一人暮らしの初期費用はどれくらい?抑えるコツは?

家賃やお金のこと

小向

この記事の監修:小向
「家AGENT」宅建主任者

この記事の監修:小向
「家AGENT」宅建主任者

お札を持つ女性

一人暮らしの初期費用はいくら必要?という疑問を解決します!初期費用の内訳や、ゼロゼロ物件などお部屋の条件別の初期費用シミュレーション、初期費用を抑えるコツ、引っ越し費用や家具家電購入費、毎月の生活費も合わせて紹介します!

一人暮らしの初期費用は家賃の4.5~5ヶ月分

一人暮らしの初期費用は、敷金・礼金や仲介手数料などのトータルで「家賃4.5~5ヶ月分」必要です。

初期費用の内訳と相場は以下の通りです。ただ、お部屋によっては礼金や仲介手数料がなかったりと、条件によって変動するため、相場が家賃4.5~5ヶ月分と言われています。

敷金 家賃1ヶ月分
礼金 家賃1ヶ月分
仲介手数料 家賃1ヶ月分+税
保証会社利用料 家賃0.5~1ヶ月分
火災保険料 約15,000円
鍵交換費用 約15,000円
前家賃 家賃1ヶ月分
日割り家賃 入居日によって変動

家賃ごとに、家賃4.5~5万円の目安費用をまとめています。

家賃5.5万円 約24.7~27.5万円
家賃6万円 約27~30万円
家賃6.5万円 約29.2~32.5万円
家賃7万円 約31.5~35万円
家賃7.5万円 約33.5~37.5万円
家賃8万円 約36.5~40万円

あくまで目安なので、入居日や利用する不動産屋などによって初期費用の金額が変わります。

初期費用の内訳

電卓と家の置物

家賃7万円の人を例に、初期費用の項目ごとの費用と、合計金額をまとめてみました。

敷金 70,000円
礼金 70,000円
仲介手数料 75,600円
保証会社利用料 35,000円
火災保険料 15,000円
鍵交換費用 15,000円
前家賃 70,000円
日割り家賃(15日入居) 35,000円
初期費用合計 385,600円

初期費用の項目ごとに、詳しく紹介していきます。

敷金

敷金とは、退去時にお部屋を入居前の状態に戻すための費用です。敷金の相場は家賃1ヶ月分ですが、ペット可物件の場合は敷金が家賃2か月分になっています。

退去時にの修繕や清掃で余った分や、必要なかったお金は、退去後1~2ヶ月ほどで返金されます。

ただし、契約書に「敷金償却」「敷引き」という特約がある場合、指定された分の敷金は返金されませんので、契約前に必ず確認しておきましょう。

礼金

礼金とは、入居する物件の大家さんに「入居させてくれてありがとう」という意味を込めて支払うお金のことです。ほとんどが家賃1ヶ月分ですが、礼金がないお部屋もあります。

もともと物件の数が少なかった時代に「お部屋を貸してくれてありがとう」と謝礼金を持参する風習があり、その名残りがルールとして定着しました。

▶敷金・礼金についての解説はこちら

仲介手数料

仲介手数料とは、お部屋を紹介してくれた不動産屋や仲介会社に、大家さんとの橋渡しの手間賃や謝礼として支払うお金のことです。お部屋を契約した時にのみ発生します。

仲介手数料の相場は「家賃1ヶ月分+消費税」ですが、不動産屋によっては半額~無料のところもあります。

不動産屋の自社物件や大家さんと直接契約した場合は、仲介手数料は不要です。

▶仲介手数料についての解説はこちら

保証会社利用料

保証会社利用料とは、連帯保証人の代わりになる会社を利用する費用のことです。保証会社によって利用料が違いますが、ほとんどが家賃0.5~1ヶ月分かかります。

連帯保証人のみで入居できるお部屋は、保証会社利用料は必要ありません。

▶保証会社についての解説はこちら

火災保険料

火災保険料とは、火事や落雷で燃えた建物や家具を補償してくれる保険の費用のことです。平均相場は15,000円ほどですが、保険内容や保険会社によって金額が変わります。

