お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

3人家族の生活費平均|手取り別の生活費内訳や節約方法を紹介!

3人の家族のイラスト

3人家族の生活費はいくら?食費はどのくらい?という疑問に、ファイナンシャル・プランナーの岩井勇太さんの監修でお答えします!

総務省の最新の家計調査をもとに、3人家族の生活費の平均額、理想的な支出割合を示しているので、参考にしてください。

また、実際に3人家族に対して実施した取材をもとに、手取り20万円・25万円・30万円・40万円の3人家族の生活費の内訳の実例や、節約方法、おすすめの貯金方法も紹介します。

監修 岩井 勇太
チャット不動産イエプラ メディア事業部
ファイナンシャル・プランナー

日本FP協会認定のFP。お金に関する知識を活かし、一人暮らしからファミリー世帯まで幅広い世帯の生活費を算出しています。宅建士の資格も取得しており、お客様の収入に見合った家賃を提案するなど、生活設計についてのトータルサポートをおこなっています。

3人家族の生活費は約28万円(家賃除く)

総務省の公表している家計調査(2019年)によると、3人家族の生活費の平均額は約284,382円(家賃を除く)です。家計調査の内訳を分かりやすくまとめたので、参考にしてください。

平均額
食費 77,071円
水道光熱費 22,683円
日用品・消耗品代 11,961円
衣類代 11,375円
通信費 14,454円
自動車購入費・維持費など 24,471円
交通費 6,510円
交際費・娯楽費
(おこづかい含む)
56,485円
教育費 10,434円
生命保険料・医療費 14,367円
その他雑費 34,571円
合計 284,382円

生活費のうち、食費(約77,000円)、水道光熱費(約23,000円)、自動車購入費・維持費(約24,000円)などが大きな割合を占めています。

3人家族は、同棲や新婚と比べると、より多くのお金が必要になります。大人2人に加えて、子どものためにお金がかかるからです。

家賃を含めた1ヶ月の生活費は約37万円

家賃を含めた3人家族の1ヶ月の生活費は、およそ37万円です。3人家族が暮らせる1LDK以上の間取りの賃貸物件は、家賃相場が約9万円だからです。

家賃 約90,000円
生活費 約280,000円
合計 約370,000円

もちろん、2LDKや3LDKといった広い間取りの物件を借りたり、東京23区内に住む場合は、もっと家賃が高くなります。

一方で、家賃相場の安い田舎に住んでいたり、マイホームを買っていてローンの支払いが少ない場合は、必要な合計額がもっと下がります。

また、上記の生活費には「貯蓄」が含まれていません。子どもの将来ために貯金するなら約40万円を基準と考えるべきでしょう。

▶自分にピッタリなお部屋をチャットで探そう!

3人家族の理想的な支出割合

3人家族で毎月の収入に対する理想的な支出割合を紹介します。子どもが小学生以下の場合で計算しています。

住む場所や家族構成によって変わりますので、以下の支出割合は参考程度に確認してください。

支出割合 支出金額
家賃(住宅ローン) 約25% 約90,000円
食費 約16% 約60,000円
水道光熱費 約5% 約18,000円
日用品・消耗品代 約3% 約12,000円
衣類代 約3% 約10,000円
通信費 約4% 約15,000円
自動車購入費・維持費 約7% 約25,000円
交通費 約2% 約7,000円
交際費・娯楽費
(おこづかい含む)
約8% 約30,000円
教育費 約5% 約20,000円
生命保険料・医療費 約5% 約20,000円
その他雑費 約5% 約20,000円
貯蓄 約11% 約40,000円
合計 - 約367,000円

上記のような支出であれば、3人暮らしでも1ヶ月の生活費が約36.7万円で済みます。毎月、4万円の貯金も可能です。

賃貸物件を借りている場合、家賃は収入の25%以内が理想的です。子どもの教育費や消耗品にお金がかかるので、雑費や通信費など抑えられる出費は節約してください。

都市部に住んでいて、電車で移動できる家庭は自動車は不要です。子どもが大きくなると教材費がかさむので、節約できる費用は減らしていきましょう。

生活費を抑えるなら家賃が安いお部屋を探すべき

生活費を抑えるなら、毎月決まって支払う必要がある家賃を安く済ませるべきです。一度安いお部屋に住んでしまえば、節約を意識しなくても出費を抑えられます。

日々の出費を抑える節約は、人によっては苦痛に感じたり、うまくいかなかったりすることが多いので、固定費である家賃を安く済ませて、快適な生活を送るのがおすすめです。

3人家族向けで安めのお部屋を探すなら

3人家族向けの、家賃が安くて質が良い物件を探すには、チャット不動産「イエプラ」がおすすめです!

