お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

シェアハウスのメリット・デメリットを徹底解説!実際の体験談も紹介!

シェアハウスのメリットとデメリットのイメージイラスト

シェアハウスに住もうか迷っている人のために、シェアハウスに住むメリットとデメリットをまとめました。

ネット上の良い口コミと悪い口コミや、シェアハウスに向いている人の特徴もあるので、是非参考にしてください。

シェアハウスのメリット・デメリット一覧

シェアハウスのメリット・デメリットは、主に以下のようなものがあります。

中でもシェアハウスの費用の安さが最大のデメリットで、プライバシーに関する問題が1番のデメリットに感じる人が多いようです。

メリット
・家賃が安い
・初期費用が安い
・家具や家電を用意しなくて済む
・ライフラインやネット回線の手続きが不要
・常に人がいるから安心
・交友関係が広がる
・定期的にイベントが開催される
・留学せずに国際交流ができる
・セキュリティ対策がしっかりしている
デメリット
・プライベートが確保しにくい
・騒音問題が多い
・設備の共有でトラブルになる

シェアハウスに住むメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

シェアハウスに住む9つのメリット

とにかく費用を抑えたい、みんなで和気あいあいとしたいという人にとっては、シェアハウスは最高の環境です。

以下で紹介する9つのメリットがかなりの魅力だと感じた人は、シェアハウスに住んでも快適に暮らせます。

家賃が安い

シェアハウスの家賃は、通常の賃貸物件の家賃よりもかなり安いです。

都内の1Kの間取り(居室約6畳)の場合、普通の賃貸物件の平均家賃が約9.7万円に対し、シェアハウスは約6万円と3.7万円も安かったです。

以下はエリアごとの家賃比較です。どのエリアも、シェアハウスのほうがかなり安いです。

シェアハウス 通常の賃貸
池袋・赤羽エリア 52,900円 83,200円
吉祥寺・立川エリア 53,393円 88,000円
新宿・中野エリア 65,460円 99,800円
渋谷・目黒エリア 76,100円 119,300円
蒲田・品川エリア 62,000円 84,800円
浅草・上野エリア 55,730円 106,700円
都内平均 60,000円 97,000円

お部屋の条件によっては、都内でも家賃3~4万円台のシェアハウスもあります。

さらに費用を抑えたい人は、1つのお部屋を複数人で使う「ドミトリー」タイプがおすすめです。安いところだと家賃2万円台のお部屋もあります。

初期費用が安い

ほとんどのシェアハウスが、敷金・礼金・仲介手数料・保証会社利用料・火災保険料が不要です。賃貸契約の初期費用は約10万円以下で済みます。

家賃6万円のシェアハウスと普通の賃貸物件の初期費用を比較してみたところ、約3.5倍も差がありました。

シェアハウス 通常の賃貸
合計 85,000円 311,000円
家賃 60,000円
(家賃1ヶ月分)
60,000円
(家賃1ヶ月分)
共益費 10,000円
(家賃1ヶ月分)
5,000円
(家賃1ヶ月分)
敷金 なし 60,000円
(家賃1ヶ月分)
礼金 なし 60,000円
(家賃1ヶ月分)
仲介手数料 なし 66,000円
(家賃1ヶ月分+税)
保証金 なし 30,000円
(家賃0.5ヶ月分)
火災保険 なし 約15,000円
鍵交換費用 なし 約15,000円
契約料 約15,000円 なし

運営会社によっては、初期費用一律3万円・5万円など破格の設定にしている物件もあります。

安く引っ越ししたい、すぐにお金の準備ができないという人は、普通の賃貸よりシェアハウスのほうが向いています。

家具や家電を用意しなくて済む

シェアハウスは以下のような備品があるので、家具家電を新しく購入しなくて済みます。

・ベッド(本体のみ)
・冷蔵庫
・洗濯機
・掃除機
・炊飯器
・テレビ
・電子レンジ
・電気ケトル
・ドライヤー
・衣類用アイロン
・調理器具
・食器類
・トイレットペーパー
・ゴミ袋
・カーテン
・エアコン

