お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

一人暮らしするなら月収いくら必要?給料別の家賃目安や生活費実例を大公開!

一人暮らしするなら月収いくら必要?のイメージイラスト

一人暮らししたいけど月収はいくらあればできる?手取りにするとどれくらい?一人暮らしの家賃や生活費は?といった、お金に関する疑問を解決します!

最低月収いくらあれば一人暮らし可能か、手取り金額はいくらになるのか、給料別の家賃目安や、生活費実例も徹底的に解説しています。

一人暮らしに特におすすめの節約方法もあるので、是非参考にしてください。

この記事の内容は、ファイナンシャル・プランナーの岩井さんに監修していただきました。

監修 岩井 勇太
ファイナンシャル・プランナー
宅地建物取引士

日本FP協会認定のFP。お金に関する知識を活かし、一人暮らしからファミリー世帯まで幅広い世帯の生活費を算出しています。宅建士の資格も取得しており、お客様の収入に見合った家賃を提案するなど、生活設計についてのトータルサポートをおこなっています。

月収18万円あれば一人暮らししやすい

東京都内で一人暮らしするなら、月収18万円必要です。無理なく暮らせる最低ラインなので、多い分には良いです。

当サイトが、東京23区内で一人暮らしをしている10~30代の300人に「1ヶ月の生活費金額」をアンケートしたところ、平均で約13.5~14万円でした。

家賃5万円のお部屋と仮定すると、食費や水道光熱費、スマホ代や娯楽費などは8.5~9万円ほどです。

毎日自炊をして食費を月3万円に抑えられれば、一人暮らし可能です。

最低でも月収15万円ないと厳しい

家賃や食費、娯楽費などを限界まで抑えた場合は、月収15万円でも都内で一人暮らしできます。ただし、節約は毎日必須です。

下手をすると給料日前はお金が足りず、モヤシやカップ麺などで生活することになります。健康的な生活を送れるか微妙なラインです。

▶限界まで削った生活費例はこちら

地方なら月収15万円あれば充分

地方で物価が安いエリアなら、月収15万円あればゆとりのある一人暮らしを送れます。

賃貸物件の家賃が安い、野菜や果物の食材が破格、衣類も格安で手に入るなど、意図せずとも生活費を抑えられます。

月収18万円は手取り14万円ほど

月収18万円は、住民税や所得税、年金や健康保険料などが引かれるので実際には「手取り14万円」ほどしかありません。

家賃や生活費を考える時は、手取りで考えないと予算オーバーしやすいので注意してください。以下は、差し引かれる金額例です。

月収18万円の控除額と手取り額の例
厚生年金保険料 18,000円
健康保険料 9,400円
雇用保険料 570円
所得税(源泉徴収税額) 2,600円
住民税 6,700円
月の手取り額 142,730円

※東京都豊島区の正規雇用会社員の例

前年度の給料や勤務先、住んでいる地域によって手取り金額は変わります。

フリーターは、給料に年金・保険料・所得税が含まれている場合が多いです。国民健康保険は自治体に支払う、年金と所得税は前年度(1年間)の金額に応じて変動するからです。

国民健康保険は社会保険より高いので、手取り14万円を切ると考えたほうが良いです。

月収ごとの手取り早見表

月収ごとの手取り金額をまとめました。正社員前提で金額を出しているので、あくまで目安にしてください。

月収 手取り目安
15万円 約12.2万円
16万円 約13万円
17万円 約13.5万円
18万円 約14万円
19万円 約15万円
20万円 約15.6万円
21万円 約16.5万円
22万円 約17.2万円

なお、新社会人は前年度の所得がないので、住民税はかかりません。社会人2年目から差し引かれるので、予算をギリギリにしないようにしてください。

家賃は手取りの3分の1に抑えるべき

一人暮らしする際の家賃目安は「手取りの3分の1」以内にしましょう。オーバーしてしまうと、その他の生活費が足りなくなります。

以下は収入に対する家賃目安です。お部屋探しの際に、参考にしてください。

月収 手取り 家賃目安
月収16万円 約13万円 約4.3万円
月収17万円 約13.5万円 約4.5万円
月収18万円 約14万円 約4.6万円
月収19万円 約15万円 約5万円
月収20万円 約15.6万円 約5.2万円

