年収600万での家賃目安は約12.6万円!一人暮らしだとどんな生活になる?

家賃やお金のこと

鬼頭

この記事の監修:鬼頭
「イエプラ」営業担当

この記事の監修:鬼頭
「イエプラ」営業担当

お部屋の画像

年収600万円だと家賃目安はいくら?という疑問を解決します!年収ごとの家賃目安や、年収600万円の手取り額はいくらか、年収600万円の生活はどんな感じか、家賃の金額ごとの生活費モデルや審査に落ちない家賃目安も紹介します!

年収600万円なら家賃の目安は12.6万円

年収600万円の人は、手取りの3分の1である「12.6万円」が家賃目安です。

年収の3分の1が家賃目安と言われることがありますが、保険料や税金などで給料が減るので、手取りを元に家賃を考えたほうが良いです。

年収600万円から保険料や税金などを差し引くと、約457万円です。単純に12で割ると、月約38万円が手取りとして残ります。詳しい控除金額は後ほど紹介します。

ただ、年収600万円もあればよほど家賃を高くしすぎなければ、余裕のある暮らしができます。あくまで手取りの3分の1は目安なので、毎月の生活費を元に考えてみてください。

年収ごとの家賃目安一覧

年収600万円に近い人の家賃目安を早見表にしました。昇給などを考えて、近い給料の家賃目安も把握しておきましょう。

青い文字をタップすると、それぞれの家賃の生活についての解説に移動できます。

家賃目安
年収500万円 107,000円
年収550万円 116,000円
年収600万円 126,000円
年収650万円 137,000円
年収700万円 145,000円

▶未公開物件が無料で見られる!
おすすめのお部屋探しサイトはこちら

年収600万円の手取りは約457万円

年収600万円の人の、1年間の手取り額は約457万円です。月に換算すると、毎月の手取りが38万円ほどです。

下記の例のように、給与からは税金や保険料、年金などが引かれます。

年収600万円の控除額と手取り額の例
厚生年金保険料 348,900円
健康保険料 549,000円
雇用保険料 18,000円
所得税(源泉徴収税額) 203,000円
住民税 303,800円
1年の手取り額 4,577,300円

新入社員は、前年度の収入がないので1年目は住民税がありません。

そのため、2年目以降にいきなり手取りが下がったように感じるので、あらかじめ住民税が引かれることは覚えておきましょう。

月収と手取り額を混同して家賃16.6万円のお部屋に住むと、自炊をして食費を抑えたり、貯金額を減らしたりと調整しなくてはいけません。

年収600万円だとどんな生活ができる?

年収600万円なら、一人暮らしだけでなく同棲や新婚でも、節約を意識しなくても余裕のある生活ができる。

以下、普通に一人暮らししていた場合の毎月の生活費を、自炊派と外食派に分けてシミュレーションしてみました。

自炊派 外食派
家賃 126,000円 126,000円
食費 40,000円 65,000円
水道光熱費 10,000円 10,000円
交際費・娯楽費 60,000円 60,000円
通信費 12,000円 12,000円
交通費 10,000円 10,000円
衣類・日用消耗品代 20,000円 20,000円
合計 278,000円 303,000円
貯金 102,000円 77,000円

