと、契約時にのみ支払えば良いものにわけて紹介します。

毎月支払うもの
・家賃
・管理費
・共益費
・駐車場利用料
・保証会社利用料(月々払いの場合のみ)

家賃・管理費・共益費は、毎月まとめて大家さんに支払います。駐車場利用料は、駐車場の管理者に別途支払います。

また、保証会社を利用していて、利用料が毎月発生している場合は、保証会社の利用料も毎月支払います。

管理費とは、エントランスやエレベーターなど物件の共有部分を管理・維持するための費用のことです。

共益費は管理費と同じ考えて良いです。物件の書類には、管理費と共益費を併せた金額で記載されているのが一般的です。

▶管理費について詳細はこちら

契約時にのみ支払うもの
・敷金
・礼金
・仲介手数料
・鍵交換費用
・保証会社利用料
・火災保険料
・前家賃
・日割り家賃

契約時にのみ支払うお金の総称を「初期費用」と呼びます。

基本的に契約時にのみ払う費用ですが、保証会社利用料と火災保険料は、1~2年ごとに更新料がかかることが多いです。

▶賃貸契約の初期費用について詳細はこちら

毎月払う費用はどれくらいの金額?

お金と電卓
毎月支払う費用は「家賃+管理費(共益費)」で、管理費の金額は大体家賃の5~10%くらいが相場です。

例えば家賃が50,000円なら、毎月の支払い額は52,500~55,000円ほどです。

ただし、築浅で設備が整ったマンションなど、建物の管理に費用がかかる物件の場合は、管理費が高めに設定されています。

賃貸暮らしなら上記の家賃が月々の生活費に上乗せされるので、家賃は慎重に考えて決めましょう。

あまりに家賃が高いと、生活費を圧迫して生活しづらくなるかもしれません。

▶収入別の適正家賃と生活費について詳細はこちら

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識