お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

一人暮らしとシェアハウスどっちにすべき?メリットデメリットで比較してみた

一人暮らしとシェアハウスどっちにすべき?のイメージイラスト

シェアハウスと普通の賃貸物件、一人暮らしを始めるならどっちが良いか迷っている人のために、それぞれに向いている人の特徴をまとめました!

シェアハウスと普通の賃貸物件で一人暮らしするメリット・デメリットや、初期費用・家賃・生活費などの費用比較を解説しています。

シェアハウスを選んだ人・一人暮らしを選んだ人の体験談もあるので、自分がどちらに住むべきなのかの参考してください。

それぞれに向いている人の特徴

シェアハウスと一人暮らし、それぞれに向いている人の特徴をカンタンにまとめたので参考にしてください。

シェアハウスに向いている人
・初期費用を抑えたい
・家賃を安くしたい
・娯楽費や貯金にお金を回したい
・他人との共同生活が苦ではない
・交友関係を広げたい
・イベントごとなど楽しいことがすき
・短期間だけ住みたい
・荷物が少ない
・国際交流をしたい
一人暮らしに向いている人
・一人でいることが好き
・プライベート空間を確保したい
・他人がいると寝れない
・費用より住み心地重視
・ほかの人を室内に呼ぶ予定がある
・荷物が多い
・長期的に住む予定がある
・お部屋のインテリアにこだわりたい

あれこれ悩む人は「家賃の安さ」か「静かに暮らすこと」どちらを最重要視するかで選ぶと良いです。

シェアハウスと一人暮らしで迷っている人のために、このあとそれぞれのメリット・デメリットを解説していきます。

クロスハウスバナー

シェアハウスと一人暮らしのメリット

シェアハウスと一人暮らしのメリットをそれぞれ紹介します。

シェアハウスに住むメリットは7つ

シェアハウスに住むのメリットは7つあります。

・家賃がかなり安い
・初期費用が10万円以下
・入居審査が緩い
・家具や家電を用意しなくて済む
・ライフラインやネット手続きが不要
・常に人がいるから安心
・交友関係が広がる

とにかくもろもろの費用が安いことは、シェアハウスの強みです。後程、一人暮らしとの費用比較を詳しく紹介します。

また、一人が苦手・和気あいあいとした雰囲気が好き・コミュニケーションが得意という人にもおすすめです。

実際にシェアハウスに住む人の中には、人脈を広げたい・立地が良かった・コンセプトが気に入ったから入居したという人も多いです。

審査が甘くてすぐ通った!
女性のアイコン実は、賃貸物件の入居審査が通らなかったのでシェアハウスにしたんですよね。フリーターなので収入面が不安、親も定年退職してるので連帯保証人としては不利って言われて…。でも、シェアハウスは連帯保証人不要だし、家賃さえ払えれば良いってことで、すぐにOKを貰えました!(女性/20代後半)
都内なのに10万円以下で引っ越せた
男性のアイコン仕事で上京するにも、とにかくお金がなかったのでシェアハウスに引っ越しました。家賃も安いし、初期費用も安かったのでなんと10万円かからずに引っ越せました。シェアハウスに住むようになってから自炊をし始めたので貯金も貯まるし、経済的に余裕がない人には良いですね。(男性/20代前半)

賃貸で一人暮らしするメリットは7つ

賃貸で一人暮らしするメリットは7つあります。

・他人に気を使う必要がない
・自分の好きな間取りを選べる
・長風呂しても怒られない
・家具家電など自分の好きなものを置ける
・お部屋のレイアウトも自分好みにできる
・荷物が多くても収納できる
・好きなときに友人や恋人を呼べる

一人暮らしのメリットは、なんといっても「自由度が高い」ことです。

自分の好きなときにお風呂に入って、好きなときに友人や恋人を室内に呼べます。他人からの干渉もないので、ゆっくり過ごしたい人に向いています。

インテリアにこだわれる
女性のアイコンシェアハウスはベッドと机があらかじめ用意されてるっていうのを聞いて、普通のアパートにしました。どうしてもインテリアはこだわりがあったので。普通のアパートも壁に穴を開けたらダメという制約はありますが、それ以外は基本的に自由なのが良いところだと思います。好きな家具や小物に囲まれて幸せです。(女性/20代後半)
他人の目がないから快適
男性のアイコン以前シェアハウスに住んでたんですが、貯金も溜まったので普通のマンションに引っ越しました。他人に気を遣わなくていい生活は正直快適です(笑)シャワーを使うのに空くのを待たなくてもいいし、ソファでだらけても物を放置しても何も言われないし…自分のようにだらしない人は絶対一人暮らしの方が良いです。(男性/20代後半)

