一人暮らしの初期費用は最低でいくら必要?限界まで抑えるにはどうすればいい?

家賃やお金のこと

中村

この記事の監修:中村
「家AGENT」店長

この記事の監修:中村
「家AGENT」店長

積まれた硬貨

一人暮らしの初期費用は最低いくら必要なの?という疑問にお答えします!賃貸契約の初期費用、引っ越し費用、家具や家電などの購入費用で、現実的には最低いくら必要になるのかを解説します!

一人暮らしを始めるために最低限必要な費用は約21万円

一人暮らしをするには、賃貸契約の初期費用、引っ越し費用、家具や家電・日用品の購入費用を合わせて最低で約21万円ほど必要です。

ちなみに、金額は家賃5万円のお部屋に住むとして計算しています。

初期費用は家賃をもとに計算され、家賃が高いほど初期費用も高くなるので、初期費用を抑えて一人暮らしするなら家賃ができるだけ安いお部屋に住むべきです。

賃貸契約の初期費用 約7.5万円
引っ越し費用 約1万円
家具家電・日用品購入費 約13万円

上記の金額は、できるだけ費用を支払わないように限界まで抑えた場合の例です。

初期費用は、敷金・礼金・仲介手数料なしかつ、保証会社を使う必要がない物件に住むとして計算しています。

引っ越し費用は、衣類と最低限必要な雑貨品を段ボールにつめ、通常の宅配便で郵送した場合の費用です。

家具家電や日用品の購入費は、一人暮らしに必要な最低限の物をおトクなセットで購入した場合の費用です。

以下の項目で、それぞれの費用について詳しく解説します。

賃貸契約の初期費用は最低で約7.5万円

悩む女性
家賃5万円のお部屋なら、初期費用が安い物件を選んだり、不動産屋と交渉したりすることで、最低7.5万円ほどで契約できます。

以下の表は、費用を限界まで抑えられた場合と、通常の費用がかかった場合の費用の比較です。

初期費用を
抑えた場合
通常の初期費用の場合
合計 75,161円 329,161円
敷金 0円 50,000円
礼金 0円 50,000円
仲介手数料 0円 54,000円
鍵交換費用 15,000円 15,000円
火災保険料 15,000円 15,000円
保証会社利用料 0円 50,000円
前家賃 0円 50,000円
日割り家賃 45,161円
(28日分)
45,161円
(28日分)

以下の項目では、初期費用の項目ごとの解説や、安くできる理由を紹介します。

敷金

敷金とは、退去費用などに備えて入居時に預けておくお金です。敷金の相場は家賃1ヶ月分ですが、初期費用を抑えたい入居者のために0円にしている物件が増えています。

ただし、敷金が0円になった場合は退去時に高額な退去費用を支払うことになるので注意しましょう。

▶敷金についての詳しい解説はこちら

礼金

礼金とは、入居させてもらったお礼に大家さんへ支払うお金で、相場は家賃1ヶ月分です。

敷金と同じく0円になっている物件が多いですが、礼金が無料になっても入居者にデメリットはありません。

▶礼金についての詳しい解説はこちら

仲介手数料

仲介手数料とは、大家さんとのやり取りや書類の準備などをしてくれた不動産屋に対して支払う報酬です。相場は家賃の1ヶ月分です。

仲介手数料が半額や無料になっている不動産屋を利用したり、交渉したりすれば抑えられます。

▶仲介手数料についての詳しい解説はこちら

保証会社利用料

保証会社利用料とは、連帯保証人の代わりになるサービス(保証会社)を使うために必要な費用です。利用料は保証会社によって違いますが、相場は家賃0.5~1ヶ月分です。

連帯保証人と保証会社は役割が同じなので、連帯保証人だけで入居できるお部屋を選べば、保証会社利用料は必要ありません。

▶保証会社の役割についての詳しい解説はこちら

火災保険料

火災保険料とは、家事や落雷に備えた保険に入るための費用で、相場は15,000円です。賃貸物件を借りる際には、必ず火災保険に加入するので、費用を抑えることはできません。

また、ほとんどの場合、保険会社は大家さんや不動産屋から指定されます。ごくたまに、入居者が希望した保険会社に変更させてくれる場合があります。

▶火災保険に加入する理由について詳しい解説はこちら

鍵交換費用

アパートの鍵
鍵交換費用とは、以前の入居者が使っていた鍵を新しいものに取り換えるための費用です。相場は15,000円ほどですが、防犯性の高い鍵の場合は20,000円以上かかる場合もあります。

