賃貸物件にウォシュレットを取り付けても大丈夫?|費用や交渉方法

一人暮らしの知識

藤本

この記事の監修:藤本
「家AGENT」営業主任

この記事の監修:藤本
「家AGENT」営業主任

ウォシュレット

賃貸物件にウォシュレットを取り付けても大丈夫なの?自宅にウォシュレットが欲しい人の疑問に回答します!どのような場合に取り付けられるのか、どのくらい費用が必要なのか、自分で取り付けるにはどんな風にするのか、徹底解説します!

許可をもらえばウォシュレットは取り付けても良い

大家さんや管理会社に許可をもらえば、賃貸物件にもウォシュレット(シャワートイレ)を取り付けられます。

民間の賃貸物件ではなく公営団地に住んでいる場合は、自治体の住宅課に許可をもらいましょう。

事前に許可をもらわなかったり、取り付けを却下されたのに隠れてウォシュレットを取り付けた場合は、賠償責任などのトラブルに発展することもあるので、絶対にやめましょう。

また、取り付けの許可は、なるべく書面でもらうようにしましょう。後になってから「許可を得た」「得ていない」とトラブルにならないために、書類があるほうが安心です。

トイレルームにコンセントがない場合は新設する許可も必要

トイレルームにコンセントがない場合は、新しくコンセントを作る許可も得る必要があります。コンセントがないと、ウォシュレットに電気を通せません。

コンセントの新設には物件の配線を変える電気工事が必要なので、場合によっては天井に小さな穴あけたり、壁紙を張り替えることになります。

ただ、天井の照明から電気を引いてくる方法もあります。電球のソケットとコンセントが一体化した「丸型1灯2差クラスタ」という製品が1,000円以下で売られていますので、活用してみましょう。

▶自分にピッタリなお部屋をチャットで探そう!

ウォシュレットの取り付けに必要な費用は5万円前後

ウォシュレットの取り付けには「ウォシュレットの購入費用」と「ウォシュレットの取り付け工事費用」がかかります。製品のグレードにもよりますが、必要な費用は5万円前後です。

ウォシュレットの取り付けは取扱説明書を読めば誰でもできるので、少しでも費用を抑えたい場合は、自分で取り付けてみましょう。

ウォシュレットを取り付ける際の手順については、あとで解説します。

ウォシュレットの相場は3~5万円

一般的な性能を備えたウォシュレットの相場は3~5万円です。ただ、安いものは1万円、高いものだと10万円を超える製品もあります。

ウォシュレットには「貯湯式」か「瞬間式」の二種類があります。瞬間式は使用時にだけ水を温めるタイプで、貯湯式よりも節電効果がありますが、製品価格が高い傾向にあります。

ほかにも、ウォシュレットの性能には以下のような違いがあります。性能が良いものほど高価になりますので、妥協できない条件をあらかじめ決めておき、目移りしないようにしましょう。

ウォシュレットの性能の違い
・脱臭機能
・節電力
・セルフクリーニング機能
・暖房便座
・手入れのしやすさ
・リモコンが本体一体型か無線型か
・汚れのつきにくいステンレスノズル

取り付け工事の相場は1万円前後

ウォシュレットの取り付けを業者に依頼する場合、費用の相場は1万円前後です。

家電量販店のコジマ×ビックカメラとヤマダ電機は工事費用が7,000円前後なので、ほかの業者よりも安いです。ウォシュレットの購入と一緒に依頼すると、手間がかかりません。

