お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

単身赴任の生活費|平均はどれくらい?費用を抑えるコツも大公開!

単身赴任の生活費のイメージイラスト

単身赴任の生活費の平均費用や内訳についてご紹介します。単身赴任で一人暮らしを始める人や、旦那の単身赴任中の生活費が気になっている人なども参考にしてみてください!

単身赴任の生活費の平均は12万~14万円

ご紹介するデータは、アート引越センターの「the0123引越し文化研究所」による、全国の単身赴任者の生活費の平均相場のアンケートデータです。

単身赴任の生活費グラフ

単身赴任の生活費は12万円~14万円未満の人が多いようです。

もちろん、単身赴任先の家賃相場の関係もありますが、14万円までに抑えれば平均相場くらいであると認識しましょう。

14万円以上の人は、食費や光熱費などが高いわけではなく、家賃が高い場所に住んでいるケースが多いようです。

マル秘イエプラバナー

単身赴任の生活費の内訳

単身赴任の生活費の内訳をモデル金額と一緒にご紹介します。

家賃 住む場所で異なる
水道光熱費 約8,000円
食費/飲み代 約35,000円
日用雑貨費 約3,000円
スマホ代/ネット代 約15,000円
娯楽費(タバコなど) 約10,000円

単身赴任の場合、一人暮らしの人と比べて、水道光熱費やスマホ代などに差は出ないですが、食費や飲み代の金額が高い傾向にあります。

交通費は会社が負担しているケースが多いので、基本的にかかりません。娯楽費は人によって金額が異なり、喫煙者の人は高くなります。

急いで単身赴任先のお部屋を探している人向け

ネット上の不動産屋「イエプラ」は、来店不要でチャットやLINEで気になるお部屋の情報を送るだけで、すぐに空室確認をしてくれます。

リアルタイムで情報更新される、不動産業者専用のデータベースで物件を確認するので、おとり物件は一切ありません!

他の不動産屋で見つけたお部屋でも、物件名やURLがあればまとめて空室確認できます。

SUUMOやHOMESには掲載されていない非公開物件の紹介もあるので、掲載終了したお部屋の条件と似たような物件も探しやすいです。

不動産屋のスタッフが深夜0時まで対応しているので、仕事が忙しくて不動産屋に行けない、寝る前のちょっとした時間お部屋探ししたいという人におすすめです。

使い方次第では、お部屋探し~賃貸契約まで来店不要なので、遠方に住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない、急いでお部屋を探したいという人に向いています!

イエプラボタンバナー

単身赴任の生活費実例

東京都内に住むAさんと、地方に住むBさんの生活費のモデルをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

東京での単身赴任の生活費例

合計生活費 145,000円
家賃(間取り:1K) 63,000円
水道光熱費 8,000円
食費/飲み代(自炊しない) 42,000円
日用雑貨費 3,000円
スマホ代/ネット代 16,000円
娯楽費(喫煙者) 13,000円

東京に住むAさんの生活費は約14万~15万円です。自炊をしない喫煙者ですので、生活費がかかっています。

ですが、東京都内の家賃相場が低いエリアに住んでいるため、合計生活費は相場通りの金額に抑えられています。

自炊をせず、会社の飲み会が多い人は、固定費である家賃を抑えることを検討しましょう。

地方での単身赴任の生活費例

合計生活費 106,000円
家賃(間取り:1DK) 51,000円
水道光熱費 8,000円
食費/飲み代(自炊する) 24,000円
日用雑貨費 3,000円
スマホ代/ネット代 13,000円
娯楽費(非喫煙者) 7,000円

Bさんの生活費は約10万~11万円です。地方なので1DKの間取りでも、東京の1Kの家賃より低いため、固定費を抑えられています。

タバコは吸わずに、節約のために自炊しているので、食費や娯楽費も低いです。東京に住むAさんとは、月々3万~4万円ほど差が出ています。

単身赴任の人におすすめの節約方法

白を基調としたお部屋

単身赴任の人におすすめの節約方法を紹介します。特に、毎月の負担が減るように家賃を抑えることと、単身赴任の人が高くなる傾向にある食費を抑えることを意識すると効果的です。

家賃は家賃補助圏内に住む

単身赴任は会社の都合による異動が多く、会社の指定エリア内では家賃補助制度があるケースが多いです。

家賃を抑えることは前提として、家賃補助制度があるなら利用すべきです。

特に東京の場合は家賃が高いので、部屋を探す際は住んでから無理せず支払える家賃帯にしましょう。

▶単身赴任手当の相場についてはこちら

食費や飲み代は自炊で抑える

単身赴任の生活費で、家賃の次に節約できるのが食費です。

1ヶ月の食費を3万円以内に収めることを目標にしましょう。自炊しなくても、コンビニではなく街のお弁当屋を積極的に使うことで、月5000円ほどは節約できます。

大手チェーン店では、500円以内のお弁当も多く、種類が豊富で、栄養もきちんと考えられているのでおすすめです。

水道光熱費は節約が難しい

水道光熱費・その他の費用に関しては、普段から節電・節水を心がけてもらう以外は、なかなか抑える方法はありませんが、奥さんとしてはそのあたりを徹底してもらいたいところです。

電力自由化により電気代の安い会社が選べる

2016年4月1日から始まった電力自由化により、消費者が自由に電気代の安い会社が選べるようになりました!

電力会社によって、料金プランや割引キャンペーンがことなります。自分のライフスタイルに合った新電力に乗り換えるべきです。

二人暮らしの電力使用量では、月2,000円ほど節約になり年間25,000円以上お得になることがあります。

以下の記事では、新電力会社のおすすめランキングをご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

▶節約ならおすすめの新電力会社チェック!
 

光回線サービスを見直す

単身赴任先で光回線を使っているなら、サービスの見直しをしましょう。

例えば、スマホのキャリアに合った光回線を選ぶとセット割が適用され、スマホ1台につき毎月最大1000円も割引されます。

光回線の多くは2年契約なので24ヶ月で24000円もお得になります。

お得に使えるおすすめの光回線については、私たちの運営している別のサイトで詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

▶2021年3月おすすめの光回線の解説はこちら

 

生活費を奥さんが管理するのもアリ

根本的に大事なのは、旦那さんがきちんと金銭管理をできるかです。旦那さんは自分で抑えることができないなら、奥さんにきちんと家計の管理をしてもらうようにしましょう。

悪い言い方になるかもしれませんが、常に奥さんに「監視」されていると思うと、意外と不摂生な生活になることなく、生活費を抑えられます。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

一人暮らし向けバナー

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識