お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

シェアハウスでも防音性が高いお部屋の特徴!効果的な防音対策も紹介!

シェアハウスの防音性のイメージイラスト

シェアハウスの防音性はどう?シェアハウスでも防音性が高いお部屋ってあるの?という疑問を解決します!

防音性がやや高いシェアハウスの特徴や、楽器演奏可のシェアハウスについて、内見を2度すべき理由や効果的な防音対策も紹介!防音対策も紹介します!

防音性が高いシェアハウスの特徴

シェアハウスの防音性は、建物構造や壁に使われている素材によってバラバラです。

木造や鉄骨造の建物の場合は、壁が薄く防音性に欠けることが多いです。RC造やSRC造は、建物の素材にコンクリートが使われており、壁が厚めなので防音性に優れています。

シェアハウスの中でも、防音性が高い物件の特徴をまとめました。防音性を重視する人は、以下に当てはまるシェアハウスを探しましょう。

・家賃が高め
・建物の中央に共有スペースがある
・居室と居室の間に収納スペースがある
・入居者の人数が少ない
・過去に騒音トラブルが起きていない

家賃が高め

自室が個室になっているタイプで、家賃がやや高めに設定されているお部屋は防音性が高い可能性があります。

壁に防音素材や音を吸収するクッション材が採用されているため、家賃が高めに設定されています。

また、築年数が浅い建物は最近の素材が使われている可能性があるので、築年数が古い物件よりも防音性に優れていることが多いです。

建物の中央に共有スペースがある

稲荷町のシェアハウスの間取り図

建物の中央に共有スペースがあり、居室同士に距離がある間取りの場合は夜は静かです。

居室と居室の距離が遠いため、生活音が外に筒抜けになりにくいです。

また、シェアハウスの共有スペースは、ほとんどが使用時間が決められています。そのため、夜はみんな自室に戻っています。

居室と居室の間に収納スペースがある

居室と居室の間に収納スペースがある間取り例

居室と居室の間に収納スペースがある間取りの場合、もう片方の壁のみ気にかければよいので防音性がややあります。

フロア全体の間取りが出ていない場合は、管理会社に問い合わせれば教えてくれます。

入居者の人数が少ない

シェア人数が少ない物件に入居すれば、比較的静かなのでゆっくり暮らせます。

逆に入居人数が多いシェアハウスに入ると、人が多い分やや騒音が気になります。

過去に騒音トラブルが起きていない

過去に騒音トラブルがないか、管理会社に確認しておきましょう。

もし、過去に騒音トラブルが起きている物件の場合は、防音性が低いか、騒音トラブルの原因となる人物がいる可能性があります。

楽器演奏可のシェアハウスもある

シェアハウスの中には、楽器演奏可能の物件があります。

壁がコンクリートで防音性に優れていたり、楽器専用の音楽ブースがあったりと工夫がされています。

ただし、普通のシェアハウスより家賃が2万円ほど高い傾向にあります。

中には普通の賃貸物件と変わらないが、楽器演奏可能になっている物件もあるので、内見で念のため防音性を確認しておくべきです。

防音性を気にするなら内見は2度すべき

防音性を気にするなら内見は2度すべきです。可能なら「平日の夜」と「休日の日中」がおすすめです。

どちらの時間帯も、すでに入居している人たちが集まりやすい時間なので、リアルな生活音を確認できます。

1回目では気づかなかった音も、2回目だと気づくことがあるので2度内見したほうが良いです。

夜に内見できない場合は、物件近くまでお散歩に行き、シェアハウスからどれだけ音が漏れているのか確認しておくと良いです。

シェアハウスの個室でもできる防音対策

シェアハウスの個室でもできる防音対策方法をいくつか紹介します。

・厚手のカーペットを敷く
・壁や天井に防音シートを貼る
・遮音カーテンを使用する
・ドアや窓の隙間を埋める
・睡眠用イヤーマフを使う

厚手のカーペットであれば、音や振動を吸収してくれるので下の階のお部屋の音を遮れます。同じ理由で、衝撃吸収クッションやマットを敷くことも効果的です。

貼って剥せる両面テープを使えば、シェアハウスの壁が天井に防音シートを貼れます。安いシートだと3千円ほどで手に入るので、試してみると良いです。

また、ドアや窓の隙間をゴムチューブのようなもので埋めるだけでも、音漏れしにくくなるのでおすすめです。

物音に敏感、夜は静かに寝たいという人は睡眠用のイヤーマフを使うのも手です。

初心者におすすめのシェアハウスサイト

初めて探す人のために、おすすめの2大シェアハウスサイトを紹介します。

初期費用を抑えたいなら「クロスハウス」

初期費用が「たったの3万円から」と、リーズナブルなクロスハウスが最もおすすめです!

まとまったお金が用意できなくても簡単にシェアハウスで新生活が始められます。

全室個室なのでプライベート空間を大事にしたい人にも向いています。

業界初の「物件の無料移動サービス」があり、住み始めたシェアハウスに馴染めなくても、気軽に別の物件に移動できるのも魅力です!

▶クロスハウスはこちら

立地の良さ重視なら「オークハウス」

1992年創業で「国内最大手シェアハウス運営会社」のオークハウスもおすすめです。

女性専用物件や、ジムや防音室付きなど、ワンランク上のお部屋も探せます。

東京や神奈川だけでなく、大阪や京都など関西のシェアハウスも探せます!

▶オークハウスはこちら

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識