お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

一人暮らしは月収いくらあれば良い?給料別の家賃目安や生活費例をFPが解説!

一人暮らしするなら月収いくら必要?のイメージイラスト

一人暮らししたいけど月収いくらあればいい?最低限いくら稼げばいい?など、一人暮らしにおけるお金についての疑問を解決します!

最低月収いくらあれば一人暮らし可能か、手取りとの違いは何かはもちろん、収入に対する家賃目安や理想の生活費割合を解説します。

月収15万円・18万円・20万円・22万円の生活費例や、費用を抑える節約方法をファイナンシャル・プランナーの岩井さんに監修してもらいました。是非参考にしてください。

監修 岩井 勇太
ファイナンシャル・プランナー
宅地建物取引士

日本FP協会認定のFP。お金に関する知識を活かし、一人暮らしからファミリー世帯まで幅広い世帯の生活費を算出しています。宅建士の資格も取得しており、お客様の収入に見合った家賃を提案するなど、生活設計についてのトータルサポートをおこなっています。

一人暮らしするなら月収18万円は必要

一人暮らしするなら、月収18万円はあったほうが良いです。

年金や住民税、所得税などが差し引かれるので、実際に使えるお金は14万円ほどしかありません。

家賃で5万円、食費3万円、水道光熱費1万円、スマホ代1万円ほどかかります。残り4万円で、衣類や日用消耗品購入代・娯楽費・交通費などを賄う必要があります。

月収18万円で一人暮らしは、節約必須ですが工夫次第では十分暮らせます。

最低でも月収15万円ないとキツい

一人暮らしするなら、最低でも月収15万円は必要です。控除分を差し引くと、使えるお金は12万円ほどです。

築年数が40年以上の古いアパートを選ぶ、コスパの良い食材で1日3食自炊をするなど節約は徹底しなければいけません。

岩井さんのアイコン 岩井
下手すると給料日前はお金が足りず、まともな食事すら取れない可能性があります。モヤシやカップ麺でがメインになり、健康的な生活を送れるか微妙なラインとなります。

物価が安い地方であれば、月収15万円でもゆとりがある一人暮らしができます。

マル秘イエプラバナー

月収の15~20%ほど控除されるので注意

月収とは、給料の総支給額のことです。年金や住民税、所得税などが差し引かれた「手取り」が実際使えるお金です。

前年度の年収や地域によって変動しますが、月収の15~20%ほど控除されます。以下で差し引かれる金額例を紹介します。

月収18万円の控除額と手取り額の例
厚生年金保険料 18,000円
健康保険料 9,400円
雇用保険料 570円
所得税(源泉徴収税額) 2,600円
住民税 6,700円
月の手取り額 142,730円

※東京都豊島区の正規雇用会社員の例

フリーターは、給料に年金・保険料・所得税が含まれている場合が多いです。国民健康保険は自治体に支払う、年金と所得税は前年度(1年間)の金額に応じて変動するからです。

国民健康保険は社会保険より高いので、手取り14万円を切ると考えておきましょう。

岩井さんのアイコン 岩井
新社会人は前年度の所得がない場合は、1年間住民税がかかりません。2年目から差し引かれるので、注意してください。

月収ごとの手取り早見表

正社員で社会保険に入っている人と仮定して、月収ごとの手取り目安をまとめました。

月収 手取り目安
15万円 約122,000円
16万円 約130,000円
17万円 約135,000円
18万円 約140,000円
19万円 約150,000円
20万円 約156,000円
21万円 約165,000円
22万円 約172,000円

人によって変動があるので、あくまでも目安としてください。

家賃は手取りの3分の1以下に抑えるべき

一人暮らしするなら、家賃は「手取りの3分の1」以下に抑えましょう。月収で考えると、生活費が足りなくなります。

節約が面倒、食費を確保したいという人は「手取りの4分の1」を予算として考えてください。

以下で手取りに対する家賃目安を紹介するので、参考にしてください。

手取り額 3分の1の家賃目安 4分の1の家賃目安
13万円 約43,000円 約32,000円
14万円 約46,000円 約35,000円
15万円 約50,000円 約37,000円
16万円 約53,000円 約40,000円
17万円 約57,000円 約42,000円
18万円 約60,000円 約45,000円
19万円 約63,000円 約47,000円
20万円 約67,000円 約50,000円
21万円 約70,000円 約52,000円

