お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

シェアハウスの初期費用はいくら?普通の賃貸よりどれくらい安いの?

シェアハウスの初期費用のイメージイラスト

シェアハウスに住む場合の初期費用の目安は?いくらくらいなの?といった疑問を解決します!

家賃や入居日ごとの初期費用合計はもちろん、通常の賃貸との比較も細かく解説していきます。

初期費用をさらに安くする方法も紹介するので、シェアハウスに住もうか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください!

シェアハウスの初期費用は10万円ほど

シェアハウスの初期費用は約10万円ほどが相場です。中には3万円台の初期費用で安いシェアハウスもあります。

通常の賃貸の初期費用は、家賃の4.5~5ヶ月分が相場なので、シェアハウスはかなり安いです。

すぐにまとまった金額を用意できない人や短期だけ引っ越したい人にとって魅力的です。

実際に家賃6万円のお部屋に住んだ場合の初期費用の内訳は、以下の通りです。

シェアハウス 通常の賃貸物件
合計 約100,000円 約311,000円
日割り家賃 約60,000円 約60,000円
共益費 約10,000円 約5,000円
敷金 なし 約60,000円
礼金 なし 約60,000円
仲介手数料 なし 約66,000円
保証料 なし 約30,000円
火災保険料 なし 約15,000円
鍵交換費用 なし 約15,000円
契約手数料 約30,000円 なし

通常の賃貸物件に住んだ場合より、シェアハウスの方が、約20万円以上安く抑えられます。

すぐにまとまったお金を用意できない人や、短期入居したい人におすすめです。



以下で、初期費用にかかる項目ごとについて詳しく解説します。

日割り家賃

日割り家賃とは、入居日から月末までの家賃です。1日単位で計算するので、入居日が早ければ高くなり、遅ければ安くなります。

日割り家賃の計算方法は「家賃÷その月の日数×入居日数」です。日割り家賃は、ほとんどの場合が1円単位で計算されます。

また、シェアハウスの運営会社によっては、入居日によって翌月1ヶ月分の家賃も必要になる場合があります。

最大手のシェアハウス運営会社のオークハウスなら、当月の20日以前に入居すれば、来月分の家賃が初期費用に含まれません。まとまった出費を抑えられます。

共益費

シェアハウスの共益費は、水道光熱費、インターネット代、日用品代、清掃代などが含まれます。

つまり電気代やガス代などは毎月固定の共益費に含まれるのです。

物件によって異なりますが、大体8,000~15,000円が相場です。

実際に一人暮らしした際にかかる各費用と、シェアハウスの共益費を比較しました。

シェアハウス 通常の賃貸物件
ガス代 共益費で統一 3,047円
電気代 4,927円
水道代 2,167円
通信費 3,800円
日用品代 3,000円
合計 8,000~15,000円 16,941円