なお、お部屋を借りる際の初期費用は、家賃を基に計算されます。安いお部屋を選べば、初期費用も抑えられます。

家賃が安いお部屋は不動産屋に聞くべき

家賃が安いお部屋は、安いなりの理由があります。自分で探すと住みにくいお部屋に当たる確率が高いので、不動産屋に相談したほうが手っ取り早いです。

ネット上の不動産屋「イエプラ」なら、来店不要でチャットやLINEから気軽に相談可能です。

「家賃が安くてなるべく築浅が良い!」「収入が少なくても審査に通るお部屋が良い!」などと伝えるだけで、スタッフがピッタリのお部屋をお探しします。

業者専用のデータベースからお部屋を検索するので、SUUMOやホームズなどネット上に無い非公開物件が見つかったり、他のサイトの物件もまとめて確認できて便利です。

一人暮らしバナー

一人暮らしの生活費目安と実例

月収18万円で一人暮らしした場合の生活費目安は、以下の通りです。

家賃 約45,000円
食費 約30,000円
水道光熱費 約8,000円
娯楽費・交際費 約30,000円
スマホ・ネット代 約8,000円
衣類・日用消耗品代 約8,000円
交通費・医療費 約10,000円
合計 約139,000円

娯楽費や交通費・医療費を削れば、もう少し費用を削れます。しかし、食費や水道光熱費はギリギリなので、お金のやりくりは必須です。

実際に東京で一人暮らしをしている3人に、月収と生活費金額を聞いてみました。どんな感じの一人暮らしになるか、イメージに役立ててください。

一般事務の派遣の女性:月収18万円

女性のアイコン・月収18万円(手取り約14万円)
・一般事務の派遣社員
・世田谷区在住
・家賃4.6万円の1Kのアパート
家賃(管理費込) 約46,000円
食費 約27,000円
水道光熱費 約8,000円
スマホ・ネット代 約7,000円
交際費・趣味代 約20,000円
衣類代・美容代 約18,000円
日用品購入費・医療費 約8,000円
交通費 約5,000円
合計 約139,000円

月収18万円の事務の女性は、ほぼ目安通りの生活費です。収入が少ない分、生活費の内訳も似たような感じになりやすいです。

なお、バス・トイレのお部屋にしたかったようで、駅徒歩18分の各駅停車しか停まらない場所でお部屋を探したとのことでした。

お部屋の設備を重視すると、毎月の生活費をかなり節約しなければいけません。家計簿アプリを駆使して無駄遣いを減らしているそうです。

仕事がほぼ定時で終わるので、夜ご飯と次の日の朝と昼ご飯をまとめて自炊することで、毎月の食費が2.7万円以下に収まっています。

毎月の生活費で余ったお金を貯金に回しているそうですが、良くて月1万円ほどしか貯金できていないそうです。

月収18万円ほどの人は、上手く生活費をやりくりしないと貯金できないので、お部屋の設備・生活費を優先するのであれば給料が上がるまでは貯金は諦めましょう。

マル秘イエプラバナー

新卒営業の男性:月収22万円

男性のアイコン・月収22万円(手取り約17.2万円)
・正社員の新卒営業マン
・練馬区在住
・家賃3.8万円の1Kのアパート
家賃(管理費込) 約38,000円
食費 約45,000円
水道光熱費 約7,000円
スマホ・ネット代 約8,000円
交際費・趣味代 約30,000円
衣類代・美容代 約25,000円
日用品購入費・医療費 約5,000円
交通費 約5,000円
合計 約163,000円

正社員の新卒営業マンは、とにかく安いお部屋がよかったようで、もともと家賃相場や低い練馬区一択でお部屋を探したそうです。

そのおかげで、駅徒歩8分の1Kロフト付きのアパートで家賃3.8万円に収まっています。

ただ、自炊が出来ないうえ、営業での付き合いの飲み会があるので、食費や交際費が高めになっています。

家賃6万円のお部屋に住んでいたなら、食費は自炊で3万円に以下に抑える、飲み会の回数を減らすなどしないと生活できません。

また、月収22万円もあると、やりくり次第では毎月1.5~2万円ほどの貯金が可能です。

居酒屋バイトの男性:月収15万円

男性のアイコン・月収15万円(手取り12.2万円)
・週4~5ほど居酒屋でアルバイト
・葛飾区在住
・家賃3.5万円のワンルームのアパート
家賃(管理費込) 約35,000円
食費 約30,000円
水道光熱費 約7,000円
スマホ・ネット代 約8,000円
交際費・趣味代 約20,000円
衣類代・美容代 約8,000円
日用品購入費・医療費 約8,000円
交通費 約5,000円
合計 約117,000円

