お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

東京で一人暮らしするのに必要な費用は?初期費用・生活費などを徹底解説!

東京で一人暮らしする費用はいくら?のイメージイラスト

上京する予定の人向けに、東京都内で一人暮らしするのに必要な費用をまとめました!

賃貸契約の初期費用目安と内訳、引っ越し費用、家具家電新規購入費はもちろん、毎月の生活費は最低いくら準備すべきかも紹介します!

東京23区のワンルーム・1Kの家賃相場一覧もあるので、自分がどのエリアに住むべきかの参考にしてください!

この記事の内容は、ファイナンシャル・プランナーの岩井さんに監修していただきました。

監修 岩井 勇太
チャット不動産イエプラ メディア事業部
ファイナンシャル・プランナー

日本FP協会認定のFP。お金に関する知識を活かし、一人暮らしからファミリー世帯まで幅広い世帯の生活費を算出しています。宅建士の資格も取得しており、お客様の収入に見合った家賃を提案するなど、生活設計についてのトータルサポートをおこなっています。

東京で一人暮らしするのに必要な費用はいくら?

東京とないで一人暮らしをする場合にかかる費用目安は、以下の通りです。

賃貸の初期費用 家賃4.5~5ヶ月分
引っ越し費用 約5~10万円
家具家電購入費 約10~15万円
毎月の生活費 約15~18万円

一人暮らしを始める際に必要な、賃貸の初期費用・引っ越し費用・家具家電購入費の合計を、家賃別にまとめたので参考にしてください。

家賃5万円 約37.5~50万円
家賃6万円 約42~55万円
家賃7万円 約46.5~60万円
家賃8万円 約51~65万円

賃貸の初期費用は家賃をもとに計算されるため、高いお部屋に住むと費用も高くなります。

また、住むエリア、引っ越す距離、荷物量などによっても変動するので、上記の金額はあくまでも目安です。

家賃目安や各費用について詳しく解説していきます。

マル秘イエプラバナー

東京23区の一人暮らし向けの間取りの家賃相場

一人暮らし向けの間取りであるワンルームと1Kの、区ごとの家賃相場をまとめました。

同じ東京都内でも、区によって家賃相場が大きく異なります。家賃相場が低いエリアなら、家賃を抑えつつ条件が良いお部屋を探せます。

区名 1Rの家賃相場 1Kの家賃相場
葛飾区 約5.5万円 約6.5万円
江戸川区 約5.7万円 約6.4万円
練馬区 約5.9万円 約7万円
足立区 約6万円 約6.5万円
板橋区 約6.2万円 約7.5万円
北区 約6.3万円 約7.5万円
杉並区 約6.5万円 約7.6万円
中野区 約6.5万円 約7.9万円
大田区 約6.9万円 約7.7万円
荒川区 約6.9万円 約7.7万円
豊島区 約7万円 約8.4万円
世田谷区 約7.1万円 約7.6万円
新宿区 約7.5万円 約9万円
文京区 約7.6万円 約8.3万円
目黒区 約7.7万円 約8.9万円
品川区 約8万円 約8.6万円
墨田区 約8.1万円 約9万円
渋谷区 約8.2万円 約9.3万円
台東区 約8.5万円 約10万円
江東区 約8.6万円 約9.4万円
千代田区 約9.1万円 約11.6万円
中央区 約9.9万円 約9.9万円
港区 約12.6万円 約11.2万円

※2020年12月時点の相場

住むエリアが決まっていない人は、家賃相場が低い「葛飾区・江戸川区・練馬区・足立区・板橋区」がおすすめです。

都心3区と言われる「千代田区・中央区・港区」は、政府機関や大企業の本社、金融機関などが集中しているビジネスエリアで、家賃がかなり高いので一人暮らしに向いていません。

家賃の予算目安は「手取りの3分の1」

自分の収入から家賃目安を決める場合は、手取りの3分の1を上限にしましょう。

月収(総支給額)で考えてしまうと、所得税・住民税・年金・雇用保険などが差し引かれるため、予算オーバーになりやすいです。

限界まで家賃を削りたい、貯金を優先したい人は「手取りの4分の1」で考えると良いです。

以下、手取りに対する家賃目安を、3分の1と4分の1でまとめたので参考にしてください。

3分の1 4分の1
手取り16万円 約5.3万円 約4万円
手取り17万円 約5.6万円 約4.2万円
手取り18万円 約6万円 約4.5万円
手取り19万円 約6.3万円 約4.7万円
手取り20万円 約6.7万円 約5万円