ちなみに、保険会社は大家さんもしくは不動産屋が指定しているので、契約時は保険会社を選べないことが多いです。

どうしても変更したい場合は、入居後に自分で保険会社に連絡して、変更手続きをしてください。

▶火災保険についての解説はこちら

鍵交換費用

鍵と札束
鍵交換費用とは、前の入居者が使用していた鍵から自分が使用する鍵に交換する費用のことです。

鍵交換費用の相場は15,000円ほどですが、ディンプルキーやカードキーのような特殊な鍵は、交換費用が高いです。

▶鍵交換費用についての解説はこちら

前家賃

前家賃とは、家賃発生月の翌月の家賃のことです。4月に家賃が発生した場合、5月分の家賃が前家賃となります。

基本的に、家賃の1ヶ月分が相場ですが、大家さんによっては家賃2ヶ月分を先払いと決められているところもあるので、契約前に確認しましょう。

▶前家賃についての解説はこちら

日割り家賃

日割り家賃とは、月の途中にお部屋を借りた場合の、残り日数の家賃なので、入居日によって金額が変わります。日割り家賃の中には、管理費・共益費も含まれます。

日割り家賃の計算方法は「家賃÷その月の日数×入居日数」です。

たとえば、家賃9万円のお部屋に15日入居する場合は、90,000万円÷30日×15日=「日割り家賃45,000円」になります。

▶日割り家賃についての解説はこちら

お部屋の条件別の初期費用シミュレーション

電卓と大量の数字の小物
お部屋の条件などによって初期費用の金額が変わるので、いくつかのパターンを紹介します。

全て「家賃7万円」のお部屋に入居したと想定して、金額のシミュレーションをしています。

敷金・礼金がない場合

家賃7万円のお部屋で、敷金・礼金がない場合の初期費用目安は「約24.5万円」です。

敷金 0円
礼金 0円
仲介手数料 75,600円
保証会社利用料 35,000円
火災保険料 15,000円
鍵交換費用 15,000円
前家賃 70,000円
日割り家賃(15日入居) 35,000円
初期費用合計 245,600円

敷金・礼金がないので約14万円の費用が抑えられます。ただし、敷金がないお部屋は退去時にクリーニング費用が必要です。

さらに費用を抑えたい人は、キャンペーンなどで仲介手数料が無料のお部屋を探しましょう。

連帯保証人のみで契約できる場合

連帯保証人のみで契約できるお部屋は、保証会社費用が不要なので初期費用は「約35万円」です。

敷金 70,000円
礼金 70,000円
仲介手数料 75,600円
保証会社利用料 0円
火災保険料 15,000円
鍵交換費用 15,000円
前家賃 70,000円
日割り家賃(15日入居) 35,000円
初期費用合計 350,600円

保証会社利用料がないので約3.5万円の費用が抑えられます。

中には、連帯保証人を立てても保証会社必須のお部屋もあるので、必ず不動産屋に「連帯保証人のみで契約できるお部屋」か、確認してください。

月初に入居した場合

月初に入居した場合の初期費用は「約35万円」です。

家賃 70,000円
敷金 70,000円
礼金 70,000円
仲介手数料 75,600円
保証会社利用料 35,000円
火災保険料 15,000円
鍵交換費用 15,000円
前家賃 0円
日割り家賃 0円
初期費用合計 350,600円

月初に入居できた人は、前家賃と日割り家賃が発生しません。その代わり、従来の家賃が必要になります。

トータル的に初期費用が抑えられるので、大家さんが月初で大丈夫という場合は、なるべく月初に入居しましょう。

10日に入居した場合

月の途中の10日に入居した場合の初期費用は「約39.6万円」です。

敷金 70,000円
礼金 70,000円
仲介手数料 75,600円
保証会社利用料 35,000円
火災保険料 15,000円
鍵交換費用 15,000円
前家賃 70,000円
日割り家賃(10日入居) 46,700円
初期費用合計 396,300円

