お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

シェアハウスの光熱費はどう払うの?平均の金額はどれくらいなの?

シェアハウスの光熱費はどう払うの?のイメージイラスト

シェアハウスの光熱費はどう払うの?どれくらいが相場なの?という疑問を解消します!

普通の賃貸との光熱費の比較も公開するので、シェアハウスに住むか迷っている人は、ぜひ参考にして下さい!

この記事は国土交通省の「シェアハウスに関する市場動向調査結果」と、シェアハウスの運営会社からの回答を元に作成しています。

光熱費は共益費として払うケースが多い

シェアハウスの光熱費は、共益費に含まれて支払うケースが多いです。

のちに解説しますが、光熱費の相場は約1万円~1万5千円です。

以下が主な共益費に含まれる費用です。

・電気代
・ガス代
・水道代
・清掃代
・日用品代
・家具家電の修理や買い替え代

シェアハウスでの光熱費の支払い方法は、主に3パターンあります。物件や管理会社によって異なります。

①共益費として払う
②共益費とは別で光熱費を払う
③住民同士で光熱費を折半して払う

 

①共益費として払う

光熱費を共益費として、毎月決まった金額を支払うパターンです。

シェアハウスでは最も多い支払い方法です。

どんなに電気を使っても金額は固定なので、水道や電気の使用量を気にする必要がありません。また、家計の計算も楽です。

しかし、自炊しない人など、水道やガスをそこまで使わない人は無駄になるかもしれません。

②共益費とは別で光熱費を払う

共益費と水道光熱費が別になっており、それぞれ支払うパターンです。

どちらも毎月5,000円など定額になることが多いです。

しかし、他の入居者が電気やガスを使いすぎると、金額が変わることがあります。

使用上限までは定額で、超過分を請求するケースも発生します。

③住民同士で光熱費を折半して払う

水道光熱費を、住民の使用量に応じて割り勘にするパターンです。

毎月の使用量から水道光熱費を計算して、シェアハウスに住んでいる人数で割り勘をします。

使用量に応じて金額が変わるので、節約した分だけ安くできます。

しかし、毎月計算して金額を求める必要があるため、やや面倒というデメリットがあります。

シェアハウスの光熱費の相場

シェアハウスの光熱費の相場は、約1万円~1万5千円です。

個室タイプと相部屋タイプでは、共益費の金額は多少異なります。

国土交通省の「シェアハウスに関する市場動向調査」の結果と併せて解説します。

個室タイプは、1万円~2万円が約半数です。

国土交通省の個室タイプの共益費の割合

ただし1万円を超える場合、おおよそ1万5千円以内に収まるケースが多いです。
 

相部屋タイプもそこまで変わらず、1万円~2万円が相場です。

国土交通省の相部屋タイプの共益費の割合

 

部屋のタイプで共益費が決まる場合もある

シェアハウス管理会社の「オークハウス」では、お部屋タイプによって共益費を次のように定めています。

ドミトリー 8,000円
セミプライベート 8,000円
シェアルーム 8,000円
コンパートメント 8,000円
シングル 14,000~15,000円

▶それぞれのお部屋タイプに関する詳しい解説はこちら

通常の賃貸の光熱費との比較

シェアハウスと通常の賃貸物件のどちらの方がお得なのか、水道光熱費とネット代の金額を比較しました。

シェアハウス 通常の賃貸
電気代 共益費に
含む
4,927円
水道代 2,167円
ガス代 3,047円
インターネット代 3,800円
合計 10,000円 13,941円

シェアハウスに住んだ方が、通常の賃貸に住むより安く抑えられるケースが多いです。

水道光熱費だけではなく、清掃代や日用品購入費も含まれるからです。

入居時の開栓手続きは不要

通常の賃貸物件に引っ越しをする場合、電気、ガス、水道、ネットの申し込みや回線手続きが必要です。

しかし、シェアハウスであれに入居する場合は一切の手続きが不要です。

全て管理会社が一括でおこなっているので、入居前にわざわざ電話する必要がありません。

引っ越ししたその瞬間から、電気、ガス、水道、wifi、全てが使える状態になっています。

シェアハウス初心者におすすめの探し方

初めてシェアハウスを探す人のために、おすすめのサイトを紹介します。

初期費用を抑えたいなら「クロスハウス」

初期費用が「たったの3万円から」と、リーズナブルなクロスハウスが最もおすすめです!

まとまったお金が用意できなくても簡単にシェアハウスで新生活が始められます。

全室個室なのでプライベート空間を大事にしたい人にも向いています。

業界初の「物件の無料移動サービス」があり、住み始めたシェアハウスに馴染めなくても、気軽に別の物件に移動できるのも魅力です!

▶クロスハウスはこちら

立地の良さ重視なら「オークハウス」

1992年創業で「国内最大手シェアハウス運営会社」のオークハウスもおすすめです。

女性専用物件や、ジムや防音室付きなど、ワンランク上のお部屋も探せます。

東京や神奈川だけでなく、大阪や京都など関西のシェアハウスも探せます!

▶オークハウスはこちら

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識