ちなみに、予算は家賃+管理費・共益費込みの「総家賃」で考えるべきです。

別々に考えてしまうと、管理費・共益費分の費用が足りなくなったり、思わぬ金額を毎月支払うハメになります。

生活費を抑えるなら家賃が安いお部屋を探すべき

生活費を抑えるなら、毎月決まって支払う必要がある家賃を安く済ませるべきです。一度安いお部屋に住んでしまえば、節約を意識しなくても出費を抑えられます。

日々の出費を抑える節約は、人によっては苦痛に感じたり、うまくいかなかったりすることが多いので、固定費である家賃を安く済ませて、快適な生活を送るのがおすすめです。

東京で家賃の安いお部屋を探すなら

東京で一人暮らし向けの、家賃が安くて質が良い物件を探すには、チャット不動産「イエプラ」がおすすめです!

イエプラは、SUUMOやHOME’Sに載っていない未公開物件を紹介してくれるので、物件の選択肢が広く、快適な暮らしが送れるお部屋を選べます!

また、プロのスタッフが深夜0時までチャットやLINEで対応しているので、寝る前のちょっとした時間であっても、家賃や間取り、買い物環境などについて相談できます!

一人暮らしバナー

賃貸契約の初期費用内訳

一人暮らしの賃貸契約にかかる費用は、敷金礼金や仲介手数料などの合計で「家賃4.5~5ヶ月分」が目安です。

賃貸契約にかかる費用の内訳と相場は以下の通りです。

敷金 家賃1ヶ月分
礼金 家賃1ヶ月分
仲介手数料 家賃1ヶ月分+税
前家賃 家賃1ヶ月分
日割り家賃 入居日によって変動
保証会社利用料 家賃0.5~1ヶ月分
火災保険料 約15,000円
鍵交換費用 約15,000円

ただし、お部屋によっては礼金や仲介手数料がなかったりと条件によって変動するため、相場は家賃4.5~5ヶ月分と言われています。

初期費用の項目ごとの解説はこちら

敷金 退去時にお部屋を入居前の状態に戻すための費用です。退去費用で使わなかった分は返金されます。
礼金 入居する物件の大家さんに渡すお礼金です。礼金がないお部屋もあります
仲介手数料 不動産屋や仲介会社に、大家さんとの橋渡しの手間賃や謝礼として支払うお金です。「家賃1ヶ月分+消費税」が上限です。
前家賃 家賃発生月の翌月の家賃のことです。1日など月初に入居する場合は、従来通りの家賃引き落としのため前家賃はありません。
日割り家賃 月の途中にお部屋を借りた場合の、残り日数分の家賃です。入居日を月末にすればするほど日割り家賃を安くできます。
保証会社利用料 連帯保証人の代わりになる会社を利用する費用です。連帯保証人の実で契約できるお部屋の場合、不要です。
火災保険料 火事や落雷で燃えた建物や家具を補償してくれる保険の費用です。保険は大家さんや不動産屋が指定しているので選べません。
鍵交換費用 前の入居者が使用していた鍵から、自分が使用する鍵に交換する費用です。新築の場合は不要です。

 

限界まで抑えると家賃の約2ヶ月分ほどで済む

賃貸物件の初期費用は、家賃・敷金・礼金などの項目を限界まで削れば家賃の約2ヶ月分ほどまで抑えられます。

初期費用は家賃を元に計算されるので、家賃5万円以下のお部屋にすると安いです。また・敷金・礼金・仲介手数料がないお部屋を上手く探すとさらに削れます。

なお、初期費用に含まれる日割り家賃は、月初に入居できればかからない費用です。そのため、1日に入居できれば初月の家賃分だけで済みます。

以下の表は、費用を限界まで抑えられた場合と、通常の費用がかかった場合の比較です。

初期費用を抑えた場合 通常の初期費用
合計 105,000円 285,000円
敷金 0円 50,000円
礼金 0円 50,000円
仲介手数料 0円 55,000円
鍵交換費用 15,000円 15,000円
火災保険料 15,000円 15,000円
保証会社利用料 25,000円 25,000円
前家賃 50,000円 50,000円
日割り家賃 0円 25,000円