シェアハウスと一人暮らしのデメリット

メリットがわかったところで、それぞれのデメリットもしっかり把握しましょう。

シェアハウスに住むデメリットは5つ

シェアハウスに住むデメリットは5つです。

・騒音問題が多い
・プライベートが確保しにくい
・設備の共有でトラブルになる
・ストレスが溜まりやすい
・制限が多い

複数人で共同生活するため、騒音問題や共有部分が自由に使えないので不便が生じます。

また、入居条件やハウスルールが厳しく、入居時に年齢制限があったり、友人や恋人などをシェアハウスに呼べない場合があります。

共有部分の使い方が汚い人がいる
困り顔の女性のアイコンキッチンシンクに食器放置、リビングのテレビをつけっぱなし、シャワーした後に髪を流さないなど、共有部分の使い方が汚い人がいるんです。見かけるたびに自分が掃除してるんですけど、なんで私がやらなきゃいけないのかって不満しかないです。(女性/20代)
音が響いて眠れない
困り顔の男性のアイコン夜にいつも飲み会をしているグループがいたので、話し声が響いてなかなか眠れず地獄でした…。注意してもなかなか直らないし、本当に困ってます。(男性/20代前半)

賃貸で一人暮らしするデメリットは7つ

賃貸で一人暮らしするデメリットは7つです。

・初期費用や家賃が高い
・入居審査が厳しい
・ライフラインの手続き必須
・何かあったときに頼れる人がいない
・日用消耗品はすべて自腹
・家具家電を買いそろえなければいけない
・掃除はすべて自分でおこなう

費用面は、シェアハウスと比べるとかなり割高です。また、ライフラインの手続きを自分でしなければいけないうえ、トイレットペーパーなどの消耗品も自己負担です。

また、普通の賃貸物件は年収が家賃の36倍以上ないと審査に通りにくく、収入が安定しないフリーターやフリーランスの人達は落ちる可能性があります。

都内はやっぱり家賃が高い
困り顔の男性のアイコン職場近くはどこも家賃が8万円以上で、とてもじゃないけど住めません…。家具と家電も揃えなきゃいけないことを考えると、引っ越し費用ってこんなにかかるんだとビックリしました。(男性/20代前半)
審査になかなか通らない
困り顔の女性のアイコンフリーターで収入が低いからって、入居審査に3回ほど落ちました。今は安いアパートに入居してますけど、次引っ越すときも審査で落ちるのではないかと不安です。もうめんどくさいので、このままずっと今のアパートに住み続けそうです。(女性/20代)

シェアハウスと一人暮らしの費用比較

シェアハウスと一人暮らしの費用を比較してみると、シェアハウスのほうがもろもろの費用が安いです。

以下で、初期費用・家賃・毎月の生活費に分けて、どのくらい費用に差が出るのか解説していきます。

賃貸契約の初期費用比較

シェアハウスの初期費用相場は約10万円、普通の賃貸物件の初期費用相場は家賃4.5~5ヶ月分です。

以下は、家賃6万円、15日入居と仮定して計算した際の初期費用比較です。

シェアハウス 通常の賃貸物件
合計 約72,895円 約283,895円
日割り家賃 約32,895円 約32,895円
共益費 約10,000円 約5,000円
敷金 なし 約60,000円
礼金 なし 約60,000円
仲介手数料 なし 約66,000円
保証会社利用料 なし 約30,000円
火災保険料 なし 約15,000円
鍵交換費用 なし 約15,000円
契約手数料 約30,000円 なし

家賃3万円のお部屋に住んだとしても、シェアハウスの初期費用のほうが安いです。とにかくお金をかけたくないという人は、シェアハウスのほうが良いです。

家賃比較

東京都内のシェアハウスと一人暮らしのお部屋の家賃平均を比べると、約2~3万円の差がありました。

以下は、2020年10月時点の都内の一人暮らしのお部屋の家賃平均と、シェアハウスの平均家賃を比較したものです。

シェアハウス 約58,540円
通常の賃貸物件 約82,560円

シェアハウスは、リビングや水回りをほかの入居者と共同で使うため、もともとの家賃設定が低くなっています。

シェアハウスはお部屋タイプでも家賃が変動する

シェアハウスのお部屋のタイプによっては、さらに家賃を抑えられます。以下は、タイプ別の家賃平均です。

個室タイプ 54,000円
セミプライベート 47,900円
ドミトリータイプ 40,000円

ドミトリータイプは、お部屋に2段ベッドを敷き詰めて複数人でシェアするタイプです。安いところだと3万円以下のお部屋もあります。

▶シェアハウスのお部屋タイプごとの詳しい解説はこちら

毎月の生活費比較

シェアハウスは、家賃が安いので毎月の固定費が抑えられます。

そのうえ、水道光熱費・インターネット代・日用消耗品代(一部)が、共益費でまとめられているので、一人暮らしよりも生活費が安いです。

内訳 シェアハウス 賃貸物件
合計 150,000円 185,000円
家賃 50,000円 70,000円
共益費 10,000円 5,000円
水道光熱費 - 10,000円
食費 30,000円 30,000円
スマホ代 8,000円 8,000円
インターネット代 - 5,000円
娯楽費 30,000円 30,000円
衣類・化粧品代 10,000円 10,000円
日用消耗品代 2,000円 7,000円
交通費 10,000円 10,000円

