一人暮らしの初期費用の目安は?項目ごとの内訳や費用を抑えるコツも紹介!

家賃やお金のこと

小向

この記事の監修:小向
「家AGENT」宅建主任士

この記事の監修:小向
「家AGENT」宅建主任士

お札を持つ女性

一人暮らしを始めるにあたっての初期費用目安を紹介します!賃貸物件の初期費用・引っ越し費用・家具家電購入費事の相場や、限界まで抑えた初期費用額、一人暮らしのトータルの初期費用実例、初期費用を抑えるコツなども紹介します!

一人暮らしで必要な初期費用の項目とお金目安

一人暮らしを始めるために必要な初期費用は家賃によって大きく変動しますが、東京の一人暮らし用の間取り物件の家賃相場である8万円で計算すると、約51.5万~65万円です。

賃貸の初期費用 家賃4.5~5ヶ月分
引っ越し費用 約5~10万円
家具家電購入費 約10~15万円

賃貸契約の初期費用とは?

賃貸契約の初期費用とは、お部屋を借りるときに一番最初に発生する費用のことです。初期費用の項目は、主に以下の8種類です。

敷金 退去時にお部屋を入居前の状態に戻すための費用。
礼金 入居する物件の大家さんに渡すお礼金。
仲介手数料 不動産屋や仲介会社に、大家さんとの橋渡しの手間賃や謝礼として支払うお金。
前家賃 家賃発生月の翌月の家賃のこと。
日割り家賃 月の途中にお部屋を借りた場合の、残り日数分の家賃。
保証会社利用料 連帯保証人の代わりになる会社を利用する費用。
火災保険料 火事や落雷で燃えた建物や家具を補償してくれる保険の費用。
鍵交換費用 前の入居者が使用していた鍵から、自分が使用する鍵に交換する費用す。

各項目の詳しい解説は、後ほど紹介します。

引っ越し費用は業者利用代金

引っ越し費用は、基本的に引っ越し業者を利用した際に必要なお金です。引っ越す時期や移動距離、荷物の量によって金額が変わります。

業者を使わず、マイカーやレンタカーを使って自分で引っ越しした場合は、引っ越し費用はレンタカー代とガソリン代で済みます。

時期や移動距離による引っ越し費用の変化については、後ほど詳しく解説します。

家具家電購入費用は新しく買った分のみ

家具家電購入費用は新しく買った分のみなので、実家から持っていけば費用を抑えられます。

ただし実家から持っていく場合は、家具家電の購入費用は抑えられますが、引っ越し費用が高くなる可能性があるので注意しましょう。

レオパレスや会社の寮など、生活に必要なものが一通り揃っているお部屋に引っ越す場合は、家具家電を新たに買い揃える必要がないので費用はかかりません。

新居で最低限揃えるべきものと費用目安は、後ほど解説します。

▶初期費用が安い物件たくさん!
おすすめのお部屋探しサイトはこちら

賃貸の初期費用目安は家賃4.5~5ヶ月分

賃貸契約の初期費用は、礼金や仲介手数料がなかったりと条件によって変動するため、目安が「家賃4.5~5ヶ月分」と言われています。

賃貸契約の初期費用の項目ごとの内訳は、以下の通りです。

敷金 家賃1ヶ月分
礼金 家賃1ヶ月分
仲介手数料 家賃1ヶ月分+税
前家賃 家賃1ヶ月分
日割り家賃 入居日によって変動
保証会社利用料 家賃0.5~1ヶ月分
火災保険料 約15,000円
鍵交換費用 約15,000円

家賃ごとに、賃貸の初期費用をまとめました。以下は、家賃の4.5~5ヶ月分で計算しています。

家賃5万円 約22.5~25万円
家賃5.5万円 約24.7~27.5万円
家賃6万円 約27~30万円
家賃6.5万円 約29.2~32.5万円
家賃7万円 約31.5~35万円
家賃7.5万円 約33.7~37.5万円
家賃8万円 約36~40万円
家賃8.5万円 約38.2~42.5万円