あくまでも、家賃を手取りの3分の1以内に抑えた場合の生活費なので、家賃が高くなると節約しないと生活できません。

食事はほぼ3食自炊、こまめに家電製品のコンセントを抜いて待機電力を削減、スマホのSIMを格安の物に変えるなど、すぐにできることから始めてみてください。

年収500万円の生活との比較

年収500万円の場合、年間手取りが約387万円、月の手取りが約32.2万円あります。よほど家賃が高いお部屋でない限り、何も考えなくても快適に暮らせます。

毎日外食でも、娯楽費が7万円ほど確保できるので旅行を楽しんだり、飲み歩いたりと趣味に使えるお金が増えます。

もちろん、娯楽費ではなく貯金しても良いです。その場合、スタンダードな生活で毎月5~7万円ほど貯金できます。

年収700万円の生活との比較

年収700万円の場合、年間手取りが約524万円、月の手取りが約43.6万円です。

一人暮らしであれば、家賃目安をオーバーした高いお部屋に住んでも余裕のある生活ができます。ただし、趣味に10万円ほど使う人は、家賃や食費を節約すべきです。

同棲・新婚夫婦までなら、家賃目安内であれば節約せずとも、毎月5万円ほどは貯金が可能です。その代わり、無駄遣いはできないので家計簿をつけておきましょう。

子どもがいる家庭は、食費や子どもの養育費で費用がかさむので、1日3食自炊をする、悩んだ物は購入しないなどやや節約を意識しましょう。

年収600万の人の生活費シミュレーション

住宅と電卓と虫眼鏡

年収600万円で一人暮らしする場合の毎月の生活費を、家賃ごとにシミュレートしてみました。どのくらい貯金できるのか、どんな生活を送れるのか確認してみてください。

先にも紹介しましたが、年収600万円は月の手取りが「約38万円」の人です。

家賃8万円だと贅沢な暮らしができる

家賃8万円だと、食費や娯楽費を増やして贅沢な生活ができます。

家賃 80,000円
食費 90,000円
水道光熱費 10,000円
娯楽費・交際費 100,000円
通信費 12,000円
交通費 10,000円
衣類・日用消耗品代 30,000円
合計 332,000円
貯金 48,000円

上記は極端な例ですが、1食1,000円の外食費を30日分確保した場合の生活費例です。娯楽費を10万円にしても、毎月4万円は貯金できます。

逆に貯金を多くしたい人は、自炊と外食を半々にして食費を5万円ほどまでおさえたり、娯楽費を7万円まで削るなどして調整しましょう。

ちなみに、東京都内で家賃8万円のお部屋を探すと、ワンルームや1Kが見つかります。場所によっては、築年数が新しめのマンションや、お風呂・トイレ別のお部屋があります。

家賃12.5万円だと無理に節約しなくて良い

家賃12.5万円だと、贅沢しすぎなければ無理に節約しなくとも、毎月生活できます。

家賃 125,000円
食費 55,000円
水道光熱費 10,000円
娯楽費・交際費 70,000円
通信費 12,000円
交通費 10,000円
衣類・日用消耗品代 20,000円
合計 302,000円
貯金 78,000円

なるべく自炊をして食費を月5.5万円以下に抑えれば、毎月5万円の貯金ができます。さらに、2.5万円は予備費としてタンス貯金できます。

さらに貯金したい人は、食費や娯楽費、水道光熱費など節約できる費用から調整してください。

都内で家賃12.5万円のお部屋を探した場合、ワンルーム・1K~2DKなど広めのお部屋が見つかります。ただし、千代田区・港区・中央区などの都心は、ワンルーム・1Kが多いです。

家賃14万円だとやや節約が必要

家賃に14万円もかけてしまうと、食費や水道光熱費、娯楽費などをやや節約しないと、給料日前がキツくなります。

家賃 140,000円
食費 55,000円
水道光熱費 10,000円
娯楽費・交際費 70,000円
通信費 12,000円
交通費 10,000円
衣類・日用消耗品代 20,000円
合計 317,000円
貯金 63,000円

毎月貯金をするのであれば、自炊と外食を半々にして月の食費を5.5万円に抑えましょう。衝動買いやゲームの課金などの無駄遣いも厳禁です。

貯金をしないのであれば、冠婚葬祭や体調不良時の医療費などの予備費として2万円避けて置き、残りのお金を食費や娯楽費に回しても良いです。

都内で家賃14万円のお部屋を探すなら、ワンルーム~2LDKと幅広い間取りが見つかります。

家賃12.6万円ならどんなお部屋に住める?

東京23区内で、家賃12.6万円だとどんなお部屋に住めるのか調べてみました。

一人暮らしで家賃12.6万円のお部屋に住むなら、中央区や渋谷区など家賃相場が高いエリアでワンルームや1Kのお部屋に住めます。

ワンルームや1Kの一人暮らし向けの物件なら、駅徒歩5分・オートロック付き・独立洗面台付きといった、条件が良く住みやすいマンションに住めます。

練馬区や江戸川区などの家賃相場が低い地域では、2LDKや3DKなどのファミリー向けの間取りのお部屋でも住めます。

23区の家賃相場はこちら

家賃相場
葛飾区 約6.5万円
足立区 約6.5万円
江戸川区 約6.6万円
練馬区 約7万円
板橋区 約7.3万円
杉並区 約7.7万円
荒川区 約7.8万円
中野区 約7.8万円
北区 約7.9万円
大田区 約7.9万円
世田谷区 約8万円
墨田区 約8.2万円
豊島区 約8.6万円
江東区 約8.9万円
品川区 約9.1万円
台東区 約9.3万円
文京区 約9.4万円
新宿区 約9.8万円
目黒区 約9.8万円
渋谷区 約10.7万円
中央区 約10.9万円
千代田区 約12万円
港区 約12.7万円

 

自分に最適な家賃のお部屋を探すなら

最適な家賃相場で無理なく生活できるお部屋を探すなら、チャット不動産屋「イエプラ」がおすすめです。希望の間取りや条件を伝えるだけで自分にピッタリなお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトも無料で見せてくれます!

