お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

カップルがシェアハウスで同棲するのってアリ?普通の同棲にはないメリットを解説!

カップルでシェアハウスに住むのってアリ?のイメージイラスト

カップルがシェアハウスに住むのってアリ?普通の賃貸で同棲するのとどっちがいいの?という疑問を解消します!

シェアハウスに住むことでどういうメリットがあるのか、どんなことに注意すべきか徹底解説します。

実際にカップルが住めるお部屋も紹介するので、同棲したいカップルさん必見です!

カップルもシェアハウスに住める

シェアハウスによっては、カップル揃って入居できます。

2人入居可能の個室に一緒に住むか、それぞれが個室に住むかのどちらかになります。

シェアハウスでの同棲は、普通の賃貸には無いメリットがあります。普通の賃貸物件より費用が安い、家具家電を揃えなくて済むなどです。

実際に、貯金のためにシェアハウスに住んでいるというカップルはいます。

同棲とルームシェアは異なる

「同棲」と「ルームシェア」は、全く異なるものです。

入居者同士の関係など違いは様々ですが、最も大きな違いは「契約形態」です。

同棲とルームシェアの違い

同棲は、パートナーのうちどちらか1人が契約を結びます。対してルームシェアは、入居者全員の連名契約となります。

同棲は結婚予定のカップルが多く、家賃を払うための資金を2人で管理していることが多いです。家賃を滞納する可能性が低いので、契約者を連名にせずに済みます。

ルームシェアは、人間トラブルで誰かが出ていく可能性が高いです。そのため連名契約にして、家賃を取り逃すリスクを回避しています。

カップルがシェアハウスに住むメリット

カップルが普通の賃貸ではなくシェアハウスに住むメリットは、以下の6つです。

・家具家電を揃えなくて良い
・初期費用が安い
・結婚や新婚旅行のために貯金できる
・清掃業者が掃除してくれる
・オシャレでキレイなお部屋が多い
・審査がゆるい

それぞれのメリットについて、以下で詳しく説明します。

家具家電を揃えなくて良い

シェアハウスには、洗濯機やベッドなどの家具家電があらかじめ揃っています。

新しく購入する必要がない上に、荷物量が少ないです。そのため、引っ越し業者費用も抑えられます。

以下で、同棲の際にかかる費用をまとめました。シェアハウスに住んだ場合と、普通の賃貸に住んだ場合の金額を比較しています。

シェアハウス 普通の賃貸
合計 約1.5万円 約44.5万円
キッチン家電
(冷蔵庫、炊飯器、電子レンジなど)
約10万円
生活家電
(掃除機、洗濯機テレビなど)
約13万
家具
(テーブル、ベッド、棚など)
約20万円
寝具 約1.5万円 約1.5万円

シェアハウスに住めば、寝具代のみで良いので、約43万円も節約できます。

初期費用が安い

ほとんどのシェアハウスは、敷金・礼金や仲介手数料などの費用が不要です。

そのため、普通の賃貸物件で同棲するよりも、初期費用を安く抑えられます。

普通の賃貸で同棲した際と、どのくらい差があるのか以下で比較しました。なお、どちらも豊島区の物件を契約した場合の一例です。

シェアハウス 普通の賃貸
合計 135,000円 493,000円
家賃 90,000円
(家賃1ヶ月分)
100,000円
(家賃1ヶ月分)
共益費 15,000円
(家賃1ヶ月分)
5,000円
(家賃1ヶ月分)
敷金・礼金 なし 200,000円
(家賃2ヶ月分)
仲介手数料 なし 108,000円
(家賃1ヶ月分+税)
保証金 なし 50,000円
(家賃0.5ヶ月分)
火災保険 なし 約15,000円
鍵交換費用 なし 約15,000円
契約料 約30,000円 なし

