年収500万円の家賃目安はいくら?一人暮らしだとどんな生活になる?

家賃やお金のこと

中村

この記事の監修:中村
「家AGENT」店長

この記事の監修:中村
「家AGENT」店長

お部屋の画像

年収500万円だと家賃目安はいくら?という疑問を解決します!年収500万円の手取り額はいくらか、年収500万円の生活はどんな感じか、いくら貯金できるか、家賃の金額ごとの生活費モデルや審査に落ちない家賃目安も紹介します!

年収500万円なら家賃の目安は10.7万円

年収500万円の人は、手取りの3分の1である「10.7万円」が家賃目安です。

年収の3分の1が家賃目安と言われることがありますが、保険料や税金などで給料が減るので、手取りを元に家賃を考えたほうが良いです。

年収500万円から保険料や税金などを差し引くと、約387万円です。単純に12で割ると、月約32.2万円が手取りとして残ります。詳しい控除金額は後ほど紹介します。

ただし、年収500万円もあれば、よほど家賃を高くしすぎなければ余裕のある暮らしができます。あくまで手取りの3分の1は目安なので、毎月の生活費を元に考えてみてください。

年収ごとの家賃目安一覧

年収500万円に近い人の家賃目安を早見表にしました。昇給などを考えて、近い給料の家賃目安も把握しておきましょう。

青い文字をタップすると、それぞれの家賃の生活についての解説に移動できます。

家賃目安
年収350万円 76,000円
年収400万円 86,000円
年収450万円 94,000円
年収500万円 107,000円
年収550万円 116,000円
年収600万円 126,000円

▶自分にピッタリなお部屋をチャットで探そう!

年収500万円の手取りは約387万円

年収500万円の人の、1年間の手取り額は約387万円です。月に換算すると、毎月の手取りが32.2万円ほどです。

下記の例のように、給与からは税金や保険料、年金などが引かれます。

年収500万円の控除額と手取り額の例
健康保険料 286,092円
厚生年金保険料 450,180円
雇用保険料 15,000円
所得税(源泉徴収税額) 138,100円
住民税 240,200円
1年の手取り額 3,870,428円

新入社員は、前年度の収入がないので1年目は住民税がありません。

そのため、2年目以降にいきなり手取りが下がったように感じるので、あらかじめ住民税が引かれることは覚えておきましょう。

月収と手取り額を混同して家賃14万円のお部屋に住むと、なんとか生活できますが、食費や娯楽費、貯金額を削らなくてはいけません。

年収500万円だとどんな生活ができる?

年収500万円なら、適正家賃内に納めれば3食外食でも余裕のある一人暮らしができる。

以下、普通に生活していた場合の毎月の生活費を、自炊派と外食派に分けてシミュレーションしてみました。

自炊派 外食派
家賃 107,000円 107,000円
食費 40,000円 65,000円
水道光熱費 10,000円 10,000円
交際費・娯楽費 50,000円 50,000円
通信費 12,000円 12,000円
交通費 10,000円 10,000円
衣類・日用消耗品代 20,000円 20,000円
合計 249,000円 274,000円
貯金 73,000円 48,000円