10日に入居した場合は、日割り家賃も前家賃も発生するので、初期費用が高くなります。これが、25日に入居した人だと、日割り家賃が約1.2万円になります。

どうしてもすぐに引っ越さなくてはいけないという人以外は、少しでも月末に近い日を入居日にするか、月初に入居するようにしましょう。

フリーレント付き物件の場合

フリーレント付き物件の初期費用は「約28万円」です。

敷金 70,000円
礼金 70,000円
仲介手数料 75,600円
保証会社利用料 35,000円
火災保険料 15,000円
鍵交換費用 15,000円
前家賃 0円
日割り家賃 0円
初期費用合計 280,600円

フリーレント付きの場合、大家さんが定めた一定期間の家賃が無料になります。フリーレントの期間は1~2か月の場合がほとんどです。

家賃が発生しないので日割り家賃がないうえ、入居後の家賃引き落とし日まで、翌月の家賃が引き落とされません。

ただし、大家さんによっては手元に現金が欲しいなどの理由で、前家賃を請求される場合があります。必ず契約前に確認しておきましょう。

初期費用を抑える6つのコツ

紙で作った家と虫眼鏡

お部屋を借りる際の初期費用を、少しでも抑えたいという人向けに、初期費用を抑える6つのコツを紹介します。

もともとの家賃が安いお部屋を選ぶ

家賃相場や低いエリア、駅徒歩15分以上、築年数古めなど希望条件を緩和して、もともとの家賃が安いお部屋を選びましょう。

初期費用は、家賃を元に計算されるので、家賃が安ければ初期費用も安くなります。

ゼロゼロ物件を選ぶ

敷金や礼金が0円の「ゼロゼロ物件」を選びましょう。敷金と礼金のそれぞれの相場は家賃の1ヶ月分なので、敷金・礼金が0円で家賃7万円のお部屋だった場合、14万円も抑えられる計算になります。

