4人家族の平均生活費|毎月の費用の内訳は?収入ごとの実例を公開

家賃やお金のこと

中村

この記事の監修:中村
「家AGENT」店長

この記事の監修:中村
「家AGENT」店長

4人家族

4人家族の生活費平均は1ヶ月いくら?という疑問を解決します!毎月の生活費が、20万円・30万円・40万円に収まっている実際の4人家族の生活費内訳や、節約方法、おすすめの貯金方法、4人家族におすすめの間取りも紹介します!

4人家族の生活費の平均は約41.7万円

家計簿と電卓とレシート
賃貸物件で暮らす、4人家族の生活費の平均は約41.7万円です。

総務省統計局の2016年のデータによると、4人家族の1ヶ月の生活費平均は約32.5万円ですが、家賃平均が2.5万円になっているため、調査した世帯のほとんどが持ち家と分かります。

4人家族で賃貸物件のお部屋を借りた場合の、毎月の生活費内訳は下記を目安にしてください。家賃以外は、総務省統計に記載されている平均金額です。

家賃は、東京23区の駅徒歩15分以内にある3LDKのお部屋の平均家賃を掲載しています。

家賃(3LDK) 約125,000円
食費 約80,000円
水道光熱費 約20,000円
交通費・通信費 約46,000円
趣味・娯楽費 約33,000円
衣類代 約15,000円
日用品・消耗品代 約12,000円
教育費など 約26,000円
貯金・その他 約60,000円
合計 約417,000円

あくまで目安金額なので、住む場所やお部屋の間取りなどの条件や、毎日の食費など、生活スタイルによって必要な生活費は変わります。

▶自分にピッタリなお部屋をチャットで探そう!

実際の4人家族の生活費内訳

4人家族の写真
毎月の生活費が、20万円、30万円、40万円に収まっている4人家族に聞いた、生活費内訳を紹介します。

何にどのくらいお金がかかっているのか、自分たちの出費と比べてどのくらい差があるのかの参考にしてみてください。

生活費20万円の生活費内訳

物件情報と家族構成
・東京都江戸川区在住
・家賃6.7万円の2DKのお部屋
・28歳正社員の夫(年収約480万円)
・26歳専業主婦の妻
・2歳の長男
・0歳の次男

子どもが小さく、奥さんが専業主婦の場合、生活費を多く稼げません。毎月約20万円に収まるようやりくりしています。生活費20万円の内訳は以下です。

家賃 約67,000円
食費 約53,000円
水道光熱費 約17,000円
通信費 約14,000円
趣味・娯楽費 約10,000円
衣類代 約15,000円
日用品・消耗品代 約14,000円
教育費など 約15,000円
貯金 約0円
合計 約205,000円

2DKは1980年代に流行していた間取りのため、築年数が古く家賃設定が低いです。家賃を抑えられた分、しっかり食費を確保できています。

子どもが小さく、目を離せないため娯楽費はあまりかかっていません。毎月の生活が苦しいと感じたことは無いそうですが、代わりにほとんど貯金できていません。

生活費30万円の生活費内訳

物件情報と家族構成
・神奈川県横浜市在住
・家賃8.7万円の2LDKのお部屋
・28歳正社員の夫(年収約460万円)
・28歳パートの妻(年収約100万円)
・5歳の長女
・3歳の次女

子どもは保育園に預けて、奥さんもパートに出ているので、旦那さんだけが働いている家庭よりも収入が多く、旦那さんの年収に対して多めの生活費を支払っています。

家賃 約87,000円
食費 約65,000円
水道光熱費 約22,000円
通信費 約20,000円
趣味・娯楽費 約25,000円
衣類代 約15,000円
日用品・消耗品代 約22,000円
教育費など 約25,000円
貯金 約20,000円
合計 約301,000円