ただし上記は極端な例なので、敷金や礼金、仲介手数料が無料かつ前家賃が発生しない1日に入居可能な物件は、なかなか見つかりません。

せめて、礼金なしのお部屋を探すか、月初1日に入居できないか相談しましょう。

1日に入居できれば、従来通りの家賃引き落としになるので、当月の家賃のみです。

単身の引っ越し費用平均は約4~5万円

単身の引っ越し費用は、約4~5万円です。初めて引っ越しする人のほとんどは、家具家電は新規購入するため引っ越し費用がやや安い傾向にあります。

単身(荷物少) 約37,000円
単身(荷物多) 約50,000円

参考:価格ドットコム

引っ越し業者の費用は、基本的に「基本運賃」+「実費」+「オプションサービス費」の3つの金額の合計です。

ただし、時期や移動距離によって、引っ越し費用が変わります。以下はすべて、東京へ引っ越す前提で費用を記載しています。

東京までの引っ越し距離

出発地 1月~4月
(繁忙期)
5月~12月
(閑散期)
横浜
(約45km)
平均47,000~61,000円 平均37,000~49,000円
宇都宮
(約90km)
平均48,000~77,000円 平均44,000~64,000円
名古屋
(約350km)
平均55,000~95,000円 平均54,000~79,000円
仙台
(約350km)
平均55,000~95,000円 平均54,000~79,000円
大阪
(約510km)
平均67,000~120,000円 平均62,000~98,000円
広島
(約800km)
平均67,000~120,000円 平均62,000~98,000円
福岡
(約1,000km)
平均67,000~120,000円 平均62,000~98,000円

参考:価格ドットコム

国土交通省の「標準引越運送約款」を元に、引っ越し業者がそれぞれ運賃を決めているので、基本料金はどの業者も大差ありません。

ただし、距離や人件費などの実費や、エアコンの取り外しや設置、大型家具・家電の荷造りや設置などのオプションサービスには、上限がないため、業者によって金額にひらきが出ます。

また、引っ越しシーズンである1月~4月と、引っ越す人が多い休日は料金が高めに設定されていることが多いです。移動距離や荷物量にもよりますが、平均7~9万円はかかります。

曜日を選べるなら平日の昼がおすすめ

曜日を選べるなら平日の昼がおすすめです。

その理由は、土日や大型連休を狙って引っ越す人が多いことと、午前中に搬入を済ませる人が多いからです。

休日の午前中に引っ越しするより、5千円~1万円ほど費用を抑えられます。

▶引っ越し業者の費用詳細はこちら

家具家電購入費は約10~15万円

初めて一人暮らしする人が家具家電を買い揃えるなら、約10~15万円は必要です。

以下、最低限必要な家具家電の購入費目安です。メーカー関係なく安いものを購入した場合です。

ベッド 約15,000円
テーブル 約7,000円
タンス・チェスト 約7,000円
そのほか収納棚 約7,000円
冷蔵庫 約26,000円
洗濯機 約30,000円
電子レンジ 約8,000円
炊飯器 約7,000円
掃除機 約5,000円
テレビ 約25,000円
エアコン(新居にない場合) 約40,000円
コンロ(新居にない場合) 約15,000円

かなりのお金がかかるので、最初からすべて買いそろえるのはやめましょう。必要になった際に買い足せば、無駄な出費を抑えられます。

また、できる限り使えるものは実家から持ってくると良いです。

毎月の生活費は最低16万円必要

電卓とカラフルな数字
一人暮らしを始めてからは、家賃や食費、水道光熱費や娯楽費などのトータルで「毎月約16万円」必要です。

東京23区の平均家賃7.5万円のお部屋に住んだ場合の、生活費の内訳を紹介します。

家賃 75,000円
食費 27,000円
水道光熱費 8,000円
趣味・娯楽費 30,000円
スマホ、通信費 10,000円
日用消耗品など 6,000円
交通費 4,000円
生活費合計 160,000円