通常の賃貸物件より共益費が高いですが、光熱費などのライフライン費用や日用品代を払う必要がないため、毎月約5,000円以上も違います。

契約手数料

契約時に発生する手数料です。

通常の賃貸契約でいう仲介手数料のようなもので「事務手数料」や「契約料」と表記されていることもあります。

物件によって異なりますが、運営会社によってはどの物件でも一律3万円などと決められていたり、キャンペーンで無料になる場合もあります。

以下の表は、シェアハウスのお部屋の種類ごとの契約料の相場です。

シングルルーム 30,000円
ドミトリー 10,000円
コンパートメント 20,000円
セミプライベート 20,000円
シェアルーム 20,000円

保証金

保証金とはいわゆる預け金のことで、退去の際に修繕費やクリーニング費等にあてられます。

物件や運営会社によっては、保証金が設定されていないことがあります。

相場は約20,000~賃料1ヶ月分で、退去時に返金される場合もあります。

鍵交換費用

鍵交換費用とは、前の入居者が使用していた鍵から自分が使用する鍵に交換する費用のことです。

シェアハウスはダイヤル式やタッチナンバー式の鍵を採用していることが多いため、請求されない場合がほとんどです。

通常の賃貸物件のように一般的なディスクシリンダーキーを使用している場合などは、まれに費用が発生します。

初期費用が一律3万円のシェアハウスもある

シェアハウスサイトクロスハウスは、どの物件でも初期費用が一律3万円です。

その他にかかる費用は日割り家賃のみなので、安い家賃の物件にしたりなるべく日割り家賃がかからない月末に引っ越せば、かなり金額を安く抑えられます。

また、現在初期費用0円で初月家賃も半額になるキャンペーンも行っています。

なるべく初期費用を抑えたい人は、クロスハウスのようにキャンペーンを頻繁に行っていたり初期費用の金額が安いサイトで探しましょう。

シェアハウスの初期費用を更に抑える方法

家賃が安いお部屋に住む

安い家賃の物件に住めば、自ずと前家賃も抑えられます。

シェアハウスで更に家賃を抑えたい人は、個室が用意されているタイプではなくベッドだけのドミトリータイプなど、家賃が安いお部屋タイプを選びましょう。

しかし、ドミトリータイプはプライベート空間が確保できないため、神経質な人や荷物が多い人には向いていません。

キャンペーンを適用できる物件を選ぶ

物件によっては、契約料無料や前家賃半額などのキャンペーン割引を適用できる場合があります。

契約料が無料になれば約3万円も安くできるので、まとまったお金がすぐに用意できない人にとっては魅力的です。

しかし、割引キャンペーンを行っているシェアハウスサイトはごく一部です。

オークハウスクロスハウスは頻繁にキャンペーンをやっている上、割引中の物件を絞って検索できるのでおすすめです。

実際の初期費用一例

実際にシェアハウスに引っ越した場合にかかる初期費用を、お部屋のタイプ別で紹介します。

月初に入居した場合と15日に入居した場合の比較もしているので、自分はどれくらいかかるのか参考にしてください。

シングルルームタイプの場合(家賃62,000円)

月初入居 中旬入居
合計 106,000円 72,200円
家賃 62,000円
(家賃1ヶ月分)
32,000円
(家賃16日分)
共益費 14,000円
(家賃1ヶ月分)
10,000円
(家賃1ヶ月分)
契約料 30,000円 30,000円

シングルルームタイプとは、1部屋を完全に1人で使用するお部屋タイプで、冷蔵庫やエアコン、ベッドが室内に設置されています。

月初より中旬に入居することで、前家賃を約半額にできます。

なるべく初期費用を安く抑えたい人で、引っ越し日を調整できるなら、中旬に引っ越しましょう。

ドミトリータイプの場合(家賃3万円)

月初入居 中旬入居
合計 52,000円 31,664円
家賃 34,000円
(家賃1ヶ月分)
17,536円
(家賃16日分)
共益費 8,000円
(家賃1ヶ月分)
4,128円
(家賃16日分)
契約料 10,000円 10,000円

ドミトリータイプとは、2段ベッドを利用して、1部屋を4~8人でシェアする相部屋タイプのお部屋のことです。

シングルタイプに比べて家賃がかなり安いため、立地の良い都心でも中旬に入居すれば初期費用を3万円台に抑えられます。

入居後に物件を移動しても初期費用はかからない場合もある

一部のシェアハウス運営会社では、入居後の物件や部屋移動が無料です。

同じ運営会社の別の物件への移動が必要になっても初期費用はかかりません。

また、建物内の別のお部屋に移動することも可能です。お部屋タイプを変更することもできます。

運営会社によっては事務手数料がかかる場合がありますが、およそ5,000~15,000円程度で済むので、通常の賃貸物件より気軽に引っ越せます。

初心者におすすめのシェアハウスサイト

初めて探す人のために、おすすめの2大シェアハウスサイトを紹介します。

初期費用を抑えたいなら「クロスハウス」

初期費用が「たったの3万円から」と、リーズナブルなクロスハウスが最もおすすめです!

まとまったお金が用意できなくても簡単にシェアハウスで新生活が始められます。

全室個室なのでプライベート空間を大事にしたい人にも向いています。

業界初の「物件の無料移動サービス」があり、住み始めたシェアハウスに馴染めなくても、気軽に別の物件に移動できるのも魅力です!

▶クロスハウスはこちら

立地の良さ重視なら「オークハウス」

1992年創業で「国内最大手シェアハウス運営会社」のオークハウスもおすすめです。

女性専用物件や、ジムや防音室付きなど、ワンランク上のお部屋も探せます。

東京や神奈川だけでなく、大阪や京都など関西のシェアハウスも探せます!

▶オークハウスはこちら

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識