お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

大学生の一人暮らしの生活費はいくら?学費や仕送り額について徹底解説!

大学生の生活イメージイラスト

大学に進むにあたって一人暮らしする予定という人に、大学生の一人暮らしの生活費について徹底解説します!

全国の一人暮らしをしている大学生の生活費平均や、一人暮らしと実家暮らしの生活費比較を解説します。

学費や仕送り額、一人暮らしを始めるまでの費用についてもご紹介するので、これから大学生になる人はぜひ参考にしてください!

この記事の内容は、ファイナンシャル・プランナーの岩井さんに監修していただきました。

監修 岩井 勇太
ファイナンシャル・プランナー
宅地建物取引士

日本FP協会認定のFP。お金に関する知識を活かし、一人暮らしからファミリー世帯まで幅広い世帯の生活費を算出しています。宅建士の資格も取得しており、お客様の収入に見合った家賃を提案するなど、生活設計についてのトータルサポートをおこなっています。

大学生の一人暮らしの生活費は月9.2万円

日本学生支援機構JASSO調べの「平成30年度学生生活調査」によると、下宿やアパートで一人暮らしをしている大学生の生活費平均は毎月約9.2万円です。

以下は、大学生一人暮らしの生活費の内訳をまとめた表です。あくまでも全国平均なので、物価が高い都心部では生活費がプラス3~5万円ほどかかります。

1ヶ月の生活費平均
家賃・光熱費 約39,275円
食費 約23,717円
医療保険 約3,183円
娯楽費 約13,075円
その他日常費 約13,367円
合計 約92,617円

毎月かかる約9.2万円の生活費を年間に換算すると約111万円になります。

また、大学生は生活費の他に学費がかかるので、以下の項目で学費と生活費の合計をご紹介します。

学費と生活費の合計は年間で約222万円

平成30年度学生生活調査」によると、全国の大学生で一人暮らしをしている人の学費と生活費の合計は、年間約222万円です。

学費には授業料以外の修学費、課外活動費、通学費も含まれています。学校や学部によって費用が変わってくるので、あくまで目安として参考にしてください。

年間の学費と生活費の合計(平均)
学費 約1,109,600円
生活費 約1,111,400円
合計 約2,221,000円

ちなみに、国立・公立・私立の区分別の年間学費は以下の通りです。

学費(年間)
国立 637,700円
公立 666,700円
私立 1,373,900円

国公立と比べると、私立の学費は2倍以上高いです。学費を抑えたい人は国公立の大学を目指しましょう。

マル秘イエプラバナー

一人暮らしと実家暮らしの生活費比較

全国大学生活協同組合が発表した「学生生活実態調査」を参考に、全国の国公立および私立大学に通っている一人暮らしと実家暮らしの大学生の1ヶ月の生活費を比較しました。

一人暮らしは、家賃や水道光熱費を自分で支払うので、実家暮らしと比べて約2倍近く生活費が高いです。

一人暮らし 実家暮らし
食費 24,570円 10,670円
住居費・光熱費 52,910円 960円
交通費 3,370円 7,160円
娯楽費・日常費 20,250円 18,840円
教材費 3,720円 3,160円
通信費 3,370円 1,730円
貯金・繰越 12,990円 19,610円
合計 121,180円 62,130円

実家暮らしの場合、家賃・光熱費・食費は親がまとめて支払うので、費用がかからないことが多いです。

家にお金を入れる場合でも、家賃・光熱費・食費のトータルで月1~3万円ほどで済みます。

実家から大学に通える距離であれば、将来の為の貯金や娯楽費のために一人暮らしより実家暮らしにしましょう。

一人暮らしの大学生の平均収入

全国の一人暮らしをしている大学生は年間約230万円の収入を得ています。

平成30年度学生生活調査」を参考に、年収の内訳をまとめたので以下の表を参考にしてください。

一人暮らしの大学生の年収(平均)
家庭からの給付 1,493,600円
奨学金 393,100円
アルバイト 370,200円
定職収入・その他 44,300円
合計 2,301,200円