子どもが5歳と3歳なので、2人合わせて大人1分ほどの食費です。やんちゃ盛りで洋服がすぐ汚れるため、衣類費のほとんどが子どもの服で消えるそうです。

生活費が30万円確保できれば、子ども1人につき、月1万円の貯金しても生活が圧迫されることはありません。

生活費40万円の生活費内訳

物件情報と家族構成
・東京都世田谷区在住
・家賃12.7万円の3LDKのお部屋
・33歳正社員の夫(年収約500万円)
・32歳正社員の妻(年収約280万円)
・11歳の長男
・7歳の長女

夫婦ともに正社員で共働きの家庭は、毎月40万円ほどの生活費を確保できます。ただし、子どもが2人とも小学校にあがっており、食費や学校教材費などでお金が必要です。

家賃 約127,000円
食費 約80,000円
水道光熱費 約24,000円
通信費 約21,000円
趣味・娯楽費 約30,000円
衣類代 約25,000円
日用品・消耗品代 約23,000円
教育費など 約30,000円
貯金 約40,000円
合計 約400,000円

3LDKの広いお部屋に住んでいるので、家賃が高めです。食費も、食べ盛りの子どもがいるので、多めに確保しています。

他にも、子どもの教材費や塾代など、諸々の費用が掛かるので、足りない分は娯楽費から出しているそうです。

子ども2人が小学生以上の家庭は、毎月の生活費を35万円以上確保しないと、食費や教育費などが足りなくなって、生活が厳しくなるかもしれません。

4人家族で生活費を節約する方法

すぐに始められる、生活費の節約方法を紹介します。

生活費と貯金通帳を分けて使えるお金を明確にする

生活費用の通帳と、貯金用の通帳を分けて、使っても良いお金を明確にしましょう。使っても良いお金がわかりやすいので、意識して節約するようになります。

お金の管理が得意な人は、家族共通の生活費用の通帳と、貯金用の通帳と、夫と妻の通帳を分けておくと、さらに細かい金額がわかるので、無駄使いが減ります。

食材をまとめ買いする

買い物をする女性
食費は1週間ごとに予算と献立を決めて、週に一度使う分だけまとめ買いしましょう。使い切れる分だけ買うことで、食材とお金の無駄をなくせます。

頻繁に利用するスーパーのセール日を狙って買い物をすると、さらに費用を抑えられます。

タップ式のコンセントにする

タップ式のコンセントに切り替えて、使用していない家電製品の電源をオフにするよう心がけましょう。

細かくて面倒かもしれませんが、寝ている間の7時間だけでも、テレビ・ブルーレイレコーダー・パソコン・ドライヤーなど15W分節約すると、年間1,500円ほど節約できます。

エアコンの温度設定を一定にする

エアコンの温度設定と夏は26度、冬は20度で固定するだけで、電気代の節約になります。年間で、約15,000円近く節約できます。

エアコンの温度設定を1度変えるだけで、13%も電力の消費量が多くなると言われています。どうしても温度を変えたい場合は、なるべく長時間同じ温度設定にしましょう。

スマホのプランを見直す

妻と夫両方のスマホのプランを見直しましょう。アプリで電話をすれば、その分の電話料金を安くできます。

また、お部屋にWi-Fiを設置している場合は、帰宅したらWi-Fiを使うよう徹底すれば、パケット量を抑えたプランでも問題なくスマホが使えます。

ちなみに、大手キャリアから格安SIMに変更すると、毎月数千円スマホ代を抑えられます。ただし、セキュリティが低くなってしまうので、子どもがいる家庭にはおすすめできません。

子どものための貯金は自動積立がおすすめ

ぶたの貯金箱にお金を入れる
子どもの将来のために、きちんと貯金をしておきたいという人は、口座から自動で引き落としされる「自動積立貯金」がおすすめです。

銀行によってプランが異なりますが、毎月同じ日に、同じ金額だけ積立預金になるので、貯金分のお金を使ってしまう心配がありません。

生活費で余った分を貯金するという方法は、不用意な出費をしやすく、しっかり貯金できた月とできなかった月のギャップ差に、貯金のモチベーションが続かなくなるのでおすすめしません。