あくまで目安なので、入居日や利用する不動産屋などによって賃貸契約費用の金額が変わります。

以下で賃貸契約費用の項目ごとに、詳しく紹介していきます。

敷金

敷金とは、大家さんや管理会社に一時的に預けておくお金のことで、退去時の原状回復代や滞納した家賃の補填として使われます。

退去費用や家賃滞納の補填で使われなかった分のお金は、退去後に返金されます。

相場は家賃の1ヶ月分ですが、差お部屋によっては家賃2ヶ月分だったり、敷金なしだったりとバラバラです。

ただし、敷金がないお部屋は退去費用を別で支払う必要があるため、高額請求などのトラブルに巻き込まれるリスクがあります。

礼金

礼金とは、入居する物件の大家さんに「入居させてくれてありがとう」という意味を込めて支払うお金のことです。

ほとんどの礼金は家賃1ヶ月分ですが、人気のお部屋は家賃2ヶ月分だったり、逆に人気のないお部屋は礼金0円だったりします。

また、交渉次第で礼金を値引きしてくれる場合があるので、費用を抑えたい人は不動産屋に相談してみましょう。

仲介手数料

仲介手数料とは、お部屋の紹介や書類の作成など、部屋探しのサポートに対して不動産屋や仲介会社に支払う手数料のことです。

仲介手数料は法律で「家賃1ヶ月分+消費税」が上限と決められているため、これ以上高くなることはありません。

不動産屋によっては、仲介手数料が家賃0.5ヶ月分~無料のところもあります。また、礼金同様に交渉次第で値下げしてくれる可能性があります。

ちなみに、仲介不動産屋を通さずに大家さんと直接契約する場合は、仲介手数料はかかりません。

前家賃

住宅と電卓と虫眼鏡

前家賃とは、家賃発生月の翌月の家賃のことです。4月に入居した場合、5月分の家賃が前家賃となって、初期費用に含まれます。

基本的に、家賃の1ヶ月分が相場ですが、大家さんによっては家賃2ヶ月分と決められているところもあるので、契約前に確認しましょう。

入居日が1日の場合は、従来通りの家賃引き落とし日に家賃を支払うため、前家賃は基本的に不要です。

日割り家賃

日割り家賃とは、入居した日から月末までの日数で1ヶ月分の家賃を割った費用のことです。

例えば家賃7万円のお部屋に3月15日に入居した場合は、以下のように計算します。

70,000円÷31日=約2,258円(1日当たりの家賃)
31日-15日=16日(日割り家賃が必要な日数)
2,258円×16日=36,128円(日割り家賃)

ただし、不動産屋や大家さんによっては、日割り家賃の計算方法が違うことがあります。事前に確認しておきましょう。

▶日割り家賃についての詳しい解説はこちら

保証会社利用料

保証会社利用料とは、連帯保証人の代わりになる会社を利用する費用のことです。保証会社によって利用料が違いますが、ほとんどが家賃0.5~1ヶ月分かかります。

連帯保証人のみで入居できるお部屋は、保証会社利用料は必要ありません。ただし、東京都内の賃貸は、保証会社利用が必須になっていることが多いです。

逆に関西では、連帯保証人必須になっているお部屋が多いので、保証会社利用料がかからないお部屋を探しやすいです。

火災保険料

火災保険料とは、火事や落雷で燃えた建物や家具を補償してくれる保険の費用のことです。平均相場は15,000円ほどですが、保険内容や保険会社によって金額が変わります。

基本的に、火災保険に加入せずに入居できる物件はありません。法律で定められているわけではありませんが、保険に加入していない入居者が火災を起こしても保険がおりず、大家さんに大きなリスクが発生してしまいます。

どの保険に加入するかは大家さんや不動産屋が指定していることがほとんどですが、まれに自分で選べる場合もあります。

鍵交換費用

鍵交換費用とは、前の入居者が使用していた鍵から自分が使用する鍵に交換する費用のことです。

鍵交換費用の相場は、一般的なディスクシリンダーキーの場合1.5万円ほどですが、ディンプルキーやカードキーのような特殊な鍵は2万円以上かかります。

前入居者がいない新築の場合は、鍵交換費用は不要です。

限界まで抑えると賃貸の初期費用は家賃2ヶ月分ほどで済む

賃貸物件の初期費用は、家賃や項目を削れば家賃の約2ヶ月分ほどまで抑えられます。

初期費用や家賃を元に計算されるので、家賃5万円以下のお部屋にすると安いです。また・敷金・礼金・仲介手数料がないお部屋を上手く探すと、さらに削れます。

以下の表は、費用を限界まで抑えられた場合と、通常の費用がかかった場合の費用の比較です。

初期費用を抑えた場合 通常の初期費用
合計 105,000円 285,000円
敷金 0円 50,000円
礼金 0円 50,000円
仲介手数料 0円 55,000円
鍵交換費用 15,000円 15,000円
火災保険料 15,000円 15,000円
保証会社利用料 25,000円 25,000円
前家賃 0円 50,000円
日割り家賃 50,000円
(初月家賃分)
25,000円

