お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

シェアハウスのよくあるルール例!トラブルにあった際の対処方法も紹介!

シェアハウスのよくあるルール例のイメージイラスト

シェアハウスってどんなルールがあるの?細かい?という疑問を解決します!

よく見かけるシェアハウスのルール例を、リビング・キッチン・お風呂トイレ・自室・そのほかに分けて簡単に紹介します。

ルールを破るとどうなるか、入居前にルールを確認すべき理由や、トラブルにあったときの対処方法も紹介するので参考にしてください。

ルールはシェアハウスごと決められている

シェアハウスは、他人と共同生活をする場所なので、建物ごとにルールが決められています。

例えば、リビングの使用時間や、キッチンや冷蔵庫の使用ルール、私物の管理やゴミ出しに関して、細かく決められていることが多いです。

なぜルールを決めるかというと、共同生活において事前にトラブルを防ぐためです。

ルールがなければ、各自が好き勝手に使ってシェアハウスが汚くなったり、私物がなくなってトラブルに発展しやすくなります。

一般的にどんなルールがあるのか、簡単に紹介していきます。

よく見かけるシェアハウスのルール一例

よく見かけるシェアハウスのルールを、リビング・キッチン・お風呂トイレ・自室・そのほかに分けて簡単に紹介します。

あくまで一例なので、住む予定のシェアハウスのルールを事前に確認しておきましょう。

リビングに関するルール

・23時以降は大きな音を出さない
・私物を放置しない
・電気、エアコンなどをつけっぱなしにしない
・リビングでは寝ない

リビングに関するルールは、基本的に騒音と電気に関してが多いです。

上記以外にも「夜中までお酒を飲んで騒がない」「窓を開けっぱなしでおしゃべりしない」「テレビの音量は〇〇まで」など、細かく決めているシェアハウスもあります。

キッチンに関するルール

・使用時はホワイトボードに名前を記載
・シンクにお皿をためない
・生ごみを放置しない
・冷蔵庫に入れる際は名前を書く
・共有の食器を私物化しない
・炊飯器を保温状態で放置しない
・使ったものは洗って片付ける

キッチンに関するルールは、使ったら片付けるが基本です。

また、買ったものをほかの人にとられないよう、名前の記載は必ずするというルールを作っていることが多いです。

中には「ペットボトルは1人2本まで」「3日以上冷蔵庫に入れっぱなしにしない」など、かなり細かく決められていることがあります。

お風呂・トイレに関するルール

・お風呂は6時~23時の間
・使うときは「使用中」の札にする
・長風呂厳禁(40分以内)
・アメニティを置きっぱなしにしない
・入浴後は清掃と換気必須
・トイレットペーパーを持ち出さない
・衛生用品はきちんと畳んでゴミ箱へ
・流したか確認する

とくにお風呂に関しては、利用時間が限られていることが多いです。ピーク時の20時~23時あたりは混み合うので、空いた時間にすぐ予約すると良いです。

トイレに関しては職場や学校とほぼ同じなので、綺麗に使っていれば問題はなさそうです。

自室に関するルール

・壁を叩かない
・23時以降音の出るものの使用禁止
・23時以降のテレビ、音楽などはイヤホン使用
・外出時は電気とエアコンを必ず切る
・貴重品は自己責任で管理
・ゴミを溜めない
・匂いが強いものの持ち込み禁止

自室に関するルールも細かく決められているシェアハウスが多いですが、基本的に騒音問題に関することばかりです。

近隣住民が寝静まる時間帯に大きな音を出さない。これさえ気を付けておけば、無理に意識せずともたいていのルールは守られます。

そのほかの共通ルール

・下駄箱における靴は1人3足まで
・玄関に靴を出しっぱなしにしない
・傘は持ち手に名前を書いて傘立てに入れる
・鍵の無断複製禁止
・異性の立ち入り禁止(女性・男性専用物件)
・友人、家族の宿泊禁止
・無断外泊禁止
・シェアハウス内での喫煙禁止
・シェアハウス内での商談、宗教勧誘禁止
・ペットの飼育厳禁

そのほかの共通ルールは、ほかの入居者に迷惑をかけないことを念頭においておきましょう。

とくに、友人・家族の宿泊禁止や異性の立ち入り禁止に関しては、かなり厳しいシェアハウスもあります。

ハウスルールを破るとどうなる?

