お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

一人暮らしするなら月収いくら必要?給料別の家賃目安や生活費実例も紹介!

一人暮らしするなら月収いくら必要?のイメージイラスト

一人暮らしするなら月収はいくら必要?どんな生活になる?という疑問を解決します!月収に対する手取り目安や、実際に都内に住んでいる人の月収別生活費例、月収に対する家賃目安や、一人暮らしの平均生活費についても紹介します!

月収18万円あれば一人暮らししやすい

東京都内で一人暮らしするなら、月収18万円あれば、ギリギリまで生活費を切り詰めなくとも生活できます。

当サイトが、東京23区内で一人暮らしをしている10~30代の300人にアンケートを実施したところ、1ヶ月の生活費の平均額は家賃抜きで約8.3万円という結果でした。

そのため、家賃4.5万円ほどのお部屋を選べば、月収18万円でも都内で一人暮らしが可能です。家賃4.5円なら、練馬区や足立区など家賃相場が低いエリアのワンルームのアパートに住めます。

もし、家賃4.5万円以上のお部屋にした場合は、食費や娯楽費、スマホ代など別の生活費を切り詰めないと、生活できません。

月収18万円は手取り14万円ほど

月収18万円は、住民税や所得税、年金や健康保険料などが引かれるので実際には「手取り14万円」ほどしかありません。

そのため、家賃や生活費を計算するときは、月収・額面・総支給額ではなく、手取りで計算しましょう。

月収18万円の控除額と手取り額の例
厚生年金保険料 18,000円
健康保険料 9,400円
雇用保険料 570円
所得税(源泉徴収税額) 2,600円
住民税 6,700円
月の手取り額 142,730円

※東京都豊島区の正規雇用会社員の例

上記の手取り金額計算方法は、あくまでも目安です。前年度の給料や勤務先、住んでいる地域によって控除金額は変わります。

月収18万円前後の手取り目安早見表

月収18万円前後の手取り目安をまとめました。

月収 手取り目安
15万円 約12.2万円
16万円 約13万円
17万円 約13.5万円
18万円 約14万円
19万円 約15万円
20万円 約15.6万円
21万円 約16.5万円
22万円 約17.2万円

住んでいる地域や給料によって変動はありますが、家賃や生活費を計算するときの参考にしてください。

▶一人暮らし向けの未公開物件たくさん!
おすすめのお部屋探しサイトはこちら

月収ごとの一人暮らしの実例

実際に東京で一人暮らしをしている4人の、家賃や生活費の実例を紹介します。インタビューで聞いた内容をもとに、どんな感じの生活になるかも紹介します。

居酒屋バイトの男性:月収15万円

男性のアイコン・月収15万円(手取り12.2万円)
・週4~5ほど居酒屋でアルバイト
・葛飾区在住
・家賃3.5万円のワンルームのアパート
家賃(管理費込) 約35,000円
食費 約30,000円
水道光熱費 約7,000円
スマホ・ネット代 約8,000円
交際費・趣味代 約20,000円
衣類代・美容代 約8,000円
日用品購入費・医療費 約8,000円
交通費 約5,000円
合計 約117,000円

住んでいるお部屋は、駅徒歩18分のワンルームのアパートです。家賃を重視したため、浴槽はなくシャワールームのお部屋になったようですが、本人的には問題ないそうです。

食費は、夜はバイトの賄、それ以外は自炊が苦手なのでカップ麺やスーパーの安い総菜でどうにかやりくりしているようです。一応、月3万円には収まっているとのことでした。

衣類は下着以外は古着屋などで格安のTシャツやジーンズを購入して費用を抑えています。また、スマホのプランを安いものに抑えて、通信代を抑えているそうです。

ただし、月末は通信制限が入るので、約1週間は電話ができるだけの鉄の箱になります。基本的に月収15万しかない人は、貯金が一切できず毎月ギリギリの生活になります。

一般事務の派遣の女性:月収18万円

女性のアイコン・月収18万円(手取り約14万円)
・一般事務の派遣社員
・世田谷区在住
・家賃4.6万円の1Kのアパート
家賃(管理費込) 約46,000円
食費 約27,000円
水道光熱費 約8,000円
スマホ・ネット代 約7,000円
交際費・趣味代 約20,000円
衣類代・美容代 約18,000円
日用品購入費・医療費 約8,000円
交通費 約5,000円
合計 約139,000円

