一人暮らし女性イメージ

女性の一人暮らしで優先すべき条件とは?物件選びのポイントを紹介

一人暮らしの知識

2018年9月21日投稿

イエプラ イエプラ

女性の一人暮らしで大切なセキュリティ設備は何かや暮らしやすい条件について解説します。女性専用物件のメリット・デメリットも合わせて紹介していきます。

女性の一人暮らしで生活しやすい条件一覧

女性の一人暮らしではどのような条件が大切になるのかを、一覧で紹介します。

セキュリティ設備

女性の一人暮らしで必要なセキュリティ設備は以下の通りです。

・オートロック完備
・モニター付きインターホンがある
・共有部に防犯カメラと警報器あり
・玄関や窓がダブルロック
・防犯性が高い鍵が使用されている
・管理人在中

生活面で必要な設備

生活面で必要な設備は以下の通りです。

・バストイレ別
・室内洗濯機置き場がある
・2階以上のお部屋
・広めキッチン
・駅徒歩10分以内
・ベランダが公道や公園から見えない
・宅配ボックスがある

女性の一人暮らしで必要なセキュリティ設備とは?

女性の一人暮らしでは、どのようなセキュリティ設備があれば良いのかを、優先度ごとに分けて解説します。

・オートロック完備
・モニター付きインターホンがある
・共有部に防犯カメラと警報器あり
・玄関や窓がダブルロック
・防犯性が高い鍵が使用されている
・管理人在中

女性専用物件だと、上記のセキュリティ設備がそろっている場合が多いです。引っ越しを考えているなら、女性専用物件も検討してみるのが良いです。

以下から、各項目のセキュリティ設備について詳しく解説していきます。

不審者の侵入を未然に防げる設備は優先度が高い

優先度が高いセキュリティ設備について、詳しく解説していきます。

オートロック完備

オートロックがあるだけで、不審者が侵入してくる確率をかなり下げられるので、防犯面では必須です。

ただ、絶対に侵入を防げるわけではありません。例えば、住人がロックを開けた隙に一緒に入って来てしまうことがあります。

オートロックがあっても油断せずに、自分でできる防犯対策は行いましょう。

モニター付きインターホンがある

モニター付きインターホンがあれば、チャイムが鳴ったとき相手の顔を見て怪しいかどうかの判断ができます。

少しでも怪しいと思ったら、玄関を開けずに追い返すことができます。

共有部に防犯カメラと警報器あり

エントランス・エレベーター・駐輪場の防犯カメラや警報機の設備があるとより防犯性が高まります。防犯カメラのある物件は侵入窃盗犯が避ける傾向にあるのでおすすめです。

玄関や窓がダブルロック

不審者は外から侵入してくるので、玄関や窓がダブルロックになっているお部屋はおすすめです。

外からではわかりにくい設備ですが、いざ侵入しようとしたときに通常の鍵よりも空けるのに手間がかかります。

不審者は侵入に時間がかかるお部屋は嫌がる傾向があるので、ダブルロックはかなり有効です。

ダブルロックできる窓

出典:https://kaisei-eigo.com/window-security

防犯性が高い鍵は窓からの侵入は防げないので優先度は普通

防犯性の高い鍵は、ピッキングされにくく玄関からお部屋への侵入を防げます。

防犯性の高い鍵とは、一般的にウェーブキー・ディンプルキーという特殊な鍵が挙げられます。

ウェーブキーやディンプルキーは、ピンキーというギザギザした形の鍵に比べて耐ピッキング性能が高く、侵入者は簡単に開けられません。

防犯性高い玄関の鍵

出典:https://www.secom.co.jp/anshinnavi/bouhanfile/taisaku14.html

管理人は人によって防犯効果が変わるので優先度は低い

管理人が在中しているのも、防犯効果としては有効です。ただ、管理人はオートロックなどと違って人間なので、人によって差があります。

ほとんどの時間管理人室の奥にいる人もいます。ずっと奥にいては、いざ不審者が来た時も対応できるかわかりません。

女性の一人暮らしで暮らしやすい条件とは?