あくまでも、家賃を手取りの3分の1以内に抑えた場合の生活費なので、さらに生活費を抑えたい人は家賃が安いお部屋を探しましょう。

家賃は、水道光熱費や食費を節約するより、毎月はっきりとわかる金額なので目に見えて生活費を抑えられます。

ちなみに、同棲やファミリーの場合でも、世帯年収が500万円あるならよほど無駄遣いをしなければ、普通に暮らせます。

年収400万円の生活との比較

年収400万円の場合、年間手取りが約311万円、月の手取りが約25.9万円です。家賃目安である8.6万円におさえれば、節約せずとも一人暮らしできます。

ただし、毎日外食してしまうと食費がかさんで毎月の生活費がギリギリになるので、せめて自炊と外食を半々にしましょう。

食事はほぼ3食自炊、こまめに家電製品のコンセントを抜いて待機電力を削減、スマホのSIMを格安の物に変えるなどすれば、毎月4万円の貯金が可能です。

ちなみに、家賃目安である8.6万円以上のお部屋に住んでしまうと、冠婚葬祭、体調不良などの急な出費に対応できません。

年収600万円の生活との比較

年収600万円の場合、年間手取りが約457万円、月の手取りが約38万円もあるので、節約を意識せずとも余裕のある一人暮らしができます。

家賃目安が12.6万円ですが、13.5万円ほどまでなら節約せずとも生活できます。それ以上の家賃になってしまうと、食費や娯楽費、貯金を削らなくてはいけません。

同棲やファミリーの場合は、人数が増えれば増えるほど生活費がかさむので、なるべく家賃目安以下のお部屋を探しましょう。

年収600万円あるなら、子どもが1人いても一般的な生活が送れます。

年収500万の人の生活費シミュレーション

電卓で計算した数字をメモする人

年収500万円で一人暮らしする場合の毎月の生活費を、家賃ごとにシミュレートしてみました。どのくらい貯金できるのか、どんな生活を送れるのか確認してみてください。

先にも紹介しましたが、年収500万円は月の手取りが「約32.2万円」の人です。

家賃8万円だと3食外食でも余裕がある

家賃8万円だと、3食外食でも余裕のある暮らしができます。貯金も毎月5万円ほど可能です。

家賃 80,000円
食費 70,000円
水道光熱費 10,000円
娯楽費・交際費 70,000円
通信費 12,000円
交通費 10,000円
衣類・日用消耗品代 20,000円
合計 272,000円
貯金 50,000円

年収500万円の人で家賃8万円以下に抑えられた場合、1日3食外食でも節約する必要はありません。ちなみに上記は、1食500~800円で食費を計算しています。

娯楽費を多めに確保したい人は、なるべく自炊を心がけて食費を4万円ほどまで削りましょう。

ちなみに、東京都内で家賃8万円のお部屋を探すと、ワンルームや1Kが見つかります。場所によっては、築年数が新しめのマンションや、お風呂・トイレ別のお部屋があります。

家賃11万円だは駄遣いしなければ暮らせる

家賃11万円は、無駄遣いしなければ普通に生活できます。ただし、自炊と外食半々ほどにしないと、後々キツくなります。

家賃 110,000円
食費 55,000円
水道光熱費 10,000円
娯楽費・交際費 60,000円
通信費 12,000円
交通費 10,000円
衣類・日用消耗品代 20,000円
合計 277,000円
貯金 45,000円

家賃が高くなった分、なるべく自炊を心がけて食費を抑えましょう。電子レンジで調理できる献立にすれば、ガス代もやや節約できます。

自炊ができず3食すべて外食になった場合は、娯楽費や貯金の金額を減らして調整しましょう。

もしくは、こまめに家電製品のコンセントを抜いて待機電力を削減、スマホのSIMを格安の物に変えるなど節約をしてください。

都内で家賃11万円のお部屋を探した場合、ワンルーム・1K~2DKなど広めのお部屋が見つかります。ただし、千代田区・港区・中央区などの都心は、ワンルーム・1Kばかりです。

家賃13万円だと自炊をして食費を抑えないとキツい

家賃13万円だと、自炊をして食費を抑えないと毎月の生活がキツくなります。

家賃 130,000円
食費 35,000円
水道光熱費 10,000円
娯楽費・交際費 60,000円
通信費 12,000円
交通費 10,000円
衣類・日用消耗品代 20,000円
合計 277,000円
貯金 45,000円

1日3食自炊をして、毎月の食費を3.5万円以下に抑えられれば、貯金や予備費を確保できます。

もやしやキャベツ、白菜などコスパの良い食材中心に料理すれば、もう5千円ほどは食費を削れます。逆に外食派の人は食費が約7万円かかるので、貯金は諦めてください。

お部屋の設備を重視して家賃が高くなるのであれば、こまめに家電製品のコンセントを抜いて待機電力を削減、スマホのSIMを格安の物に変えるなど節約を徹底してください。

ほかにも、衣類は、本当に必要なものだけに絞る、消耗品はブランドを選ばないなど、できる限りの節約をしておくべきです。

ちなみに都内の家賃13万円であれば、1LDKに住めます。家賃相場が低いエリアだと、2DKや2LDKも見つかります。

家賃10.7万円ならどんなお部屋に住める?

