お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

シェアハウスの家賃はどれくらい?普通の賃貸よりいくら安いの?

シェアハウスの家賃を気にする女の子のイラスト

シェアハウスの家賃は、大体どれくらい?という疑問に、普通の賃貸の家賃相場と比較して解説します。

家賃の他に必要な費用や、家賃が安いシェアハウスを探すコツも紹介します。ぜひ参考にしてください!

この記事は、国土交通省による「シェアハウスに関する市場動向調査」の結果と、以下のシェアハウスサイトの部屋情報を確認した結果をもとに解説しています。

・クロスハウス
・オークハウス
・マーヴァラス
・SHARE PARK
・GGハウス
・ボーダレスハウス

シェアハウスの家賃は6万円以下が多い

シェアハウスの家賃は、管理会社と部屋の形式で異なりますが、5万~6万円が多いです。

家賃が高い都心部エリアが、7万円~9万円で、シェアハウスが多い区は5万5千円ほどです。

普通の賃貸との家賃比較

都内で特にシェアハウスが多い区で、家賃相場を比較しました。通常の賃貸は、一人暮らし用の部屋の家賃です。

シェアハウス 通常の賃貸
都内平均 58,540円 82,560円
大田区 60,000円 82,200円
板橋区 55,700円 76,800円
台東区 54,900円 102,900円
練馬区 50,400円 71,400円
杉並区 71,700円 79,500円

区によって差はありますが、シェアハウスの方が、通常の賃貸よりも2万円ほど安いです。

場所によっては、平均5万円で借りられますし、業界大手のクロスハウスなら、3万円くらいの部屋を借りれます。

立地の良い都心でも、低価格で借りられるのはシェアハウスのメリットです。

お部屋タイプ別の家賃相場

シェアハウスには、様々なお部屋タイプがあります。一人が一部屋を使うシングルタイプや、ベッドのみのドミトリータイプなどです。

お部屋タイプによって家賃は変わります。平均家賃を記載しますので参考にしてください。

シングルタイプ 54,000円
ドミトリータイプ 40,000円
コンパートメント 43,000円
セミプライベート 47,900円
シェアルーム 42,750円

▶シェアハウスのお部屋タイプごとの詳しい解説はこちら

水道光熱費は共益費としてまとめて払う

シェアハウスは共益費として、水道光熱費や日用品などの費用を払うケースが多いです。

共益費の相場は月約1万円です。普通の賃貸よりも少ない出費で済みます。

シェアハウス 通常の賃貸物件
ガス代 共益費で統一 3,047円
電気代 4,927円
水道代 2,167円
通信費 3,800円
日用品代 3,000円
合計 約10,000円 16,941円