業者によっては、もとの便座の処分費用を工事料金に含めている場合があります。「もともと付いていた便座は処分しない」と伝えることで、費用が安くなる場合があります。

コンセントを新規に取り付ける場合は追加で1.5~3万円必要

アース接続可能なコンセント

出典:http://www.hikkoshibook.jp/kurashi/consentasu/

トイレルームに新しくコンセントを作るには、1.5~3万円の費用が必要です。新しくつけるコンセントは、必ずアース接続部分があるものにしましょう。

コンセントの新設は、自分自身ではできません。電気工事士の資格が必要なので、必ず業者に依頼しましょう。

ウォシュレットを取り付けるうえでの注意点

ウォシュレットを取り付けたいなら、大家さんから許可をもらう以外にも、注意するべきポイントが4つあります。それぞれ解説しますので、参考にしてください。

①自宅のトイレの型番と合った製品を買う
②トイレルームの広さに合った製品を買う
③故障しても管理会社は対応してくれない
④取り外した便座を捨ててはいけない

①自宅のトイレの型番と合った製品を買う

ウォシュレットを購入する際には、必ず自宅のトイレの型番を控えておき、対応した規格の製品を買うようにします。

ウォシュレット(シャワートイレ)を販売している主なメーカーはTOTO、リクシル(INAX)、Panasonicなどですが、製品ごとに対応している便器が違います。

便器の大きさは「エロンゲート(大型サイズ)」と「レギュラー(普通サイズ)」の2種類に分かれていますが、メーカーごとに細かい違いがあります。必ず、店員に確認しながら購入しましょう。

②トイレルームの広さに合った製品を買う

トイレルームの広さに合ったサイズのウォシュレットを買いましょう。事前に、便座と壁とのあいだをメジャーで測っておき、設置できる製品なのか、必ず確認しておきましょう。

とくに単身向けの物件の場合は、トイレルームが狭く設計されていることが多いので、ウォシュレットの操作盤(リモコン)がつっかえてしまい、取り付けられないことがあります。

③故障しても管理会社は対応してくれない

あとから取り付けたウォシュレットが故障した場合、管理会社は修理などを請け負ってはくれません。自分で業者に依頼して、費用を負担する必要があります。

④取り外した便座を捨ててはいけない

ウォシュレットを取り付ける前の便座は、もともとお部屋の備品で、大家さんの所有物にあたるので、勝手に捨ててはいけません。

退去時に、もとのトイレの状態へ戻さなければいけないこともありますので、ナットなどの細かい部品と一緒に、保管しておきます。

どうしても便座を処分したいなら、大家さんか管理会社に交渉してみましょう。退去時にウォシュレットを残していく、という条件で、捨てることを承諾してくれる場合があります。

ウォシュレットを自分で取り付ける際の手順

ウォシュレットは、取扱説明書の手順通りに作業することで、自分自身で取り付けられます。

取り付けの際には、以下のものが必要ですので、用意しましょう。ボックスレンチ、モンキーレンチは製品に付属しているレンチで代用できる場合もあります。

・ボックスレンチ
・モンキーレンチ
・マイナスドライバー
・プラスドライバー
・バケツ
・雑巾

①付属品を確認する

まずは、購入した製品の部品がすべて揃っているか確認しましょう。作業の途中で付属品の不足に気が付くと、取り換えを中断し、古い便座に改めて戻さなければいけなくなります。

ウォシュレットのリモコン、便座、分岐用の金具、ホース、ウォシュレットの基盤(ベースプレート)などがあります。説明書を見ながら確認しましょう。

②止水栓を締める

止水栓の締め方

出典:https://www.fcsupport.co.jp/stopcock/

タンクに水を送る給水管の「止水栓」を締めて、水を止めます。

止水栓は、マイナスドライバーで締めるものもあれば、ハンドルを回すタイプもあります。右回り(時計回り)で締まります。

③水を抜く

トイレのレバーを引いて、タンクに残っている水をすべて便器に流します。止水栓を締めたことで給水が止まっているので、タンクが空になります。

④便座を外す

便座を止めているナット

出典:https://life.iroiro7.com/?p=21

便座をトイレ本体から取り外します。便座は2本のボルトでトイレと固定されているので、モンキーレンチで緩めて、取り外しましょう。

⑤バケツを置く

給水管を外す前に、菅の下にバケツを置いて、水漏れに備えます。

⑥給水管を外す

トイレの給水菅を外す様子

出典:https://p-ranger.com/toilet/washlet

モンキーレンチでナットを緩めて、給水管を取り外します。菅のなかに残っていた水がこぼれますので、バケツのなかに落ちるようにしましょう。こぼれた水は雑巾でふき取ります。