4人家族におすすめの間取り

4人家族におすすめの間取りを紹介します。お部屋探しの参考にしてください。

子どもが小さいなら「2LDK」

子どもが大きくなったら広いお部屋に引っ越しする予定、将来的に家を購入したいから費用を抑えたいという4人家族は「2LDK」がおすすめです。
2LDKの間取り

子どもが小さいうちは、リビングに子どもスペースを作るか、子ども2人で1部屋でも狭くありません。逆に、部屋数が少ない分、子どもに目が行き届きます。

ただし、子どもが小学生以上になると手狭になるので、新しいお部屋を探したほうが良いです。

子ども部屋を2つ確保したいなら「3LDK」

子ども部屋を2つ確保したいが、夫婦は共通のお部屋で良いという4人家族は「3LDK」がおすすめです。

3LDKの間取り

1番広い居室を夫婦の寝室にし、残りのお部屋を子どもに振り当てましょう。LDKのお部屋なら、大きめのソファやテレビを置いて、家族団らんを楽しむ空間にできます。

また、子ども部屋を2つ確保できるので、子どもが成長してもそのまま暮らせます。

収入に余裕があって長期的に住むなら「4LDK」

収入に余裕があり、なおかつ子どもが成長しても住み続けるなら「4LDK」がおすすめです。

4LDKの間取り

子ども部屋を2つ作れるうえに、夫婦のお部屋も分けられます。また、お部屋が多いので、子どもが成長して荷物が増えたとしても、収納スペースに余裕があります。

ただし、お部屋数が多く専有面積が広くなるので、その分家賃もかなり高いです。

4人家族向けの間取りに迷っている人は不動産屋に相談すべき

4人家族向けの間取りに迷っている人は、ネット上の不動産「イエプラ」がおすすめです!来店不要でスキマ時間に、チャットやLINEで気軽にお部屋を探せます。

深夜0時まで営業しているので、夫婦が揃う夜の時間に一緒にお部屋を探せますし、わざわざ来店しなくても良いので子どもの面倒も見やすいです!

また、不動産業者だけが見ることができる信頼性が高い物件情報サイトも無料で見せてくれるので、SUUMOやHOME’Sに載ってない物件も家族と一緒に確かめられます!

イエプラはこちらから 

イエプラ

あなたにおすすめの関連記事

裏ワザという文字
不動産屋しか知らないはずの物件をネットで見れる裏ワザ!【もちろん無料】

 

東京のビル群
東京で評判の良いおすすめの不動産屋ランキング!

 

7月のイラスト
7月に引っ越したい方必見!時期の特徴や部屋探しの注意点

 

調査している探偵
おとり物件とは?50の不動産屋の調査で判明した悪質な実態!【釣り物件】

 

綺麗な内装のリビングルーム
ネットにない賃貸の未公開物件のたった1つの探し方【非公開物件】

 

不動産屋の立ち合い
【メリットたくさん】土日ではなく平日に内見すべき5つの理由

 

万力で挟まれている硬貨と電卓
賃貸の初期費用を抑えるカンタンな方法って!?

 

薄暗い街並み
おとり物件が少ないサイト3選!騙されずにお部屋を探したい人へ

 

チャット不動産屋「イエプラ」のロゴ
チャット不動産「イエプラ」と物件サイトや街の不動産屋の違い

 

悩んでいる女性
イエプラの口コミ・評判|SUUMOやHOME’Sと比べるとどう?

 

部屋探しサイト
おすすめの部屋探しサイト一覧!【賃貸】

 

ソファに寝そべってスマホを操作する女性
不動産屋に一度も行く必要なし!?内見も契約もWEBで済ませる時代です!

 

赤いベッドに寝そべる女性
お金ないけど一人暮らししたい!費用を最低限に抑える現実的な方法

 

笑顔で振り返る女性
女性の一人暮らしで優先すべき条件とは?物件選びのポイントを紹介

 

 
バナー

Roochについて チャットでお部屋を紹介する来店不要のネット不動産屋「イエプラ」が運営する、部屋探しの疑問や街の情報について紹介しているサイトです。

家AGENT+

follow us in feedly