また、イエプラならチャットでスタッフとやり取りできるので、なかなか不動産屋に行く時間が取れない人でも、お仕事の合間の時間でラクにお部屋を探せます!

イエプラでラクにお部屋を探す
 

家賃12.6万円の引っ越し費用は約87万円

引っ越しにかかる費用の目安は、部屋を借りる初期費用が家賃の約4~5ヶ月分、荷物を運ぶ費用が約7~9万円、家具家電・日用品の購入が約10~15万円です。

家賃12.6万円の場合、引っ越しするまでの費用目安は97万円ほど見ておきましょう。

ただし、家族暮らしで引っ越す荷物が多い場合、荷物を運ぶ引っ越し費用が10万円を超えることもあります。

初期費用を抑えるなら、敷金や礼金が0円のお部屋を探したり、仲介手数料が安い不動産屋でお部屋を探すべきです。

敷金・礼金・仲介手数料はそれぞれ家賃1ヶ月分が相場なので、3つとも0円のお部屋なら家賃の3ヶ月分くらい抑えられます。

引っ越し費用を抑えるなら、業者に頼まず親や友人と協力して自力で引っ越ししたり、1月~4月の繁忙期が落ち着いてから引っ越ししましょう。

▶一人暮らしするまでに必要な費用の詳細はこちら

賃貸の審査に落ちない家賃目安

賃貸の入居審査では「家賃が年収の36分の1以下」でないと落ちる可能性が高くなります。

支払い能力があると判断される家賃目安は、生活を圧迫せず、収入相応の暮らしをする家賃目安よりも少し緩くなっています。

以下、賃貸の審査に落ちない家賃目安をまとめました。

年収 入居審査基準の家賃目安
230万円 ~63,000円
250万円 ~69,000円
300万円 ~83,000円
320万円 ~88,000円
350万円 ~97,000円
370万円 ~102,000円
400万円 ~110,000円
430万円 ~117,000円
450万円 ~125,000円
500万円 ~138,000円

ただし、先にも記載した通り、一般的な家賃目安よりも審査基準は緩くなっています。

そのため、入居審査の家賃目安通りのお部屋を選んでしまうと、生活費が圧迫されるので注意してください。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトも無料で見せてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから
イエプラ

あなたにおすすめの関連記事

裏ワザに驚く女性のイラスト
不動産屋しか知らないはずの物件をネットで見れる裏ワザ!【もちろん無料】

 

スマホを持っている手の写真
おとり物件が少ないサイト3選!騙されずにお部屋を探したい人へ

 

綺麗な内装のお部屋
ネットにない賃貸の未公開物件のたった1つの探し方【非公開物件】

 

探偵のイメージ写真
おとり物件とは?50の不動産屋の調査で判明した悪質な実態!【釣り物件】

 

2、3月のイメージイラスト
【不動産屋が解説】2月・3月に引っ越しするなら知っておくべき時期的な注意点

 

東京タワーがある風景
東京で評判の良いおすすめの不動産屋ランキング!

 

電卓と万力で圧縮されている小銭
賃貸の初期費用を抑えるカンタンな方法って!?

 

家のアイコンを持っている手のイメージ
おすすめの部屋探しサイト一覧!【賃貸】

 

書類を持って悩んでいる女性
女性の一人暮らしで優先すべき条件とは?物件選びのポイントを紹介

 

綺麗な内装のお部屋
未公開物件はレインズにある?ネットに載っていない物件を探したい!

 

不動産屋と握手している写真
【メリットたくさん】土日ではなく平日に内見すべき4つの理由

 

複数の不動産屋が相談している写真
複数の不動産屋を回るのはあり?良い不動産屋を見極めるポイントを大公開!

 

鍵のイメージ写真
家賃交渉で失敗しない人の4つのやり方を大公開!相場やタイミングは?

 

通帳とお金と電卓
賃貸契約の初期費用とは?内訳や安くするコツを徹底紹介!

 

 
バナー

Roochについて チャットでお部屋を紹介する来店不要のネット不動産屋「イエプラ」が運営する、部屋探しの疑問や街の情報について紹介しているサイトです。

家AGENT+

follow us in feedly