東京23区で家賃10.7万円のお部屋を探すと、居室が8~10畳と広めのワンルームや1Kや、1LDKや2DKといったお部屋があります。

新宿区や目黒区などの家賃が高い地域だと、ほぼワンルームか1Kです。オートロックやテレビモニター付きのインターホンがあるなど、セキュリティが優れている物件も見つかります。

葛飾区や足立区などの家賃相場が低い地域だと、1LDKや2DKもありました。広い間取りが良い、後々同棲予定という人は家賃相場が低いエリアがおすすめです。

家賃が高い地域にある家族暮らし用の物件は、駅から20分以上かかったり築年数が30年以上経っている物件ばかりです。

23区の家賃相場はこちら

家賃相場
葛飾区 約6.5万円
足立区 約6.5万円
江戸川区 約6.6万円
練馬区 約7万円
板橋区 約7.3万円
杉並区 約7.7万円
荒川区 約7.8万円
中野区 約7.8万円
北区 約7.9万円
大田区 約7.9万円
世田谷区 約8万円
墨田区 約8.2万円
豊島区 約8.6万円
江東区 約8.9万円
品川区 約9.1万円
台東区 約9.3万円
文京区 約9.4万円
新宿区 約9.8万円
目黒区 約9.8万円
渋谷区 約10.7万円
中央区 約10.9万円
千代田区 約12万円
港区 約12.7万円

 

賃貸の審査に落ちない家賃目安

賃貸の入居審査では「家賃が年収の36分の1以下」でないと落ちる可能性が高くなります。

支払い能力があると判断される家賃目安は、生活を圧迫せず、収入相応の暮らしをする家賃目安よりも少し緩くなっています。

以下、賃貸の審査に落ちない家賃目安をまとめました。

年収 入居審査基準の家賃目安
230万円 ~63,000円
250万円 ~69,000円
300万円 ~83,000円
320万円 ~88,000円
350万円 ~97,000円
370万円 ~102,000円
400万円 ~110,000円
430万円 ~117,000円
450万円 ~125,000円
500万円 ~138,000円

ただし、先にも記載した通り、一般的な家賃目安よりも審査基準は緩くなっています。

そのため、入居審査の家賃目安通りのお部屋を選んでしまうと、生活費が圧迫されるので注意してください。

コロナで外出を控えていてお部屋探しを諦めていませんか?

外出しなくてもネット営業の不動産屋「イエプラ」なら、自宅からチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

コロナが不安な今でも、お部屋によっては内見せず契約できます!住みたいお部屋を外に出ることなく見つけられるのでおすすめです!

イエプラはこちらから
イエプラ

あなたにおすすめの関連記事

裏ワザに驚く女性のイラスト
不動産屋しか知らないはずの物件をネットで見れる裏ワザ!【もちろん無料】

 

スマホを持っている手の写真
おとり物件が少ないサイト3選!騙されずにお部屋を探したい人へ

 

新型コロナウイルスのイメージ写真
新型コロナウイルス対策|来店せずにお部屋探しを済ませる方法!

 

綺麗な内装のお部屋
ネットにない賃貸の未公開物件のたった1つの探し方【非公開物件】

 

探偵のイメージ写真
おとり物件とは?50の不動産屋の調査で判明した悪質な実態!【釣り物件】

 

4月のイメージイラスト
4月は費用が抑えられて部屋探しにぴったり!お部屋を探すときの注意点って?

 

東京タワーがある風景
東京で評判の良いおすすめの不動産屋ランキング!

 

電卓と万力で圧縮されている小銭
賃貸の初期費用を抑えるカンタンな方法って!?

 

家のアイコンを持っている手のイメージ
おすすめの部屋探しサイト一覧!【賃貸】

 

書類を持って悩んでいる女性
女性の一人暮らしで優先すべき条件とは?物件選びのポイントを紹介

 

綺麗な内装のお部屋
未公開物件はレインズにある?ネットに載っていない物件を探したい!

 

不動産屋と握手している写真
【メリットたくさん】土日ではなく平日に内見すべき4つの理由

 

複数の不動産屋が相談している写真
複数の不動産屋を回るのはあり?良い不動産屋を見極めるポイントを大公開!

 

鍵のイメージ写真
家賃交渉で失敗しない人の4つのやり方を大公開!相場やタイミングは?

 

通帳とお金と電卓
賃貸契約の初期費用とは?内訳や安くするコツを徹底紹介!

 

 
バナー

Roochについて チャットでお部屋を紹介する来店不要のネット不動産屋「イエプラ」が運営する、部屋探しの疑問や街の情報について紹介しているサイトです。

家AGENT+

follow us in feedly