お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

年収750万の適正家賃は約14.8万円!一人暮らしならどんな生活になる?

宝箱の中のコイン

年収750万の家賃目安はいくらなのか解説します。賃貸の審査に落ちない家賃目安や、年収750万の人の生活費、どんな間取りに住めるのか、引っ越し費用の目安についても紹介します。

年収750万円なら家賃は14.8万円くらいにすべき

預金通帳
家賃は、年収ではなく月々の手取り額の3分の1を越えない金額にするべきです。

年収750万円の場合、月々の手取り額は約44.3万円なので、3分の1すると約14.8万円になります。

年収は保険料や年金、税金などを支払う前の総支給額で、保険料などを支払って実際に振り込まれるお金を「手取り」と呼びます。

バブル時代で景気が良かった頃、家賃の目安は手取りではなく年収を12ヶ月で割った金額の3分の1で、年収750万円なら家賃が20.8万円くらいでも余裕をもって生活できていました。

しかし、バブルが崩壊して景気が悪くなった現代では、手取りの3分の1くらいでないと生活費が圧迫されて、余裕のある生活を送れなくなっています。

▶未公開物件が無料で見られる!
おすすめのお部屋探しサイトはこちら

賃貸の審査に落ちない家賃目安

賃貸の審査では、家賃が年収の36分の1以下でないと審査に落ちてしまう可能性が高くなります。収入に対して家賃が高すぎると、家賃を毎月支払う能力が無いと判断されてしまうためです。

750万円前後の年収ごとに、審査に落ちない家賃の目安を一覧にまとめたので、お部屋を探す際の参考にしてみてください。

年収 家賃目安
650万円 ~181,000円
700万円 ~194,000円
750万円 ~208,000円
800万円 ~222,000円
850万円 ~236,000円
家賃を考えるポイント
・余裕をもって生活するなら「手取りの3分の1」
・審査に通りたいなら「年収の36分の1」

年収750万円の人はどんな生活になる?

家賃14.8万円のお部屋で一人暮らしすれば、節約しなくても毎月4万円以上貯金できるくらい、余裕がある生活を送れます。

1日あたり2,000円まで食費に充てても余裕があるくらいの収入額なので、毎日自炊せずにランチやディナーを楽しめます。

貯金額や家賃を無理に高額にしなければ、日々の生活に困ることはまずありません。

二人暮らしの場合でも、末に外食に出かけるなど、多少は贅沢できるでしょう。ただし、出産の予定がある人は毎月4万円以上貯金するべきです。

子どもが小さいうちは生活に困りませんが、成長して学費や習い事にお金がかかるようになると生活が厳しくなります。

年収750万での一般的な貯金額は?

一般的には手取りの10%~20%の金額を貯金している人が多いと言われていて、年収750万円での手取り額は531万円くらいなので、1年で53.1~106.2万円くらいになります。

1ヶ月辺り4.4万円~8.8万円くらいですが、家賃目安である14.8万円よりも抑えれば、生活費に余裕ができるので、毎月9万円以上貯めることも可能です。

家賃14.8万円ならどんな間取りに住める?

14.8万円の家賃なら東京都内のどの地区で、どんな間取りのお部屋に住めるのかを調べてみました。

一人暮らしの場合

一人暮らしの場合、中央区や渋谷区などの家賃相場が高いエリアで、ワンルームや1Kの一人暮らし向けのお部屋に住めます。

家賃相場が高いエリアでも、築浅のマンションやタワーマンションを選べます。

1Kなら、宅配ボックスや独立洗面台などの便利な設備が一通り揃っている上に、駅徒歩や日当たりも良い優良物件に住めます。

都心から少し離れた江東区や練馬区などの地域なら、新築で駅徒歩10分くらいの、1LDKのお部屋に住めます。

家族暮らしの場合

2LDKや3LDKの家族向けの間取りのお部屋なら、葛飾区や足立区などの家賃相場が低いエリアで見つかります。

築浅、駅から10分以内など、条件が良い物件でも住めるでしょう。

ただ、中央区などの家賃相場の高いエリアでは、家族向けの間取りには住めない可能性が高いです。見つかったとしても、駅から遠い、築年数が古いなど、条件が良くない物件がほとんどです。

23区の家賃相場はこちら

家賃相場
葛飾区 約6.5万円
足立区 約6.5万円
江戸川区 約6.6万円
練馬区 約7万円
板橋区 約7.3万円
杉並区 約7.7万円
荒川区 約7.8万円
中野区 約7.8万円
北区 約7.9万円
大田区 約7.9万円
世田谷区 約8万円
墨田区 約8.2万円
豊島区 約8.6万円
江東区 約8.9万円
品川区 約9.1万円
台東区 約9.3万円
文京区 約9.4万円
新宿区 約9.8万円
目黒区 約9.8万円
渋谷区 約10.7万円
中央区 約10.9万円
千代田区 約12万円
港区 約12.7万円

 

家賃14.8万円の引越し費用目安は98万円

ダンボール
引越しにかかる費用の目安は、部屋を借りる初期費用が家賃の約4~5ヶ月分、引っ越し費用が約7~9万円、家具家電・日用品の購入が約10~15万円です。

家賃14.8万円の場合、引越し費用目安は98万円くらいになります。

初期費用を抑えるなら、敷金や礼金が0円のお部屋を探したり、仲介手数料が安い不動産屋でお部屋を探すべきです。

敷金・礼金・仲介手数料はそれぞれ家賃1ヶ月分が相場なので、3つとも0円のお部屋なら家賃の3ヶ月分くらい抑えられます。

引っ越し費用を抑えたいなら、業者に頼まず、親や友人と協力したり、2~4月の引越しシーズンを避けて引っ越すと良いです。

年収ごとの家賃目安一覧

年収額ごとの家賃を表でまとめました。青い文字の金額を押すと、それぞれの詳しい解説をご覧いただけます。

年収 家賃目安
300万 64,000円
350万 75,000円
400万 84,000円
450万 94,000円
500万 105,000円
550万 115,000円
600万 122,000円
700万 139,000円
750万 148,000円
800万 156,000円
900万 175,000円

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

最近、流行している、お部屋探しから内見までを店舗に行かずに自宅にいながら完結できるおすすめの不動産屋サービスを2つ紹介します!

①イエプラ

イエプラは、空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を紹介してくれるサービスです。

自分の住みたい部屋を、店舗に行かずに文章でやりとりしながら見つけたい人におすすめです!

②家AGENTオンライン

家AGENTオンラインは、ビデオ通話で物件の紹介から内見まで、すべて自宅で完結できるサービスです。

自分の住みたい部屋を、店舗に行かずに画面越しのスタッフと直接相談しながら見つけたい人におすすめです!

好きな方を利用してみよう

どちらもSUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で使える信頼性の高い物件情報サイトから紹介してくれます。

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋へ行く時間がない人にもおすすめです!

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識