どうしてもバス・トイレのお部屋にしたかったようで、駅徒歩18分の各駅停車しか停まらない場所でお部屋を探したとのことでした。

ただし、お部屋の設備を重視したため、毎月の生活費をかなり節約しているようで、家計簿アプリを駆使して無駄遣いを減らしているそうですた。

仕事がほぼ定時で終わるので、夜ご飯と次の日の朝と昼ご飯をまとめて自炊することで、毎月の食費が2.7万円以下に収まっています。

毎月の生活費で余ったお金を貯金に回しているそうですが、良くて月1万円ほどしか貯金できていないそうです。

月収18万円ほどの人は、上手く生活費をやりくりしないと貯金できないので、お部屋の設備・生活費を優先するのであれば給料が上がるまでは貯金は諦めましょう。

Webデザイナーの女性:月収20万円

女性のアイコン・月収20万円(手取り約15.6万円)
・正社員のWebデザイナー
・江戸川区在住
・家賃4.9万円のワンルームのアパート
家賃(管理費込) 約49,000円
食費 約30,000円
水道光熱費 約8,000円
スマホ・ネット代 約12,000円
交際費・趣味代 約20,000円
衣類代・美容代 約15,000円
日用品購入費・医療費 約8,000円
交通費 約4,000円
合計 約146,000円

Webデザイナーの女性は、駅徒歩10分のアパートに住んでいます。ワンルームロフト付きのアパートなので、クローゼットが付いていなくても十分に荷物が収まっているそうです。

パソコンを使う仕事のため、スマホとネット回線セットでちょっと良いプランのものを契約しているそうで、スマホ・ネット代が少し高めです。

その代わり、なるべく自炊して食費を抑えたり、職場までの定期で行ける範囲の移動にしたりと、日々の節約に気を付けているそうです。

また、毎月1万円前後の貯金ができているそうで、最近のマイブームが毎月増えている通帳を眺めることと話してくれました。

月収20万円なら家賃を手取りの4分の1に収められれば、もう少しゆとりのある生活ができます。

新卒営業の男性:月収22万円

男性のアイコン・月収22万円(手取り約17.2万円)
・正社員の新卒営業マン
・練馬区在住
・家賃3.8万円の1Kのアパート
家賃(管理費込) 約38,000円
食費 約45,000円
水道光熱費 約7,000円
スマホ・ネット代 約8,000円
交際費・趣味代 約30,000円
衣類代・美容代 約25,000円
日用品購入費・医療費 約5,000円
交通費 約5,000円
合計 約163,000円

正社員の新卒営業マンは、とにかく安いお部屋がよかったようで、もともと家賃相場や低い練馬区一択でお部屋を探したそうです。

そのおかげで、駅徒歩8分の1Kロフト付きのアパートで家賃3.8万円に収まっています。

ただ、自炊が出来ないうえ、営業での付き合いの飲み会があるので、食費や交際費が高めになっています。

これがもし家賃6万円のお部屋に住んでいたとすると、食費は自炊で3万円に以下に抑える、飲み会の回数を減らすなどしないと生活できません。

また、月収22万円もあると、やりくり次第では毎月1.5~2万円ほどの貯金が可能です。

家賃は手取りの3分の1に抑えるべき

給料が少ないうちは、一人暮らしの家賃を「手取りの3分の1」以下に抑えないと、毎月の支払が困難になります。

わかりにくいので、以下で月収に対しての手取り3分の1の場合の家賃目安を一覧にしました。

月収 家賃目安
月収15万円 約4万円
月収16万円 約4.3万円
月収17万円 約4.5万円
月収18万円 約4.6万円
月収19万円 約5万円
月収20万円 約5.2万円
月収21万円 約5.5万円
月収22万円 約5.7万円

都内で家賃5万円のお部屋を探すなら、駅から離れたワンルームのアパートが多いです。家賃5.5万円ほどだと、1Kのアパートが見つかります。

新築や築年数が浅めの建物、駅徒歩5分以内、バス・トイレ別の条件はできるだけ妥協しないと、お部屋探しに苦労します。

家賃が安いお部屋を探す方法を、以下で2つ紹介します。お部屋探しの際に、参考にしてみてください。

なるべく家賃相場の安いエリアを選ぶべき

月収25万円以上ない人は、なるべく家賃相場の安い地域にある物件を探すべきです。

23区内ならば足立区や葛飾区、江戸川区などが家賃相場が低いです。また、八王子市や立川市、武蔵野市などの「多摩地域」と呼ばれる23区外の自治体でも、安いお部屋を探せます。