生活スタイルにもよりますが、普通の賃貸と比べると1ヶ月で約3.5万円、1年で約42万円も節約できます。

それぞれを選んだ人の体験談

シェアハウスを選んだ人・一人暮らしを選んだ人の体験談を紹介します。自分がどちらに住むべきかの参考にしてください。

シェアハウスを選んだ人の体験談

シェアハウスを選んだ人の大半が、初期費用や家賃の安さを重視していました。中には、交流目当てで飛び込んできた人もいます。

お金がないけど実家を出たかった
女性のアイコン親と仲が悪かったので、意地でも実家を出たかったんですよね。でも一人暮らしだとお金がかかるし、正社員じゃないから借りれる物件がほぼないし…で迷ってた時に「ボンビーガール」でシェアハウスを見かけたんです。フリーターの私でも、初期費用10万円弱で契約できましたよ。連帯保証人も要らなかったので、親に許可を得なくとも一人暮らしできています。(女性/20代前半)
限界まで家賃を抑えたかった
女性のアイコン家賃4万円くらいの予算で物件探ししていたんですけど、不動産屋に行けばバカにされるし、紹介される物件ばぼろアパートの畳の部屋ばっかりで頭にきて…。友達に愚痴っていたら、シェアハウスは綺麗でおすすめだっていうので内見したんですよ。そしたら、家賃が安いのに、外観も内装も綺麗な物件ばかり。そこからは、シェアハウス一択で物件探ししました。(女性/20代前半)
外国語を勉強したかった
男性のアイコン将来、外資系の会社で働きたいと思ってるので、ネイティブな営業を勉強したかったんです。でも、留学はお金かかるし、海外の治安が怖いしで踏み切れなかったんですよね。そこで、外国人ばっかりのシェアハウスに入ればいいんじゃないかって思って、シェアハウスを選びました。(男性/20代前半)

一人暮らしを選んだ人の体験談

一人暮らしを選んだ人は、元から他人との共同生活を考えていなかった、1人の空間が欲しいという人が多かったです。

静かに暮らしたかった
女性のアイコン大学時代に学生寮に住んでいたからこそ、シェアハウスは嫌でしたね。シャワーとかトイレを自由に使えないし、騒ぐ人がいてうるさいしで最悪だった記憶しかないです。一人暮らしなら、うるさい人もいないので静かに暮らせますね。あと、シャワーとかトイレとかの待ち時間もないのでストレスフリーです。(女性/20代前半)
他人に干渉されたくない
男性のアイコン家にいるなら一人の時間を楽しみたいので、シェアハウスの選択肢はなかったです。寝る時は自分の部屋があるといっても、知らない人との生活は気を使いそうで嫌ですね。その点、一人暮らしだと誰にも気を使わないので、自由に暮らせます。(男性/20代後半)
広い部屋に住みたかった
男性のアイコン家賃が安いからシェアハウスもいいなって思ったんですけど、一人暮らしするなら実家の自分の部屋より広い場所が良かったので、賃貸物件にしました。今の部屋は9畳ほどです。シェアハウスだと、広くて6畳くらいだったので選択肢から外しました。(男性/20代後半)

シェアハウスや一人暮らし初心者におすすめのお部屋

シェアハウスや、一人暮らし初心者におすすめのお部屋を紹介します。

シェアハウスなら「個室」タイプがおすすめ

シェアハウスに住むなら「個室」タイプがおすすめです。

xrossタイプのお部屋写真

出典:https://x-house.co.jp/sharehouse/tokyo/setagayaku/x76/

自室を1人で使うため、プライベート空間がきちんと確保できます。ドアに鍵がついていることが多いので、防犯性が高いです。

また、自分1人だけのお部屋なので、荷物が多くてもある程度は室内に収まります。

ただしシェアハウスなので、キッチン・お風呂・トイレ・洗濯機などは、ほかの入居者と共同で利用します。

賃貸で一人暮らしするなら「1K」がおすすめ

1Kの間取り図例

1Kは、キッチンと居室の間に仕切りがあるため、玄関から室内を見られない、料理をしても居室内が臭くなりにくいというメリットがあります。

また、1Kはキッチン部分を含まずに居室のみの広さを「〇畳」と表記するため、同じ畳数でもワンルームより体感2畳ほど広いです。

初期費用を抑えられるシェアハウスなら「クロスハウス」がおすすめ

初期費用が「たったの3万円から」と、リーズナブルなクロスハウスが最もおすすめです!

まとまったお金が用意できなくても簡単にシェアハウスで新生活が始められます。

全室個室なのでプライベート空間を大事にしたい人にも向いています。

業界初の「物件の無料移動サービス」があり、住み始めたシェアハウスに馴染めなくても、気軽に別の物件に移動できるのも魅力です!

クロスハウスバナー
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識