女性の一人暮らしでは、どのような条件が整っていれば暮らしやすいのかを解説していきます。

以下の一覧は、必要な優先度別にまとめています。

・バストイレ別
・室内洗濯機置き場がある
・2階以上のお部屋
・広めキッチン
・駅徒歩10分以内
・ベランダが公道や公園から見えない
・宅配ボックスがある

生活に便利で防犯効果もあるものは優先度が高い

優先度が高い条件について、詳しく解説していきます。

バス・トイレ別

化粧など朝の支度に時間がかかる女性は、バス・トイレ別のお部屋が良いです。

バス・トイレが一緒になっているユニットバスだと、洗面台もバス・トイレと同じ空間にあることがほとんどです。洗面台がかなり狭くなってしまい、支度するときにかなり不便です。

バス・トイレが別になっていると、洗面台も独立している独立洗面台である場合が多いです。独立洗面台はスペースが広いので、支度しやすくなっています。

▶独立洗面台について詳しく知りたい人はこちら

室内洗濯機置き場がある

一人暮らしの女性は、防犯面を考えると室内に洗濯機置き場があるほうが良いです。

室外に洗濯機を置くと、下着を盗まれる危険性があり女性にとっては安心して暮らせない理由になりかねません。

2階以上のお部屋

不審者が侵入しにくい、2階以上のお部屋がおすすめです。

不審者は窓から侵入してくることが多いので、外から直接室内に侵入できる1階のお部屋は避けましょう。

特に角部屋は、中部屋に比べて外に面しているので窓が多く、不審者の侵入経路が多いです。同時に逃走経路も多いので、1階の角部屋は絶対に避けましょう。

場合や人によって変わるものは優先度が普通

優先度が普通な条件について、詳しく解説していきます。

キッチンの広さ

自炊を良くする人はキッチンが広いほうが良いですが、自炊をしないという人にはキッチンの広さは大して重要ではありません。

キッチンの広さは、自分の生活に合わせて選ぶのが良いです。ただ、必要以上に広いキッチンのお部屋を借りると、その分家賃も高くなるので気をつけましょう。

駅徒歩10分以内

基本的に、最寄り駅かバス停から徒歩10分以内の立地が良いです。

女性は帰宅最中に公然わいせつに遭遇するリスクがあり、一人歩きする時間をなるべく短くすることで、リスクを減らせるからです。

ただ、駅周辺に飲み屋などが多い場合は、もっとも治安が悪いのは駅周辺なことが非常に多いです。その場合は、逆に駅徒歩10分以上など、駅から離れたほうが安全です。

違う方法で代用できるものは優先度が低い

優先度が低い条件について、詳しく解説していきます。

ベランダが公道や公園から見えない

犯罪者は公園など人に紛れて物件を下見する傾向があります。玄関やベランダが公園から丸見えだと、女性の一人暮らしがバレて狙われやすくなります。

ただ、ベランダに洗濯物を干さなければ、外からは女性が住んでいるのかわからなくなるので、優先度は低めです。

宅配ボックスがある

宅配ボックスがあれば宅配員との接触を減らせます。留守中にも荷物が届くのでかなり便利な設備です。

ただ、宅配ボックス以外にも宅配員と接触せずに荷物を受け取る方法はあります。

例えば、アマゾンなどで買い物をした際は、宛名を近くのコンビニにすることで、コンビニで荷物の受け取りが可能です。また、駅にある宅配ロッカーを使用する方法もあります。

女性専用物件のメリット・デメリットとは

女性専用物件について、メリットとデメリットを調べてみました。住もうかどうか悩んでいる人は是非参考にしてみてください。

メリット

セキュリティが良い物件が多い

女性専用物件は、一般的な賃貸物件と比べてオートロックや防犯カメラなど、セキュリティが整っている物件が多いです。

家賃が高い物件だと、SECOMなどと契約している場合もあります。

ただ、女性専用物件の全てがセキュリティが充実しているとは限りません。中にはオートロックのないアパートタイプの物件もあります。

女性専用物件だからといって安心せずに、内見時にしっかりとセキュリティ面の確認はおこなうべきです。

デザインが良い物件が多い

デザイナーズマンションのような内装になっている物件もあり、女性に好まれやすいおしゃれなお部屋が多いです。

ただ、中には築年数が古く、オシャレさの無い物件もあります。外装のみ工事をしていて、パッと見はキレイな物件もありますので、内見時に内装もしっかりチェックしておくと良いです。