人によって異なりますが、最低16万円ないと家賃が支払えなかったり、病気など急な出費の際に対応できません。

また、限界まで食費や娯楽費を削ればさらに生活費を抑えられますが、健康的な生活を送れないのでおすすめしません。

家賃を抑えれば生活費に余裕が出る

毎月の固定費である家賃を押さえられれば、食費や娯楽費、貯金などほかの生活費にお金を回せます。

ネット上の不動産屋「イエプラ」は、SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件の紹介があるので、より安いお部屋を探しやすいです。

来店不要なので、電車での移動時間や寝る前のちょっとした時間に、チャットやLINEで希望を送るだけで、スタッフがピッタリのお部屋を紹介してくれます。

深夜0時まで営業しているので、仕事が忙しくて時間が取れない人、遠方に住んでいる人にもおすすめです。

一人暮らしバナー

東京で一人暮らしをしている人の職業別の生活費実例

東京で一人暮らしを始めた場合にかかる月々の費用を、職業別に分けて具体的に紹介します。

紹介する職業は、新社会人・大学生・フリーターの3パターンです。

新社会人の場合

物件情報と世帯構成
・初任給手取り18万円
・東京都葛飾区に在住
・家賃5.3万円のワンルームのお部屋
・昼のみコンビニ弁当
家賃 53,000円
食費 40,000円
交際費・娯楽費 30,000円
水道光熱費 8,000円
通信費 8,000円
その他(日用品・雑費) 8,000円円
交通費 10,000円
合計 157,000円

家賃相場が低い葛飾区のワンルームを借りたことで、家賃が5.3万円に収まっています。ワンルームは、キッチンと居室の間にドアがないので、その分建設コストが安い傾向にあります。

また、昼はコンビニ弁当ですが、朝は晩御飯の残りのおにぎり、夜はなるべく自炊をすることで、月の食費が4万円に収まっています。

手取り18万円なら、生活費を引くと残り約2万円あります。ただ、新社会人は会社の付き合いや飲み会があるため、貯金せずに予備費として確保しておきましょう。

貯金をしたいと思っても、生活がギリギリになるので給料が上がるまでは我慢すべきです。

大学生の場合

物件情報と世帯構成
・東京都豊島区に在住
・家賃6万円の1Kのお部屋
・家賃は親持ち
・飲食店で週5のアルバイト
家賃(※親持ち) 60,000円
食費 30,000円
趣味・娯楽費 20,000円
水道光熱費 8,000円
通信費 10,000円
その他(日用品・雑費) 10,000円
交通費 10,000円
合計 148,000円

仕送りがない代わりに、家賃は親が支払っています。そのため、家賃を抜いた毎月の生活費は8.8万円です。

8.8万円稼ぐために、週5ほど居酒屋でバイトをしています。夜ご飯は賄が出るため、月の食費が3万円ほどに収まっています。

大学生で月6~9万円も稼ぐとなると、平日毎日4時間ほどアルバイトをするか、平日は週4日にして土日のどちらか半日をバイトに費やさないといけません。

学生の場合、親からの仕送りもしくは家賃補助がないと一人暮らしできません。親からの支援がないけどどうしても一人暮らしがしたいという人は、奨学金制度も視野に入れましょう。

▶一人暮らし向けの未公開物件たくさん!
おすすめのお部屋探しサイトはこちら

フリーターの場合

物件情報と世帯構成
・月の収入16万円
・東京都練馬区に在住
・家賃4.1万円のワンルームのアパート
・毎月ギリギリ生活
家賃 41,000円
食費 30,000円
趣味・娯楽費 20,000円
水道光熱費 8,000円
通信費 8,000円
その他(日用品・雑費) 10,000円
交通費 10,000円
年金・保険・住民税など 28,000円
合計 155,000円