イエプラは、SUUMOやHOME’Sに載っていない未公開物件を紹介してくれるので、物件の選択肢が広く、快適な暮らしが送れるお部屋を選べます!

また、プロのスタッフが深夜0時までチャットやLINEで対応しているので、寝る前のちょっとした時間であっても、家賃や間取り、買い物環境などについて相談できます!

3人家族向けの物件を探す

3人家族の生活費実例【世帯手取り別】

家計簿と電卓とレシート

行政の統計データではなく、実際に3人暮らししている人に聞いた、生活費の内訳を紹介します。

今回は、世帯の手取りが20万円・25万円・30万円・40万円の3人家族の生活費例をピックアップしています。

何にどのくらいお金がかかっているのか、自分たちの出費と比べてどのくらい差があるのかの参考にしてみてください。

手取り20万円の3人家族

物件情報と世帯構成
・東京都八王子市在住
・家賃7万円の2DKのお部屋
・22歳正社員の夫(月の手取り20万円)
・22歳専業主婦の妻
・生後6か月の長女

手取り20万円のこちらの夫婦は、大卒の新社会人の夫の収入しかないので、毎月の生活費が20万円に収まるようにやりくりしているそうです。

生後6ヶ月の赤ちゃんがいる家庭です。奥さんはかなり苦労して節約していると話していました。

お二人とも若いので、生命保険にはまだ加入していないそうです。以下が、手取りが20万円の3人家族の生活費内訳です。

家賃(住宅ローン) 約70,000円
食費 約48,000円
水道光熱費 約14,000円
スマホ・ネット代 約13,000円
衣類・日用品 約15,000円
交際費・娯楽費 約30,000円
子どもの養育費・小遣い 約10,000円
合計 約200,000円

東京23区外の家賃相場が低いエリアで、1980年代に流行った古めの間取りである2DKのお部屋を探したため、家賃がかなり抑えられています。

食費に関しては、ほぼ毎日3食作っているので5万円以下に抑えられています。夫のお昼もお弁当を作って持たせているそうです。

子どもが小さく目が離せないため、娯楽費はあまりかかっていません。ただし、もともとの収入が少ないので貯金はほぼできません。

手取り25万円の3人家族

物件情報と世帯構成
・東京都練馬区在住
・家賃8.2万円の2DK
・27歳契約社員の夫(手取り25万円)
・24歳専業主婦の妻
・2歳の長男

世帯手取り25万円の3人家族は、奥さんが専業主婦なので、旦那さんの収入のみで毎月やりくりしています。

電車での交通アクセスが良い場所に住んでいるので、自動車は持っていないそうです。年に数回レンタカーを借りる程度で、まったく不便さは感じていません。

家賃(住宅ローン) 約82,000円
食費 約60,000円
水道光熱費 約15,000円
スマホ・ネット代 約12,000円
衣類・日用品 約18,000円
交際費・娯楽費 約25,000円
子どもの養育費・小遣い 約13,000円
生命保険料 約13,000円
合計 約237,000円

もともと家賃相場が低い練馬の駅徒歩13分・2DKのお部屋にすることで、家賃が8.2万円に収まっています。

これがもし、駅徒歩5分の2LDKだったとすると、家賃で10万を超える恐れがあるので、お部屋の希望条件の緩和はかなり固定費を抑えられます。

ただ、旦那さんのお昼がコンビニ弁当や外食らしく、やや食費がかかっているようです。

通信費は、奥さんの契約プランを安いものにし、調整しているとのことでした。子どもはまだ小さいのでスマホはいりません。

そして、毎月25万円から余った生活費は、子ども専用の通帳に貯金しているようです。少ないですが、毎月1万円ほどは貯金できています。

手取り30万円の3人家族

物件情報と世帯構成
・東京都葛飾区在住
・家賃9.6万円の2LDKのお部屋
・26歳正社員の夫(手取り26万円)
・26歳アルバイターの妻(手取り7万円)
・1歳の長男