女性好みな設備が充実している

バス・トイレ別や室内洗濯機置き場がある物件が多いです。他にも、キッチンが女性に丁度良いサイズに作られていて、上の棚に手が届きやすいように設計されています。

収納スペースも、服をたくさんしまえるように多きめに設計されていたりして、女性が住みやすい設備が整っている場合が多いです。

デメリット

近隣に女性専用と有名だと逆に危険

女性専用物件と有名だと、逆に不審者のターゲットにされやすいです。

不審者は外から侵入してくるケースが非常に多いため、女性しかいないと分かると、非力な住人しか住んでいないと思われてしまいます。

女性専用物件だからといって、安心しきってしまうのは非常に危険です。特にセキュリティ面がいまいち充実していない物件に住んでいる人は、自分でできる限りの対策はしておくべきです。

▶防犯対策について詳しく知りたい人はこちら

男性は身内ですらお部屋に呼べない物件もある

女性専用物件の中には、徹底して男性の立ち入りを禁止している場合があります。恋人はもちろん、家族であっても立ち入りを禁止している物件もあります。

ただ、女性専用物件の中には、男性の立ち入りについてさほど厳しくない物件もあります。契約時にしっかり確認して、自分にとってどの程度の規則が丁度良いのかしっかり判断しておきましょう。

周辺環境は入居前にしっかり確認しておくべき

治安や近くの商業施設は入居前に確認しておくべきです。入居してから後悔しても、すぐに出ていくことができないからです。

治安なら、物件がある街をネットで検索すれば情報が出てくるのでしっかり確認しておきましょう。

また、駅からの帰り道で街灯が少ない場所がないかの確認も大切です。街灯が少ない夜道が暗い場所は、犯罪が発生しやすいと言われています。

気になった物件があったら、駅までの道のりを歩いてみて、街灯の数を確認してみましょう。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

まとまった時間がなくても、移動中の電車や自宅にいてもお部屋を紹介してもらえて便利です!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラ

あなたにおすすめの関連記事

裏ワザという文字
不動産屋しか知らないはずの物件をネットで見れる裏ワザ!【もちろん無料】

 

部屋探しサイト
おすすめの部屋探しサイト一覧!【賃貸】

 

チャット不動産屋「イエプラ」のロゴ
イエプラの口コミ・評判|SUUMOやHOME’Sと比べるとどう?

 

万力で挟まれている硬貨と電卓
賃貸の初期費用を抑えるカンタンな方法って!?

 

ひらめいた男性の人差し指と電球
部屋探しが面倒な人におすすめしたい「チャット不動産屋」とは?

 

ソファに寝そべってスマホを操作する女性
不動産屋に一度も行く必要なし!?内見も契約もWEBで済ませる時代です!

 

東京のビル群
東京で評判の良い不動産屋さんはここ!

 

紅葉の写真
年内に引っ越したいなら11月中には部屋を探しておくべき理由

 

調査している探偵
おとり物件とは?50の不動産屋の調査で判明した悪質な実態!【釣り物件】

 

綺麗な内装のリビングルーム
ネットにない賃貸の未公開物件のたった1つの探し方【非公開物件】

 

一人暮らしのお部屋
初めての一人暮らし|始めるまでの11ステップと部屋探しのポイント

 

鍵とお金を渡す手
無職で賃貸契約する方法と審査を通過しやすくするコツ

 

おしゃれな部屋の内装
フリーレントとはどういう意味?ホントにおトクなの?【賃貸】

 

チェックマークを付ける男性の手
賃貸の入居審査とは?通過する7のコツと落ちた人の特徴

 

初期費用を分割払いする方法!現金で分割できる?【賃貸】

 

不動産屋の立ち合い
【メリットたくさん】土日ではなく平日に内見すべき5つの理由

 

手をつないだカップル
二人暮らしの生活費|平均の費用はどれくらい?【シミュレーション】

 

暖炉の前で雑談するカップル
同棲の間取り|おすすめのお部屋をカップルタイプ別に大公開【二人暮らし】

 

一人暮らしでかかる費用は?初期費用や毎月の生活費の実例を大公開!

 

男性が手で立たせているスマホ
ネットでお部屋を探す方法は大きく分けて2通り!おすすめはどっち?

 

散らばっている大量のコイン
家賃目安は3分の1の割合っていうけど手取り?給料?年収?

 

バナー

Roochについて チャットでお部屋を紹介する来店不要のネット不動産屋「イエプラ」が運営する、部屋探しの疑問や街の情報について紹介しているサイトです。

家AGENT+

follow us in feedly