年間の収入のうち、もっとも多かったのは「家庭からの給付」で約149万円でした。

大学生はアルバイトだけで生活するのは厳しいので、親から支援をもらえるように相談しましょう。

約39%の大学生は奨学金を受給している

どうしてもお金が足りないという人は、奨学金を借りるべきです。「学生生活実態調査」によると、全体の約39%がなんらかの奨学金を受給しています。

奨学金には、返金義務のない「給付型」といわれるものと、返金しなければいけない「貸与型」の2種類があります。審査に通ればどちらも受給することもできます。

給付型、貸与型、どちらも受給しているという人の割合は以下の通りです。

奨学金を受給している人の割合
貸与型のみを受給 約21.1%
給付型のみを受給 約14.6%
貸与型+給付型を受給 約3.6%
合計 約39.3%

給付型は金額が低いですが、後々返金義務はありません。条件をクリアできる人は、給付型の奨学金を利用するようにしましょう。

貸与型は、学生ローンと言われるもので、いわば借金です。卒業後、徐々に返金しなければいけないので、後々の生活費が苦しくなります。

大学生が1ヶ月にもらう仕送り額の平均

全国大学生活協同組合の「学生生活実態調査」によると、一人暮らしをしている大学生が1ヶ月にもらう仕送りは「5~10万円」の人が最も多く、全体の32.6%でした。

以下の全国で一人暮らしの大学生がもらっている仕送り額の割合表を参考に、親からいくら支援してもらうか決めてください。

1ヶ月の仕送り額(平均)
仕送り額の分布

親の仕送りがないと一人暮らしは厳しい

大学生の一人暮らしは、親からの仕送りがないと相当キツいです。毎月の生活費に加えて家賃も自分で支払わなくてはいけないからです。

例えば、国立大学に通いつつ家賃5万円のお部屋で一人暮らししたとすると、月に学費で約5.3万円、家賃で5万円、生活費で約6.7万円の合計17万円必要です。

17万円稼ぐとなると、新卒の新社会人の初任給並みです。バイトだと毎日5時間以上働かないと稼げないので、学業との両立ができません。

体力的にも精神的にもつらくなり、一人暮らしどころではありません。最低でも、学費と家賃は親に支払ってもらえないか交渉すべきです。

一人暮らしを始めるのにかかる費用

大学生で初めて実家を出る人向けに、一人暮らしを始めるのにかかる費用をご紹介します。

東京都内で一人暮らしをする場合にかかる費用の目安は、以下の通りです。

賃貸の初期費用 家賃4.5~5ヶ月分
引っ越し費用 約5~10万円
家具家電購入費 約10~15万円
毎月の生活費 約15~18万円

一人暮らしを始める際に必要な、賃貸の初期費用・引っ越し費用・家具家電購入費の合計を、家賃別にまとめたので参考にしてください。

家賃5万円 約37.5~50万円
家賃6万円 約42~55万円
家賃7万円 約46.5~60万円

賃貸の初期費用は家賃をもとに計算されるため、高いお部屋に住むと費用も高くなります。

また、住むエリア、引っ越す距離、荷物量などによっても変動するので、上記の金額はあくまでも目安です。

仕送りでもらえる金額にもよりますが、大学生の一人暮らしでは家賃5~6万円にしましょう。家賃を抑えて、生活費や学費にお金をかけるべきだからです。

▶一人暮らしを始めるために必要な金額を解説した記事はこちら

一人暮らしを迷っているなら不動産屋に相談すると良い

ネット上の不動産屋「イエプラ」は、来店不要でチャットやLINEから気軽に相談可能です!