なお、家賃は管理費(共益費)を含んだ「総家賃」で考えましょう。家賃だけでなく管理費も毎月支払う必要があるからです。

実際は限界まで家賃を抑える人が多い

実際に一人暮らししている人は、家賃を限界まで抑える傾向にあります。

「毎月の固定費を減らしたい」「家にいる時間が少ないのでもったいない」「趣味に使えるお金を増やしたい」など、理由は様々です。

なお、安いお部屋は予算を手取り4分の1で探し、出てきた物件を安い順に並べ直してから吟味してください。

安さだけを重視すると、生活しにくい間取りや築年数が古すぎる物件、お部屋に虫が出るなど住みにくい可能性が高いです。

安くて質の良いお部屋の探し方

安くて質の良いお部屋は、不動産屋に直接問い合わせたほうが見つかりやすいです。理由は、希望条件をヒアリングし、より良い物件をスタッフが探して提案してくれるからです。

ネット上の不動産屋「イエプラ」は、来店不要でチャットやLINEから「家賃◯万円以下の安いお部屋を探して!」と送るだけで、スタッフが理想のお部屋を紹介してくれます。

全国の賃貸情報の8割が集約されている業者専用のデータベース「ATBB」を使って物件を紹介してくれるので、ネット上にない非公開物件も出てきます。

深夜0時まで営業しているので、仕事が忙しくてお互いの予定が合わない、遠方に住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人にもおすすめです。

一人暮らしバナー

月収別の生活費シミュレーション

総務省統計局の「2020年度 家計調査 家計収支編 単身世帯」によると、働きながら一人暮らししている人の生活費は約15.8万円です。

統計データを基に、月収別に生活費例をまとめました。自分の月収に近いものを参考にしてください。

家賃のみ手取りの3分の1で統一しています。

月収15万円の生活費例

月収15万円だと、手取りは約12万円です。支出全般を節約しないと一人暮らしどころではありません。

家賃(管理費込) 約40,000円
食費 約25,000円
水道光熱費 約6,000円
スマホ・ネット代 約5,000円
交際費・趣味代 約20,000円
衣類代・美容代 約5,000円
日用品購入費・医療費 約3,000円
交通費 約5,000円
合計 約109,000円

食事はモヤシ・タマネギなど安い食材を使って3食自炊する、スマホは格安SIMに変更するなど節約は必須です。

光熱費も高く出来ないので、日中は電気を使わない、エアコンは夏は27度・冬は20度で省エネを心がける必要があります。

岩井さんのアイコン 岩井
残りの1万円は予備費として確保してください。収入が少ないと、給料日前に金欠になりやすいです。また、会社の付き合いでの食事や急病時など、急な出費のときでも安心できます。

月収18万円の生活費例

月収18万円の場合は、手取りは約14万円です。食費に使えるお金が増えるので、生活に多少ゆとりが生まれます。

家賃(管理費込) 約46,000円
食費 約30,000円
水道光熱費 約7,000円
スマホ・ネット代 約6,000円
交際費・趣味代 約25,000円
衣類代・美容代 約5,000円
日用品購入費・医療費 約3,000円
交通費 約5,000円
合計 約127,000円

無駄遣いはできませんが、食費や光熱費、趣味に使えるお金が多少増えます。

1日3食自炊をメインにし、稀にスーパーの安いお惣菜やおやつを購入する余裕があります。光熱費も、シャワーのみで済ませる人であれば、月7千円ほどに収まります。

岩井さんのアイコン 岩井
少しの油断ですぐに金欠になるので注意してください。節約が苦手な人は、1日に使って良い金額しかお財布に入れないようにするだけで良いです。

月収20万円の生活費例

月収20万円の場合は、手取り15.5万円ほどです。新卒~新社会人1年目ほどの給料です。

家賃(管理費込) 約50,000円
食費 約35,000円
水道光熱費 約8,000円
スマホ・ネット代 約8,000円
交際費・趣味代 約30,000円
衣類代・美容代 約7,000円
日用品購入費・医療費 約4,000円
交通費 約5,000円
合計 約147,000円

統計データとほぼ同じ割合なので、一人暮らしの平均的な生活ができます。

食事は朝晩は自炊をし、昼はワンコインランチ程度であれば外食可能です。光熱費も、毎日湯船を沸かさない、エアコンやお湯の温度を毎回変更しなければ無理に節約しなくて良いです。

岩井さんのアイコン 岩井
月収20万円であれば、節約次第で毎月1~2万円の貯金が可能です。家賃を手取りの4分の1に抑え、食事を自炊するだけで貯金に回せるお金が増えます。