新築物件で自分より前の入居者がいない、という場合を除いて、ほぼ必ず支払う費用です。

▶鍵交換費用についての詳しい解説はこちら

前家賃

前家賃とは、入居した翌月分の家賃のことです。例えば3月に入居した場合は、4月分の家賃を初期費用として支払います。

ただし、入居日が月初だった場合、入居した当月と翌月分の2ヶ月分の家賃を支払う必要があるので、大家さんによっては初期費用から除外してくれることがあります。

また、フリーレント物件であれば、大家さんが決めた期間の家賃がタダになります。入居日から1ヶ月分がタダになることが多いので、前家賃は従来の引き落とし日になります。

▶前家賃についての詳しい解説はこちら

▶フリーレントについての詳しい解説はこちら

日割り家賃

日割り家賃とは、月の途中に入居したために発生する残り日数分の家賃のことです。月初の入居だと高くなり、月末に近づくほど安くなります。

日割り家賃は「家賃÷1ヶ月の日数×残りの日数」で計算します。例えば3月3日に家賃5万円のお部屋に入居した場合は「50,000円÷31×28=45,161円」です。

1日に入居できれば、日割り家賃ではなく従来の家賃を支払います。ただし、入居日は基本的に大家さんが決定します。

また、前家賃同様にフリーレント物件であれば、決められた期間の家賃がタダになるので、日割り家賃はありません。

▶日割り家賃についての詳しい解説はこちら

引っ越し費用は最低でも約1万円は必要

引っ越し費用を抑えて引っ越すなら、荷物を段ボールに詰めて、宅配便を利用して新居に送ると良いです。約1万円くらいで引っ越せます。

距離や荷物の大きさによりますが、1箱の宅配料金は2,000円未満です。衣類3箱、食器類1箱、その他1箱を運んでも1万円以内に抑えられます。

引っ越し業者を利用した場合、2万円近くかかってしまうことがほとんどなので、荷物を少なくして宅配便を利用したほうが良いです。

家具や家電などの購入費は10~15万円ほど必要

家具を置いたお部屋
生活するために必用な家具や家電、日用品などを新たに購入した場合、10~15万円ほど必要になります。

価格
冷蔵庫 約26,000円
洗濯機 約30,000円
電子レンジ 約8,000円
炊飯器 約7,000円
掃除機 約4,000円
テレビ 約20,000円
ベッド・布団などの寝具 約20,000円
カーテン 約3,000円
収納棚 約7,000円
キッチン用品 約4,000円
トイレ用品 約2,000円
シャンプー・リンスなど 約4,000円
合計 約131,000円

限界まで費用を抑えたいなら不動産屋に相談すべき

費用を抑えて引っ越すなら、自力で探すよりも不動産屋に相談したほうが確実で、効率が良いです。

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

まとまった時間がなくても、移動中の電車や自宅にいてもお部屋を紹介してもらえて便利です!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから 

イエプラ

あなたにおすすめの関連記事

裏ワザという文字
不動産屋しか知らないはずの物件をネットで見れる裏ワザ!【もちろん無料】

 

部屋探しサイト
おすすめの部屋探しサイト一覧!【賃貸】

 

チャット不動産屋「イエプラ」のロゴ
イエプラの口コミ・評判|SUUMOやHOME’Sと比べるとどう?

 

万力で挟まれている硬貨と電卓
賃貸の初期費用を抑えるカンタンな方法って!?

 

ソファに寝そべってスマホを操作する女性
不動産屋に一度も行く必要なし!?内見も契約もWEBで済ませる時代です!

 

東京のビル群
東京で評判の良い不動産屋さんはここ!

 

調査している探偵
おとり物件とは?50の不動産屋の調査で判明した悪質な実態!【釣り物件】

 

綺麗な内装のリビングルーム
ネットにない賃貸の未公開物件のたった1つの探し方【非公開物件】

 

東京の風景
東京都内の住みやすい街!おすすめの区や駅はどこ?【一人暮らし】

 

一人暮らしのお部屋
初めての一人暮らし|始めるまでの11ステップと部屋探しのポイント

 

鍵とお金を渡す手
無職で賃貸契約する方法と審査を通過しやすくするコツ

 

不動産屋の立ち合い
【メリットたくさん】土日ではなく平日に内見すべき5つの理由

 

バナー

Roochについて チャットでお部屋を紹介する来店不要のネット不動産屋「イエプラ」が運営する、部屋探しの疑問や街の情報について紹介しているサイトです。

家AGENT+

follow us in feedly