入居する際は、衣類・お風呂セット・タオル・寝具・歯ブラシ・スマホの充電器があれば良いです。

また、シェアハウスによっては、寝具一式や収納ボックスなどを有料レンタルで準備してくれるところもあります。

なるべく軽装で引っ越ししたい、ミニマリストのようにモノを持ちたくないという人にとってはかなりのメリットです。

ライフラインやネット回線の手続きが不要

シェアハウスに引っ越す場合、水道光熱費やインターネットに申し込む必要はありません。

多くの場合、水道光熱費は家賃や共益に含まれており、インターネットは最初から環境が整っています。

そのため通常の賃貸物件の入居時のように、わざわざ連絡して手続きする手間が省けます。退去時の手続きも不要です。

常に人がいるから安心

シェアハウスは、一人暮らしでありがちな寂しさや不安を感じにくいです。同じ建物内や共有スペースに、常に人がいるからです。

何か困ったことがあった時や体調を崩してしまった時などに、すぐに助けを求められるのは大きなメリットです。

交友関係が広がる

シェアハウスには一人暮らしにはないコミュニティ性があり、交友関係が広がります。

普段の生活では出会わない人から、様々な分野の話を聞けたり、新しい人脈を紹介してもらえたりします。

定期的にイベントが開催される

シェアハウスによっては、飲み会やバーベキューなどのイベントが定期的に開催されます。

物件検索時の詳細情報にも「月1回の飲み会開催」「年2回ほどのイベントあり」など、記載されています。

大人数で和気あいあいと楽しみたいという人にとっては、魅力的な条件です。

留学せずに国際交流ができる

シェアハウスは外国籍の人に人気が高く、物件によっては入居者の半数ほどが外国籍の場合があります。

日本にいながら異文化交流や語学交流ができるので、外国語を勉強したい人にとっては最高の環境です。

中には、共有スペースでは英語を使用するルールを設けたシェアハウスもあります。

セキュリティ対策がしっかりしている

シェアハウス内に管理人在住、週2回の見回り巡回あり、防犯カメラ設置済、個室にセコムシステム導入など、セキュリティ面がしっかりしている物件が多いです。

また、一人暮らしとは違って常に誰かがいるので、空き巣などの犯罪が起こりにくいです。

通常の賃貸物件で防犯性を重視すると家賃が高くなりますが、シェアハウスなら安い家賃で高い防犯性を備えており安心です。

シェアハウスに住む3つのデメリット

メリットばかりではありません。一人でいることが好き、神経質な人はシェアハウスに住むと後悔します。

とくに以下の3つのデメリットは、しっかり把握しておきましょう。

プライベートが確保しにくい

シェアハウスは、他人と共同生活をする物件なのでプライベートが確保しにくいです。

自室があるとしても、リビングやキッチン、お風呂やトイレなどが共有なので誰かしらと顔を合わせることになります。

とくに、セミプライベートやドミトリーといったお部屋タイプの場合、自室にも他人がいるのでベッドの中以外は一人になれません。

人によってはかなりのストレスになるので、本当に自分に合っているか確認すべきです。

騒音問題が多い

リビングで夜遅くまで騒いでいる人がいる、夜中にこっそりシャワーを浴びている人がいるなど、騒音問題が多いです。

とくに住民同士の仲が良いシェアハウスだと、リビングで夜遅くまで話していたり、酒盛りしていてうるさく感じることが多いです。

物音に敏感な人や寝つきが悪い人だと、ストレスが溜まって喧嘩になる恐れがあります。

シェアハウスに住むなら、ドアや窓の隙間をゴムチューブのようなもので埋める、剥せる両面テープで防音シートを貼るなどの防音対策はしておくと良いです。

設備の共有でトラブルになる

浴室やキッチン、トイレといった共有スペースは、トラブルの火種になりがちです。

掃除のやり方や使う順番などが原因で、ストレスを感じたり喧嘩になることもあります。とくにお風呂やトイレは早い者勝ちなので、順番に関してのトラブルが起きやすいです。

気を遣うことがストレスになってしまうタイプの人にシェアハウスは向いていません。

シェアハウスのネット上の口コミ

シェアハウスの口コミをネット上で検索してみました。

良い口コミと悪い口コミに分けて紹介するので、シェアハウスに住むとどんな感じの生活になるのか参考にしてください。

良い口コミ

良い口コミは、家賃や初期費用が安い、価値観が違う人の集まりなので自分の成長につながる、物を持たない生活ができるなどの声がありました。

悪い口コミ

悪い口コミの大半は、他入居者に対する不満が多かったです。中でも、騒音問題や人間関係トラブルがダントツで多いです。

コスパ重視で仲間と楽しく暮らしたい人はシェアハウスがおすすめ

なるべく安く引っ越したいけど設備にもこだわりたい人や、大人数で楽しく過ごしたい人にはシェアハウスがおすすめです。

シェアハウスは通常の賃貸物件より家賃や初期費用を安いうえに、生活に必須な家具や家電が揃っているためコスパが良いです。

また、パーティーやバーベキューなど、大勢で楽しめるイベントが開催されているのも醍醐味の一つです。たくさんの人に囲まれて刺激的な毎日を過ごせます。

自分がシェアハウスに向いているのかわからないという人は、以下の項目を確認してみてください。半分以上当てはまるのであれば、シェアハウスに住んでも後悔しません。

シェアハウスに向いている人の特徴
・とにかく家賃を抑えたい
・初期費用を限界まで削りたい
・家具家電にこだわりがない
・他人との共同生活が苦ではない
・過去に学生寮などに住んでいた経験がある
・一人でいることが苦手
・コミュニケーションをとるのが得意
・うるさくても気にせず眠れる
・短期間で転居する予定がある

逆に、コミュニケーションが苦手な人や一人でいることが好きな人、神経質な人はシェアハウスに住むのはやめたほうが良いです。

初心者におすすめのシェアハウスサイト

初めて探す人のために、おすすめの2大シェアハウスサイトを紹介します。

初期費用を抑えたいなら「クロスハウス」

初期費用が「たったの3万円から」と、リーズナブルなクロスハウスが最もおすすめです!

まとまったお金が用意できなくても簡単にシェアハウスで新生活が始められます。

全室個室なのでプライベート空間を大事にしたい人にも向いています。

業界初の「物件の無料移動サービス」があり、住み始めたシェアハウスに馴染めなくても、気軽に別の物件に移動できるのも魅力です!

▶クロスハウスはこちら

立地の良さ重視なら「オークハウス」

1992年創業で「国内最大手シェアハウス運営会社」のオークハウスもおすすめです。

女性専用物件や、ジムや防音室付きなど、ワンランク上のお部屋も探せます。

東京や神奈川だけでなく、大阪や京都など関西のシェアハウスも探せます!

▶オークハウスはこちら

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識