ただし上記は極端な例なので、敷金や礼金、仲介手数料が無料かつ前家賃が発生しない1日に入居可能な物件は、なかなか見つかりません。

費用を抑えられる物件を探すのではなく、住みたいお部屋を見つけて、可能な限り費用を抑える手段を取ったほうが理想のお部屋が見つかりやすいです。

一人暮らしの引っ越し費用目安は約5~12万円

引っ越しにかかる費用は、時期や距離、荷物の量によって違うため「約5~12万円」と状況によって大きく差が開きます。

引っ越す人が多い繁忙期と、少ない閑散期で、移動距離別の目安金額をまとめました。値段の切り替わりは「移動距離が500km以上かどうか」で大きく金額が変わります。

東京までの引っ越し距離

出発地 1月~4月
(繁忙期)
5月~12月
(閑散期)
横浜
(約45km)
平均47,000~61,000円 平均37,000~49,000円
宇都宮
(約90km)
平均48,000~77,000円 平均44,000~64,000円
名古屋
(約350km)
平均55,000~95,000円 平均54,000~79,000円
仙台
(約350km)
平均55,000~95,000円 平均54,000~79,000円
大阪
(約510km)
平均67,000~120,000円 平均62,000~98,000円
広島
(約800km)
平均67,000~120,000円 平均62,000~98,000円
福岡
(約1,000km)
平均67,000~120,000円 平均62,000~98,000円

参考:価格ドットコム

引っ越し時期を選べるのであれば、5月~7月の閑散期を狙って費用を抑えたほうが良いです。とくに、祝日が1日もない6月の梅雨の時期は、費用が安いです。

「単身パック」を使うと費用を抑えられる

引っ越しの荷物を梱包する男性

引っ越しの「単身パック」とは、一人暮らし向けの引っ越しサービスで、あらかじめ決められた荷物量しか運べないものです。

引っ越し業者によりサイズが違いますが、高さ170cm×横104cm×奥行き104cmほどのコンテナに乗るだけの荷物を引き受けてくれます。

以下は、引っ越し繁忙期の3月に名古屋⇒東京に引っ越しした場合の、費用比較です。

業者名 単身パック 通常
日本通運 約57,000円 約60,000円
佐川急便 約42,000円 約58,000円
サカイ引越センター 約39,000円 約55,000円
ハトのマークの引越しセンター 約32,000円 約40,000円

ただし、時期や移動距離などによって金額が変わってくるので、事前に見積もりを出してもらい、どちらがお得か確認したほうが良いです。

200km以内なら自分で引っ越しするとかなりお得

するという人は、旧居から新居までの距離が200km以内であればお得に引っ越せます。

以下は自分で引っ越した場合と、業者を使った場合の費用比較です。分かりやすいように、安いほうを青文字、高いほうを赤文字にしています。

自力で引っ越し 業者で引っ越し
~15km
(東京-東京)
約20,000円 約30,000円
15~50km
(東京-神奈川)
約25,000円 約47,000円
50~200km
(東京-静岡)
約44,000円 約50,000円
200~500km
(東京-大阪)
約78,000円 約67,000円
500km~
(東京-福岡)
約142,000円 約67,000円

ただし、上記の表は、荷物の量が比較的少ない一人暮らしで、1度の搬送で荷物を運び出せたケースの金額でシミュレーションしています。

荷物が多くて何往復もするのであれば、近距離の引っ越しであっても業者を使ったほうが安くなる場合もあります。

▶一人暮らしの引っ越し費用の詳細はこちら

家具家電・日用品の購入費は約5~15万円

初めての一人暮らしで、家具家電・日用品などを買い揃える場合は最低でも5万円ほど必要です。

実家から家具家電をある程度持参し、不足しているものだけを買い足す場合は最低金額の約5万円ほどで事足りますが、生活に必要な家具や家電を一式揃えるとなると15万円ほど必要です。

下記では、主な家具家電・日用品の目安金額を用意すべきタイミングに分けて解説しているので参考にしてください。

入居当日までに用意しておくべきもの

ベッド・布団などの寝具 約20,000円
掃除機 約4,000円
カーテン 約3,000円
トイレ用品 約2,000円
シャンプー・リンスなど 約4,000円
タオル(バスタオル)複数 約5,000円
ゴミ袋 約1,000円
歯ブラシ・歯磨き粉 約1,000円
エアコン(新居にない場合) 約30,000円

ベッドやエアコン、掃除用品は入居当日から必要なので、当日に買いに行くか事前に購入しておき当日届くように調整しておきましょう。

入居してから用意すれば良いもの

冷蔵庫 約26,000円
洗濯機 約30,000円
電子レンジ 約8,000円
炊飯器 約7,000円
テレビ 約25,000円
パソコン 約50,000円
収納棚 約7,000円
アイロン 約5,000円
テーブル 約10,000円
ソファ 約20,000円
食器 約5,000円