世帯手取り30万円の3人家族は、もともと旦那さんのみの収入でしたが、生活がキツくなってきたので奥さんがアルバイトを始めたそうです。

子どもの将来を考えて、生命保険と学資保険に加入しています。ちなみに、奥さんが働いているあいだは実家で子どもを預かってくれるので、保育園料はかかっていません。

家賃(住宅ローン) 約96,000円
食費 約70,000円
水道光熱費 約20,000円
スマホ・ネット代 約18,000円
衣類・日用品 約20,000円
交際費・娯楽費 約30,000円
自動車維持費 約15,000円
子どもの養育費・小遣い 約15,000円
生命保険料 約15,000円
合計 約299,000円

葛飾区の駅徒歩15分ほどのお部屋なので、2LDKの広めの間取りでも家賃が10万円以下に抑えられています。

食費は、ほぼ自炊しているうえ、実家に預ける時も子どものお弁当を持たせています。ただ、時々外食するらしく、月5万円はほぼ確定で使っているそうです。

衣類・日用品に関しては、お互いの下着と旦那さんの背広メインで、奥さんは生活費が浮いた月にまとめ買いするなど調整しているとのことです。

駅から少し離れていることと、休日に家族で出かけることが多いので軽自動車を所有しています。ローンやガソリンで月1.5万円ほどかかっているそうです。

手取り40万円の3人家族

物件情報と世帯構成
・東京都江戸川区在住
・家賃12.3万円の3LDKのお部屋
・31歳正社員の夫(手取り25万円)
・29歳パートの妻(手取り15万円)
・3歳の長女

手取り40万円の3人家族は、旦那さんが正社員で奥さんがパートの共働きです。無理に節約しなくとも、毎月の生活ができているそうです。

家賃(住宅ローン) 約123,000円
食費 約55,000円
水道光熱費 約22,000円
スマホ・ネット代 約20,000円
衣類・日用品 約30,000円
交際費・娯楽費 約40,000円
子どもの養育費・小遣い 約30,000円
生命保険料 約30,000円
合計 約350,000円