フリーターが東京で一人暮らしを始めた場合、年金・保険・住民税など給料から控除されるお金を自分で納めなければいけません。

そのため、正社員と比べると月の生活費が約3万円ほど高くなります。3食自炊をして食費を3万円以下に抑えないと、かなりキツいです。

ただし、まかない付きのアルバイトをすることで食費を浮かせることができれば、多少余裕を持った生活ができます。

一人暮らしにかかる費用を抑える方法

ぶたの貯金箱にコインを入れる手
一人暮らしにかかる賃貸の初期費用・引っ越し費用・家具家電購入費・毎月の生活費を抑える方法を紹介します。

賃貸の初期費用を抑える6つのコツ

・家賃が安いお部屋を選ぶ
・ゼロゼロ物件を選ぶ
・仲介手数料が半額以下のお部屋を選ぶ
・フリーレント付き物件を選ぶ
・連帯保証人のみで審査できるお部屋を選ぶ
・入居日を月初にしてもらう

賃貸の初期費用は、借りるお部屋の家賃を元に計算されるので、家賃が安いお部屋を借りると手っ取り早いです。

ほかにも、敷金・礼金なしのゼロゼロ物件を選んだり、仲介手数料が半額~無料の不動産屋を選ぶなどして、初期費用を削りましょう。

まれにフリーレントと言って、大家さんが決めた一定期間の家賃がタダになるお部屋もあります。気になる人は、不動産屋に「フリーレント付きはありますか?」と聞いてみてください。

引っ越し費用を抑える5つのコツ

・引っ越し単身パックを利用する
・極力荷物を断捨離する
・フリー便を選ぶ
・時期が選べるなら6月に引っ越しする
・インターネット割引を利用する

「引っ越し単身パック」というサービスがある業者を利用すれば、コンテナに乗るだけの荷物を一定価格で引き受けてくれるので費用が安いです。

また、限界まで荷物を断捨離すれば、ダンボール5箱ほどに収まるので通常の宅配便を使ってかなり費用を抑える方法もあります。

「フリー便」を選択できるなら、引っ越し業者のトラックやスタッフの都合に合わせるため費用が5千円ほど抑えられます。

ちなみに引っ越し時期が選べるなら「6月」が一番安いです。引っ越しラッシュが落ち着いてなおかつ、梅雨で祝日が1つもないので、1年で一番価格設定が低い時期です。

費用を抑えるなら一括見積で比較すべき

引越し費用は1社のみに絞るよりも、複数の業者から見積もりをもらって比較したほうが費用を抑えられます。

その理由は、引越し費用には定価がないこととオプションが追加されているからです。

業者によっては料金が倍以上も変わるので、一括見積もりサイトを利用してたくさん見積もりを集めましょう。

特に「引越し侍」は一括見積もりサイトの中でも提携業者数が多いのでおすすめです。2020年10月現在で約310社と提携しています。

↓費用を安く抑えたいなら引っ越し侍↓

家具家電購入費を抑える4つのコツ

・実家から持ち込む
・新生活応援セットで家電を買う
・中古品やディスカウントストアで買う
・小物は100円ショップで揃える

家具家電にかかる費用を抑える最大のコツは「買わないこと」です。実家や前の家で使っていた家具家電を持ち込むことで、費用を最低まで抑えることが可能です。

新たに家具や家電を購入する場合は、ディスカウントストアや新生活応援セールなど、できるだけ費用を抑えて購入できるタイミングを見極めましょう。

毎月の生活費を抑える5つのコツ

・都市ガスのお部屋を選ぶ
・格安SIMのスマホに変えるかプランを見直す
・エアコンの温度設定を一定にする
・タップ式のコンセントで待機電力を減らす
・なるべく自炊をする

プロパンガスではなく、都市ガスの物件を選べば月1.5千円ほどガス代を抑えられます。また、都市ガスは公共料金なので、価格がほぼ統一されていて価格変動が少ないです。

契約中のスマホプランを、電話代や通信料を安いものにすれば千円~2千円は節約できます。大手キャリアから格安SIMに変更できれば、毎月4千円ほどスマホ代を抑えられます。

電気代を抑えるなら、エアコンの温度を夏は26度、冬は20度に固定して消費電力を抑えてください。また、タップ式のコンセントにして、待機電力を抑えましょう。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

一人暮らし向けバナー

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識