家具家電を実家から持参したり、友人から譲り受けたりすれば、費用を安く抑えられます。

また、1月~3月頃は通販サイトや大手量販店で新生活に必要な家電を「一人暮らし家電セット」などの名目で安く販売しています。

一人暮らしの初期費用の実例

電卓と見積書

ここからは、実際に一人暮らしを始めるには具体的にいくら必要なのかを詳しく解説します。

家賃は8万円で統一し、敷金や礼金などの賃貸契約に必要な費用や家具家電購入費用の有無で合計の初期費用がいくら違うのかを比較しています。

ちなみに、家賃8万円というのは東京で間取りが1Kやワンルームのお部屋の平均家賃相場です。

オーソドックスな初期費用ケース:52万円

物件情報と現在の状況
・大阪府在住
・敷金礼金、仲介手数料全て1ヶ月分
・入社日の9/1に間に合うよう8/30に入居
・家具家電は実家のものを持ち込み
敷金 80,000円
礼金 80,000円
仲介手数料 86,400円
前家賃 80,000円
日割り家賃 5,200円
保証会社利用料 40,000円
火災保険料 15,000円
鍵交換費用 15,000円
引っ越し費用 70,000円
家具家電購入費用 50,000円
合計 521,600円

敷金礼金、仲介手数料が1ヶ月分という王道パターンなので、賃貸契約の費用は5ヶ月分と平均的です。

家具や家電については基本的に実家から持ち込んでいるため、新たに必要になったものを買い足す費用5万円に抑えられています。

敷金礼金なしで抑えたケース:34万円

物件情報と現在の状況
・福岡県在住
・敷金礼金なし
・4月の入学に間に合うように3/28に入居
・家具家電はお部屋に備え付け
敷金 0円
礼金 0円
仲介手数料 43,200円
前家賃 80,000円
日割り家賃 10,300円
保証会社利用料 40,000円
火災保険料 15,000円
鍵交換費用 15,000円
引っ越し費用 90,000円
家具家電購入費用 50,000円
合計 343,500円

敷金礼金がタダで日割り家賃も最小限に抑えられているため、賃貸契約の費用は家賃の3.2ヶ月分です。

また、家具が備え付けのため引っ越しの荷重が少なく、繁忙期の4月でも引っ越し費用は9万円に抑えられました。

家具家電でお金がかかるケース:55万円

物件情報と現在の状況
・神奈川県在住
・家賃補助2万円支給
・4月の入社に間に合うように3/28に入居
・家具家電は新たに購入予定
敷金 80,000円
礼金 80,000円
仲介手数料 43,200円
前家賃 80,000円
日割り家賃 10,300円
保証会社利用料 40,000円
火災保険料 15,000円
鍵交換費用 15,000円
引っ越し費用 40,000円
家具家電購入費用 150,000円
合計 553,500円

仲介手数料が半額かつ月末入居なので、賃貸契約の費用は家賃の4.5ヶ月分です。

神奈川県在住かつ家具家電を新たに買い揃えているため、引っ越し費用を抑えられていますが、その分家具家電購入費用が割高になっています。

一人暮らしの初期費用を抑えるコツ

豚の貯金箱
一人暮らしを始める時にかかる初期費用を可能な限り抑えて、賢く新生活をスタートさせるコツを「賃貸契約費用」「引っ越し費用」「家具家電購入費」の3つに分けて紹介します。

実行できそうなものから実施し少しでも初期費用を抑えて、余ったお金を貯金や自分への投資に使いましょう。

賃貸契約の費用を抑えるコツ

・家賃が安いお部屋を選ぶ
・ゼロゼロ物件を選ぶ
・仲介手数料が半額以下のお部屋を選ぶ
・フリーレント付き物件を選ぶ
・連帯保証人のみで審査できるお部屋を選ぶ
・入居日を月初にしてもらう

