お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

年収700万円の家賃目安は14.5万円!手取りはいくら?どんな生活ができる?

お部屋の画像

年収700万円だと家賃目安はいくら?という疑問を解決します!年収ごとの家賃目安や、年収700万円の手取り額はいくらか、年収700万円の生活はどんな感じか、家賃の金額ごとの生活費モデルや審査に落ちない家賃目安も紹介します!

年収700万円なら家賃の目安は14.5万円

年収700万円の人は、手取りの3分の1である「14.5万円」が家賃目安です。

年収の3分の1が家賃目安と言われることがありますが、保険料や税金などで給料が減るので、手取りを元に家賃を考えたほうが良いです。

年収700万円から保険料や税金などを差し引くと、約524万円です。単純に12で割ると、月約43.6万円が手取りとして残ります。詳しい控除金額は後ほど紹介します。

ただ、年収700万円もあればよほど家賃を高くしすぎなければ、余裕のある暮らしができます。あくまで手取りの3分の1は目安なので、毎月の生活費を元に考えてみてください。

年収ごとの家賃目安一覧

年収700万円に近い人の家賃目安を早見表にしました。昇給などを考えて、近い給料の家賃目安も把握しておきましょう。

青い文字をタップすると、それぞれの家賃の生活についての解説に移動できます。

家賃目安
年収600万円 126,000円
年収650万円 137,000円
年収700万円 145,000円
年収750万円 155,000円
年収800万円 164,000円

▶自分にピッタリなお部屋をチャットで探そう!

年収700万円の手取りは約524万円

年収700万円の人の、1年間の手取り額は約524万円です。月に換算すると、毎月の手取りが43.6万円ほどです。

下記の例のように、給与からは税金や保険料、年金などが引かれます。

年収700万円の控除額と手取り額の例
健康保険料 412,000円
厚生年金保険料 648,000円
雇用保険料 21,000円
所得税(源泉徴収税額) 307,000円
住民税 371,800円
1年の手取り額 5,240,200円

新入社員は、前年度の収入がないので1年目は住民税がありません。

そのため、2年目以降にいきなり手取りが下がったように感じるので、あらかじめ住民税が引かれることは覚えておきましょう。

月収と手取り額を混同して家賃19.3万円のお部屋に住むと、自炊をして食費を抑えたり、貯金額を減らしたりと調整しなくてはいけません。

年収700万円だとどんな生活ができる?

年収700万円なら、一人暮らしだけでなく同棲や新婚でも、節約を意識しなくても余裕のある生活ができる。

以下、普通に一人暮らししていた場合の毎月の生活費を、自炊派と外食派に分けてシミュレーションしてみました。

自炊派 外食派
家賃 145,000円 145,000円
食費 40,000円 65,000円
水道光熱費 12,000円 12,000円
交際費・娯楽費 80,000円 80,000円
通信費 14,000円 14,000円
交通費 10,000円 10,000円
衣類・日用消耗品代 30,000円 30,000円
合計 331,000円 356,000円
貯金 105,000円 80,000円

年収700万円あれば、自炊派も外食派も節約を意識せずとも余裕のある暮らしができます。

同棲や新婚の場合でも、家賃目安をオーバーしなければ無理に節約しなくても良いです。

娯楽費や貯金額をさらに確保したい人は、こまめに家電製品のコンセントを抜いて待機電力を削減、スマホのSIMを格安の物に変えるなどの節約をしてみましょう。

年収600万円の生活との比較

年収600万円の場合、年間手取りが約457万円、月の手取りが約38万円あります。一人暮らしだけでなく同棲や新婚でも、節約を意識しなくても余裕のある生活ができます。

ただし、家賃目安である12.6万円を超えてしまうと、毎月の貯金が3万円ほどしかできません。

同棲や新婚の場合は家賃と無駄遣いさえ抑えられれば、無理に節約しなくても良いです。

年収800万円の生活との比較

年収800万円の場合、年間手取りが約590万円、月の手取りが約49.1万円です。よほど使いすぎない限りは、家賃も毎月の生活費も調整することなく余裕のある暮らしができます。

一人暮らし~二人暮らしであれば、家賃目安である手取りの3分の1を超えても生活費で圧迫されることはありません。

4人家族の場合は家賃もしくは食費さえ抑えられれば、無理に節約することなく生活できます。

年収700万の人の生活費シミュレーション

電卓と住宅の置物2

年収700万円で一人暮らしする場合の毎月の生活費を、家賃ごとにシミュレートしてみました。どのくらい貯金できるのか、どんな生活を送れるのか確認してみてください。

先にも紹介しましたが、年収700万円は月の手取りが「約43.6万円」の人です。

家賃10万円だと毎日外食でも余裕がある

家賃10万円だと、毎日外食でも余裕がある生活ができます。以下の生活費例は、食費を1食千円を31日計算で出しています。

家賃 100,000円
食費 93,000円
水道光熱費 12,000円
娯楽費・交際費 100,000円
通信費 14,000円
交通費 10,000円
衣類・日用消耗品代 30,000円
合計 359,000円
貯金 77,000円

家賃10万円以下のお部屋に住む人なら、1食千円に抑えられれば、毎月娯楽費を10万円ほど確保しても月7万円の貯金が可能です。

さらに貯金を多くしたい人は、娯楽費を削るか、月の半分ほど自炊をするようにして食費と7万円ほどまで抑えてください。

ちなみに、都内で家賃10万円のお部屋を探すと、山手線沿いなどの主要駅であればワンルーム・1K、足立区や練馬区などの家賃相場が低い地域だと2DKなどの広めのお部屋があります。