ハウスルールを破ると、段階を踏んで注意されたのち、最終的に強制退去になる可能性があります。

最初は、シェアハウス内全体への注意喚起や貼り紙のみで終わります。改善されなかった場合は、次に個別注意となります。

個別注意後に改善されない、ほか入居者からのクレームが多い場合は、強制退去となります。

強制退去後は、運営会社会社のブラックリストに載る可能性が高く、ほかのシェアハウスに入居できなくなります。

強制退去までは猶予期間がある

強制退去の連絡が来た場合、実際には退去するまでに猶予期間があります。契約内容によって期間はバラバラですが、約1~6ヶ月前に退去連絡が届きます。

シェアハウスであっても、入居する際は「賃貸借契約書」を締結させるので、詳しくは入居時にもらった契約書を確認してください。

契約書を紛失した場合は、運営会社に連絡すればコピーを貰えます。

ただし、ルール違反ではなく家賃の滞納で強制退去になった場合は、約1~2ヶ月ほどしか猶予期間がないので注意してください。

入居前にルールに目を通しておくべき

家と虫眼鏡の置物
入居前に、シェアハウスのルールに目を通しておきましょう。

気になる物件があった場合は、担当スタッフに「ルール表みたいなものはありますか?」といえば準備してくれます。

シェアハウスによって独自のルールが作られていたりするので、自分に合いそうな場所を探す指標としてください。

決まったルールはない、入居者が各自で決めているといわれた場合は、先に入居している人の暗黙のルールが作られているのでトラブルに発展しやすいです。

できる限り、管理会社側でルールを作っている物件を探すと良いです。

そのほか入居前に確認すべきこと

ハウスルール以外に、入居前に確認すべきことは「入居者の質」と「物件がきちんと管理されているか」の2点です。どちらも、内見時に見き分けられます。

入居者の質は、内見でシェアハウスに訪れたときに、挨拶があるか、人当たりが良さそうな人物かなど確認してください。

平日の夜もしくは休日の昼間であれば、シェアハウス内に人が多く集まるので確認しやすいです。できれば2回内見すると尚良いです。

物件の管理については、リビング・キッチン・お風呂・洗面所などの共有部分や、ポストやゴミ捨て場を重点的に見ると良いです。

共有部分が綺麗なシェアハウスは、各自が綺麗に掃除しているか、定期的に管理人などが清掃している可能性が高いです。

シェアハウスのトラブル事例

シェアハウスのルールを破った・破られた場合のトラブル事例を一部紹介します。

夜遅くまでリビングで騒いでいる人がいる
困り顔の男性のアイコンウチのシェアハウスは、リビングの使用が23時までです。ただ、実際は夜遅くまで酒盛りしている人がいるので、凄いうるさいです。酷いときは布団を被っても寝れないほどなので、何度か管理人さんにクレームを入れたことがあります。(男性/20代前半)
無断外泊で怒られた
困り顔の女性のアイコン彼氏の家に連日泊まっていたら、運営会社から電話が来ました。無断外泊がバレたので、戻って来いとのことでした。一応、口頭注意で終わったんですけど、次は強制退去も視野に入れるって言われたので、しばらくは大人しくしてようと思います…。(女性/20代前半)
電気代の募金箱が置かれていた
困り顔の女性のアイコン連日、リビングのエアコンがつけっぱなしだったらしく、リビングの目立つ場所に募金箱が置かれていました。一緒に置かれていた紙によると、電気代が2倍以上になったそうで…一人500円のカンパをしましたね。一応、共有部分の電気とエアコンのつけっぱなしはNGっていうルールがあるに…。(女性/20代後半)

特に、共有部分の使用時間に関するトラブルをよく聞きます。一人が破ってしまうと、ほかの入居者全員に迷惑がかかるのでやめましょう。

シェアハウス内でトラブルにあったときの対処方法

万が一、シェアハウスに入居した後でトラブルにあったときは、すぐに「運営会社に連絡」してください。

シェアハウスの管理人でも良いですが、できれば入居者メンバーと関りがない第三者のほうが平等に話を聞いてくれます。

基本的に入居者から運営会社に連絡が入ると、メールや共通SNSなどで注意喚起の連絡がされます。

改善されない場合は、シェアハウス内に張り紙、その後に個別指導が入ります。

それでも改善されない場合は、原因となる人物が強制退去と順を追って対処してくれます。

運営会社が動いてくれない時は警察に連絡する

運営会社が動いてくれない時は、警察相談専用電話「♯9110」に連絡すると良いです。

♯9110は、警察安全相談員が近隣トラブルの相談を受け付けている窓口です。的確なアドバイスをくれるか、見回りに来てくれます。

場合によっては、他の行政機関を紹介してくれたり、極めて悪質だと判断された際には警察から指導や警告をおこなってくれます。

もちろん、動かなかった運営会社にも指導が入るため、大事にしたくないという人には不向きです。最終手段と考えておきましょう。

初心者におすすめのシェアハウスサイト

初めて探す人のために、おすすめの2大シェアハウスサイトを紹介します。

初期費用を抑えたいなら「クロスハウス」

初期費用が「たったの3万円から」と、リーズナブルなクロスハウスが最もおすすめです!

まとまったお金が用意できなくても簡単にシェアハウスで新生活が始められます。

全室個室なのでプライベート空間を大事にしたい人にも向いています。

業界初の「物件の無料移動サービス」があり、住み始めたシェアハウスに馴染めなくても、気軽に別の物件に移動できるのも魅力です!

▶クロスハウスはこちら

立地の良さ重視なら「オークハウス」

1992年創業で「国内最大手シェアハウス運営会社」のオークハウスもおすすめです。

女性専用物件や、ジムや防音室付きなど、ワンランク上のお部屋も探せます。

東京や神奈川だけでなく、大阪や京都など関西のシェアハウスも探せます!

▶オークハウスはこちら

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識