賃貸契約の費用を抑えるコツは、何をおいても家賃を抑えることです。初期費用は、家賃を元に計算されるので、家賃が安ければ当然初期費用も安くなります。

他にも仲介手数料や礼金など、払わなくても借主に影響を与えない項目はできる限り支出を減らして費用を抑えましょう。

引っ越し費用を抑えるコツ

・引っ越し単身パックを利用する
・極力荷物を断捨離する
・フリー便を選ぶ
・時期が選べるなら6月に引っ越しする
・インターネット割引を利用する

一人暮らしで引っ越しするなら、先にも紹介した通り引っ越し単身パックを利用したほうが費用を抑えられます。

また、極力荷物を断捨離して引っ越しすれば、引っ越し業者を使わずに、通常の宅配料金で収まる場合もあります。

家具家電購入費を抑えるコツ

・実家から持ち込む
・新生活応援セットで家電を買う
・中古品やディスカウントストアで買う
・小物は100円ショップで揃える

家具家電にかかる費用を抑える最大のコツは「買わないこと」です。実家や前の家で使っていた家具家電を持ち込むことで、費用を最低まで抑えることが可能です。

新たに家具や家電を購入する場合は、ディスカウントストアや新生活応援セールなど、できるだけ費用を抑えて購入できるタイミングを見極めましょう。

一人暮らしの毎月の生活費は平均約14万円

家計簿と電卓とレシート

ちなみに、一人暮らしを開始してから毎月かかる生活費の平均は約14万円です。

以下、総務省統計局の2018年単身世帯の家計調査データをもとに、一人暮らしの生活費内訳をまとめてみました。データは全国平均になります。

家賃 約27,000円
食費 約44,000円
水道光熱費 約10,000円
スマホ・ネット代 約8,000円
衣類・日用品 約7,000円
交際費・娯楽費 約30,000円
医療費 約6,000円
その他の支出 約34,000円
合計 約166,000円

住んでいる地域や生活スタイルによって毎月の生活費が変わるので、あくまでも参考程度にしてください。

地域別の平均生活費の内訳

東京、千葉、神奈川の1都3県・東海・関西の地域別に生活費平均の内訳をまとめました。

下記の表の家賃は、業者専用サイト「ATBB」に掲載されている、駅徒歩15分以内・築年数15年以内の1R・1Kの平均家賃です。

その他の項目は、総務省・各自治体の調査をもとに平均金額を記載しています。

1都3県 東海 関西
家賃 約7.4万円 約5.8万円 約5.3万円
食費 約3.2万円 約2.9万円 約2.8万円
水道光熱費 約0.8万円 約0.8万円 約0.7万円
スマホ・ネット代 約1万円 約0.8万円 約1万円
衣類・日用品 約0.6万円 約0.6万円 約0.5万円
交際費・娯楽費 約3万円 約3.1万円 約2.8万円
医療費 約0.6万円 約0.7万円 約0.7万円
貯金 約3万円 約3万円 約3.2万円
合計 約19.6万円 約17.7万円 約17.0万円

※家賃は築年数15年以内・駅徒歩15分以内の1R・1Kの平均

地域別の一人暮らしの生活費は、家賃以外は同じくらいの金額でした。

一人暮らしのほとんどの人が、食費や光熱費などの費用をなるべく抑えて、娯楽費に上乗せしたり、貯金にまわしているようです。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトも無料で見せてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから
イエプラ

あなたにおすすめの関連記事

裏ワザに驚く女性のイラスト
不動産屋しか知らないはずの物件をネットで見れる裏ワザ!【もちろん無料】

 

スマホを持っている手の写真
おとり物件が少ないサイト3選!騙されずにお部屋を探したい人へ

 

綺麗な内装のお部屋
ネットにない賃貸の未公開物件のたった1つの探し方【非公開物件】

 

探偵のイメージ写真
おとり物件とは?50の不動産屋の調査で判明した悪質な実態!【釣り物件】

 

2、3月のイメージイラスト
【不動産屋が解説】2月・3月に引っ越しするなら知っておくべき時期的な注意点

 

東京タワーがある風景
東京で評判の良いおすすめの不動産屋ランキング!

 

電卓と万力で圧縮されている小銭
賃貸の初期費用を抑えるカンタンな方法って!?

 

家のアイコンを持っている手のイメージ
おすすめの部屋探しサイト一覧!【賃貸】

 

書類を持って悩んでいる女性
女性の一人暮らしで優先すべき条件とは?物件選びのポイントを紹介

 

綺麗な内装のお部屋
未公開物件はレインズにある?ネットに載っていない物件を探したい!

 

不動産屋と握手している写真
【メリットたくさん】土日ではなく平日に内見すべき4つの理由

 

複数の不動産屋が相談している写真
複数の不動産屋を回るのはあり?良い不動産屋を見極めるポイントを大公開!

 

鍵のイメージ写真
家賃交渉で失敗しない人の4つのやり方を大公開!相場やタイミングは?

 

通帳とお金と電卓
賃貸契約の初期費用とは?内訳や安くするコツを徹底紹介!

 

 
バナー

Roochについて チャットでお部屋を紹介する来店不要のネット不動産屋「イエプラ」が運営する、部屋探しの疑問や街の情報について紹介しているサイトです。

家AGENT+

follow us in feedly