▶光熱費に関する詳しい解説はこちら

シェアハウスの家賃が安い理由

シェアハウスの家賃が安いのは、通常の賃貸よりもお部屋が狭く、設備が少ないからです。

普通の一人暮らし用の賃貸アパートは、居室の広さや浴室など水回りの設備のグレードによって、家賃額が決まります。

シェアハウスは通常の賃貸より一回り狭く、浴室や洗面所などの設備は共同で数が少ないため、家賃が低いのです。

家賃が安いシェアハウスを探す方法

引っ越し費用を抑えたい人のために、家賃が安いシェアハウスを見つけるための3つの方法を紹介します。

・ドミトリーやセミプライベートから探す
・小規模のシェアハウスを探す
・家賃が安めのシェアハウスサイトを使う

ドミトリーやセミプライベートから探す

ドミトリータイプや、セミプライベートタイプなど、シングルタイプではない安めのお部屋を選びましょう。

おすすめは、以下の写真のようなセミプライベートタイプです。

セミプライベートタイプのお部屋の間取り図

出典:https://x-house.co.jp/sharehouse/tokyo/x75/

セミプライベートタイプは、家賃を安く抑えたいシェアハウス初心者におすすめです。

広い居室の中を複数人で分けて住むタイプで、それぞれの居住空間がパーティションやカーテン付きのロフトベッドなどで分けられます。

ドミトリーよりもプライベート空間が確保されているので、シェアハウス初心者でも住みやすいです。

▶シェアハウスのお部屋タイプごとの詳しい解説はこちら

小規模のシェアハウスを探す

シェアハウスの中には、ジムや広々としたキッチンなど、豪華な設備が揃った大規模な物件があります。しかし、家賃はやや高めです。

なるべく家賃を安く抑えたい人は、必要最低限の設備がそろった小規模物件を選びましょう。

以下の設備が揃っていれば、生活する上で問題ありません。

・キッチン(冷蔵庫、電子レンジ、調理具など)
・洗濯機
・トイレ
・シャワー(浴室)
・リビング

家賃が安めのシェアハウスサイトを使う

シェアハウスサイトの「クロスハウス」は、他サイトに比べて家賃が約2~3割安いです。

新築を建てず中古物件をリノベーションすることで、家賃を相場より安く設定しています。

企業が集中する池袋や新宿、渋谷でも、約4~5万円台でお部屋を借りられます。

ジムやコワーキングスペースなどの豪華な施設はありませんが、できるだけ家賃を安く抑えたい人はクロスハウスでお部屋を探しましょう。

家賃が極端に安いシェアハウスには注意

シェアハウスの中には、家賃が1~2万円台の格安物件もあります。

毎月の生活費が安く抑えられてお得ですが、注意しなければいけない点がいくつかあります。

下は、格安シェアハウスによくある特徴です。

・清掃業者が来ない
・管理が行き届いていない
・住民間のトラブルが多い
・部屋の壁が薄い
・個室が狭い
・立地が良くない

特に、安いシェアハウスは管理がおろそかで、清掃業者が来ないことが多いです。

そのため住民達で共用部分を掃除をする必要があります。

ルールが決められていなかったり、他の住民がサボっているとトラブルが多発するため、気を付けましょう。

シェアハウスに必要な初期費用は約10万

シェアハウスに住む際、家賃以外のどんな費用か必要なのか説明します。

シェアハウスを契約する際は、通常の賃貸物件と同じように、初期費用がかかります。

下の表は、家賃60,000円の物件に入居した際に必要な初期費用です。普通の賃貸とどれくらい差があるのか比較しました。

シェアハウス 通常の賃貸物件
合計 約100,000円 約341,000円
日割り家賃 約60,000円 約60,000円
共益費 約10,000円 約5,000円
敷金 なし 約60,000円
礼金 なし 約60,000円
仲介手数料 なし 約66,000円
保証料 なし 約30,000円
火災保険料 なし 約15,000円
鍵交換費用 なし 約15,000円
契約手数料 約30,000円 なし

通常の賃貸に住むより、シェアハウスに住んだ方が初期費用が約20万円も安くなります。

敷金・礼金や仲介手数料が不要の場合が多いからです。

まとまったお金をすぐに用意できない人や、短期間だけ引っ越したい人は、普通の賃貸よりもシェアハウスがおすすめです。

▶初期費用の詳しい内訳についてはこちら

シェアハウス初心者におすすめの探し方

初めてシェアハウスを探す人のために、おすすめのサイトを紹介します。

初期費用を抑えたいなら「クロスハウス」

初期費用が「たったの3万円から」と、リーズナブルなクロスハウスが最もおすすめです!

まとまったお金が用意できなくても簡単にシェアハウスで新生活が始められます。

全室個室なのでプライベート空間を大事にしたい人にも向いています。

業界初の「物件の無料移動サービス」があり、住み始めたシェアハウスに馴染めなくても、気軽に別の物件に移動できるのも魅力です!

▶クロスハウスはこちら

立地の良さ重視なら「オークハウス」

1992年創業で「国内最大手シェアハウス運営会社」のオークハウスもおすすめです。

女性専用物件や、ジムや防音室付きなど、ワンランク上のお部屋も探せます。

東京や神奈川だけでなく、大阪や京都など関西のシェアハウスも探せます!

▶オークハウスはこちら

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識