⑦分岐用の金具を取り付ける

ウォシュレットの分岐用の金具

出典:https://makeit.joyfulhonda.jp/article/515

給水管の分岐用の金具を新しく取り付けます。

⑧分岐用の金具にホースを取り付ける

ウォシュレットのホースを取り付けたあとの様子

出典:http://blog.livedoor.jp/dime_editors2/archives/1649024.html

分岐用の金具にホースを取り付けて、タンクとウォシュレットの両方に水を送れるようにします。

⑨ウォシュレットの基盤(ベースプレート)を取り付ける

ウォシュレットの基盤を固定する様子

出典:https://p-ranger.com/toilet/washlet

ウォシュレットを置く基盤(ベースプレート)をトイレの便座部分に取り付けます。

取り付けに使うボルトは付属品に含まれていることが多いです。製品によっては、プラスドライバーでねじ止めをするタイプもあります。

⑩ウォシュレットを取り付ける

ウォシュレット本体を取り付ける様子

出典:http://www.jbr.ne.jp/water/p9185/

ベースプレートにウォシュレット本体を差し込みます、ベースプレートには溝が入っているので、スライドするだけで固定できます。本体が揺れないか確認したら、取り付けは完了です。

最後に、止水栓を緩めて水が流れるようにしましょう。

大家さんにウォシュレットを取り付けてもらう交渉方法

賃貸物件のウォシュレットは、交渉次第では、大家さんに取り付けてもらえる場合があります。

交渉の難易度はかなり高いですが、あまり入居者が集まらない閑散期(4~8月)は「どうしても入居してほしい」と考えて、交渉に応じてくれることがあります。

また、築年数が20~30年と経っていて、設備投資が必要と考えている大家さんは、交渉が成功しやすくなります。

交渉のタイミングは入居申し込みの前

入居申し込み前が、ウォシュレットを設置してもらいたいと交渉するもっとも良いタイミングです。

入居申込書に記入する前に、仲介の不動産屋を通じて「ウォシュレットを設置していただけないでしょうか?」と交渉しましょう。

入居申し込みのあとでは、交渉に応じてくれない大家さんがほとんどです。ウォシュレットのない部屋であることを前提に、初期費用や家賃を設定しているからです。

交換条件として家賃の値上げを提案する

「ウォシュレットを付けていただけたら、家賃が1,000円高くても入居します」など、自分から交換条件を提案する交渉が効果的です。

大家さんに代わりにウォシュレットを付けてもらえれば、購入費と設置工事費の合計5万円ほどが節約できます。

もし2年間だけ住むと考えているのなら、毎月の家賃を1,000円上げて、2年間で2.4万円(1,000円×24ヶ月)を負担するほうが、お得になります。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトも無料で見せてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから
イエプラ

あなたにおすすめの関連記事

裏ワザに驚く女性のイラスト
不動産屋しか知らないはずの物件をネットで見れる裏ワザ!【もちろん無料】

 

スマホを持っている手の写真
おとり物件が少ないサイト3選!騙されずにお部屋を探したい人へ

 

綺麗な内装のお部屋
ネットにない賃貸の未公開物件のたった1つの探し方【非公開物件】

 

探偵のイメージ写真
おとり物件とは?50の不動産屋の調査で判明した悪質な実態!【釣り物件】

 

12月のイメージ写真
年内最後のチャンス!費用を抑えるなら12月中旬までにお部屋を探すべき理由

 

東京タワーがある風景
東京で評判の良いおすすめの不動産屋ランキング!

 

電卓と万力で圧縮されている小銭
賃貸の初期費用を抑えるカンタンな方法って!?

 

家のアイコンを持っている手のイメージ
おすすめの部屋探しサイト一覧!【賃貸】

 

書類を持って悩んでいる女性
女性の一人暮らしで優先すべき条件とは?物件選びのポイントを紹介

 

綺麗な内装のお部屋
未公開物件はレインズにある?ネットに載っていない物件を探したい!

 

不動産屋と握手している写真
【メリットたくさん】土日ではなく平日に内見すべき4つの理由

 

複数の不動産屋が相談している写真
複数の不動産屋を回るのはあり?良い不動産屋を見極めるポイントを大公開!

 

鍵のイメージ写真
家賃交渉で失敗しない人の4つのやり方を大公開!相場やタイミングは?

 

通帳とお金と電卓
賃貸契約の初期費用とは?内訳や安くするコツを徹底紹介!

 

 
バナー

Roochについて チャットでお部屋を紹介する来店不要のネット不動産屋「イエプラ」が運営する、部屋探しの疑問や街の情報について紹介しているサイトです。

家AGENT+

follow us in feedly