「大学生での一人暮らしってどんな感じ?」「家賃〇万円ほどだと生活できるかな?」「学校近くで良さそうな物件はある?」など、どんな不安でも解決してくれます。

深夜0時まで営業しているので、バイトや勉強の合間や寝る前のちょっとした時間を活用してお部屋探しができます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件の紹介もありますし、ほかサイトの物件をまとめて確認してくれます。家で親と一緒に物件探しができるので、学生にとくにおすすめです。

一人暮らしバナー

家賃の安いお部屋を探す5つのコツ

家賃を抑えて生活費に少しでも余裕を持たせたい人向けに、安いお部屋を探す5つのコツをご紹介します。

以下のコツを意識するだけで、東京23区でも家賃4~5万円台のお部屋が見つかります。

・家賃相場が低いエリアにする
・駅徒歩はできる限り緩和する
・築年数はこだわらない
・マンションではなくアパートにする
・こだわり条件は3つまでに絞る

以下の項目で解説する家賃相場は「公益社団法人 全国宅地建物取引業協会連合会」が毎日更新している家賃相場:東京都(2021年7月13日更新)を参考にしています。

家賃相場が低いエリアにする

家賃相場が低いエリアでお部屋を探せば、より安いお部屋が見つかりやすいです。

家賃相場の平均が低い葛飾区だとワンルームで5.36万円ですが、1番高い千代田区は10.61万円です。23区内で5.25万円も差があります。

後ほど、東京23区内の平均家賃相場を一覧で紹介しているので、参考にしてください。

駅徒歩はできる限り緩和する

駅徒歩はできる限り緩和しましょう。駅徒歩5分より、駅徒歩15分のほうが5千円ほど相場が低いです。

なお、駅徒歩15分は距離にすると1.2kmです。歩くのが苦手な人でも、駅徒歩10分ほどまで緩和したほうが良いです。

築年数はこだわらない

築年数はこだわらないほうが良いです。築年数が古くても、リフォームで内装が綺麗になっているお部屋があります。

東京23区内のワンルームの家賃相場は7.08万円ですが、新築だけに絞ると8.06万円でした。

新築を条件にしてしまうと、約1万円も家賃相場が高くなります。

マンションではなくアパートにする

家賃はマンションよりアパートの方が安いです。アパートは、建物規模が小さいうえ、素材が木や鉄骨造メインなので、建設コストが低いからです。

東京23区のうちいくつかの地域で、マンションとアパートの家賃を比較しました。間取りはワンルームです。

マンション アパート
台東区 7.36万円 5.03万円
文京区 7.73万円 5.03万円
新宿区 7.80万円 6.35万円
江東区 7.28万円 5.88万円
豊島区 6.90万円 5.57万円

台東区の家賃相場では、マンションよりアパートの方が2.33万円も安いです。

その他の地域でもアパートの方が約1万円ほど安くなります。

こだわり条件は3つまでに絞る

駅徒歩・築年数・室内洗濯機置き場・フローリング・バストイレ別・独立洗面台付きなど、こだわり条件は3つまでに絞りましょう。

おすすめは「駅徒歩15分以内・室内洗濯機置き場・エアコン付き」の3点のみです。数多くのお部屋が出てくるので、希望の物件が見つかりやすいです。

「BT別」や「オートロック付き」の条件は、5千円~1万円ほど高くなるので、なるべく緩和したほうが良いです。

一人暮らしの大学生が生活費を抑える方法

大学生の一人暮らしの人向けに、食費や光熱費などの生活費を抑える方法をご紹介します。

簡単にできることばかりなので、是非実践してください。

・まかない付きのバイトを選ぶ
・学食が安いなら利用する
・コスパの良い食材で自炊する
・食材は特売日などにまとめ買いする
・都市ガスのお部屋を選ぶ
・お湯の温度を一定にする
・エアコンの温度を一定にする
・タップ式の延長コンセントを使う

それぞれの節約方法を詳しく解説します。これから一人暮らしをする大学生はぜひ参考にしてください。

まかない付きのバイトを選ぶ

1食まかない付きの飲食店を選んでバイトすれば、月の食費が5千円近く浮きます。

1食500円と換算すると、週3勤務で月約6千円、週5勤務で約1万円の節約になります。

まかないが出なくとも社員割引でお得になるなら、利用したほうが良いです。

学食が安いなら利用する

大学の学食は、学生向けにボリュームが多くて500円以内に収まるメニューが豊富です。

以下は、都内の有名大学の学食と値段例です。

東京大学「レギュラーカレー」230円
立教大学「タコライス」420円
中央大学「鶏生姜焼丼(みそ汁付)」460円
青山大学「チキン南蛮」480円
駒澤大学「駒大スペシャルステーキ」500円

