お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

一人暮らしとシェアハウスどっちにすべき?メリットデメリットで比較してみた

一人暮らしとシェアハウスどっちにすべき?のイメージイラスト

アパートやマンションで一人暮らしすべきか、シェアハウスにすべきか迷っている人必見!

一人暮らしとシェアハウス、それぞれに向いている人の特徴や、メリットデメリットなどを解説します。

生活費や初期費用の比較なども紹介するので、参考にしてみてください!

それぞれに向いている人の特徴

シェアハウスと一人暮らし、それぞれに向いている人の特徴をカンタンにまとめました。

シェアハウスに向いている人
・引っ越し費用を抑えたい
・貯金したい
・交友関係を広げたい
・他人との共同生活にそこまで抵抗がない
・他人と話すのが好き
・イベント事が好き
・上京したて
・荷物が少ないミニマリスト
一人暮らしに向いている人
・他人に気を遣いたくない
・インテリアにこだわりがある
・引っ越し費用に余裕がある
・荷物が多い

シェアハウスは家賃や初期費用が安いため、なるべく費用を抑えたい人に向いています。コミュニケーションの場が豊富なので、交友関係を広げたい人にもおすすめです。

一人暮らしに向いている人は、他人に気を遣いたくない人です。キッチンやシャワーなどの設備を、自分の好きな時に使えないことがあり、ストレスを感じる人もいます。

引っ越し費用に余裕(30万~40万円)があるなら、一人暮らしがおすすめです。

シェアハウスと一人暮らしのメリット

シェアハウスと一人暮らしのメリットをそれぞれ紹介します。

シェアハウスのメリット

シェアハウスのメリットは7つあります。

シェアハウスは、敷金や礼金、仲介手数料などが無いので、通常の賃貸に比べて半分以下の引越し費用で済みます。

①家賃が安い
②初期費用が安い(普通の賃貸の半分以下)
③入居審査がゆるい
④家具家電を用意しなくて済む
⑤常に人がいて不安にならない
⑥外部に対しての防犯に優れている
⑦自分で掃除する必要がない
毎日おかえりと言ってくれる
女性のアイコン初めて一人暮らしをすることになり、正直不安でした。家事もできるか不安だったし、絶対寂しくなると思って。でも、シェアハウスを選んだので問題なく暮らせています。毎日おはようとか、おかえりって言ってくれる人がいるのはいいですね。気分じゃないなあって時は自分の部屋に行けばいいし。自分にとっては安心できる場所です。(女性/20代)
都内なのに10万円以下で引っ越せた
男性のアイコン仕事で上京するにも、とにかくお金がなかったのでシェアハウスに引っ越しました。家賃も安いし、初期費用も安かったのでなんと10万円かからずに引っ越せました。シェアハウスに住むようになってから自炊をし始めたので貯金も貯まるし、経済的に余裕がない人には良いですね。(男性/20代)

一人暮らしのメリット

一人暮らしのメリットは4つです。

人に気を遣う必要がない、自由度が高いことがメリットです。

①他人に気を遣わなくて済む
②家具や家電などを自由に選べる
③好きな間取りを選べる
④部屋を自由にコーディネートできる
他人の目がないから快適
男性のアイコン以前シェアハウスに住んでたんですが、貯金も溜まったので普通のマンションに引っ越しました。他人に気を遣わなくていい生活は正直快適です(笑)シャワーを使うのに空くのを待たなくてもいいし、ソファでだらけても物を放置しても何も言われないし…自分のようにだらしない人は絶対一人暮らしの方が良いです。(男性/20代)
自分の好みのインテリアを飾れる
女性のアイコンシェアハウスはベッドと机があらかじめ用意されてるっていうのを聞いて、普通のアパートにしました。どうしてもインテリアはこだわりがあったので。普通のアパートも壁に穴を開けたらダメという制約はありますが、それ以外は基本的に自由なのが良いところだと思います。好きな家具や小物に囲まれて幸せです。(女性/20代)