家賃14.5万円だと無理に節約しなくて良い

家賃14.5万円だと、年収700万円の家賃目安に収まっているため無理に節約しなくとも良いです。

家賃 145,000円
食費 70,000円
水道光熱費 12,000円
娯楽費・交際費 80,000円
通信費 14,000円
交通費 10,000円
衣類・日用消耗品代 30,000円
合計 361,000円
貯金 75,000円

食事はときどき自炊をして食費を7万円以下に抑えられれば、それ以外で費用を調整する必要はありません。

それでも、毎月7万円ほどの貯金が可能です。貯金を5万円にして、娯楽費を10万円確保するなど内訳に融通が利くので調整しやすいです。

ちなみに同棲や新婚の場合は、2人分の食費や通信費がかさむので、自炊して食費を抑えなければ貯金できません。

都内で家賃14万円のお部屋を探すなら、ワンルーム~2LDKと幅広い間取りが見つかります。

家賃18万円だと少し節約が必要

家賃18万円だと、食費や娯楽費などを調整したり、通信費や光熱費を節約しないとキツいです。

家賃 180,000円
食費 55,000円
水道光熱費 12,000円
娯楽費・交際費 80,000円
通信費 12,000円
交通費 10,000円
衣類・日用消耗品代 30,000円
合計 379,000円
貯金 57,000円

上記の食費は、自炊メインで時々外食の場合です。1日3食すべて外食の場合は、食費がプラス4万円ほどかさむので貯金できなくなります。

貯金をしないのであれば問題ありませんが、冠婚葬祭や体調不良時の医療費などの予備費が足りなくなります。

なるべく自炊をして食費を抑える、娯楽費を2万円ほど削る、スマホのプランを見直すなど、できる限りの節約はしておきましょう。

ちなみに都内で家賃18万円だと、1LDKや2LDKなどの広めの間取りでも、築年数浅めや駅から近いなど良い条件のお部屋を探せます。

家賃14.5万円ならどんなお部屋に住める?

東京23区内で、家賃14.5万円だとどんなお部屋に住めるのか調べてみました。

千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区など家賃相場が高い都心だと、駅徒歩5分以内・バストイレ別のワンルーム・1K~1LDKのお部屋があります。

練馬区や江戸川区などの家賃相場が低い地域では、1LDK~2LDKなどのファミリー向けの間取りのお部屋が見つかります。

設備重視で、オートロック付き・バストイレ別・築年数10年以内など拘っても、たくさんのお部屋が見つかるので吟味して探せます。

23区の家賃相場はこちら

家賃相場
葛飾区 約6.5万円
足立区 約6.5万円
江戸川区 約6.6万円
練馬区 約7万円
板橋区 約7.3万円
杉並区 約7.7万円
荒川区 約7.8万円
中野区 約7.8万円
北区 約7.9万円
大田区 約7.9万円
世田谷区 約8万円
墨田区 約8.2万円
豊島区 約8.6万円
江東区 約8.9万円
品川区 約9.1万円
台東区 約9.3万円
文京区 約9.4万円
新宿区 約9.8万円
目黒区 約9.8万円
渋谷区 約10.7万円
中央区 約10.9万円
千代田区 約12万円
港区 約12.7万円

 

自分に最適な家賃のお部屋を探すなら

最適な家賃相場で無理なく生活できるお部屋を探すなら、チャット不動産屋「イエプラ」がおすすめです。希望の間取りや条件を伝えるだけで自分にピッタリなお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれるので、数多くのお部屋の中からピッタリのお部屋を探せます!

また、イエプラならチャットでスタッフとやり取りできるので、なかなか不動産屋に行く時間が取れない人でも、お仕事の合間の時間でラクにお部屋を探せます!

イエプラでラクにお部屋を探す
 

家賃14.5万円の引っ越し費用は約96万円

引っ越しにかかる費用の目安は、部屋を借りる初期費用が家賃の約4~5ヶ月分、荷物を運ぶ費用が約7~9万円、家具家電・日用品の購入が約10~15万円です。

家賃14.5万円の場合、引っ越しするまでの費用目安は96万円ほど見ておきましょう。

ただし、家族暮らしで引っ越す荷物が多い場合、荷物を運ぶ引っ越し費用が10万円を超えることもあります。

初期費用を抑えるなら、敷金や礼金が0円のお部屋を探したり、仲介手数料が安い不動産屋でお部屋を探すべきです。

敷金・礼金・仲介手数料はそれぞれ家賃1ヶ月分が相場なので、3つとも0円のお部屋なら家賃の3ヶ月分くらい抑えられます。

引っ越し費用を抑えるなら、業者に頼まず親や友人と協力して自力で引っ越ししたり、1月~4月の繁忙期が落ち着いてから引っ越ししましょう。

▶一人暮らしするまでに必要な費用の詳細はこちら

賃貸の審査に落ちない家賃目安

賃貸の入居審査では「家賃が年収の36分の1以下」でないと落ちる可能性が高くなります。

支払い能力があると判断される家賃目安は、生活を圧迫せず、収入相応の暮らしをする家賃目安よりも少し緩くなっています。

以下、賃貸の審査に落ちない家賃目安をまとめました。

年収 入居審査基準の家賃目安
230万円 ~63,000円
250万円 ~69,000円
300万円 ~83,000円
320万円 ~88,000円
350万円 ~97,000円
370万円 ~102,000円
400万円 ~110,000円
430万円 ~117,000円
450万円 ~125,000円
500万円 ~138,000円

ただし、先にも記載した通り、一般的な家賃目安よりも審査基準は緩くなっています。

そのため、入居審査の家賃目安通りのお部屋を選んでしまうと、生活費が圧迫されるので注意してください。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

夜中12時まで相談可能!
イエプラはこちらから
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識