山手線沿いや、港区・品川区など家賃相場が高いエリアを選んでしまうと、駅徒歩や築年数などの条件を緩和しても、家賃7万円以上になってしまいます。

▶23区内で家賃が安いおすすめの街はこちら

希望条件にこだわりすぎない

駅徒歩5分以内、築年数20年以内、風呂・トイレ別、オートロック付きなど、条件が多ければ多いほど、家賃が高くなってしまいます。

そのため、絶対に譲れない条件2つまでに絞り、あとは条件を緩和して探すことで、家賃が1万円以上も安いお部屋が見つかります。

ちなみに、築年数が古いと以下の表ほど家賃が安くなります。

築年数 家賃
築5年~築10年未満 3,000円~7,000円安い
築10年~築20年未満 5,000円~10,000円安い
築20年~築30年未満 15,000円~20,000円安い
築30年以上 25,000円~35,000円安い

東京23区にあるワンルーム・1K・1DK・1LDKの平均家賃を参照

少しでもキレイなお部屋に住みたいと考える人は、築年数よりリノベーションされているかどうかでお部屋を探しましょう。

家賃以外に毎月必要な生活費は約8.3万円

電卓と通帳とコーヒー

健康的な一人暮らしができる最低限の生活費は、家賃を除いて毎月約8.3万円必要です。

これは、当サイトが東京23区内で一人暮らしをしている10~30代の300人にアンケートを実施した結果を元にした、生活費です。

食費 約30,000円
水道光熱費 約10,000円
スマホ代・ネット代 約12,000円
交際費 約10,000円
趣味代・衣類代など 約15,000円
日用品購入費・医療費など 約5,000円
交通費 約7,000円
合計 約83,000円

食費を3万円以内に収めるためには、1日3食自炊しないと厳しいです。毎日の外食を繰り返すと、1ヶ月の食費は訳5万円まで上がります。

水道光熱費は一人暮らしの平均金額が約1万円です。エアコンをよく使う夏と冬は、プラス2000円ほど必要です。

スマートフォンの利用料金とインターネット代は合計すると124万円ほどです。契約プランを見直せば、1万円近くまで費用を抑えられます。

その他の、娯楽費や衣類代、日用消耗品などは、個人差がありますがあまり使わないよう、ギリギリまで費用を抑えておくべきです。

以下で、大きな金額が動く生活費の節約方法を3つ紹介するので、一人暮らしの際に実践してみてください。

都市ガスのお部屋を選ぶべき

都内でお部屋を探す際は「都市ガス」のお部屋を選ぶべきです。都市ガスは、プロパンガスの約半分もガス代を抑えられるのでお得です。

以下の表は、都市ガスとプロパンガスでどのくらい料金に違いがあるのかを比べたものです。表に記載している月間5㎥とは、一人暮らしの人が平均的に使用する1ヶ月のガスの量です。

都市ガス プロパンガス
1㎥あたりの料金 314円 504円
5㎥使用した場合 1,570円 2,520円
基本料金 750円 1,574円
月額合計 2,320円 4,094円

また、都市ガスは公共料金なので、基本料金が明確に決まっているうえ、急に値段が高くなる心配もありません。

自炊をして食費を抑える

料理ができない人も、なるべく自炊する用に心がけましょう。1回の外食が500円とすると、自炊をすれば1食300円ほどに収まります。

どうしても料理が苦手な人は、1レンチンできるタッパに野菜とポン酢を入れて野菜蒸しにしたり、シーチキン缶にキムチを納豆を混ぜて丼ものにするなどズボラ料理から挑戦しましょう。

上手くいけば、毎月の食費を3万円以下に抑えられるので、浮いたお金を娯楽費や貯金などに回せます。

エアコンの温度を一定にして電気代を抑えるべき

エアコンの温度設定と夏は26度、冬は20度で固定するだけで、年間で約1.5万円も電気代を節約できます。

エアコンは設定温度を1度変えるだけで、13%も電力の消費量が変わると言われています。どうしても温度を変えたい場合は、なるべく長時間同じ温度設定にしましょう。

ちなみに寝る時はタイマーより、つけっぱなしのほうが消費電力が少なくお得です。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちら
3部門でNo.1 3部門でNo.1
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識