シェアハウスと一人暮らしのデメリット

シェアハウスと一人暮らしのデメリットを、それぞれ紹介します。

シェアハウスのデメリット

シェアハウスでのデメリットは5つです。

①好きな時に共有設備を使えない
②プライベートが少ない
③人間関係のトラブルが発生することもある
④音が響きやすい
⑤共用スペースで盗難が起こる可能性がある

普通の賃貸物件と違って、シャワーやキッチンは共用設備です。好きな時間に設備が利用できない点は最大のデメリットです。

キッチンが1つしかない物件や、生活リズムが同じ住人が多いと不便です。

また、入居者同士のトラブルが起こる点もデメリットです。特にシェアハウスは壁が薄いことが多く、騒音トラブルが多いです。

コミュニケーション不足や相性の悪さから、ストレスを感じて退去する人もいます。

音が響いて眠れない
困り顔の男性のアイコン今住んでいるシェアハウスはかなり壁が薄く、ちょうど自分の部屋が共用リビングの近くだったのもあってすごくうるさかったです。夜にいつも飲み会をしているグループがいたので、話し声が響いてなかなか眠れず地獄でした…。注意してもなかなか直らないし、本当に困ってます。(男性/20代)
盗難や喧嘩などトラブルが絶えなかった
困り顔の女性のアイコン自分じゃないんですが、一度財布が盗まれるという盗難事件が起こりました。結局犯人は見つからないし、ルールを守らないせいですぐ住民同士で口論になるし、シェアハウス内の治安は最悪でした。今は普通のアパートに住んでますが、そういうトラブルに悩むことはなくなり快適です。神経質な人はシェアハウスに向いてないですね。(女性/20代)

一人暮らしのデメリット

一人暮らしのデメリットは5つです。

①家賃や初期費用が高い
②ライフラインの手続きをしなければならない
③寂しく感じる
④日用品を買う必要がある
⑤入居審査が厳しい

通常のアパートやマンションを契約する場合、家賃や初期費用が高額です。

特に初期費用は、家賃の4~5ヶ月分かかることが多いため、負担が多いです。

さらに水道ガスの開通手続きや、家具家電を買い揃えるなど、準備に時間がかかります。

無職やフリーランスの人は審査に通りづらく、入居を断られてしまう場合が多いです。

都内はやっぱり家賃が高い
困り顔の女性のアイコン通勤に時間をかけたくないので都内で物件を探してたんですが、大体どこも家賃が8万円以上で、とてもじゃないけど住めません…。家具と家電も揃えなきゃいけないことを考えると、引っ越し費用ってこんなにかかるんだとビックリしました。諦めて郊外の物件に引っ越しましたが、通勤に1時間以上もかかってツラいです…。(女性/20代)
審査になかなか通らない
困り顔の男性のアイコン自分はかけだしのフリーランスなんですが、審査に落ち続けて困ってます。親族は遠方に住んでるので代理契約も頼めないし、駆け出しなのでまだ収入証明も出せません。シェアハウスはフリーランスと無職でも審査に通るって聞いたので、シェアハウスにしようかな…と迷ってます。(男性/20代)

一人暮らしとシェアハウスの金額の違い

一人暮らしとシェアハウス暮らしでは、かかる金額にどのくらいの差があるのか計算してみました。

引っ越す際にかかる初期費用と、家賃や食費等を含んだ生活費を順番に説明します。

初期費用の違い

家賃60,000円の物件に入居した際に必要な初期費用を、以下で比較しました。

シェアハウス 通常の賃貸
合計 100,000円 311,000円
家賃 60,000円
(家賃1ヶ月分)
60,000円
(家賃1ヶ月分)
共益費 10,000円
(家賃1ヶ月分)
5,000円
(家賃1ヶ月分)
敷金 なし 60,000円
(家賃1ヶ月分)
礼金 なし 60,000円
(家賃1ヶ月分)
仲介手数料 なし 66,000円
(家賃1ヶ月分+税)
保証金 なし 30,000円
(家賃0.5ヶ月分)
火災保険 なし 約15,000円
鍵交換費用 なし 約15,000円
契約料 約15,000円 なし