月収22万円の生活費例

月収22万円の場合、毎月の手取りは17万円ほどです。無駄遣いさえしなければ、その他の節約を意識せずとも一人暮らしが可能です。

家賃(管理費込) 約56,000円
食費 約40,000円
水道光熱費 約8,000円
スマホ・ネット代 約8,000円
交際費・趣味代 約35,000円
衣類代・美容代 約8,000円
日用品購入費・医療費 約5,000円
交通費 約5,000円
合計 約165,000円

手取りが17万円ほどあるので、コスパを重視すれば自炊と外食半々にできます。

無駄遣いをしないこと以外の節約は、特にしなくて良いです。趣味にお金を使いたい、貯金をしたいという人は、家賃やスマホ代など固定費を見直したほうが良いです。

岩井さんのアイコン 岩井
月収22万円もあれば、貯金する余裕が生まれます。将来的に広いお部屋に住みたい、家を買いたいなどの目標がある人は、少額でも良いのでコツコツ貯金しておくと良いです。

今回紹介した生活費例は、すべて家賃が手取りの3分の1となっています。

もう少しお金に余裕を持たせたいと考えている人は、家賃を手取りの4分の1以内に抑えるだけでゆとりが生まれます。

一人暮らしの理想の生活費割合

一人暮らしの理想的な支出割合を、手取り14万円(月収18万円)の例で紹介します。

住む場所や生活スタイル、お金の価値観によって変わるので参考程度に考えてください。

支出割合 支出金額
家賃 約30% 約42,000円
食費 約15% 約21,000円
水道光熱費 約5% 約7,000円
衣類・日用品購入費 約5% 約7,000円
スマホ・ネット代 約5% 約7,000円
娯楽・交際費 約15% 約21,000円
医療・保険代 約3% 約4,200円
その他雑費 約2% 約2,800円
貯金・予備費 約20% 約28,000円

家賃と食費で45~50%に収めてください。オーバーすると、その他の支出が足りずに苦しい思いをします。

岩井さんのアイコン 岩井
家賃と食費で45~50%に収めてください。オーバーすると、その他の支出が足りずに苦しい思いをします。残った50~65%で、その他の支出を分散すると良いです。また、月収が20万円を超えるまでは、生活が苦しくなるので貯金は諦めましょう。

生活費は、ライフスタイルによって変わります。一人暮らしをするうえで、家・食事や健康・趣味・貯金など、何を最重要視するかで生活費目安を決めてください。

費用を抑えられるお部屋の選び方

家賃や生活費など、費用を抑えられるお部屋の選び方を5つ紹介します。これからお部屋探しする人は、以下のポイントを抑えて探してみましょう。

・家賃相場が低いエリアで探す
・駅徒歩、築年数の条件は緩和する
・こだわり条件は2~3つに絞る
・アパートタイプの物件を選ぶ
・都市ガスのお部屋にする

家賃相場が低いエリアで探す

できる限り家賃相場が低いエリアで探しましょう。都心に近いエリアや、駅周辺が栄えていて便利なエリアは家賃が高いからです。

「公益社団法人 全国宅地建物取引業協会連合会」が毎日更新している家賃相場:東京都(2021年7月13日更新)を参考に、ワンルーム・1Kの平均家賃相場が安い5区をまとめました。

ワンルーム 1K
葛飾区 5.36万円 6.14万円
足立区 5.47万円 6.13万円
練馬区 5.52万円 6.36万円
江戸川区 5.6万円 6.24万円
板橋区 5.63万円 6.45万円

23区にこだわらない人は、埼玉・神奈川・千葉の各駅停車しか停まらない駅を狙ってみてください。

交通アクセスが微妙なので、周辺より相場が低めに設定されています。

駅徒歩、築年数の条件は緩和する

駅から近かったり、新築でキレイなお部屋は家賃が高めに設定されているので避けましょう。

駅徒歩5分と15分では、5~8千円ほど家賃に差があります。駅から遠くても自転車があれば、さほど移動に時間がかからないので検討してみる価値があります。

岩井さんのアイコン 岩井
築年数が古くても、リノベーションやリフォームによってキレイなお部屋もあります。築年数にこだわらずに探すと、安くて良いお部屋が見つかりやすいです。