大学の中には、ご飯お替り自由の場所もあります。外食するより安いので、学食の利用はなるべくすべきです。

コスパの良い食材で自炊する

コスパの良い食材で自炊すれば、それだけで食費を抑えられます。特におすすめの食材は、以下です。

キャベツ:1玉あたり約200円
もやし:1袋10~20円
たまねぎ:1袋約200円(3個入り)
じゃがいも:1袋約200円(3個入り)
えのき:1袋約80~100円
豆腐:1丁約20~30円
納豆:3パックセット約50~100円
豚コマ切れ肉:100gあたり約130円
鶏むね肉:100gあたり約70円
合い挽きひき肉:100gあたり約100円
乾燥パスタ:1袋約100~200円

なお、カット野菜は割高になっていることが多いので、できればカットされていない野菜を購入しましょう。

食材は特売日などにまとめ買いする

食材は、特売日にまとめて購入しましょう。セール価格で安くなっているうえ、購入頻度が減るので無駄遣いを抑えられます。

とくに、日持ちする野菜や冷凍食品、インスタント食品は、買いだめしておくと良いです。

都市ガスのお部屋を選ぶ

「都市ガス」のお部屋を選べば、プロパンガス(LP)のお部屋よりガス代が半額近くも抑えられます。

以下は、都市ガスとプロパンガスの料金比較です。表に記載している月間5㎥とは、一人暮らしの人が平均的に使用する1ヶ月のガスの量です。

都市ガス プロパンガス
1㎥あたりの料金 314円 504円
月に5㎥使用した場合 1,570円 2,520円
基本料金 750円 1,574円
月額合計 2,320円 4,094円

気になった物件が都市ガスかどうか調べるには、物件情報の「設備欄」を見ましょう。ガスの種類が必ず書いてあります。

もしくは、内見時に建物の敷地内に「ガスボンベ」の缶が置かれているか確認してください。ガスボンベがある建物は、プロパンガスのお部屋です。

お湯の温度を一定にする

お風呂やシャワー、キッチンなどでお湯を使う際は、37~40度の間で一定に定めましょう。

40度を超えると、電気代がやや高くなります。理由は、冷たい水を温める際に発生する熱量が多くなるので、温度が高いほどガス代も上がります。

エアコンの温度を一定にする

エアコンの温度をこまめに変えず、一定にしておけば電気代を抑えられます。夏は26度、冬は20度に固定すれば、毎月約2千円近くも電気代を節約できます。

1度設定温度を変更するだけで、13%も消費電力が増えると言われています。どうしても温度を変更したい場合は、変更した後しばらくそのままにしておくべきです。

タップ式の延長コンセントを使う

タップ式の延長コンセントにして、使用していない家電製品の電源をオフにしてください。毎月150~300円ほど、電気代を節約できます。

とくに消費電力が多い、テレビ・ブルーレイレコーダー・パソコン・ドライヤーは、寝ている時間だけでもオフにすべきです。

自宅でラクに良いお部屋を探す方法

自宅に居ながら簡単に良いお部屋を探したい人は、チャット不動産屋「イエプラ」を利用してみてください。

来店不要でチャットやLINEでやりとりするので、友達に連絡するような感覚で気軽にお部屋探しできます。

条件を伝えるだけで、スタッフが業者専用の有料サイト「ATBB」からピッタリのお部屋を見つけてくれます。

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件の紹介もありますし、ほかサイトの物件をまとめて確認してくれるので便利です!

わざわざ不動産屋に行く手間がないので、遠方の大学を受験した人にもおすすめです。

一人暮らしバナー

イエプラと普通の不動産屋でお部屋を探した男子大学生の体験マンガ!

大学生の生活比較漫画
とにかくラク。のイエプラボタン  

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について