家は、駅徒歩10分ほどにある3LDKの中規模マンションです。都心からは離れているので、広い間取りでも家賃が低めです。

食費は、基本的に3食自炊をしていますが、月1回は家族で外食に出かける余裕があります。子どもが好きな、バイキング形式のディナーに行っているそうです。

とくに節約を意識していることもなく、唯一していることは毎月家計簿をつけているくらいだそうです。

家計簿をつけることで、無駄な出費が明らかになるので、上手にやりくりができます。また、世帯全体の手取りが40万円もあれば、毎月約5万円の貯金が可能です。

3人家族の生活費の節約術

毎月の生活費を抑えるために、固定費・食費・水道光熱費・通信費の節約方法を紹介します。

ちなみに、パチンコや競馬などのギャンブルや、スマホゲームの課金、バイクなどお金のかかる趣味は控えましょう。

毎月の固定費の節約術

ここで言う固定費は、家賃や管理費など家にかかわる費用です。引っ越しする前にしっかり把握しておかないと、予想より家賃が高くなる恐れがあります。

・手取りの3分の1に抑える
・お部屋の条件を多少緩和する
・家賃相場が低いエリアを選ぶ

お部屋を決める時は、基本的に「手取りの3分の1」の家賃に抑えましょう。3人家族であれば、夫婦2人分の手取り合計の3分の1です。

例えば、手取り20万円なら家賃は6.5万円ほど、手取り30万円なら家賃10万円ほどが目安です。

またお部屋を選ぶ際は、家賃相場が低いエリアで、築年数や駅徒歩などの条件を緩和すれば、家賃がかなり抑えられます。

東京23区内であれば、練馬区・葛飾区・足立区あたりが家賃相場が低めです。距離は、駅徒歩10分~15分ほどを目安にしてみてください。

食費の節約術

食費の最大の節約は、3食自炊をすることです。それ以外では、下記の節約をおこなえば、月5千円ほど食費を抑えられます。

・週ごとの食費を分けておく
・1つの食材で複数の料理を作る
・まとめて作って冷凍しておく

週ごとに使って良い食費を分けておきましょう。使える分が明確になっていれば、残りいくらか目に見えてわかるので調整しやすくなります。

自炊の時は1つの食材で複数の献立を考えておけば、食材を無駄なく使えるのでおすすめです。

例えば、カレーやポテトサラダ、肉じゃがやガレットなどのじゃがいもをメインに使う料理であれば、複数入った袋を買っても消費できます。

一気に作った場合は、冷凍しておけば後日のごはんに回せます。作ったものにもよりますが、冷凍で約5~10日ほど日持ちします。

水道光熱費の節約術

水道光熱費の一番金額が大きく動く節約方法は「都市ガスのお部屋」にすることです。ガス代が1.5~2倍近くも抑えられます。

都市ガスは公共料金なので、基本料金が民間よりやすいうえ、値上がりがあまりありません。

それ以外での節約方法は、下記がおすすめです。

・節水シャワーヘッドに変更
・食器を洗うときは溜め洗い
・エアコンの温度を固定する
・エアコンは長時間稼働にする
・待機電力を減らす

節水シャワーヘッドに変更すると使う水の量が抑えられるので、月100円ほど節約できます。また、食器を洗うときは洗い桶に水を貯めておくと、水の無駄遣いが減ります。

電気代に関しては、エアコンの温度を夏は26度、冬は20度に固定して長時間つけっぱなしにしておくだけで、月1,000~1,500円ほど節約できます。

さらに、タップ式(個別スイッチ)で切り替えられるコンセントに変えることで、使用していない家電の電気の待機電力を減らしましょう。

細かくて面倒かもしれませんが、寝ている間の7時間だけでも、テレビ・ブルーレイレコーダー・パソコン・ドライヤーなど15W分節約すると、月150円ほど節約できます。

通信費の節約術

通信費の節約は、まず家族のスマホのプランを見直しましょう。それ以外は、下記の2つの節約方法を試してみてください。

・スマホとパソコンの回線を同時契約にする
・格安SIMに変更する

インターネット回線を利用している家庭であれば、使用しているスマホキャリアが提供している光回線サービスに契約するのがおすすめです。

月額の使用料を通常よりも安く抑えられるので、会社などのこだわりがない人はぜひ検討してみてください。

また、格安スマホに乗り換えれば、月々のスマホ代はかなり安くなります。

ネット回線を安く抑える方法は?

「インターネット回線の利用料金を安く抑えたい!」と考えている人は、一括見積もりサービスを使うのがおすすめです。

【光コラボ比較ナビ】というサイトは、新規契約と乗り換えの両方に対応した、ネット回線の比較サイトです。無料で、100種類以上のサービスのなかから1番安いプランを探してくれます。

最大12,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施しているのもおすすめポイントです。詳しくは、下記の公式サイトを確認してください。



3人家族の貯蓄は自動積立がおすすめ

子どもの将来のために、きちんと貯金をしておきたいという人は、口座から自動で引き落としされる「自動積立貯金」がおすすめです。

銀行によってプランが異なりますが、毎月同じ日に、同じ金額だけ積立預金になるので、貯金分のお金を使ってしまう心配がありません。

生活費で余った分を貯金する方法は、不用意な出費をしやすく、貯金できた月とできなかった月のギャップ差に、貯金のモチベーションが続かなくなるのであまりおすすめしません。

月4万円は貯金にまわすべき

生活費がギリギリだとしても、月4万円は最低でも貯金に回すべきです。1年で48万円、5年で240万円ほど貯まります。

子どもが0歳の時から貯金したと仮定すると、小学校入学するまでに公立の小学校6年分の学費は何とか貯金できるペースです。

ただし、保育園や幼稚園の費用は別途準備しなくてはいけないので、家庭によってはかなり厳しいと感じるかもしれません。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識