シェアハウスは敷金・礼金などがかからないため、通常の賃貸よりも約20万円以上安く抑えられました。

すぐまとまったお金を用意できない人や、短期間だけ引っ越したい人には嬉しいです。

▶シェアハウスの初期費用に関する詳しい解説はこちら

生活費の違い

家賃6万円の物件に入居を始めてから、生活費にどれくらい差が出るのか比較しました。

2年住んだ場合の合計生活費を比較しています。

シェアハウス 通常の賃貸
合計 163,900円 177,800円
2年間の合計 3,933,600円 4,267,200円
家賃
(管理費・共益費込み)
60,000円
共益費:10,000円
60,000円
共益費:5,000円
食費
(飲み会代を除く)
25,000円 25,000円
水道光熱費 なし 9,700円
通信費
(スマホ代+ネット代)
5,000円 9,800円
飲み会代 20,000円 20,000円
趣味娯楽費 15,000円 15,000円
日用消耗品 2,000円 6,400円
保険・医療費 8,800円 8,800円
その他雑費 18,100円 18,100円

シェアハウスに住んだ場合の生活費は、通常の賃貸物件よりも約2万円弱安いです。

2年間住み続ければ、約30万~40万円も安くなります。

シェアハウスの共益費は賃貸物件より高いですが、水道光熱費やネット代が含まれます。

トイレットペーパーなどの日用品代も共益費に含まれているため、日用品代や水道光熱費を個別に払う必要がありません。

生活に余裕が生まれるので、できるだけ貯金したい人や趣味にお金をかけたい人はシェアハウスに住みましょう。

シェアハウスや一人暮らし初心者におすすめのお部屋

シェアハウスや、一人暮らし初心者におすすめのお部屋を紹介します。

間取り図も一緒に公開するので、自分はどちらに向いているのか参考にしてください。

シェアハウスのおすすめのお部屋

初めてのシェアハウス暮らしにおすすめのお部屋は「シングルタイプ」です。

シェアハウスの運営会社によっては「個室タイプ」とも呼ばれます。

シェアハウスの場合の理想の間取り
シェアハウスの場合の理想の間取り

1部屋を完全に1人で使用するお部屋タイプです。室内に冷蔵庫やエアコン、ベッド(布団)が設置されています。

「シェアハウスで交流はしたいけど、部屋はプライベートで使いたい」という人や、荷物が多い人に向いています。

2段ベッドを利用して、1部屋を4~8人でシェアする「ドミトリータイプ」の方が家賃は安いです。しかし、プライベート空間少ないためシェアハウス初心者にはおすすめしません。

▶シェアハウスのお部屋に関する記事はこちら

一人暮らしにおすすめのお部屋

初めての一人暮らしにおすすめの間取りは「1K」です。1Kとは、居室とキッチンの間に仕切りがある間取りです。

一人暮らしの場合の理想の間取り
一人暮らしの場合の理想の間取りの平面図

平均的な広さは、キッチンスペースが2畳、居室が5~8畳(専有面積18~23㎡)ほどです。

実家であれば5~6畳が一人部屋の平均ですが、一人暮らしの場合はキッチンスペースは狭いので7畳ないと手狭です。

また、クローゼットや押入れなどの収納スペースがついているお部屋が多いです。そのため、荷物がやや多い人にも向いています。

初心者におすすめのシェアハウスサイト

初めて探す人のために、おすすめの2大シェアハウスサイトを紹介します。

初期費用を抑えたいなら「クロスハウス」

初期費用が「たったの3万円から」と、リーズナブルなクロスハウスが最もおすすめです!

まとまったお金が用意できなくても簡単にシェアハウスで新生活が始められます。

全室個室なのでプライベート空間を大事にしたい人にも向いています。

業界初の「物件の無料移動サービス」があり、住み始めたシェアハウスに馴染めなくても、気軽に別の物件に移動できるのも魅力です!

▶クロスハウスはこちら

立地の良さ重視なら「オークハウス」

1992年創業で「国内最大手シェアハウス運営会社」のオークハウスもおすすめです。

女性専用物件や、ジムや防音室付きなど、ワンランク上のお部屋も探せます。

東京や神奈川だけでなく、大阪や京都など関西のシェアハウスも探せます!

▶オークハウスはこちら

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識