住んでいるお部屋は、駅徒歩18分のワンルームのアパートです。家賃を重視したため、浴槽はなくシャワールームのお部屋になったようですが、本人的には問題ないそうです。

食費は、夜はバイトの賄、それ以外は自炊が苦手なのでカップ麺やスーパーの安い総菜でどうにかやりくりしているようです。一応、月3万円には収まっているとのことでした。

衣類は下着以外は古着屋などで格安のTシャツやジーンズを購入して費用を抑えています。また、スマホのプランを安いものに抑えて、通信代を抑えているそうです。

ただし、月末は通信制限が入るので、約1週間は電話ができるだけの鉄の箱になります。基本的に月収15万しかない人は、貯金が一切できず毎月ギリギリの生活になります。

費用を抑える方法

一人暮らしの「家賃」と「生活費」を抑える方法を、それぞれ解説していきます。是非、実践してみてください。

家賃を抑える方法

家賃を抑える方法は、以下の4つです。

・家賃相場が低いエリアで探す
・駅徒歩、築年数の条件は緩和する
・こだわり条件は2~3つに絞る
・アパートタイプの物件を選ぶ

東京23区であれば、練馬区・杉並区・葛飾区・足立区など家賃相場が低いエリアがおすすめです。より安いお部屋が出てきやすいです。

お部屋を探す際は、駅徒歩や築年数は緩和してください。駅徒歩5分と15分では、5~8千円ほど家賃に差があります。築年数は、リフォームされたお部屋があるので、指定しないほうが良いです。

こだわり条件が増えると、家賃が高くなりやすいので2~3に絞りましょう。また、アパートタイプは共有部分が少ないので、管理費を抑えられます。

一人暮らしにおすすめな生活費の節約方法

一人暮らしにとくにおすすめな生活費の節約方法を、6つ紹介します。全部の節約を徹底できれば、月1~2万円も抑えられます。

・都市ガスのお部屋にする
・コスパの良い食材で自炊する
・スマホを格安SIMに変更する
・エアコンの温度を一定、長時間稼働させる
・お風呂の温度を40度以下にする
・タップ式のコンセントで待機電力を減らす

各節約方法について、もう少し詳しく解説していきます。

都市ガスのお部屋にする

都内でお部屋を探す際は「都市ガス」のお部屋を選ぶべきです。都市ガスは、プロパンガスの約半分もガス代を抑えられるのでお得です。

以下の表は、都市ガスとプロパンガスでどのくらい料金に違いがあるのかを比べたものです。表に記載している月間5㎥とは、一人暮らしの人が平均的に使用する1ヶ月のガスの量です。

都市ガス プロパンガス
1㎥あたりの料金 314円 504円
5㎥使用した場合 1,570円 2,520円
基本料金 750円 1,574円
月額合計 2,320円 4,094円

また、都市ガスは公共料金なので、基本料金が明確に決まっているうえ、急に値段が高くなる心配もありません。

コスパの良い食材で自炊する

コスパの良い食材を使って自炊すれば、月の食費を3万円以下に抑えられます。

おすすめの食材
キャベツ:1玉あたり約200円
もやし:1袋10~20円
たまねぎ:1袋約200円(3個入り)
じゃがいも:1袋約200円(3個入り)
えのき:1袋約80~100円
豆腐:1丁約20~30円
納豆:3パックセット約50~100円
豚コマ切れ肉:100gあたり約130円
鶏むね肉:100gあたり約70円
合い挽きひき肉:100gあたり約100円
乾燥パスタ:1袋約100~200円

カレーやお好み焼きは、コスパの良い食材がメインなうえ、1度に大量に作れます。冷凍保存でストックすれば食材を無駄にしません。

自炊が苦手な人は、電子レンジで作れる簡単料理から始めてみてください。

スマホを格安SIMに変更する

大手キャリアから格安SIMに変更すると、毎月4千円ほど節約できます。

大手キャリアだと最低6千円かかりますが、格安SIMであれば約2千円で済みます。

格安SIMに変えなくても、契約中のプランを見直すことで節約できます。プランによりますが、1~2千円も節約できる可能性があります。

エアコンの温度を一定・長時間稼働させる

エアコンの温度を夏は26度、冬は20度に固定すれば、毎月2千円近くも電気代を節約できます。

1度設定温度を変更するだけで、13%も消費電力が増えると言われています。

また、つけたり消したりすると、起動させたときの消費電力が大きいので、長時間一定温度でつけっぱなしのほうが電気代を抑えられます。

お風呂の温度を40度以下にする

お風呂やシャワー、キッチンなどでお湯を使う際は、40度以下に設定しましょう。

40度を超えるとガス代が跳ね上がりやすいです。理由は、冷たい水を温める際に発生する熱量が多くなるからです。

タップ式のコンセントで待機電力を減らす

タップ式の延長コンセントにして、使用していない家電製品の電源をオフにしてください。毎月150~300円ほど、電気代を節約できます。

とくに消費電力が多い、テレビ・ブルーレイレコーダー・パソコン・ドライヤーは、寝ている時間だけでもオフにすべきです。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

一人暮らし向けバナー

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について