こだわり条件は2~3つに絞る

どうしても譲れないこだわり条件は2~3つまでにしましょう。条件が多すぎると家賃が上がってしまいます。

特にオートロック付きや、専有面積が広い間取りや家賃が上がりやすいので避けるのがおすすめです。

岩井さんのアイコン 岩井
浴室に関しては、シャワールームのみか3点ユニットバスだと費用を抑えられます。建設コストが低いうえ、とくに女性からの人気が低いためです。

アパートタイプの物件を選ぶ

エレベーターやオートロックが付いているマンションタイプのお部屋は、家賃や管理費が高めに設定されています。共有部分の維持費にコストがかかるからです。

一方、2階建てのアパートタイプは共有部分が少ないので、家賃や管理費が抑えられます。

都市ガスのお部屋にする

お部屋を探す際は「都市ガス」のお部屋を選ぶべきです。都市ガスは、プロパンガスの約半分もガス代を抑えられるのでお得です。

以下の表は、都市ガスとプロパンガスでどのくらい料金に違いがあるのかを比べたものです。表に記載している月間5㎥とは、一人暮らしの人が平均的に使用する1ヶ月のガスの量です。

都市ガス プロパンガス
1㎥あたりの料金 314円 504円
5㎥使用した場合 1,570円 2,520円
基本料金 750円 1,574円
月額合計 2,320円 4,094円

また、都市ガスは公共料金なので、基本料金が明確に決まっているうえ、急に値段が高くなる心配もありません。

生活費の節約方法

一人暮らしにおすすめの生活費の節約方法を、6つ紹介します。全部の節約を徹底できれば、月1~2万円も抑えられます。

・コスパの良い食材で自炊する
・スマホを格安SIMに変更する
・電気代の安い会社を選ぶ
・エアコンの温度を一定、長時間稼働させる
・マイボトルを持ち歩く
・美容室代はカットモデルになって浮かせる

コスパの良い食材で自炊する

コスパの良い食材を使って自炊すれば、月の食費を3万円以下に抑えられます。

おすすめの食材
キャベツ:1玉あたり約200円
もやし:1袋10~20円
たまねぎ:1袋約200円(3個入り)
じゃがいも:1袋約200円(3個入り)
えのき:1袋約80~100円
豆腐:1丁約20~30円
納豆:3パックセット約50~100円
豚コマ切れ肉:100gあたり約130円
鶏むね肉:100gあたり約70円
合い挽きひき肉:100gあたり約100円
乾燥パスタ:1袋約100~200円

カレーやお好み焼きは、コスパの良い食材がメインなうえ、1度に大量に作れます。冷凍保存でストックすれば食材を無駄にしません。

岩井さんのアイコン 岩井
自炊が苦手な人は、電子レンジで作れる簡単料理から始めてみてください。耐熱タッパがあれば作れる料理ばかりです。また、電子レンジは高温で短時間で料理できます。電気やガス代の節約にも繋がります。

スマホを格安SIMに変更する

大手キャリアから格安SIMに変更すると、毎月4千円ほど節約できます。

大手キャリアだと最低6千円かかりますが、格安SIMであれば約2千円で済みます。

格安SIMに変えなくても、契約中のプランを見直すことで節約できます。プランによりますが、1~2千円も節約できる可能性があります。

電気代の安い会社を選ぶ

契約している電気会社が従来の地域電力会社の人は、新電力会社に切り替えましょう。工事の必要もなく、電気の質はそのままで毎月の電気代が抑えられます。

また、ガスとセットにすることでさらに割引になるプランもあります。他にもポイントが貯まったり、ギフト券がもらえるキャンペーンもあるので活用してみてください。

エアコンの温度を一定・長時間稼働させる

エアコンの温度を夏は26度、冬は20度に固定すれば、毎月2千円近くも電気代を節約できます。

1度設定温度を変更するだけで、13%も消費電力が増えると言われています。

岩井さんのアイコン 岩井
エアコンは長時間つけっぱなしのほうがお得です。つけたり消したりすると、起動させたときの消費電力が大きいからです。一人暮らし向けの狭い間取りであれば、1日中つけっぱなしでも高額になりにくいです。

マイボトルを持ち歩く

コンビニやカフェで飲み物を買うと高いので、家で作ったお茶をマイボトルで持ち歩くようにしましょう。

1本150円のペットボトルの飲み物を毎日買うとすると、1ヶ月あたり4千円以上必要です。

一方自分で淹れたお茶をマイボトルで持っていくと、1本あたり約14円なので1ヶ月約420円で済みます。

美容室代はカットモデルになって浮かせる

美容室やネイルサロンなどは、モデル(練習台)になると無料~格安で施術してもらえます。

アシスタントや見習いの人が担当するため、仕上がりにはバラツキがありますが費用を抑えたい人にはぴったりです。

モデルになるにはSNSでの募集から応募したり、カットモデル募集専用のアプリを使うのがおすすめです。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESで見つからない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で使える更新が早い物件情報サイトを、みなさんが無料で見れるように手配してくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

一人暮らし向けバナー

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について