2人で入居できる、やや広めのシェアハウスの初期費用は約12万円です。普通の賃貸と比べると、約35万円も安く抑えられます。

すぐにお金の準備ができないカップルには大きなメリットです。

結婚や新婚旅行のために貯金できる

シェアハウスに住めば、結婚や新婚旅行のためにより多く貯金できます。

毎月の固定費が普通の賃貸よりも安く、浮いたお金を貯金に回しやすいからです。

以下は、家賃10万のお部屋に住む同棲カップルの貯金額の表です。2人の手取り合計額が40万円として計算しています。

シェアハウス 普通の賃貸
家賃
(共益費込)
100,000円
(共益費:10,000円)
100,000円
(共益費:5,000円)
食費 50,000円 50,000円
水道光熱費 なし 25,000円
通信費 10,000円 20,000円
趣味娯楽費 60,000円 60,000円
日用消耗品 4,000円 20,000円
保険・医療費 16,000円 16,000円
その他雑費 30,000円 30,000円
合計 270,000円 321,000円
貯金額 130,000円 79,000円
年間貯金額 1,560,000円 948,000円

普段から節約を心掛けていれば、年間156万円も貯金できます。

結婚スタイルマガジントレンド調査2018」によると、結婚式や新婚旅行など、結婚に向けて用意すべき資金は約240万円です。

シェアハウスに住めば、約1年半で全額貯金できるので、かなり効率的です。

清掃業者が掃除してくれる

一部のシェアハウスは、業者による定期清掃が入ります。共有キッチンやリビングを掃除する必要はありません。

普通の賃貸で同棲する場合、どんなに忙しくても自分たちで掃除しなければいけません。

お互いの仕事が忙しくて掃除する暇がないカップルには、大きなメリットです。

しかし、掃除が当番制になっている物件もあるので注意です。

オシャレで綺麗なお部屋が多い

都内で綺麗な物件に住もうと思うと、どうしても家賃が高くなってしまいます。

しかし、シェアハウスなら格安の家賃で綺麗なお部屋に住めます。

シェアハウスは、社宅や一軒家を綺麗にリフォームしていることが多いからです。

XROSS喜多見1の物件写真

出典:https://x-house.co.jp/sharehouse/tokyo/komae-shi/sb-xross-021/

特に「クロスハウス」の物件は、安くて綺麗な物件が多いのでおすすめです。

審査がゆるい

シェアハウスの入居審査は「人柄」を重視するため、普通の賃貸よりもゆるいです。

特に2人入居可のシェアハウスはカップルを歓迎していることが多く、審査に落ちる心配は不要です。

普通の賃貸物件だと、カップルは審査に落ちやすいです。既に結婚している夫婦と違い、別れて家賃が払えなくなる可能性があるためです。

▶シェアハウスの入居審査に関する詳しい解説はこちら

カップルがシェアハウスに住む際の注意点

カップルがシェアハウスに住む場合、気を付けなければいけない事が5つあります。

快適な暮らしが送れなかったり、思わぬトラブルに巻き込まれる可能性があるので、注意が必要です。

・物件によってはカップルで住めない
・1部屋に2人で入居すると追加料金がかかる
・家賃はそこまで安くない
・喧嘩すると気まずい
・気軽にいちゃつけない
・お部屋が狭い

物件によってはカップルで住めない

シェアハウスの中には、カップルで入居できない物件があります。

そもそも、カップルだけでなく2人入居が不可という場合もあります。

シェアハウスを探す際は、2人入居可能か、更にカップルでの入居が可能かを確認すべきです。

カップルで入居できるかどうかはサイトに記載されていないため、気になった物件を問い合わせる際に必ず尋ねましょう。

1部屋に2人で入居すると追加料金がかかる

個室タイプのお部屋に2人で入居する場合、追加料金がかかります。

追加料金の相場は約2万~3万です。

「知らずに申し込んで、思っていたほど高くなってしまった」という事にならないよう、必ず金額を確認しましょう。

家賃はそこまで安くない

同棲向けの2人入居可能なお部屋は、家賃がそこまで安くありません。

以下は、都内のシェアハウスに住んだ際の家賃の表です。家賃の他、共益費や追加料金も合わせて比較しています。

普通のお部屋 2人入居可のお部屋
毎月合計 68,540円 120,000円
家賃
(共益費)
58,540円
(10,000円)
90,000円
(10,000円)
追加料金 なし 20,000円