ただし、敷金は退去時のお部屋の修繕に充てられるお金なので、お部屋を綺麗に使っていれば退去の際に返金されます。

敷金0円の物件は、敷金の代わりにハウスクリーニング代を支払います。ハウスクリーニング代は敷金よりも安いので、結果的に初期費用を抑えられます。

▶ゼロゼロ物件の詳細はこちら

仲介手数料が半額~無料のお部屋を選ぶ

仲介手数料が半額~無料のお部屋を選べば、その分の初期費用が抑えられます。

もともと仲介手数料を安くしている不動産屋もあれば、時期によってキャンペーンとして安くしている不動産屋もあります。

▶仲介手数料が無料の物件がある理由はこちら

フリーレント付き物件を選ぶ

フリーレント付き物件は、大家さんが決めた一定期間の家賃が無料になる物件で、初期費用の中からフリーレント分の家賃が引かれます。

ほとんどの物件では家賃の0.5~1ヶ月分が無料になるので、1ヶ月分無料になった場合は、仲介手数料が無料になったのと同じくらいの金額を抑えられます。

▶フリーレント物件についてはこちら

連帯保証人のみで審査できるお部屋を選ぶ

連帯保証人のみで審査できるお部屋は、保証会社を利用する必要がないので、保証会社の使用料が必要ありません。

連帯保証人がいない人は、物件数がかなり少なくなりますが、保証会社不要のお部屋を探すのも手です。

入居日を月初にしてもらう

大家さんに相談して、入居日を月初にしてもらうことができれば、1ヶ月分丸々の家賃は発生しますが、前家賃分が発生しないので初期費用を抑えられます。

月初に入居した場合、1ヶ月分の家賃が大家さんの手元にはいるので、翌月の家賃は通常の家賃引き落とし日に支払うことになります。

これが、月の途中に入居した場合は、日割り家賃+前家賃が必要です。

引っ越し費用は約7~9万円

段ボールを梱包する男性
引っ越しにかかる費用は、時期や距離によって違いますが「約7~9万円」あれば足ります。

引っ越す人が多い繁忙期と、少ない閑散期で、移動距離別の目安金額をまとめました。

1月~4月
(繁忙期)
5月~12月
(閑散期)
500km未満 約80,000円 約65,000円
500km以上 約90,000円 約70,000円

東京に上京するための移動距離の目安は、以下です。ちょうど、東京⇔大阪が500kmほどです。

大阪 約510km
名古屋 約350km
福岡 約1,000km
広島 約800km
宇都宮 約90km
仙台 約350km
青森 約700km

引っ越し業者を利用するなら、4月~7月の閑散期を狙うか、荷物が少ないのであれば、単身引っ越しパックを利用すれば5万円ほどに収まります。

家具家電・日用品の購入費は約10~15万円

テーブルの上に置かれた小物

初めての一人暮らしで、家具家電・日用品などを買い揃える場合は「約10~15万円」ほど必要です。主な家具家電・日用品の目安金額は下記を参考にしてください。

冷蔵庫 約26,000円
洗濯機 約30,000円
電子レンジ 約8,000円
炊飯器 約7,000円
掃除機 約4,000円
テレビ 約25,000円
ベッド・布団などの寝具 約20,000円
カーテン 約3,000円
収納棚 約7,000円
キッチン用品 約4,000円
トイレ用品 約2,000円
シャンプー・リンスなど 約4,000円

家具家電を実家から持参したり、友人から譲り受けたりすれば、費用を安く抑えられます。また、1月~3月頃は通販サイトや大手量販店では、新生活に必要な家電を「一人暮らし家電セット」などの名目で安く販売しています。

▶一人暮らしに必要なもの一覧はこちら

▶一人暮らしにおすすめの家具の紹介はこちら

毎月の生活費は約16万円

家の置物と円マーク

一人暮らしを始めてからは、家賃や食費、水道光熱費や娯楽費などのトータルで「毎月約16万円」必要です。

下記の表は、東京23区内で一人暮らしをしている300名に、月々の生活費がどれくらいかかっているのかアンケートを取った結果の、平均金額になります。

家賃 75,000円
食費 27,000円
水道光熱費 8,000円
趣味・娯楽費 13,000円
デート代・飲み会代 19,000円
スマホ、通信費 10,000円
日用消耗品など 6,000円
生活費合計 158,000円

※東京23区で一人暮らしをしている300人にアンケートした平均結果

1日3食すべて自炊する人なら食費は3万ほどにおさまりますが、外食派、コンビニ弁当派の人は食費5万円ほど必要です。

少しでも生活費を節約したい人は、自炊回数を増やす、使わない家電製品のコンセントを抜く、エアコン温度を一定に設定するなど、自分のルールを決めて置き、毎日実行しましょう。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトも無料で見せてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから 

イエプラ

あなたにおすすめの関連記事

裏ワザという文字
不動産屋しか知らないはずの物件をネットで見れる裏ワザ!【もちろん無料】

 

部屋探しサイト
おすすめの部屋探しサイト一覧!【賃貸】

 

チャット不動産屋「イエプラ」のロゴ
イエプラの口コミ・評判|SUUMOやHOME’Sと比べるとどう?

 

万力で挟まれている硬貨と電卓
賃貸の初期費用を抑えるカンタンな方法って!?

 

ソファに寝そべってスマホを操作する女性
不動産屋に一度も行く必要なし!?内見も契約もWEBで済ませる時代です!

 

東京のビル群
東京で評判の良い不動産屋さんはここ!

 

調査している探偵
おとり物件とは?50の不動産屋の調査で判明した悪質な実態!【釣り物件】

 

綺麗な内装のリビングルーム
ネットにない賃貸の未公開物件のたった1つの探し方【非公開物件】

 

東京の風景
東京都内の住みやすい街!おすすめの区や駅はどこ?【一人暮らし】

 

一人暮らしのお部屋
初めての一人暮らし|始めるまでの11ステップと部屋探しのポイント

 

鍵とお金を渡す手
無職で賃貸契約する方法と審査を通過しやすくするコツ

 

不動産屋の立ち合い
【メリットたくさん】土日ではなく平日に内見すべき5つの理由

 

バナー

Roochについて チャットでお部屋を紹介する来店不要のネット不動産屋「イエプラ」が運営する、部屋探しの疑問や街の情報について紹介しているサイトです。

家AGENT+

follow us in feedly