2人入居可のお部屋は専有面積が広く、ベッドも大きめです。また、追加料金がかかります。

そのため、普通の家賃より約3~5万円程高くなってしまいます。

喧嘩すると気まずい

シェアハウス内で喧嘩したり別れてしまうと、かなり気まずいです。

1人1人が個室に住んでいる場合は大丈夫ですが、2人で1つのお部屋に住んでいる場合はどうしても顔を合わせる必要があります。

また、他の入居者にも気を遣われてしまい、最悪どちらかが退去するというケースもよくあります。

気軽にいちゃつけない

普通の賃貸で同棲するより、気軽にいちゃつけません。他の入居者の視線や、壁が薄く声が筒抜けになってしまうためです。

気にせずいちゃついたとしても、他の入居者が不快に感じてクレームに繋がります。

他の入居者の迷惑にならないよう、常に配慮しなければいけません。

お部屋が狭い

シェアハウスはお部屋が狭く、普通の賃貸ほどのびのびと暮らせません。

また、収納も少ないです。収納があったとしても、ハンガーラックや小さな収納棚のみが多いです。

そのため、荷物が多いカップルや、実家に残りの荷物を保管できない人にはあまりおすすめできません。

シェアハウスに住むべきカップルの特徴

普通の賃貸より、シェアハウスで同棲するべきカップルの特徴は以下の4つです。

・お金がない
・結婚や新婚旅行のために貯金したい
・プライベート空間を確保したい
・イチャイチャしなくても平気

将来のために貯金をしつつ、プライベートは大切にしたいカップルうにとって、シェアハウスはうってつけの場です。

逆に、2人の時間をしっかり確保したい、なるべく広い空間に住みたいカップルは、普通の賃貸で同棲した方が良いです。

カップル向けのシェアハウスの例

シェアハウスで暮らしたいカップルのために、2人で入居できるお部屋の例を紹介します。

カップルがシェアハウスで暮らすなら「広めの個室タイプ」「1人で住む個室タイプ」のどちらかがおすすめです。

2人で住める個室タイプのお部屋

ジアス南砂の物件写真

出典:https://www.oakhouse.jp/house/992

家賃
(共益費)
66,000円
(14,000円)
追加料金 20,000円
月額合計 100,000円

約14畳と、シェアハウスの中では広めのお部屋です。ベッドはセミダブルなので、2人で寝ても問題ありません。

キッチンがついているので、共有キッチンまで行かなくても2人で料理を楽しめます。

1人で住む個室タイプのお部屋

XROSS千川の物件写真

出典:https://x-house.co.jp/sharehouse/tokyo/itabashiku/x77/

1人当たり家賃
(共益費)
45,000円
(10,000円)
2人合計 110,000円

同じ物件内に2部屋以上空いていた場合、それぞれが個室に住めます。

喧嘩して顔を見たくない時でも、自室に篭もれます。

同棲はしたいけど、1人の空間は確保したいというカップルにおすすめです。

初期費用を抑えられるシェアハウスなら「クロスハウス」がおすすめ

初期費用が「たったの3万円から」と、リーズナブルなクロスハウスが最もおすすめです!

まとまったお金が用意できなくても簡単にシェアハウスで新生活が始められます。

全室個室なのでプライベート空間を大事にしたい人にも向いています。

業界初の「物件の無料移動サービス」があり、住み始めたシェアハウスに馴染めなくても、気軽に別の物件に移動できるのも魅力です!

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識